大分県立工科短期大学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

大分県立工科短期大学校 文部科学省以外の省庁所管の学校

テクニカスキルとヒューマンスキルを併せ持つ「ものづくり」のエキスパートを育成!

大分県立工科短期大学校は、企業でも使われる各分野の最先端機器やハイエンドな工学専門ソフトを利用できるネットワーク環境を整えた校内で実験や実習を重ね、ものづくりの技術者に求められる基礎知識・技術や理論を養い、産業界で即戦力として活躍できる人材を育成します。

少人数班を編成するとともに、学生一人ひとりの習熟度に合わせたマンツーマンによるきめ細かな指導を行い、技術力と理解力を高めます。また、時代のニーズを的確にとらえるために、基礎から最先端までを丁寧に学べる独自のカリキュラムを編成し、技術者に必要とされるテクニカルスキルも伸ばします。長年企業で活躍した経験豊かな講師陣のもと、より深く実践的なスキルを磨くことができます。

さらに、専門的な知識・技術だけではなく、グループ学習などを通して、企業人に必要とされる問題解決能力やプレゼンテーション能力などのヒューマンスキルも習得。本校を卒業後には、感性豊かな創造力を持つ「ものづくり」のエキスパートとして活躍できます。

大分県立工科短期大学校 PRイメージ1
大分県立工科短期大学校 PRイメージ2
大分県立工科短期大学校 PRイメージ3

トピックス

2021.03.01

学校見学のお知らせ

大分県立工科短期大学校では、毎年7月と8月と9月にオープンキャンパスを開催します。
お時間などのご都合でオープンキャンパスに参加できなかった方のためには、学校見学を随時受付しています。
個別に対応するので、学校生活に関する疑問もじっくり解決することができます。
本校の「ものづくり」に興味がある方は、どうぞお気軽にお越しください。

【主なプログラム】
●系・コースの概要説明
●校内設備の見学
●個別相談
 …など

*ご希望の来校日や時間は、学校までご相談ください。

▽本校HP「オープンキャンパス」ページよりお申込みください。
https://www.oita-it.ac.jp/examination/opencampus/

大分県立工科短期大学校 学校見学のお知らせ

2021.03.01

「ポリテックビジョン 2020in 北九州」で優勝!

2020年2月22日に開催の「ポリテックビジョン 2020in 北九州」に本校の学生が参加しました。
同コンテストは、九州内の職業能力開発大学校や短期大学校などが、日頃の研究や開発成果を公開するイベントです。
ロボット競技部門では、機械システム系の指宿さんと小嶋さんのロボット「モスリン」が見事優勝を果たしました!*

*「大分合同新聞」掲載(2020年3月19日)

大分県立工科短期大学校 「ポリテックビジョン 2020in 北九州」で優勝!

募集内容・学費

大分県立工科短期大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

機械システム系

デジタルメカエンジニアコース

概要 実際の生産技術の現場では3次元CADで設計したモデルから、NC工作機械の加工プログラムを自動作成するCAMまで、多種多様なデジタルツールが使用されています。本コースでは、これらのデジタルツールの基礎知識・技術から、最新の高精度NC工作機や汎用工作機械、溶接までを幅広く学習し、めざましく変化する生産現場で活躍できる人材を育成します。
定員 45名
*機械システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる国家技能検定 ・汎用旋盤2級
・フライス盤2級
・マシニングセンタ3級
・数値制御旋盤3級
・電気系保全3級
・機械検査2級
・機械系保全2級
・機械・プラント製図2級
備考

2021年4月実績

自動化システムエンジニアコース

概要 近年、人手を要しない機械による高精度な製品の大量生産が可能になりました。本コースでは、機械技術はもちろん、生産システムに必要とされる電気・電子技術も学べるカリキュラムを編成。機械と電気が融合する技術「メカトロニクス工学」から工業用コンピュータ(PLC)を用いた「シーケンス制御」までを総合的に身につけたエンジニアのプロを育成します。
定員 45名
*機械システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる国家技能検定 ・電気系保全3級
・シーケンス制御2級
・機械系保全2級
備考

2021年4月実績

金型エンジニアコース

概要 製品を大量生産するために必要な金型はすべての製品の原型となり、高精度な金型製作には高い知識と技術力が求められます。本コースでは、金型技術の中でもシェアの広さを誇る技術「金属プレス技術」と「プラスチック射出成形技術」を深く学び、卒業後には現場の第一線で活躍できる人材を育成します。
定員 45名
*機械システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる国家技能検定 ・汎用旋盤2級
・フライス盤2級
・マシニングセンタ3級
・数値制御旋盤3級
・電気系保全3級
・機械検査2級
・機械系保全2級
・機械・プラント製図2級
備考

