札幌青葉鍼灸柔整専門学校の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 北海道 認可 / 学校法人札幌青葉学園 札幌青葉鍼灸柔整専門学校

医療、福祉からスポーツ、美容まで幅広い分野で活躍する注目の国家資格を目指す。

はり師、きゅう師、柔道整復師は医療現場だけでなく介護福祉、スポーツ分野、美容分野でも活躍の場が増え、ますます注目が高まる国家資格です。
本校では、各学科・学年ごとの担任制をとり、各学科の就職担当を設けているので、授業に関する質問、進路、就職、学校生活に関する相談がいつでも気軽にできます。一人ひとりの習熟度に合わせた授業の復習や実技練習などの少人数補習、国家試験対策など、丁寧な指導を行っています。
さらに大きな特徴は、鍼灸学科、柔道整復学科ともに昼間部と夜間部を設置していること。両学科への同時入学が可能なため、最短3年でトリプルライセンスを目指すこともできます。

札幌青葉鍼灸柔整専門学校 PRイメージ1

トピックス

2017.03.01

一足早く自分の未来をイメージしてみよう!

体験入学のお知らせ!

はり師、きゅう師、柔道整復師について鍼灸学科、柔道整復学科の教員が詳しく説明するのはもちろん、実際に、はり、きゅう、包帯、テーピング等を使い、実習体験もできます。
本校生徒も参加するので、先生や先輩に学校生活の話を聞くことも可能。札幌青葉ならではの進学サポート体制、受験方法や入試対策、学費についてもご説明します。
一度参加いただいた方も、初めての方も、ぜひご参加ください。

■実施時間 13:00~15:30

本校ホームページ(携帯、スマートフォン対応)の「体験入学申込みフォーム」より必要事項を入力し、お申込みください。また、お電話でのお申込みも受付いたします。

※保護者の方のご参加も受け付けております。

2017.03.01

SNSで学校情報を随時公開

オープンキャンパスや体験入学の情報、学園祭の様子など、札幌青葉鍼灸柔整専門学校のFacebookではさまざまな情報を公開しています。
ぜひチェックしてみてください!

募集内容・学費

札幌青葉鍼灸柔整専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

鍼灸学科(2017年4月実績)

学科の概要 人の体は病気やケガを治そうとする自然治癒力を持っています。その力の発揮を促すツボを鍼や灸で刺激するのが、はり師、きゅう師です。近年、産婦人科や美容分野でのニーズもあり、本学科では医療現場で必要な人体の構造と機能を学び、それを基にはりときゅうの特性を活かした治療を習得します。プロになった際に求められる医療人としての心構えをはじめ、東洋・西洋医学の知識と技能を学びます。
また、校舎内にある附属鍼灸治療院は臨床実習室の場にもなっていて患者さんの対応や多くの症例に触れることで実践的な力を身につけ即戦力となる実力を培っていきます。
本校は両学科に昼間部、夜間部があり柔道整復学科へ同時入学が可能。学費や共通科目を一部免除をしトリプルライセンス取得をバックアップしています。(免除総額136万円)
定員 昼間部60名
夜間部30名
対象:男女
年限 3年
学費 初年度納入金:昼間部 1,490,000円、 夜間部 1,440,000円
※入学金・教科書代・実習教材費等を含みます

柔道整復学科(2017年4月実績)

