群馬パース大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「看護・リハビリテーション・医療技術」医療に特化した3学部でチーム医療を学ぶ

「看護・リハビリテーション・医療技術」の3学部7学科体制で9つの医療専門職を目指します。医療に特化した大学として、低学年から多職種理解ができるカリキュラムを導入し、学科間を越えた授業を通して「チーム医療」を学んでいきます。
そして、学生全員が「国家試験合格」という同じ目標に向かって、全学的に学んでいく環境が整っています。

◎本学独自のカリキュラム体制
『多職種理解と連携』
各学科で目指せる医療専門職だけではなく、多職種の職務や職域、具体的な仕事内容の理解を深めます。また自らの専門職と他の専門職との連携について考え、医療現場で欠かせない「チーム医療」の重要性を学びます。

『大学の学び ―専門への誘い―』
学生自らの医療専門職像を育み、興味・関心をもって専門分野を学ぶための導入を行います。さらに、グループワークを通して医療専門職として必要なコミュニケーション能力、課題解決能力を学ぶとともに、基本となる考え方と基礎的なスキルを身に付けます。

◎目指す資格
【看護学部】
・看護学科:看護師(国)/助産師(国)/保健師(国)

【リハビリテーション学部】
・理学療法学科:理学療法士(国)
・作業療法学科:作業療法士(国)
・言語聴覚学科:言語聴覚士(国)

【医療技術学部】
・検査技術学科:臨床検査技師(国)
・放射線学科:診療放射線技師(国)
・臨床工学科:臨床工学技士(国)

※(国)‥国家資格

群馬パース大学 PRイメージ1
群馬パース大学 PRイメージ2
群馬パース大学 PRイメージ3

トピックス

2023.06.09

2024年度 大学案内・入試ガイドが完成しました 

今年のテーマは「Connect ~つながる。つなげる。~」
群馬パース大学での”つながり”、キャンパスライフ、大学や各学科の特徴、学費・奨学金などをまとめておりますので、ぜひご覧ください。

大学案内・入試ガイド・募集要項をご覧になりたい方は本学ホームページより資料請求をお願いします。

▼資料請求はこちら
https://www.paz.ac.jp/document_request/

群馬パース大学 2024年度 大学案内・入試ガイドが完成しました 

2023.08.28

6つの法人で構成されるグループの力

群馬パース病院をはじめ数多くの医療施設で構成されている医療法人社団ほたか会、介護施設やグループホームなどを多数運営する社会福祉法人などの組織とともに、学校法人群馬パース大学としてPAZグループを構成しています。初年次から群馬パース病院で新入生研修を行うなど、医療現場を身近に感じることができ、将来を見据えた学修に取組むことができます。
PAZグループの1つである職業紹介事業を展開するメディカルサフランでは、そのノウハウを活かして学生の進路相談やビジネスマナー指導の就職支援を行うなど、グループ全体で学生のサポートを行います。

群馬パース大学 6つの法人で構成されるグループの力

2023.03.01

駅から徒歩4分の良好な交通アクセス!遠方からでも通学可能!

本学は、群馬県の文化・商業・交通の中心「高崎市」にあり、上越新幹線・北陸新幹線が通っているため、東京・埼玉・新潟・長野や北陸からのアクセスも良好です。高崎駅の1つ隣、JR高崎問屋町駅から徒歩4分(4号館)、10分(1~3号館、5号館)で通えるため、電車通学している学生が多く、近県であれば新幹線通学している学生もいます。また、2020年10月に学生専用マンションや学生支援センター、健康管理センター、国際交流センター等を設置した5号館を、2021年1月にリハビリテーション学部「言語聴覚学科」「作業療法学科」の講義室や実習室等がある1号館ANNEX《別館》を新築し、学生サービス向上に努めています。

群馬パース大学 駅から徒歩4分の良好な交通アクセス!遠方からでも通学可能!

募集内容・学費(2023年4月実績)

群馬パース大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

看護学部

学びのポイント 看護師、助産師、保健師を目指す!

看護学科

概要 助産師課程(選択制)、保健師課程(選択制)を設置しており、4年間の在学中に、「看護師」「看護師+助産師」「看護師+保健師」の3パターンで国家試験受験資格が取得可能。複数の資格を取得することで、看護職として活躍の幅が広がります。また、看護学の研究を行うための大学院や認定看護師教育課程も併設されており、目指す将来像に向かって学び続けられる環境があります。

初年次から問題解決型授業を行い、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力の向上を図っています。グループワークや演習などのアクティブラーニングを積極的に授業に取り入れており、「なぜ?」「どうして?」と考え、学び合う機会を多く設けています。また、各領域の教員が専門の立場から早期に問題を把握する仕組みをつくり、担任制度とチューター制度を取り入れ、学生個人に合わせた幅広いサポートを行っています。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニホーム代・保険料などの実費が別途必要になります
目指せる資格 ・看護師
・助産師
・保健師(第1種衛生管理者免許* ・養護教諭2種免許*)
*取得単位に応じて、申請により取得

リハビリテーション学部

 

学びのポイント 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を目指す!

