昭和音楽大学短期大学部の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

多種多様な芸術、文化に触れ教養を身に付け、豊かな音楽人を養成します

本学の建学の精神は、「礼・節・技の人間教育」であり、礼(礼儀)・節(節度)・技(技術・技能)を身につけ、高い品性とコミュニケーション能力をもった音楽家や音楽人を育成するということです。
短期大学部は、開学して48周年となります。
この歩みの中で、時代や社会の変化、学生のニーズにも応えながら、ピアノ、弦管打楽器、声楽などの伝統的なクラシック分野のコースから、さらには先進的な分野にも目を向けて、デジタルミュージックやポピュラー音楽まで、全12コースという多様性に富んだ教育の場になっています。
中でも器楽や声楽、バレエなど多様なジャンルの音楽芸術を学ぶことができる「音楽教養コース」や、主にシニア世代の方を対象とした「音楽と社会コース」は特徴的なコースとして挙げられます。
また、短期大学部は長期履修制度を適用しています。3年または4年まで履修期間を延長することが可能です。

2017年度からは「ウインドシンフォニーコース」を新設しました。プロの奏者やバンドディレクターとなる人材を養成します。

昭和音楽大学短期大学部 PRイメージ1
昭和音楽大学短期大学部 PRイメージ2
昭和音楽大学短期大学部 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

Facebook・LINEを開設しています

主催コンサートやイベント、普段の大学の様子を画像や動画をまじえて更新しています。SNSを通じて、もっと昭和音大を身近に感じていただけたらと思います。ぜひご覧下さい。

募集内容・学費(17年04月実績)

昭和音楽大学短期大学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

音楽科

ピアノコース

概要 本コースは、週1回60分間の個人レッスンとステージ演奏体験の豊富さに大きな特長があります。試験およびピアノデュオの演奏会などの機会は2年間で計8回。ピアノ・ソロだけではなく、伴奏法や副科での声楽、ソルフェージュ、さらには海外研修(選択)を含めた密度の濃いカリキュラムで音楽性の幅を広げます。
少人数制で、一人一人の個性に応じた指導が可能なばかりでなく、複数の教育スタッフが生活面を含め、見守ることができます。ピアノと自分との関わりや将来の方向性をしっかりと見つめるための理想的な環境が、ここには整えられています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

電子オルガンコース

概要 電子オルガンは、音色の多彩さを生かした生演奏で、ソロにもアンサンブルにも今後非常に大きなニーズが期待されています。本コースは、大学音楽学部と同様にクラシックからポピュラーまでフレキシブルに対応し、現場に携わる一流のプロを教育スタッフに迎えています。
週1回60分の個人レッスンはそれぞれの学生の将来像に応じた指導を行い、80分のアンサンブル実習ではスコアリーディング、指揮者との音楽の組み立て、他のアコースティック楽器との共演を体験し、特別講座ではポピュラーに取り組み、総合的な音楽力を高めるカリキュラムが組まれています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

弦・管・打楽器コース

概要 音楽界の第一線で活躍する教育スタッフが、週1回60分間の個人レッスンを行います。また、必修科目である合奏は週2回設定されています。
ソルフェージュは、初見力を高めるなど、密度の高い内容で構成されています。さらに、海外から招いた教授によるレッスンや海外研修(選択)、大学音楽学部と合同で実施する大学オペラや管弦楽部定期演奏会、高いレベルを誇るサクソフォーンオーケストラなど、課外活動も含めた実践の場が1年次から大変豊富です。
演奏技術と音楽性を磨きながら、それを生かした将来の夢が実現できるよう、効果的なカリキュラムを用意しています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

ウインドシンフォニーコース

概要 2017年4月より新設。
音楽の基礎理論を見直すとともに、演奏技術を磨き、アンサンブル能力を育成。合奏の授業では、ベーシック・レパートリーの演奏研究や様々な吹奏楽作品のスタイルを学びます。
多彩なカリキュラムで、バンドディレクターとして活躍するための知識も養います。


※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

声楽コース

概要 声楽とは自分の身体を楽器として作っていくことです。そのためには、何よりもまず、正しいベルカント唱法の基礎を身につけることが重要なのです。本コースでは、声楽の伝統と実績を誇る本学ならではのカリキュラムにより、優れた教育スタッフが潜在力を引き出す、きめ細かな個人レッスンを行っています。
1年次の個人レッスンは週2回30分ずつ、2年次には週1回60分。さらに合唱、ソルフェージュ及び副科ピアノは必修としています。
そのほかオペラに必要な表現力や演技の基礎を学ぶ、身体表現法の授業を充実させるなど、真に実力のある声楽家を育成しています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