2021年4月実績

電気・電子システム系

電気エンジニアコース

概要 省エネの取り組みが求められる現代社会において、太陽光発電や風力発電などの省エネルギー化や再生可能エネルギーの活用がより必要とされています。本コースでは、時代のニーズに沿った自然エネルギーの仕組みを幅広く理解するとともに、設備内の電気全般に関わる業務からコンピュータネットワーク化された設備の保守・管理までを行える電気エンジニアを育成します。
定員 20名
*電気・電子システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる国家技能検定 ・電気機器組立て技能士
目指せる資格 ・第2種電気工事士
・コンピュータサービス技能評価試験(表計算部門)
・国家技能検定 電気機器組立(シーケンス制御)
・ITパスポート試験
・工事担任者
・ディジタル技術検定3級
・第3種電気主任技術者
備考

2021年4月実績

電子エンジニアコース

概要 デジタルカメラやスマートフォンなど、私たちの生活に関わる製品のほとんどに電子回路基板やマイコンが組み込まれています。本コースでは、アナログ・デジタル電子回路の設計からプリント基板製作や動作解析までの一連の流れを総合的に学習します。また、情報処理を中心としたソフトウエアの実用的なスキルも磨き、各種コンピュータ技術を駆使した”ものづくり” ができる次世代のエンジニアを育成します。
定員 20名
*電気・電子システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる資格 ・第2種電気工事士
・コンピュータサービス技能評価試験(表計算部門)
・国家技能検定 電気機器組立(シーケンス制御)
・ITパスポート試験
・工事担任者
・ディジタル技術検定3級
・第3種電気主任技術者
備考

2021年4月実績

建築システム系

プランナーコース

概要 これからの建築業界では、環境への配慮や社会システムの変化、多様化するライフスタイルを考慮した提案力が求められています。本コースでは、コストを意識しながら基本計画から設計図書作成に至る一連の建築設計プロセスや、お客様の要望にそったカラーやインテリア、素材などを組み合わせ居住空間を提案するコーディネートの手法を学びます。また、プレゼンテーション能力も養い、企画・提案力に強いプランナーを育成します。
定員 15名
*建築システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる資格 ・宅地建物取引士
・建築士
・施工管理技士
備考

2021年4月実績

施工管理エンジニアコース

概要 建築物が出来上がるまでには躯体や仕上げ、設備など、さまざまな工事が行われます。そのため、建築現場では、多種多様な人たちと関わり合い協力し、工事をスムーズに進めていく能力が求められます。本コースでは、それぞれの工事に関する専門的知識を身に付けるほか、品質・工程・安全・コストなどに関する管理手法や工程表の作成方法、建築工事で必要になる施工図の作図法や読図法などを習得し、建築現場で活躍できる施工管理エンジニアを育成します。
定員 15名
*建築システム系の総定員数
年限 2年
対象 男女
学費 [初年度納入金]
◇入学料
 |県内生|:102,000円
 |県外生|:169,200円
◇授業料
 |年 額|:390,000円
目指せる資格 ・2級建築施工管理技術検定
・建築士
・施工管理技士
備考

2021年4月実績

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2020年3月修了生実績

  • (株)石井工作研究所
  • (株)井上建設
  • エスティケイテクノロジー(株)
  • 大分キヤノン(株)
  • 大分キヤノンマテリアル(株)
  • (株)大川技研
  • 大塚精工(株)
  • 鬼塚電気工事(株)
  • (株)オモテ
  • 河西工業(株)
  • (株)カンセツ
  • 九州市光工業(株)
  • (株)九州機設
  • 九州職業能力開発大学校
  • 京セラ(株)
  • (株)倉敷匠会
  • 三軌建設(株)
  • (株)秋東精工
  • (株)住理工九州
  • 西部電機(株)
  • ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)
  • ダイキン工業(株)
  • ダイハツ九州(株)
  • (株)大有設計
  • 大洋興業(株)
  • (株)TF-METAL九州
  • (株)デンケン
  • 東海プラントエンジニアリング(株)
  • トヨタ自動車九州(株)
  • ナカヤマ精密(株)
  • (株)西建設計
  • 西日本土木(株)
  • 日産自動車九州(株)
  • 日鉄環境プラントソリューションズ(株)
  • (株)富士エンジニアリングサービス
  • フジテック(株)
  • 豊前東芝エレクトロニクス(株)
  • (有)北斗建装
  • (有)牧機械工業所
  • マレリ九州(株)
  • (株)三井ハイテック
  • ムラテックメカトロニクス(株)
  • (株)メイテックフィルダーズ
  • 森田建設(株)
  • 柳井電機工業(株)
  • 大和開発(株)
  • (株)大和電業社
  • (株)吉野工業所
  • (株)ヨロズ大分
  • (株)和田組
  • …など