1.理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を目指す学生が共に学ぶ
3つの学科の学生が共に課題解決していく授業『チーム医療とリハビリテーション』を通して、チームの意味を学び、その重要性や有効性を体験していきます。また、他学科の授業を選択科目として履修する機会を設け、各専門職種の理解に繋げていきます。

2.多職種連携を学ぶ
リハビリテーションには多職種連携が欠かせません。本学部では、『人間関係・コミュニケーション論』『生活文化と医療』『家族社会学』の授業において、他学部他学科との共通基盤となる基礎を学ぶほか、『多職種理解と連携』で多くの専門職の特性を理解していきます。

3.地域社会での活躍を目指す
病院や施設での治療から地域・在宅での治療へと形を変えつつあるリハビリテーション。生活の視点にたった支援ができる人材が求められています。本学部では、‟生活”をキーワードに総合的な視点で地域社会に貢献できる専門職を育成します。

理学療法学科

概要 国家試験対策は、独自の集団指導体制と個別指導体制で行っています。集団指導体制では学修時期を3期に分け、ステージに応じた集団指導を行っており、グループワークでの相互学修を利用した国家試験対策を行います。そのほかにも学生個人の能力に合わせた個別指導体制を取り入れ、高い国家試験合格率を維持しています。また、地域貢献に繋がる活躍の場として在宅医療に携わる理学療法⼠が増えるなか、地域包括ケアシステムの実現に向けて「地域理学療法」に関する授業数を増やしています。座学と演習でカリキュラムを構成し、実際に地域と交流する授業も開講しています。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニフォーム代・保険料などの実費が別途必要になります。
目指せる資格 ・理学療法士
・初級障がい者スポーツ指導員(取得単位に応じて、申請により取得)

作業療法学科

概要 作業療法士は障がいがある方や日々の生活や社会参加に支援が必要な全ての方々を対象に「心」と「身体」の両面からサポートし「自分らしい生活」を作るプロフェッショナルのため、その学びは幅広いものです。本学科では知識や技術を備え、多職種連携が行える作業療法士を養成するためにカリキュラムを編成しています。1年次の『チーム医療とリハビリテーション』では理学療法学科と言語聴覚学科の学生と学科横断型のグループワークを通してお互いを尊重する姿勢を学び、2年次には『多職種理解と連携』を通して各専門職との考え方の違いを学んでいきます。
定員 30名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニフォーム代・保険料などの実費が別途必要になります。
目指せる資格 ・作業療法士

言語聴覚学科

概要 言語聴覚士の学びは、障害の種類が多いので実に多様です。まずは初年次に対象となるさまざまな障害を理解し、言語聴覚士の役割や責任などを実際の臨床現場の流れに沿って学び、その後の学修をスムーズに進めていきます。また、言語聴覚士の活躍は病院から地域へとシフトしてきていることを鑑みて、地域参加支援に関わる授業を通し、対象者が社会で自分らしく生きられるように学んでいきます。対象となる障害の種類が多い言語聴覚士が学ぶべき基礎的な知識は多いですが、講義の多くにアクティブラーニングの形式を取り入れ他学科の学生と関わり合いながら学べる環境が整っています。
定員 30名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニフォーム代・保険料などの実費が別途必要になります。
目指せる資格 ・言語聴覚士

医療技術学部

学びのポイント 臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士を目指す!

検査技術学科

概要 検査のプロとして臨床医とディスカッションを行えるレベルの高い臨床検査技師を養成。検査値から病態を推測し診療支援ができるように幅広い知識を学びます。また、生殖医療分野で臨床検査技師が胚培養士(臨床エンブリオロジスト)として活躍し始めていることにより、全国的にも珍しい『生殖医療技術学』という科目を開講し、体外受精などの分野で必要な顕微授精技術を学ぶことも可能です。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニホーム代・保険料などの実費が別途必要になります
目指せる資格 ・臨床検査技師
・健康食品管理士(取得単位に応じて取得)
・遺伝子分析科学認定士(初級)

放射線学科

概要 MRI装置、X線CT装置、X線TV装置、一般X線撮影装置、超音波診断装置、眼底カメラ、乳房用X線撮影装置(マンモグラフィ)などが整備された充実した実習エリアで装置に関する原理や仕組みを理解することはもちろん、コミュニケーション能力向上を重視した教育で「チーム医療」の一員としての診療放射線技師に必要な能力を学んでいきます。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニホーム代・保険料などの実費が別途必要になります
目指せる資格 ・診療放射線技師
・第1種放射線取扱主任者
・第2種放射線取扱主任者

