金沢学院短期大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専門的な学び&確かな就職支援が、あなたの未来を切り拓く!

学園創立70年以上となる金沢学院短期大学は、これまで多くの卒業生を地域の企業、行政、教育等の分野に輩出しています。

キャンパスがあるのは、石川県・金沢市。歴史深い名所や街並み、美術工芸や伝統芸能をはじめとする文化、豊かな自然や食材など、多彩な魅力にあふれた土地は、国内外の旅行客で賑わう観光地であり、全国有数の学都としても知られます。

【3つの専門的な学び】
●幼稚園教諭2種免許と保育士の資格がW取得できる「幼児教育学科」
●食と栄養の専門家・栄養士をめざす「食物栄養学科」
●地域で活躍するためのビジネス能力を養う「現代教養学科」

2年後のあなたは、地域の経営・ビジネスのキーパーソン? それとも、食や保育のプロフェッショナル?

本学の就職率は100%です!

※就職希望者数90名/就職者数90名 2017年3月卒業生実績

金沢学院短期大学 PRイメージ1

トピックス

2018.03.01

2018年4月、「幼児教育学科」誕生!

幼児教育・保育のニーズが多様化する現代。幼児教育学科では、2年間の学びで、子どもの専門家としての保育者(幼稚園教諭・保育士)を養成します。

学内の「こどもセンター」(金沢学院大学と共用)は、地域の子どもやその保護者にも開放。子育て支援の場としてさまざまなイベントを企画するなど、幅広い学びを実践していきます。

募集内容・学費

金沢学院短期大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

幼児教育学科

概要 幼児教育・保育の多様なニーズに対応できる、保育者(幼稚園教諭、保育士)を養成する学科です。

子育てサービスの充実が求められる近年、子育て・保育の状況は大きな転換期にあります。幼児教育を専門とし、小学校教育への円滑な橋渡しができる、実践力に優れた子どもの専門家をめざしてください。

なりたいのは、どんな先生?
●子どもの気持ちを理解し、発達を援助できる
●子どもたちが健やかに過ごせる保育環境を組み立てられる
●コミュニケーションが得意な
●いろいろな遊びを考えだせる

【目指せる資格】
幼稚園教諭二種免許状
保育士資格(申請中)

【卒業後の進路】
幼稚園教員
保育士
認定こども園教職員
教育系企業 など
定員 50名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,160,000円
備考

2018年4月実績

食物栄養学科

概要 栄養士や管理栄養士として活躍できる、食と栄養のスペシャリストを養成する学科です。

所定の単位を修得すると、卒業と同時に「栄養士」免許が取得できます。さらに、4年制大学(金沢学院大学人間学部健康栄養学科など)への編入学や実務経験(満3年以上/実質4年)により、「管理栄養士」国家試験の受験資格が得られます。卒業生を対象とした対策講座なども実施しています。

向いているのは、どんな人?
●食べ物と健康に関心がある
●栄養バランスのよいおいしい食事を、科学的に創造したい
●食を通して、人々の健康の維持・増進に積極的に関わりたい

【目指せる資格】
栄養士
管理栄養士
栄養教諭二種免許状※
フードスペシャリスト(認定試験受験資格)
社会福祉主事(任用資格)

※教職課程履修・修得により取得可能
卒業生は、医療・高齢者施設、保育園、食品関連企業など、幅広い分野で活躍中!
定員 60名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,180,000円
備考

2018年4月実績

現代教養学科

概要 現代社会では、良好な人間関係を構築・維持できる能力(ホスピタリティ)が求められます。本学科では、ビジネス実務能力を徹底的に養成し、日本語、英語、ICTの実務能力はもちろん、ビジネス社会で活躍できる人材を育成します。

1年生の後期が始まるころまでにコースを選択!