就職支援

大分県立工科短期大学校は、学生一人ひとりの希望と個性に合わせて1年次から段階的に就職指導を行い、万全にサポートします。

◇|就職対策セミナー|
1年次の中期から、就職活動のスケジュールや心構え、就職状況など就職活動をサポートするための演習を定期的に開催。筆記試験や面接試験対策も個別で行い、就職への意識を高めます。

◇|コース制スタート|
2年次からは、学生一人ひとりが目指す職種に合わせたコースを選択し、企業に必要とされる知識や技術・技能を重点的に学びます。

◇|卒業研究|
学びの集大成として、卒業研究に取り組みます。習得した知識や技術・技能を活かし、実験や設計、製作を行うことで、卒業後すぐに活躍できる実践力とに問題解決能力を身につけることができます。

各種制度

大分県立工科短期大学校での学びを支援する制度・情報をご紹介します!

キャリア支援

入学直後からキャリア支援に取り組み、学生一人ひとり就職に向けた意識を高めます。

◇|キャリア形成|
1年次より導入プロジェクトを実施し、ものづくりの基本姿勢を学びます。また、経験豊富な外部講師の講演や工場見学などを行い、自分のキャリア設計に必要な基礎知識を習得します。また、企業人による特別講義も年数回開講し、企業に求められる人材や必要なスキルなどについての理解を深めます。

◇|インターンシップ|
本校では、1年次から学生全員がインターンシップに参加。早い段階から企業での貴重な体験をすることによって、職業や社会人に求められる心構えやマナーをしっかりと身につけることができます。

◇|企業研究|
本校主催の合同企業説明会や県内外で開催される企業説明会に積極的に参加し、卒業後の仕事の取組みをイメージします。

大分県立工科短期大学校 キャリア支援

資格取得支援

就職活動に有利に働く国家試験の合格に向けた手厚いサポートを行っています。
国家試験対策に特化したカリキュラムを編成するほか、オフィスアワーを利用した個別指導なども行い、さまざまな資格の合格を目指します。

大分県立工科短期大学校 資格取得支援

クォーター制度

本校では1年間を4期( クォーター)に分割し、段階的に学んでいく「クォーター制度」を導入しています。
このステップアップ方式による授業を展開することによって、学生一人ひとりの習熟度を的確に確認するとともにきめ細かな指導が行えるので、数多くの講義・実習で学んだ知識や技術をしっかり身につけることができます。

大分県立工科短期大学校 クォーター制度

授業料等の減免

生活保護家庭の学生など、特に経済的に就学困難な学生を対象とした授業料および入学料減免の制度があります。

*詳細は、学校までお問合せください。

大分県立工科短期大学校 授業料等の減免

技能者育成資金融資制度

成績が優秀であるにもかかわらず、経済的な理由により教育訓練を受けることが困難な学生を対象とした融資制度です。
一定の要件を満たした学生に、労働金庫から有利子、無担保で一定限度額まで融資されます。

*詳細は、学校までお問合せください。

大分県立工科短期大学校 技能者育成資金融資制度

設備

「ものづくりのプロ」としての知識・技術を極めるための設備を完備しています。
また、学ぶだけではなく、学生がのびのびとしたキャンパスライフを過ごせるよう、サークル活動でも使用するアリーナなども併設しています。

| 本 館 |:事務室、図書室、講堂、講義室、情報処理室
|研 究 棟|:教官室、実験・実習室
|実 習 棟|:機械加工実習室、建築施工実習室、NC加工室、溶接実習室
|アネックス|:大教室、小教室
|そ の 他|:アリーナ、グランド、テニスコート、学生ホール

大分県立工科短期大学校 設備

学生寮

遠方の方など、自宅から通うことが困難な学生のために、学生寮があります。
全室個室なので自分だけの生活空間が確保できます。また、学校の敷地内に立地するので、通学にも便利です。

|部屋総数|:全21室(うち身体障がい者対応1室)
|共用設備|:洗濯機・乾燥機…など
|寄 宿 料 |:月額9,500円
|共 益 費 |:月額3,500円
|そ の 他 |:電気・水道・ガス料金・食事等は各自負担

*入寮希望者多数の場合は選考になります。

大分県立工科短期大学校 学生寮

学びの分野/学校の特徴・特色

大分県立工科短期大学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー

大分県立工科短期大学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 教育
  • 公務員・政治・法律

大分県立工科短期大学校の特徴

  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 学生用駐車場

大分県立工科短期大学校の所在地

所在地

〒871-0006
大分県中津市東浜407-27

交通機関・最寄り駅

JR日豊本線「中津」駅北口からタクシー約10分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0979-23-5500

大分県立工科短期大学校のお問い合わせ先

  • 学校No.7181
  •  
  • 更新日: 2021.03.01