臨床工学科

概要 臨床工学技士は、他職種へのコーディネーターとしての役割や知識が求められ「チーム医療」の一員として欠かせない存在です。医工学の知識だけでなく、他学科との連携を通して多職種間で互いに理解・協力し合える人材育成を行っています。また、希望者は医療施設見学や医療機器製作工程などの工場見学を行う機会も設けています。
定員 50名
年限 4年
学費 初年度納入金(予定)
1,750,000円(入学金25万円を含む)
※教科書代・ユニホーム代・保険料などの実費が別途必要になります
目指せる資格 ・臨床工学技士
・第1種ME技術者
・第2種ME技術者

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2023年3月卒業生実績

  • 群馬パース病院
  • 渋川医療センター
  • 伊勢崎市民病院
  • 公立藤岡総合病院
  • 公立富岡総合病院
  • 前橋赤十字病院
  • 黒沢病院
  • 群馬県健康づくり財団
  • 伊勢崎健診プラザ
  • 自治医科大学附属病院
  • 独協医科大学日光医療センター
  • 埼玉医科大学病院
  • 埼玉県立循環器・呼吸器病センター
  • 日本医科大学病院
  • 東京医科大学病院
  • 順天堂大学医学部附属練馬病院
  • イムス東京葛飾総合病院
  • 福寿会病院
  • 東京品川病院
  • 北里大学病院
  • 横浜新都市脳神経外科病院
  • 済生会新潟病院
  • 佐久総合病院
  • …など

95.3% (就職者数305名/就職希望者数320名)
※2023年5月1日現在

就職支援

学習支援センターを設け、専門のカウンセラーが進路相談やビジネスマナー指導などを行いながら、就職活動に関するさまざまなアドバイスをしています。学習支援センターでは、PAZグループのメディカルサフランのスタッフも職業紹介サービスのノウハウを活かして支援しています。医療法人等を持つPAZグループだからこそできる総合的なサポート体制を整えています。

【合同進路相談会の開催】
進路相談会などのイベントを毎年独自に開催しており、群馬県内外から参加する多くの病院・施設・企業の方々からの現場の生の声を聞く機会を作っています。参加される方の中には本学卒業生も多く、先輩・後輩の交流はもちろん、卒業生という身近な存在ということで聞きにくいことでも気軽に質問しながら情報収集することができます。

【就職対策講座の開催】
学年や学科別に対策講座を実施しています。キャリアコンサルタントによる「ビジネスマナー講座」や、国公立の施設に就職を希望する学生を対象に「公務員対策講座」などを学科や学生のニーズに合わせて開催しています。

各種制度

群馬パース大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

学びを応援する大学独自の奨学金制度

成績優秀で経済的理由により修学が困難な学生に対し、学費の一部を給付することにより学業に積極的に取り組めるよう大学独自の奨学金制度を設けています。なお経済的理由については収入基準があります。

【特待生奨学金制度】
一般選抜(前期)の成績上位合格者が対象となり最大で在学期間中の授業料等を100%免除
特待生S:授業料等を全額免除(4年間)
特待生A:後期授業料等を全額免除(4年間)
特待生B:後期授業料等を全額免除(1年間)
※募集人数:入学定員の10%前後

【神戸奨学金】
各学年2~4年生において各々原則1名を対象に30万円を給付

【兄弟姉妹奨学金】
本学卒業生を含め2人以上の兄弟姉妹が学部に在籍する者。または同時に兄弟姉妹が本学の学部に入学した者を対象に10万円を給付

その他、日本学生支援機構、都道府県・市町村の奨学金制度、医療機関等の奨学金等も取り扱っています。また本学は「高等教育の修学支援新制度」の対象機関として認定されている為、対象者は授業料・入学金の免除または減額や日本学生支援機構給付奨学金の支援を受けることができます。

群馬パース大学 学びを応援する大学独自の奨学金制度

国家試験に向けたサポート体制

全学科で国家資格を目指す群馬パース大学では、国家試験"全員合格"に向けたサポートとして国家試験対策委員会を設置しており、担任と国家試験対策委員会が連携しながら、学生一人ひとりに適したさまざまな支援を行っています。

【国家試験に向けた対策】
●卒業生を招いた特別講演
現場で働く卒業生による特別講演を実施しています。講演では、国家試験に合格するための具体的な勉強方法や試験までの過ごし方、息抜きの仕方など、アドバイスを聞く機会を設け、受験に向けた意識の向上を図っています。

●低学年から実施する模擬試験
低学年から全国統一模擬試験などの外部試験や学内模擬試験を行い、意識付けをしながら学習意欲を高めます。小テスト形式で国家試験の過去問題を出題し、国家試験問題形式に触れさせ、国家試験本番に向けた対策を進めていきます。

