長野調理製菓専門学校のセンパイ紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

地元での就職を視野に、地元で進学。たくさんの人を笑顔にできるパン職人をめざします!

KEYWORD

  • #おいしいパン
  • #周りの人を笑顔にしたい
  • #パン職人
  • #製パン
  • #長野
  • #地元
  • #農家
  • #農作物
  • #調理
  • #調理師

友だちの誕生日にお菓子を手作りしたり、共働き家庭で家族の晩御飯を作ったり。調理は身近な存在でした

高校は農業専攻のクラスで、選択授業の中でも調理の選択授業が好きでした。野球は小学校3年から始めて、高校まで続けました。野球に打ち込みつつ、寿司屋さんでアルバイトをしており、寿司屋では板前さんの姿や食材を間近で拝見することができ、食の現場の苦労ややりがいを感じる貴重な経験をさせていただきました。この経験は、今の学校での学びにもつながっており、高校時代において大きな収穫のひとつでした。農業系の授業の一環で、ジャムを作る授業や、味噌を仕込む授業があり、加工食品や保存食品の製造過程で必要な化学的な部分にも興味を持っていました。友だちの誕生日には、洋菓子を作ってお祝いしたこともあります。両親は共働きだったため、妹と父親の晩ご飯を私が作ることも多く、高校生の自分にとって、食品や調理はとても身近なものでした。そんな環境で過ごしていたため、高校卒業後の進路を考える時も、食品や調理に携わる学校に進みたいと考えるようになりました。

忙しい毎日でしっかり勉学に励むには、通いやすさは大きなメリットになります!

地元での進学は想像以上にメリットが多く、長野調理製菓専門学校を志望して良かった!と実感しています。進路を考え始めた当初は、東京の調理師専門学校への進学を検討していました。しかし、専門学校卒業後には、地元の長野で就職したいという希望がありました。迷いましたが、私の目標は「東京で学ぶことではなく、調理師免許を取得することだ」と思い、さらに2年後に地元で就職するならば、わざわざUターンという形をとらなくてもよい地元の専門学校にしよう、と思って今の学校を選びました。住み慣れた土地で、通学時間も実家から約25分。通学に負担を感じることがないのと家族のサポートもあるため、授業に実習にと忙しい毎日ではありますが、学校での学びと技術習得に集中することができています。通学は毎日のことなので、通いやすさは大きなメリットのひとつだとあらためて実感しているので、受験生のみなさんもアクセスはぜひ気にしてみてほしいと思います。

幅広い調理の学びができる学科だったからこそ、和食から製パンへと新たな夢が見つかりました

この学校での学びは高校生活とは大きく違いました。服装や髪型、身だしなみ全般の厳しさに驚いたのですが、これは食を扱う身としては当然のことだとすぐに気がつきました。普段から身だしなみを徹底していたおかげで、就職活動時にはいつもの自分で臨むことができて、感謝しています。入学前は、和食業界に就職したいと考えていたのですが、この学科では和食以外に洋食、中華、製菓、製パンとまんべんなく学び技術を取得することができたことで視野が広がり、就職先は製パン業界です。一日でも早く一人前のパン職人になり、たくさんの人を笑顔にしたいと考えています。
調理が好きで自分の好きなことを仕事にできたのは、とても幸せだと思います。調理の仕事は、お客さまを笑顔にすることができる仕事ですが、工夫をすることで一度にたくさんの人を笑顔にできる可能性もあります。また、親戚の農家が生産する農作物を使ったパンも作るのも夢のひとつ。お客さまはもちろん私の周りの人間も笑顔になれるようなパンを作りたいです。

志望理由

東京の調理師専門学校への進学も考えていたのですが、近い将来には長野で就職したいという想いがあり、地元で就職するなら地元の専門学校が有利なのではと思いました。また“調理師免許を取得する”ことが一番の目標だったので、それなら学ぶ場所は関係なく最適な学校を選ぼうと思ったことと、実家から近い学校に通うことで、学びや技術の習得に充分な時間をかけることができると考えたことが志望理由です。入学してみて、新たな学びは高校生活とは大きく違いましたし、やはり長野調理製菓専門学校を志望して良かったと感じています。これからも地の利を活かして、親戚の農家が生産する農作物を使ったパンを考えたり、お客様はもちろん、私の周りの人も笑顔になれるようなメニューを作りたいと思っています。

志望理由の GOOD POINT!

