新潟食料農業大学(仮称)の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

私立大学 新潟食料農業大学(仮称) 設置認可申請中(2018年4月開学予定)

時代が求める“食”と“農”をビジネス重視で学ぶ新しい大学で、食の可農性を追究

食と農とは、農場から食卓まで、一つの流れでつながっています。そして、そこには生産、加工、輸送、販売、消費と多くの人が関わっています。この流れと関わりの全体を「フードチェーン」といい、もともと生産と消費、農村と都市は別物ではなく、対立するものでもありません。新潟食料農業大学では、このフードチェーンを途切れたものではなくトータルとして、地に足がついたものとして、食卓の側から学ぶことを目指します。
生命、環境、社会を科学する力と、食と農に関する広い知識と技術を総合的に身につけ、課題の解決に前向きに取り組む人材を育成するとともに、実社会に直結する研究開発を通じて地域と国際社会の発展に貢献することを目的としています。特定の研究分野や産業分野のみの専門性にとらわれることなく、各専門分野の知識や技術をもとに分野を超えた自由な発想、多様化した社会を見渡す力、新たな発想を具体的な形にする創造力を養い、今後一層複雑化・多様化することが予想される社会をリードしていく人材を育成していきます。

新潟食料農業大学(仮称) PRイメージ1
新潟食料農業大学(仮称) PRイメージ2
新潟食料農業大学(仮称) PRイメージ3

トピックス

2017.06.01

2018年4月開学予定。 食の可農性を追及する、新潟食料農業大学。

2018年(平成30年)4月開学予定、新しい時代の食と農が学べる新潟食料農業大学(仮称)です。資料をご請求いただいた方には、パンフレットや、食の可農性を知る情報マガジンなどの最新情報をお送りします。
また、食と農の学びが体験できるイベントや入試情報は、本学WEBサイトでも随時公開します。ぜひチェックしてください。
※設置認可申請中のため、大学名、その他名称は変更される場合があります。
大学WEBサイト http://www.nafu.niigata.jp/

募集内容・学費

新潟食料農業大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

食料産業学部(2018年4月開学予定 ※設置認可申請中のため変更になる場合があります。)

食料産業学科 

コース名 ●アグリコース(野菜園芸/施設栽培/有機栽培/土壌・肥料/生物環境/植物生理/育種・遺伝/病理・微生物)
●ビジネスコース(食料経済/農業ビジネス/農村ビジネス/フードビジネス/企業価値/会計/ビジネスプラン/マーケティング)
●フードコース(栄養・健康/機能・評価/成分・分析/発酵・微生物/素材・加工/物性・保蔵/安全・管理/製造・環境)
※2年次よりコース選択
概要 人とのつながりを持ちながら社会で活躍するためには、分野ごとのピンポイントの知識・技術ではなく、まずは食や農に関してのトータルの理解が必要です。そのため1年次には食と農の全体像を学び、その上で2年次より3つの専門コースにわかれ実践的なカリキュラムで自分の将来像を描きながら学びます。
●“つくる”を学ぶ【アグリコース】
育てやすく、おいしくて安全・安心な農作物をつくるために、栽培や品種改良、栄養価に優れた農作物の研究や、輸送に適した栽培管理、有機栽培や土壌、肥料、農薬の知識・技術など“つくる”技術を学びます。
●“つなぐ”を学ぶ【ビジネスコース】
私たちの周りにはさまざまな商品が売買され、生産者と消費者をつないでいます。食や農に関する産業において、より多くの“つくる”と“食べる”をつなぎ、支えるために、その“つながり”(経営や経済)を学びます。
●“食べる”を学ぶ【フードコース】
変化する“食べる”ニーズに応えるため、栄養(機能)、加工、保存、そして安全・安心な食品開発・製造、環境に配慮した廃棄、リサイクルの仕組みについても学びます。
年限 4年
定員 180名(予定)
初年度納入金 入学金 250,000円
授業料 900,000円
施設設備費 250,000円
実習実験費 100,000円
(初年度合計 1,500,000円)

(2018年4月予定)