●公務員・一般事務コース
ビジネスマナーや正しい言葉遣い、仕事に必要な基本的な知識・スキルを身につけます。

●観光・ホテル・ファッションコース
広く世界の文化や社会を理解し、おもてなしの行動やコミュニケーション能力を養います。

●ICT・簿記会計コース
ビジネス実務で必要なICT(情報通信技術)や簿記会計について理解し、実践力を磨きます。

※他コースの科目を追加選択することもできます。秘書技能検定 2級以上、国内旅行業務取扱管理者、サービス接遇検定、ITパスポート試験、日商簿記検定など、各コースでさまざまな資格・検定が取得できます。
定員 50名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,140,000円
備考

2018年4月実績

※教職課程再課程認定申請について

2019年度以降の教職課程は認定申請予定。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

就職率100%
(就職希望者数90名/就職者数90名 2017年3月卒業生実績)

就職支援

就職支援部では、1年次から就職活動を視野に入れた取り組みを実施。学生一人ひとりの希望に応じた職種・業種の紹介や就職相談をはじめ、個別の模擬面接、試験対策などで進路実現をサポートします。

●KGC講座(金沢学院キャリア講座)
1年次に行う「就職力」アップのための課外講座です。就職試験で必要となる国語、数学、社会を学び、論理力やコミュニケーション力を伸ばし、論作文にも取り組みます。

その他のサポートプログラムも充実!
●学生本人、クラス担任、就職支援部職員が三位一体となる「三者面談」
●企業採用担当者を招いての「学内企業説明会・企業面接会」
●プロの講師による「メーキャップ講座」&プロカメラマンによる「履歴書用写真の撮影会」
●就職活動のノウハウをわかりやすく解説する「就職ノート」 など

各種制度

金沢学院短期大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

未来を切り拓く、資格取得支援

授業のカリキュラムや就職支援センターでは、30種類以上の資格・検定の合格をバックアップする体制が整っています。各分野に強いスタッフが、学生の要望や適性に合わせた資格・検定を紹介したり、指導を行うなど、一人ひとりの夢をサポートします。

●分野別、20人以上のアドバイザー教員
資格・検定を取得するには、どんな勉強方法がよくて、挑戦できるレベルはどこなのか。20人以上の資格・検定アドバイザーが、合格のための準備・計画から、疑問の解決まで、分野別に手厚くサポートします。

短期の海外語学研修&英語学習環境

異文化を理解し、グローバルな視点や考え方を身につけ、英語力を磨くためには、海外で学ぶのが有効な手段です。

本学では、夏もしくは春の休暇期間に、2週間の短期語学研修プログラムを用意。安心の研修サポートのほか、留学生の受け入れや海外提携校の拡大なども進めています。

また、学内には、英語学習に特化した教室や、英語しか話してはならないEnglish Zoneなど、「使える英語」を磨く環境が整っています。

本学独自の奨学金制度

●KGスカラシップ
本学のアドミッション・ポリシーに基づく「期待する学生像」にかなう奨学生を、KGスカラシップ入試から選抜する制度です。夢や目標に向けて、積極的に学生生活を送ろうとする学生を支援します。

【給付内容】
SAランク=授業料の全額
SAランク=授業料の半額
Aランク=年間20万円

※奨学生は、公務員や大手企業をめざす学生向けの「KGC講座」の受講が条件(受講料減免)となり、卒業後の進路もサポートします。

●スポーツ特待奨学金
スポーツ活動での実績があり、今後その活躍が期待される学生に給付します。

学びの分野/学校の特徴・特色

金沢学院短期大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 情報学・通信
  • 生活・服飾・美容
  • 栄養・食物
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽
  • 総合・教養

金沢学院短期大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • ファッション
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

金沢学院短期大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 夜間(2部)課程
  • 通信教育課程
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス

金沢学院短期大学の所在地

所在地

〒920-1392
石川県金沢市末町10

交通機関・最寄り駅

JR金沢駅から北陸鉄道バス「金沢学院大学行き」乗車、約35分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0123-367-984

金沢学院短期大学のお問い合わせ先

電話 0123-367-984 (受験生専用ダイヤル) / 電話 076-229-8833 (入試広報部)
Mail: nyushi@kanazawa-gu.ac.jp

  • 学校No.3916
  • 更新日: 2018.03.22