長野は食材の宝庫ですから、「親戚の農家が生産した農作物を使って、将来はおいしいパンを作る」という具体的な夢をかなえるため、本校を志望したことを大変うれしく思いました。本校は細山さんが学ぶ調理製菓学科のほかに調理師学科もあるので、和食や洋食、中華料理の基礎についてもしっかりと学べますし、ひと言で「パン」といっても、さまざまな要素をかけ合わせることができますね。将来は細山さんが考案する、他にはなくておいしいパンでたくさんの人を笑顔にしてください!

地元で一番好きなケーキ屋さんに就職!夢への第一歩が踏み出せた幸せを胸に、社会へ羽ばたきます

KEYWORD

  • #ケーキ
  • #人気のケーキ屋さん
  • #お客様の笑顔
  • #やりがい
  • #
  • #製菓
  • #実習
  • #長野
  • #地元
  • #調理師

調理の道へ進むきっかけは父。スーパーでのアルバイトは、接客業のやりがいと楽しさを実感しました

親が調理師で、父が中華料理店を経営しています。子供のころから働く父の姿を見て「カッコいい」と憧れていました。私は末っ子で、兄と姉は調理業界とは別の業界で仕事をしており、私は「将来はお父さんみたいな仕事に」と思っていました。振り返るとその気持ちが、調理師免許を取得したいと考えたきっかけだったと思います。
高校時代は、スーパーマーケットでアルバイトをしていました。週に4~5日ほどのペースでアルバイトをしており、さまざまな人と関わらせていただき、社会に出て働くということへの心構えができたと思います。また、スーパーにはご高齢のお客様も多くいらっしゃいました。そういったお客様に対しては、いっそうの気配りを心がけ、自然とサービス精神を学ぶことができました。重たいかごを運ぶお手伝いや笑顔で接客することで、お互いに気持ちのいいやり取りができたり、お客様の笑顔や感謝の言葉をいただけた時は、仕事としてのやりがいはもちろん、私の方も幸せを感じました。

実習だけでなく、食品衛生学など食のプロフェッショナルにふさわしい知識もしっかり学べます

この学校の受験対策としては、学校の先生と面接練習やSPIの勉強を行いました。入学後は、実技のテストが私は苦手で、少し苦労もしました。でも、学校ではできるまで練習できましたし、不器用だという自覚のある私は、合格することで一歩ずつ着実に調理の技術が習得できていると思えて良かったと思います。調理実習以外の座学では、栄養学や食品学は調理師で必要な知識だと知っていたものの、食中毒の予防対策や食品の腐敗、寄生虫などについて学べる「食品衛生学」や伝染病の予防対策、公衆衛生行政の機構、衛生統計などを中心に学べる「公衆衛生学」などは、これまで全く知ることがなかった知識で、仕事上はもちろん、これからの生活でもとても為になると感じています。
国家資格を取得するための専門学校なので、みんな情熱にあふれている子たちばかりです。自分はそんな雰囲気でやれるのか心配でしたが、みんなの情熱にふれることで、逆にやる気のスイッチを押してもらったと思います。もしかしたら、私が一番メラメラしていたかもしれません!

この学科での学びがきっかけで見つけたケーキ職人という夢。厳しい道ですが、一生懸命やるのみです!