音楽教養コース

概要 現代のニーズに応じて、また多様なコースを擁する本学の学修環境を活かして、学べる範囲を拡大。様々な選択肢から、より一層、自身の可能性を広く探ることが可能です。
大学に新設された音楽教養コースへの編入学も可能となり、進路の選択肢もさらに広がりました。器楽、声楽、ポピュラー音楽に加え、バレエを選択することも可能であることが特徴です。
※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

合唱指導者コース

概要 我が国で合唱は幅広い年齢層に親しまれていますが、指導者養成のための専門的なカリキュラムによる高等教育機関が少ないのが実情です。
そのような現状を憂慮し、指導者として音楽文化発展に寄与することを目的に、設立されたのが本コースです。
優秀な指導者育成を主軸に、純粋に合唱を楽しみたい方も、合唱とより密接な関係が構築できるよう、柔軟な受け入れ体制を整えています。
合唱のまとめ方や指揮法、様々な言語を有する合唱曲の発語・発声とその指導法、さらに外国語の発語を日本の作品の歌唱に活かす授業等、カリキュラムには幅広い専門分野が網羅されています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

デジタルミュージックコース

概要 デジタルテクノロジーの進歩により、様々な音楽シーンにおいてその技術が活用されています。このコースでは、クラシック音楽およびポピュラー音楽の作曲技法を基礎から学ぶだけでなく、音楽制作に必要なデジタル技術についても習得していきます。
そのため、創作のレッスン以外に、和声学などの音楽理論を学ぶ科目や、コードプログレッションなどのポピュラー音楽理論、コンピュータを用いた音楽制作、 PAや録音などの技術を習得できる科目などが用意されており、これらの科目を学ぶことにより、音楽創作、音楽制作の現場で柔軟に対応できる人材を育成します。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

ポピュラー音楽コース

概要 ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムス、サクソフォーン、トランペット、トロンボーン、ピアノなどの専門実技を磨きながら、音楽の基礎を学び、個性を生かした自由な音楽表現を探求していくのが、ポピュラー音楽コースです。
必修科目であるアンサンブルでは、様々なスタイルの音楽にふれ、様々なリズム、アドリブ、バッキング、コーラス等の技術を学び、ミュージシャンとして必要な音楽力を確かなものにします。
ソングライティングやアレンジの実践的ノウハウ、ワールドミュージックを含む多様な音楽ジャンルの研究など、ポピュラー音楽を総合的に幅広く学べる、刺激的な環境がここにあります。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

ジャズコース

概要 ジャズコースでは、基礎から高度な専門技術までを学ぶとともに、コンボバンド、ビッグバンドなどの様々なアンサンブルで、ジャズスタンダードを中心に色々な楽曲を経験します。多くの引き出しを持ち、多方面で活躍できる一流ミュージシャンを養成します。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円 (初年度納入金)
(2017年4月予定)

バレエコース

概要 本コースはプロのバレエダンサーの育成を目的としています。
実技枠を多く確保し、ダンサーに必要不可欠な技術習得のレッスンを強化。
コンテンポラリーやキャラクターなど、幅広いジャンルの舞踊が学べ、表現力や芸術性のレベルアップも図ります。
実践的なパフォーマーを養うために、試演会や卒業公演、海外のバレエ学校等での研修も実施。
感性にさらなる磨きをかけるだけでなく、広い視野を持った、豊かな人間性も培っていきます。留学の支援やバレエ団に関する情報提供などプロ活動へのサポートも充実し、個々の可能性を深く追求するための最適な環境が用意されています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
対象:男女
年限:2年
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

音楽と社会コース

概要 「音楽と社会コース」では、音楽を愛する方々が、音楽に対する知識を深め、演奏技術を磨き、同じ趣味を持つ仲間と語らい、創造性を高めながら、より一層、音楽芸術を楽しむための環境を提供します。
主にシニア世代の方を対象とし、音楽経験が豊富な方、これから学びたい方、もう一度学びたい方などに広く門戸を開いています。

※費用は分納可。
募集内容 定員:100名(音楽科総定員)
短大生は全員対象となります。
対象:男女
年限:2年(長期履修学生制度のため4年まで延長可)
学費:2,160,500円(初年度納入金)
(2017年4月実績)
備考

※シニア世代の方を対象としたコースです。

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • (一財)ヤマハ音楽振興会
  • スターダンサーズ・バレエ団
  • NBAバレエ団
  • 東京シティ・バレエ団
  • カワイ音楽教室
  • チャコット(株)
  • (株)クロスカンパニー
  • (株)大阪屋製菓
  • ベンチャーバンク(株)
  • ネイロ(株)
  • 町田市(放課後デイサービス)
  • …など