●国家試験当日までサポート
国家試験前日には出発式を行い、国家試験会場へと向かう受験者全員を送り出します。数名の教員が引率し、受験者全員が万全の態勢で臨めるよう、国家試験当日まで教員がサポートします。

群馬パース大学 国家試験に向けたサポート体制

学びやすい環境

各学科の研究室の近くには授業の空き時間やお昼の時間を使ってレポート作成や試験対策などの個人学習や、卒業研究などのグループワークで使用できる自主学習スペースがあります。勉強などでわからないことがあれば、近くにいる先生に質問できるなど、学生と教員が日常的にコミュニケーションをとりやすくなっています。そのほかにも2フロアある広々とした図書館には医療専門書が充実。グループ学習室も設けており、学生の主体的な学習をサポートする環境となっています。

群馬パース大学 学びやすい環境

主体的な学びをサポート

キャンパス内では、「学内無線LAN」に接続でき、学内のどこからでもインターネットに繋ぐことができます。本学ではWebポータルシステムを導入しており、休講・補講情報などの大学から発信された情報をパソコン・スマートフォン等で確認することができるだけではなく、Webポータルシステム上にアップロードされた講義資料をパソコンで閲覧しながら講義を受けることができます。また、修学ポートフォリオを使用することにより、学習成果の積み重ねを目に見えるようにし、学生本人の主体的な学びへと繋げています。さらに、「学内無線LAN」を利用することにより、学内どこにいても印刷データを学内プリンターに送信して印刷することができるため、自宅にプリンターを準備する必要がありません。

群馬パース大学 主体的な学びをサポート

海外研修助成制度

「国際交流センター」では、長期休みの期間を利用して参加できる海外研修プログラムを企画、募集、実施しています。外国で、異なる言葉や風土、文化に触れることにより、日本と外国の違いを肌で感じることができ、人間として大きく成長できます。本学では、学生時代に海外に目を向け触れる機会を持ってほしいという想いから、プログラムの費用を補助する海外研修助成制度を設けており、毎年多くの学生が参加しています。また、国内においても保健医療分野の国際的な繋がりを学生皆さんに意識してもらえるよう、2016年度より国際交流センター主催の特別講演を毎年開催しています。

群馬パース大学 海外研修助成制度

学生サポートを担う5号館

学生がよりよい学習環境で学び、充実した学生生活が送れるようにさまざまなサポート体制を整えています。
1階には学生支援センター、国際交流センター、健康管理センターといった学生サポートを担う部門を集中して配置し、3階~5階は学生専用マンションとなっています。学生専用マンションは、インターネット無料、バス・トイレ別、専用キッチン付きという快適さ。オートロックも完備されており、セキュリティ面でも安心です。

【学生支援センター】
就職に関する悩み・不安などの相談、履歴書添削、面接指導を行う「キャリア支援室」や専門カウンセラーが相談にあたる「学生相談室」を配置しています。また、進路相談会等のイベントを毎年独自に開催しており、全国から参加される多くの病院・施設・企業の方々から現場の声を聞くことができます。

群馬パース大学 学生サポートを担う5号館

キャンパスライフを彩る部活・サークル

大学公認部活動である「硬式野球部」をはじめ、サークル活動が盛んです。体育系・文化系のサークルが多くあり、学生たちの笑顔であふれています。
サークル活動では、異なる学年の人だけでなく、他学科の学生と交流しながら、さまざまな情報を共有する場にもなります。
群馬パース大学には勉強と両立させながら、サークル活動・部活を楽しむ学生がたくさんいます。

▼体育系▼
ダンス/スポーツトレーナーズ/バスケットボール/バドミントン/バレーボール/フットサル/野球・ソフトボール/eスポーツ/卓球
▼文化系▼
アカペラ/軽音/ボランティア/吹奏楽/手話/百人一首

▼動画でサークルの様子を見てみよう!
https://www.paz.ac.jp/juken/campuslife/club.php

群馬パース大学 キャンパスライフを彩る部活・サークル

学びの分野/学校の特徴・特色

群馬パース大学で学べる学問

  • 工学・建築
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ

群馬パース大学で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

群馬パース大学の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
群馬パース大学の学部・学科情報はこちら

群馬パース大学の所在地

本学

所在地

〒370-0006
群馬県高崎市問屋町1-7-1

交通機関・最寄り駅

[1号館・1号館別館・2号館・3号館・5号館]
上越・両毛線「高崎問屋町駅」問屋口から徒歩10分。
[4号館]
上越・両毛線「高崎問屋町駅」問屋口から徒歩4分。

群馬パース大学のお問い合わせ先

入試広報課

電話 027-365-3370 (直通)
FAX: 027-365-3367
Mail: nyushi-koho@paz.ac.jp

  • 学校No.5095
  •  
  • 更新日: 2023.10.04

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす