新潟職業能力開発短期大学校の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

基本を⼤切に 実践⼒と⼈間⼒を磨きます

新潟職業能⼒開発短期⼤学校は、平成4年に開校しました。開校以来、多くの修了⽣が新潟県を中⼼とする企業等の第⼀線で活躍し、地域産業の発展に⼤きく貢献しています。

実践の精神に貫かれている本校では、実験・実習を重視しており、専⾨科⽬中、約60%を実験・実習が占めています。そのため、⼯学的な知識と技術・技能⼒の効果的な習得が可能です。課題製作では、企画から製作、プレゼンテーションまでのプロセスを通して、「ものづくり」の⼤切さと難しさ、そして楽しさを感じとることができます。さらに、グループ製作を⾏うことで、⼈間性と社会性を⾝につけることができるなど、知識と技術の効果的な習得が可能となっています。

修了後は2年間の教育訓練課程「応⽤課程」へのステップアップも⽬指すことができ、全国10カ所にある職業能⼒開発⼤学校への進学実績があります。

◆ 新潟職業能力開発短期大学校は厚生労働省が所管する(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置、運営しています。

新潟職業能力開発短期大学校 PRイメージ1
新潟職業能力開発短期大学校 PRイメージ2
新潟職業能力開発短期大学校 PRイメージ3

トピックス

2019.04.01

修了後は応⽤課程(2年制)へのステップアップが可能

応⽤課程とは、技術・技能の応⽤⼒や企画・開発⼒の総合的なものづくり能⼒を⾝につける2年間の教育訓練課程です。
より⾼度な技能・技術や知識を⾝につけたい学⽣は、本校の専⾨課程を修了後、推薦⼊試(書類審査及び⾯接)または⼀般⼊試(専⾨実技に関する筆記試験及び⾯接等)により、職業能⼒開発⼤学校の応⽤課程へ進学することができます。

本校から多くの学⽣が進学先として選択するのが北陸職業能⼒開発⼤学校です。応⽤課程として⽣産システム技術系(⽣産機械システム技術科、⽣産電⼦システム技術科、⽣産情報システム技術科)の学科があります。

また、住居環境科の学⽣が進学先として選択するのは関東職業能⼒開発⼤学校です。応⽤課程として居住・建築システム技術系(建築施⼯システム技術科)の学科があります。

募集内容・学費(2019年4月実績)

新潟職業能力開発短期大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

専門課程

生産技術科

概要 生産現場では、コンピュータ制御された工作機械を使いこなし、高品位で高品質な製品を作り出せるかが問われています。即戦力となるエンジニアの育成を目標としています。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納⼊⾦
559,200円
目指せる資格 技能検定:2級機械加工(普通旋盤作業)、2級機械加工(フライス盤作業)、2級機械・プラント製図(機械製図CAD作業)、2級油圧装置調整(油圧装置調整作業)、2級空気圧装置組立て(空気圧装置組立て作業)
その他:手溶接技能者、半自動溶接技能者、ステンレス鋼溶接技能者、品質管理検定(QC検定)3級、CADトレース技能審査初級・中級

電気エネルギー制御科

概要 エネルギー問題は地球規模の課題です。電気と制御技術を習得し、さらに太陽光などによる電力制御やモータの効率的な利用といった、先進分野の知識と技術を身につけます。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納⼊⾦
559,200円
目指せる資格 技能検定:2級電気機器組立て(シーケンス制御作業)、2級電子機器組立て(電子機器組立て作業)、2級電気製図(配電盤・制御盤製図作業)、2級機械保全(電気系保全作業)
その他:第一種電気工事士(学科試験のみ)、第二種電気工事士、2級電気工事施工管理、工事担任者、第三種電気主任技術者、消防設備士(乙種)

電子情報技術科

概要 IT社会を形成するエレクトロニクス、コンピュータ、通信・ネットワークに関するものづくりの適応技術を習得します。ハード、ソフトとネットワークの融合を担うスペシャリストを目指します。
定員 25名
年限 2年
学費 初年度納⼊⾦
559,200円
目指せる資格 技能検定:2級電子機器組立て(電子機器組立て作業)、2級プリント配線板製造(プリント配線板設計)、3級ウェブデザイン(ウェブサイト構築作業)、2級情報配線施工(情報配線施工作業)
その他:ITパスポート試験、基本情報技術者試験、ETEC組込ソフトウエア技術者試験クラス2、Linux技術者認定試験(LPIC)、トロン技術者認定試験、工事担任者DD1種、C言語プログラミング能力認定試験1級

住居環境科

概要 設計した図面をもとに実際に制作するなど、理論と実践をバランスよく取り入れたカリキュラムです。住む人の期待に応え、安心・安全で環境にも優しい家づくりができる人材育成が目標です。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納⼊⾦
559,200円
目指せる資格 技能検定:3級建築大工(大工工事作業)
その他:2級建築士、木造建築士、2級施工管理技士、福祉住環境コーディネーター、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年~2018年3⽉ 修了⽣実績