学科の概要 国家資格の下で打撲、捻挫、挫傷、骨折などの施術するのが柔道整復師です。柔道整復師は日本古来の武技が原点の伝統医学と西洋医学の融合で、できるだけ自然な方法で治そうという体にやさしい医療であり、手技による処置を主とします。患者の肉体的負担が少ないところが注目を集め、柔道整復をケアや予防に役立てていることから介護福祉やスポーツ分野などにもニーズが広がっています。本学科ではその知識と実践的な技能、独立開業を視野に入れた経営学や医療人としての心構えを学びます。また、校舎内にある附属接骨院は臨床実習室の場にもなっていて患者さんの対応や多くの症例に触れることで実践的な力を身につけ即戦力となる実力を培っていきます。本校は両学科に昼間部、夜間部があり鍼灸学科へ同時入学が可能。学費や共通科目を一部免除をしトリプルライセンス取得をバックアップしています。(免除総額136万円)
定員 昼間部60名
夜間部60名
対象:男女
年限 3年
学費 初年度納入金:昼間部 1,490,000円、 夜間部 1,440,000円
※入学金・教科書代・実習教材費等を含みます

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • アクア治療院
  • アップル整骨院
  • (株)GENKIDO
  • (株)TAKEDA GROUP
  • (株)介護NEXT
  • (株)健美創
  • ケア整骨院グループ
  • こころ整骨院
  • 齋藤鍼灸整骨院
  • 札幌BONITA FC
  • 札幌山の手整形外科
  • 鍼灸整骨院アスティ
  • スマート・スポーツ接骨院
  • 曽我病院
  • たいせつ鍼灸整骨院
  • はなまる整骨院
  • ホシ治療院
  • まちの整骨院
  • …など

就職支援

本校には、就職や独立開業・進学など、それぞれの希望の進路を実現するためのバックアップ体制が整っています。就職セミナーガイダンスで自分の適性や将来の方向性を明確にし、就職支援の担当をそれぞれの学科に設置することで、きめ細かな進路指導を行っています。札幌市内はもちろん道内各地、全国からも就職情報が集まっていますので地域を選ばずに就職が可能です。

【6つのバックアップ体制】
1.進路指導相談
2.就職セミナー・ガイダンス
3.求人情報紹介・公開
4.社会人支援システム
5.独立開業相談
6.教員採用支援

各種制度

両学科それぞれに昼間部・夜間部を設置しているからこそできるサポート

最短3年で3つの国家資格取得を目指す!トリプルライセンス!

本校は、鍼灸学科、柔道整復学科の2学科共に昼間部と夜間部を設置しています。
鍼灸学科昼間部と柔道整復学科夜間部、または柔道整復学科昼間部と鍼灸学科夜間部に同時入学が可能なので、最短3年間ではり師・きゅう師・柔道整復師のトリプルライセンス取得を目指すことができます。そのほか、学年をずらしての入学、卒業後に働きながらの入学など、さまざまな方法でのトリプルライセンスの取得を目指すことが可能です。
3つの国家資格をもつことで、鍼灸、柔道整復両方の視点から症状を診ることができ、活躍の場も広がります。もちろん就職においても大きな強みに。
本校は同時入学での学費の減免制度(免除総額136万円)を用意しているほか、共通科目の免除など、トリプルライセンス取得を目指す学生のバックアップ体制を整えています。

国家試験合格サポート体制

国家試験合格を見据えた学習カリキュラムに加え、3年次に実施される科目別の国家試験対策や学習プログラムの導入など、国家試験合格をさまざまにバックアップしています。

学びの分野/学校の特徴・特色

札幌青葉鍼灸柔整専門学校で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

札幌青葉鍼灸柔整専門学校で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

札幌青葉鍼灸柔整専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 納入期限延期制度
  • 夜間課程
  • 最寄駅より徒歩圏内

札幌青葉鍼灸柔整専門学校の所在地

札幌青葉鍼灸柔整専門学校

所在地

〒060-0053
北海道札幌市中央区南3条東4丁目1-24

交通機関・最寄り駅

●地下鉄東西線「バスセンター前」駅7番出口より徒歩5分

札幌青葉鍼灸柔整専門学校のお問い合わせ先

電話 011-231-8989
FAX: 011-231-8883

  • 学校No.3862
  • 更新日: 2017.04.12

札幌青葉鍼灸柔整専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

札幌青葉鍼灸柔整専門学校

都道府県から学校をさがす