きっかけは父が中華料理店を経営していて、憧れたことから始まった調理への道ですが、私は学校でのさまざまな料理・お菓子を作る実習を通して、製菓への思いが高まり、地元で一番好きなケーキ屋さんに就職が決まりました。小学生の頃から通っていたケーキ屋さんで、夢がかなってとても感慨深く、達成感でいっぱいです。
製菓の授業では、まず洋菓子の生地を作り上げる小麦粉、バター、砂糖、卵の基本素材など、原材料の扱い方を知り、基本となる生地の作り方を習得。そしてデコレーションから応用的な技法までの製法や知識などを学びました。形のないものから作り上げていくのは、とても難しいです。しかし、難しさ以上に楽しさとやりがいを感じます。ケーキ屋さんへの就職という夢はかないましたが、ケーキ職人としての道はまだ始まったばかり。きっと厳しいことや苦労もあるかもしれませんが、それは覚悟の上です!一生懸命頑張っていきたいと思います。

志望理由

父が中華料理店を経営しているため、調理をしたりお客様に接客したりと忙しく働く父の姿に憧れて育ちました。私も将来、何らかの形で父をサポートしたいと思い、調理師免許の取得を目指すために長野調理製菓専門学校を志望しました。
私はなんでも器用にできるタイプではなく、調理業界に入りたいというだけで具体的な夢も決まっていませんでした。しかし高校時代にスーパーマーケットでアルバイトをしていた時、重たいかごを運ぶお手伝いや忙しくても笑顔で接客することで、お客様の笑顔や感謝の言葉を言われた時は、やりがいと幸せを感じました。そのことから、製菓や調理、座学はもちろん、接客やサービスについてもしっかり学びたいと考え、長野調理製菓専門学校への入学を希望しました。

志望理由の GOOD POINT!

小玉さんは、自分は不器用だと書いていて、確かに実技のテストはもともと器用な人のほうが有利なのかもしれません。しかし“料理”というものは、テストに合格するまで何度も練習することや、繰り返し訓練することで突然コツがつかめたりします。長い目で見ると、最初からうまくいかずにたくさん練習できる力を身に付けることは、更に高度な技術を身に付けるときに必要な基礎力となります。小玉さんの志望理由からは、お客様を笑顔にしたいという熱意を感じました。入学後は本学でたくさんのことを習得して、小学生の頃に「このお店で働きたい」と思ったお店に就職できましたね。お店も本人も大変幸運なことだと思います。頑張ってください!

充実のプロ仕様の設備で、緊張感ある実習を体験。技術だけでなく、プロとしての心構えまで磨けました

KEYWORD

  • #オリジナルレシピ
  • #アレンジ料理
  • #友だちの笑顔
  • #夢は商品開発
  • #プロの設備
  • #飲食店
  • #長野
  • #地元
  • #調理
  • #調理師

「もっとおいしいものを作りたい」と、オリジナルレシピづくりにもチャレンジした高校時代

バレー部で熱心に活動して、部活の無い日もいつも友達と体を動かして過ごしていたほど運動好きの高校生でした。一方で、お菓子作りも趣味でした。高校生の頃は、レシピサイトを見ながら料理やお菓子作りをしていて、レシピ通りに作るのはもちろんですが、自分でアレンジを加えて、「もっとおいしく作りたい!」とおいしさを追求していました。
そうしているうちにオリジナルのレシピ作りに目覚め、一風変わった食材を使った洋風の炊き込みごはんや、王道の鯛めしを家族に作って振舞っていました。家族の「おいしい」の言葉が、私の調理業界に進みたい、調理師の資格を取得できる専門学校に進学したい、と思うきっかけだったと思います。誕生日に洋菓子をプレゼントした友人のうれしそうな笑顔もきっとそうで、人がおいしいものを食べたときに見せる笑顔や、食べ物が人にもたらす喜びが、自分自身にとって、とても幸せを与えてくれることに気づきました。

高温調理など、危険も伴う調理の世界。みんなもすごく真剣で、良い緊張感のなかで実習ができました

受験対策は、SPI、面接練習はもちろんのこと、オープンキャンパスに参加して学校の特徴を聞いたり、授業について詳しく聞いたり。とにかく入学までにわからないことがないようにと思って、質問をして疑問を解消していました。包丁の使い方や研ぎ方、切り方など、調理については入学してから基礎から学ぶとわかってはいましたが、この学校に入学が決まったあとは、「これから調理のプロを目指すんだ」というワクワクした気持ちから、家では一層料理作りに力が入りました。特にもっと知りたい煮込み料理や唐揚げの漬け込みを再確認するなど、より料理についての興味・関心が高まり、入学までの日々がとても待ち遠しかったです。
学校では、家庭用とは異なる包丁や高温調理があるため、調理実習では、細心の注意をはらっていないと、思わぬケガなどにつながる危険もあります。そのため、どの実習でも緊張感がありました。ただ、その雰囲気は決して重苦しいものではなく、みんなが真剣に取り組むからこそ生まれるとても良い緊張感でした。