  • (株)アイテック
  • (株)E&Cマクロム
  • (株)イートラスト
  • (株)ヰセキ信越
  • 石本酒造(株)
  • 大原電業(株)
  • (株)オスポック
  • (株)金井電設 新潟支社
  • (株)鹿沼興産
  • クアーズテック(株)小国事業所
  • (株)クボ製作所
  • 久保誠電気興業(株)
  • (株)クスリのアオキ
  • (株)クラレ
  • (株)栗山米菓
  • 栄通信工業(株)
  • (株)三進製作所新潟工場
  • (株)紫雲寺記念館
  • (株)システムハウス・アイエヌジー
  • 芝浦エレテック(株)
  • (株)シンテック
  • (株)ダイヤメット
  • 田辺工業(株)
  • タンレイ工業(株)
  • THK新潟(株)
  • デビフペット(株)
  • 東海電機(株)
  • (株)トーシス新潟
  • (株)ナビック
  • ニイガタ機電(株)
  • 新潟原動機(株)
  • (株)新潟ジャムコ
  • 日軽新潟(株)
  • 日東アリマン(株)
  • 日本海エル・エヌ・ジー(株)
  • (株)パルス・システム
  • パルス電子(株)
  • (株)日立産機システム 中条事業所
  • (株)日立産機 中条エンジニアリング
  • (株)ビット・エイ
  • フジテック(株)
  • (株)双葉製作所
  • (株)ブルボン
  • 松山重車輌工業(株)
  • 水澤化学工業(株)中条工場
  • 水島鉄工(株)
  • 三星工業(株)
  • 明道メタル(株)
  • (株)ユアテック
  • (株)ワイテム
  • …など

本校の就職率は平成30年度まで6年連続100%の実績を誇ります。(就職者数 63名/就職希望者数 63名)
2年間しっかり本校で学んだ後は、短⼤卒と同じ扱いとなります。本校は、地域や産業界に優秀で確かな⼈材を輩出しています。

就職支援

本校は、少人数制であるメリットを最⼤限⽣かした教育訓練を⾏っています。例えば、学業や就職⽀援等においてもほぼマン・ツー・マンに近い体制でのサポートが受けられ、その結果として、⾼い就職率の実績へと繋がっています。
地域に貢献できる社会⼈を育成するため、第⼀に、「社会で通⽤する専⾨知識と確かな技能・技術を⾝につけること」第⼆に、「お互いの⼈格を尊重し、議論して交流を深め、⼈間として成⻑すること」第三に、「安全衛⽣ルールを徹底して守ること」以上を新潟職能短⼤の指針とし、教育訓練を⾏っています。

各種制度

新潟職業能力開発短期大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

技能者育成資金融資制度

優れた技能者を育成するための一助として、成績が優秀であるにも関わらず、経済的な理由により教育訓練を受けることが困難な学生を対象とした融資制度です。
一定の要件を満たした学生に、労働金庫から有利子、無担保で一定限度額まで融資されます。

授業料免除制度

学業成績優秀者で経済的理由により授業料の納付が困難である学生が、授業料を免除される制度です。

学生寮

⾃宅からの通学が困難な学⽣のために、本学から徒歩12分の場所に3階建ての学⽣寮が⽤意されています。
学⽣寮は、全室個室(広さ9平⽶、エアコン完備、インターネット接続可)で男⼦(50室)、⼥⼦(6室)、⾝障者⽤(2名1室)があり、希望者は、選考のうえ決定します。

学びの分野/学校の特徴・特色

新潟職業能力開発短期大学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー

新潟職業能力開発短期大学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ

新潟職業能力開発短期大学校の特徴

  • 独自奨学金制度
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場

新潟職業能力開発短期大学校の所在地

本校

所在地

〒957-0017
新潟県新発⽥市新富町1丁⽬7番21号

交通機関・最寄り駅

・⾞でご来校の⽅
(⼀般道路)国道7号線・新新バイパス・聖籠新発⽥ICより12分
(⾼速道路)⽇本海東北⾃動⾞道・聖籠新発⽥ICより12分
・電⾞でご来校の⽅
JR⽩新線・JR⽻越本線、新発⽥駅下⾞。
新発⽥駅⻄⼝より徒歩20分(⾞で約7分)

新潟職業能力開発短期大学校のお問い合わせ先

学務援助課

電話 0254-22-1781 (受付時間 9:00〜17:00・⼟⽇・祝⽇を除く) / 電話 0254-23-2169
Mail: niigata-college03@jeed.or.jp

  • 学校No.4601
  • 更新日: 2019.08.07