就職支援

本学では2009年より本学学生の多様な進路に対応し、様々なキャリア支援を「質」「量」「内容」ともに充実させ実施してきました。音楽教室の指導者に有効なグレード資格の取得や教員採用試験に加え、保育士資格試験や介護職員初任者研修なども行っています。また、音楽関連企業を含む一般企業の就職を希望する学生向けの就職支援にも対応しております。「エントリーシート対策」「業界・企業研究レクチャー講座」「面接対策」など実践的な講座を積極的に実施しております。また、音楽関係者や様々な職業に就く卒業生から、実際の現場での状況等を直接伺う機会も設けております。

各種制度

昭和音楽大学短期大学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

海外研修

昭和音楽大学では、芸術や音楽が育まれた文化に触れながら、体験を通して学ぶことを重視し、海外研修を実施しています。
イタリア研修では、ヴィチェンツァ近郊のスキアボンにある本学研修所で現地の講師陣による個人レッスンとアンサンブルのレッスンを受講。ヨーロッパ文化の香り高い名跡を訪れ、オペラ鑑賞や美術鑑賞などを行い、研修の最後に近隣の方を招いてのコンサート(ピアノ演奏家、声楽)を行いました。

[海外研修を必修とする学生]
●音楽芸術表現科 ピアノ演奏家コース
●音楽芸術表現科 声楽コース
※その他のコースおよび短期大学部は選択として履修可能です。また、コースや年度によって研修地、内容、研修時期が異なります。
※海外研修の内容は、近年の実績です。国際情勢の急変など、安全上やむを得ない場合は、研修地・内容が変更または中止となる場合があります。

●写真は昭和音楽大学イタリア研修所

昭和音楽大学の劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」

「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」は、オペラ、バレエ、ミュージカルをはじめとした、多様なパフォーミング・アーツを上演し、舞台芸術を愛する学内外の人々にとって、理想のコミュニティを実現することを願って建設されました。本学の中心的存在であるばかりでなく、新百合ヶ丘の新しいシンボル、さらには首都圏の重要な文化拠点となることを目指しています。
劇場の設計には、美しく自然な音響、そして舞台と客席との一体感を何よりも優先。ヨーロッパのオペラ劇場が最も輝いていた時代の伝統を継承し、国内ではめずらしい馬蹄形客席の、本格的な劇場です。この劇場で、学生は様々な公演に参加し、その舞台を創り上げることによって、実践的な経験を積んでいきます。

目指せる資格

●中学校教諭二種免許状(音楽)※1※2※3
●司書※4
●社会教育主事
●社会福祉主事任用資格
※平成28年12月15日現在

※1 教職課程履修及び修得により取得可能です。
※2「教育職員免許法」第16条の5第1項により、中学校の免許状で小学校の「専科」の教諭または講師となることもできます。
※3 音楽と社会コースは履修できません。
※4 司書資格に必要な単位を修得可能です。

特待生制度

特に学業成績・人物ともに優秀な学生に対し、学費を免除する制度です。
免除額は授業料の1/4額、半額、3/4額、全額。さらに、特に優秀な成績を修め将来が嘱望される場合は、授業料全額に加えて、施設費も免除となります。
出願に高等学校の推薦は必要ありません。

奨学金制度

勉学の意志を有し、優秀な成績でありながら、経済的理由によって就学が困難な学生に、学費を給付します。奨学金の選考には、経済状況に加え、成績も重視されます。

●昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部 学費支援奨学金(給付)
●昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部 遠隔地出身学生支援奨学金(給付)
●昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部 外国人留学生奨学金(給付)
●東成学園特別活動奨学金(給付)
●東成学園貸与奨学金(無利子貸与)
●東成学園応急貸与奨学金(無利子貸与)
●兄弟姉妹等の入学に係る学費減免制度
●昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室在籍者の入学に係る学費減免
●日本学生支援機構の奨学金[貸与]

学びの分野/学校の特徴・特色

昭和音楽大学短期大学部で学べる学問

  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽

昭和音楽大学短期大学部で目指せる職種

  • 教育
  • 音楽・イベント

昭和音楽大学短期大学部の特徴

  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

昭和音楽大学短期大学部の所在地

南校舎

所在地

〒215-8558
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1

交通機関・最寄り駅

小田急線「新百合ケ丘」駅南口より徒歩4分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-86-6606

昭和音楽大学短期大学部のお問い合わせ先

入試広報室【南校舎】

NTTフリーダイヤル 0120-86-6606 / 電話 044-953-6606
Mail: nyushi@tosei-showa-music.ac.jp

  • 学校No.4389
  • 更新日: 2017.04.07

昭和音楽大学短期大学部に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

昭和音楽大学短期大学部