いつか商品開発に携わって、自分が考案したメニューで食卓を「おいしい」と笑顔でいっぱいにしたい!

学校での学びは、全てが食の現場に通じます。そのため、プロ仕様の充実した設備と緊張感ある雰囲気で調理を経験できたことは、調理する仕事に就きたいと思っていた私にとって、とても貴重な経験だったと思います。また、学内には調理施設だけではなく、模擬レストラン実習室があり、飲食店営業の流れも学ぶことができました。調理実習はもちろん、模擬レストランでの授業や座学でしっかり知識を身につけたことなど、さまざまな角度で食と向き合い、理解を深められるのが、この学校の魅力だと思います。
卒業後は、スーパーマーケットに就職します。スーパーマーケットは子どもから高齢者まで、たくさんのお客様がいらっしゃる場所なので、おいしいものを作って人を笑顔にすることが幸せな私にとってピッタリの進路だと思っています。将来は、商品開発の部署で私の開発したレシピでつくるメニューが、たくさんのお客さまの食卓に並び、「おいしいね」と笑顔になってもらえる商品を開発したいです。

志望理由

高校時代はレシピサイトを見ながら料理やお菓子作りをしていて、自分なりにオリジナルレシピを作っていました。料理を家族にふるまったり、洋菓子を友人にプレゼントした時、「おいしい」と笑顔になってくれ、それが私の「もっと調理を学びたい、調理師を取得できる専門学校に進学したい」という動機にもなりました。
長野調理製菓専門学校は、オープンキャンパスに参加して学校の特徴や疑問、授業について質問したところ、細かく教えてもらえたので安心したのを覚えています。調理師学科への入学を志望した後も本当にワクワクして、好きな料理を作ったり、もっと知りたい料理について再確認したりして過ごしました。

志望理由の GOOD POINT!

フードビジネス業界でお客様が笑顔になる瞬間はさまざまです。上原さんは、料理をふるまうことでご家族や友人が笑顔になるという、強く心に残る経験がありましたね。その喜びが自分にとって幸せをもたらすという“気づき”は、料理の実習や訓練を続けるうえで大きなモチベーションになると感じました。
就職が決まった大手スーパーマーケットでは、いつか自分のレシピでたくさんのお客様を笑顔にするという商品開発の夢を、ぜひかなえてもらいたいです。上原さんがたくさんの人を笑顔にすることを応援しています!

いつか海外で活躍するシェフになる。夢のためなら苦労もいとわない自分に気づかせてくれた学校でした

KEYWORD

  • #シェフ
  • #洋食
  • #大手ホテル
  • #いつかは海外に!
  • #ありがとう
  • #充実した環境
  • #仲間たち
  • #長野
  • #地元
  • #調理師

当初は食品系の大学も視野に。自分がやりたいことは「調理だ」と確信してこの学校へ進学しました

高校では3年間野球部のマネージャーとして活動しました。高校の思い出は野球一色!充実した高校生活だったのですが、部活動が忙しく、自分の時間はどうしても少なくなっていました。そんななかでの息抜き方法は、おいしい食べ物を食べに行ったり、作ったりすることでした。リフレッシュにもなり、とても楽しい時間でした。また、野球部には部員の体作りの一環で、食事トレーニングがありました。毎日の練習後、お米34合分を炊いたご飯でおにぎりを作っていました。その時、おいしそうにおにぎりを食べる部員の姿を見たり、直接言われる「ありがとう」に励まされたことが、調理の世界に興味を持つ大きなきっかけになりました。
そんな私には、食品系の大学も進路の選択にありました。でも自分が本当に学びたいことは何かとじっくり考えた結果、それは調理師免許を取得する過程の学びでした。また、長野で働きたいと決めていたため、「地元の採用には地元の学校が一番だよ」という高校の担任の先生や両親からのアドバイスもあり、長野調理製菓専門学校を志望しました。