各種制度

新潟食料農業大学での独自の制度や特筆すべき施設のご紹介

1年次に食と農の全体像を学ぶことで、じっくりと自分の希望や専攻を見つけられます。

さまざまな人とのつながりを持ちながら社会で活躍するためには、分野ごとのピンポイントの知識・技術ではなく、食や農に関してのトータルでの理解が必要です。本学では1年次に食や農に関する総合的な知識・技術を習得し、じっくりと自身の特性や希望を考えられるようカリキュラムを設定し、2年次より3コースに分かれ専門性を養います。

社会と直結したビジネス視点重視の学びで、即戦力として活躍が期待されます。

革新的な農業や魅力ある食品産業など、新しい時代の食や農に関する産業を創り出す人材を育成するため、ビジネス視点を重視した科目や学外での実習、さまざまなプロジェクト活動、企業の方をお招きしての講義・演習など、食や農の現場で即戦力となれるよう、社会と直結した学びを多く取り入れます。

実社会と関わる場面を多く設定し、早期からキャリア支援を行います。

主体性や課題発見力、創造力といった社会人基礎力を身につけ、社会生活へ明確で具体的なビジョンを描けるよう、「大社連携」サポート体制で、低学年よりキャリア支援を行います。「キャリアデザイン」「インターンシップ」といった、就職と実社会と密接に連携したカリキュラムから、学外プログラムなどによる地域や産業と一体になったプロジェクトなど、早期から社会と関わりを持つ場面を多く設定します。また、面接指導、ビジネスマナー講座など就職活動での実践的な指導や、起業を目指す学生に向けては起業支援プログラムを実施します。

(目指す将来像)
食品・醸造・農業資材・肥料・種苗・保蔵など各種メーカーや、外食産業・ヘルスケア産業・観光業・農業生産法人での企画や営業、生産加工の技術開発の他、研究者、公務員等。

地域がまるごとキャンパス!キャンパスの地域特性を活かした実践的な学びを展開します。

地域特性を活かした2キャンパスで実践的な教育を行います。
 ■新潟キャンパス
 「農業特区」として地方から農業改革モデルを国へ発信する都市として位置付けられている新潟市。食と農に関するビジネスを学ぶに最適な環境で、学外プロジェクトなど授業と合わせて生産から販売、消費に至るフードチェーン全体を捉えた実践的な教育を行います。
 ■胎内キャンパス
  山、川、平地、海と農林水産業に必要な要素がすべてそろい、平野と中山間地の縮図とも言え、食と農を活用しての地域活性にも力を入れている胎内市。学内の農場や実験室にとどまらず、地域全体を教室と捉え、実践的な教育を行います。

取得を目指せる資格(予定)

安全・安心な食のための資格や、食・農を活かした環境や地域活性のための資格が取得できます。

・HACCP管理者
・食の6次産業化プロデューサー
・危険物取扱者
・食品衛生管理者(※任用資格)
・食品衛生監視員(※任用資格)

奨学金制度・特待生制度

■奨学金制度
各コースに所属する2年次~4年次在学生のうち最成績優秀者3名(各コース1名)に30万円を給付します。

■特待生制度
一般入試(前期日程)の上位合格者者10名は特待生として採用されます。特待生は入学金を含む1年次学費(150万円)の全額が免除されます。

学びの分野/学校の特徴・特色

新潟食料農業大学で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 農学・水産学・生物
  • 栄養・食物

新潟食料農業大学で目指せる職種

  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光

新潟食料農業大学の特徴

  • AO入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 新設学部・学科
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

新潟食料農業大学の所在地

新潟キャンパス(予定地)

所在地

〒950-3102
新潟県新潟市北区島見町字上割地

交通機関・最寄り駅

JR「豊栄」駅より車で20分(無料スクールバス運行予定)

新潟食料農業大学のお問い合わせ先

新潟食料農業大学設置準備室

電話 025-257-1855 (受付時間 平日9:30~17:00)
FAX: 025-257-1856
Mail: agrifood@nuhw.ac.jp

  • 学校No.5990
  • 更新日: 2017.08.22