うれしい意味で想像と違うことの連続!同じ夢をめざす仲間との出会いもモチベーションにつながりました

入学前は、「調理系の専門学校=国家資格を取得するための養成施設」という印象だったので、かなり厳しいものを想像していました。しかし入学後は、うれしい意味で想像していたものとは違うことが分かりました。同じ地域の同業種に就職する目的がある友人がたくさんでき、とても楽しく充実した環境で学ぶことができましたし、これは地元の学校を選んでとても良かったことのひとつです。目指すことや目標が同じ友人は、高校時代の友人とはまた違った、いわば“同志”のような存在で、心強く感じていました。
もうひとつ、入学前は「座学の講義についていけるかな」という不安もありました。しかしそれも想像とは違って、今後仕事で使える内容や興味のあるものが多く、意欲的に学ぶことができました。さらに調理学や衛生学などでは、今後の日常生活でも必ず役立つ知識を手に入れることができ、夢に向かって学ぶ手応えを感じたので思っていたほど苦に感じませんでした。

大手ホテルの洋食部門に就職。技を磨き、いつか海外のお客様においしい料理を振る舞いたいです

実をいうと高校時代、私は勉強があまり好きな方ではありませんでした。それが、自分が好きなことのためなら勉強に一生懸命取り組めるし頑張れるのだ、という自分の意外な一面に気づけたことも、長野調理製菓専門学校に入学後の大きな発見であり変化でした。これは入学時から将来の目標がしっかり決まっている専門学校の学びならではだったのではと、今振り返ってみて思います。
また、入学前は洋菓子業界に就職したいと思っていましたが、この学科で学ぶうちに洋菓子から洋食全般へと興味が広がり、就職先も大手ホテルの洋食部門に決まりました。夢がかなったといううれしさもありますが、まずは就職先で戦力になることを目標に、社会に出てからも勉強し続けなければならないと気が引き締まる思いです。就職先は海外にも展開しているホテルなので、しっかりと経験を積んで、海外での勤務にも挑戦したいと考えています。今は「自分を試したい、世界のお客様に私のおいしい料理を食べてもらいたい」という気持ちでいっぱいです。たとえ苦手なことでも、夢のためなら頑張れる……この気づきは、いつまでも大切にしたいです。

志望理由

最初に調理業界に興味を持ったきっかけは、高校時代に3年間野球部のマネージャーをしていて、部員の食事トレーニングのために毎日大量のおにぎりを作っていたことです。おいしそうに食べる部員たちの笑顔や、日々のお礼の言葉にやりがいを感じたことから、調理そのものに興味を持つようになりました。進学にあたっては“本当にやりたいこと”をじっくりと考えた結果、調理師免許を取得したいということと、一人前になるまでは長野で働きたいということ、この2つを明確に決めたことで、長野調理製菓専門学校を志望しました。入学前は漠然と洋菓子の仕事ができればと思っていましたが、学んでいるうちに興味が洋食全般に広がり、海外でも活躍したい気持ちが高まったのは、自分にとって大きな変化でした。

志望理由の GOOD POINT!

最初から目標がはっきりしていた立野さんにとって、たくさんの卒業生が地域のフードビジネス業界で活躍している本校を志望したのは自然な選択だったのですね。新しい環境に挑戦するときは、たくさんのエネルギーを使いますから、実家から通える場所で挑戦することは利点も多く、挑戦する物事や高い目標に向けて集中できる環境だと感じられたのではないでしょうか。海外にも展開している大手ホテルという就職先で調理の腕を磨き、いつか世界のフィールドでも挑戦していきたいという立野さんの素晴らしい夢を、これからも応援しています。

  • 学校No.6046
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす