宝塚大学 東京メディア芸術学部の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ

新宿駅徒歩5分 メディア芸術を集約 情報化によって生まれる”新しい職業”に適した”新しい教育”を実践

■最先端のメディア表現と芸術表現が学べる
VR・プロジェクションマッピング・ゲーム開発など最先端のメディア表現と、マンガ・アニメーション・イラストレーションなど、日本を代表する芸術表現が学べる大学です。

■ビジネススキルが学べる
プレゼンテーション・グループワーク・イベント運営・企業とのコラボレーションなど授業内外の体験を通して、社会人として必要なビジネススキルが身に付きます。

■第一線のクリエイターから学べる
「銀河鉄道999」の漫画家、松本零士のほかアニメーター、ゲームクリエイター、デザイナー、イラストレーター、Webデザイナー、プログラマーなど、実際に今でも現役で活躍しているクリエイターが教員を務めます。アプリ開発やVRなどを流行以前から取り組むなど、最新のことを常に取り入れながら教育を行っています。

■キャンパスは情報発信都市・新宿
キャンパスがあるのは、日本を代表する国際都市・新宿。最新の広告やメディアが集まるクリエイティブな環境が周辺に広がっています。

宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ1
宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ2
宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ3
宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ4
宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ5
宝塚大学 東京メディア芸術学部 PRイメージ6

トピックス

2017.03.15

【東京メディア芸術学部】 2017オープンキャンパス

今年も、宝塚大学 東京メディア芸術学部では
オープンキャンパスを開催いたします。

多彩なメニューを用意して、みなさまの参加をお待ちしています。
〔予約不要・入退場自由〕

■オープンキャンパスの主な内容
●大学紹介:学部の特徴、入試の説明などを行います。
●領域紹介:各領域の学びの特徴など、各領域の先生がお話しします。
●入試説明:入試の内容について、入試担当の職員がご説明します。
●先輩とのフリートーク・相談コーナー:高校生の皆さんのご質問にお答えします。
●漫画講評会:マンガ領域の講師が、持ち込み漫画作品を講評いたします。

※タイムスケジュールや内容等の詳細については、決定次第本校ホームページで公開いたします。

2017.05.15

AO入試がリニューアルします!

2018年度から、東京メディア芸術学部はAO入学選考の方式をリニューアルします。
受けたい領域の決まっている方向けの「作品評価型」と、まだ領域が決まっていない方のための「意欲評価型」の2つの方式を採用。
受けたい領域の決まっている人、決まっていない人の両方に対応したAO入試に変わります。

詳細はコチラ→AO入試リニューアル(http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/2018ao/)

■ 作品評価型
作品の持参を必要とする「AO面談」を実施。面談後出願許可の出た者が出願可能。

※「学科必須作品講座(デッサン)」と「領域選択作品」について、受験対策セミナー実施いたします。
参加申込みはコチラ→受験対策セミナー(https://w2.axol.jp/entry18/takara-u/step1?f=79)

■ 意欲審査型
「AOプログラム」を受講し、希望する領域を決定。その後個別面談を行い、課題レポートを提出。
課題レポート提出後、出願許可の出た者が出願可能。

2017.07.19

【東京メディア芸術学部】 夏のオープンキャンパス

宝塚大学 東京メディア芸術学部では、夏のオープンキャンパスを開催いたします。
毎回様々なイベントをご用意!是非お越しください!

■日時
7月23日(日)、30日(日)、8月8日(火)、26日(土)
10:00~15:00 ※予約不要、入退場自由

■会場
宝塚大学 新宿キャンパス

■各イベント
<7月23日>
・『ジョジョの奇妙な冒険』キャラクターデザイン・『キスダム』『タイムボカン24』総作画監督である小美野雅彦先生の講義 など

<7月30日>
・Maya&Unityを使ったVR制作 など

<8月8日>
・『君の名は。』作画監督 安藤雅司氏の講演 など

<8月26日>
・ウェブ時代のマンガ家サバイバル戦略 など

■そのほか主なイベント
大学紹介、領域紹介、マンガ講評会、先輩とのフリートーク・入試相談・保護者相談、作品展示 など

詳しくは、本学HPにてご確認ください。
HP(http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/opencampus/)

みなさんのご参加をお待ちしています!

募集内容・学費(2017年4月実績)

宝塚大学 東京メディア芸術学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

東京メディア芸術学部・メディア芸術学科

マンガ領域

概要 4年間のカリキュラムを通じて、手描きによる表現力をしっかりと身につけます。大学で学ぶ意義として、デッサンや作品研究にも取り組むとともに、デジタルマンガ制作も学びます。
またマンガは、絵だけではなく、斬新な発想に基づく魅力的な物語世界の展開があってはじめて読者を惹きつけます。本領域では、アイディアの発想法やキャラクター開発、プロット、絵コンテなどの制作工程を学習しながら、シナリオづくりの基本を修得していきます。
定員 130名
定員は全領域の総定員
年限 4年
学費 初年度納入金
1,700,000円

アニメーション領域

概要 アニメーション制作における、多様な専門職の役割をひと通り学びます。その上で明確な特技を持てるよう技能を修得。グループ制作ではコミュニケーション能力を培います。
また、本領域では、アニメの現場を知り尽くした教員が授業を担当しています。アニメ制作の実習では、教員が実際に担当した歌番組など題材に、時間枠などを含めまったく同じ条件を学生に与えます。これは実社会における制約を守りながら制作を進める習慣を身につけることでもあり、プロダクションなどの現場でもそのまま通用する技能を習得することができます。
定員 130名
定員は全領域の総定員
年限 4年
学費 初年度納入金
1,700,000円

ゲーム領域

備考 ユーザー視点から開発者視点へシフト
概要 業界標準の"Unity"を授業へ導入、Oculus Riftなど、最新の技術や考え方を取り入れる教育を行っています。さらに「ゲーミフィケーション(=ゲーム的仕組み)」にも着目。新しいコミュニケーションデザインに取り組める人材養成に力を入れています。
定員 130名
定員は全領域の総定員
年限 4年
学費 初年度納入金
1,700,000円

イラストレーション領域

概要 「人を感動させる作品の創作」を目標に、個々の美意識を育成します。正統なイラストレーションの創作をはじめ、絵本制作、キャラクターデザイン、グラフィックデザイン、Webデザインなど、さまざまに表現領域を広げていきます。
拠点である新宿のアートイベント、各種公募展への参加など、社会との関わりも重視。作品を社会に発信する体験を通じて、発想力、コンセプト構想力、プレゼンテーション力などを磨くとともに人間的な成長も促進。イラストの本質はコミュニケーションであることを理解し、社会に向けて発信する意識をもった美の提供者を育てていきます。
定員 130名
定員は全領域の総定員
年限 4年
学費 初年度納入金
1,700,000円

メディアデザイン領域

概要 世の中で必要とされているものや足りないものを総合的に分析・リサーチ。
それらを多くの人が理解できる具体的なカタチに表現し、新たなアイデアとして社会に対して提案できる企画力と、デザインによる問題解決力を身につけます。
また、映像メディアの発信方法を学び、「プロジェクションマッピング」など次世代の映像制作にも挑戦。「デジタルサイネージ」を用いた広告の企画・制作も行います。
定員 130名
定員は全領域の総定員
年限 4年
学費 初年度納入金
1,700,000円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • 東映アニメーション(株)
  • (株)コロプラ
  • 公益社団法人日本漫画家協会
  • デジタル職人(株)
  • (株)サンシャインコーポレーション
  • (株)トライエース
  • 全研本社(株)
  • (株)クレイジー・ティブィ
  • 天狗(株)
  • (株)PDトウキョウ
  • (株)トレス
  • 株式会社エボルブ
  • (株)シェフ
  • (株)セイルー
  • (株)グローシステム
  • (株)ボックス・ワン
  • (株)サイズファクトリー
  • (株)ワンダーテーブル
  • (株)新和
  • (株)エム・ケス
  • (株)ノジマ
  • (株)ジーケーライン
  • ヴィアックス(株)
  • (株)オータ
  • 中条商事(株)
  • 日本総合住生活(株)
  • (株)アイディーホールディングス 
  • セントラル技研(株)
  • グローバルライフ(株)
  • (有)さざなみ
  • (株)アビリティーニッケン
  • (株)WDI
  • 川村矯正歯科
  • 航空自衛隊
  • 宝塚大学
  • …など

就職支援

【キャリア教育科目を開講】
クリエイターを志望する学生にとって、ポートフォリオの制作は就職活動やキャリアをアップさせるために、必要なスキルです。そのために本学は「ポートフォリオ制作実習」を授業科目として認定。単位が修得できます。就職活動の成否は志望する仕事にマッチしたポートフォリオを戦略的にアピールできるかで決まります。授業ではポートフォリオ制作の手法を基本から学び、実際に就職活動で使えるポートフォリオの完成を目指します。

【キャリアアップ資格講座】
就職活動や卒業後の進路をより充実させるために、「キャリアアップ資格対策講座」を開講。自己スキルをより一層高め、将来の夢や進路を実現するために有用な資格や技術の取得を目指します。

【3年次にはキャリアカウンセラーが全員と面談】
学生の皆さんの卒業後の進路の方向性確認と、就職活動に備えたアドバイスなどを行うための個別面談を3年生全員に行っています。また、2年生後期には領域別就活ガイダンスを実施し、一人ひとりが行動計画を立てられるようにしています。

各種制度

宝塚大学 東京メディア芸術学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

領域を超えて幅広く選べるカリキュラム

1・2年次の「専門選択科目」は、全領域の科目から柔軟に選択することが可能。学生それぞれの興味に合わせて、自分だけのカリキュラムを組み立てていくことができます。
ひとつの学びを専門的に極めたい人。得意な領域の学びを軸に、自分の武器を増やしたい人。ジャンルにとらわれないものづくりや、学びながら自分の適性を見つけていきたい人。それぞれの学生の“好き”に合った自由なスタイルで、多彩な知識や技術が身につけられます。
3年次へ進級する際に、将来へとつながる専門領域を決定。それまでに身につけた多彩な知識や技術を礎にして、より高度な学びを修得していきます。

初年次教育

入学後、全ての領域の1年生が領域の枠を超えて受講する「初年次教育」。
社会人として、クリエイターとして求められる基本的な知識を身につけます。

■創造基礎
ものを“創る”楽しさを体験することから、かたちを表現し、創造する基礎を学びます。また、グループでの活動を通じて、コミュニケーション能力を養成します。

■メディア芸術論
マンガ、イラスト、映像、アニメ、ゲームデザインなど、将来希望する領域に必要な知識や技術を修得。さらに、コンテンツに関する全般的な知識を広く学んでいきます。

■教養基礎
異文化理解を軸とした日本語と英語の基礎、メールや検索などのコンピュータ・リテラシー、企画の作り方やプレゼンテーションなどの体験学習、および科学的な考え方の基礎、これらの学びを通じ、大学生として欠かせない教養を身につけます。

領域の枠を超えた自由な学びの場「研究室」

東京メディア芸術学部には10の「研究室」が設置されています。教員の知見や問題意識に基づいた創造の場で、普段の授業とは異なる切り口でユニークな研究を展開。所属の領域に関係なく自由に選ぶことができます。
「ストーリー文化研究室」「エコロジカル美術研究室」「ジャパニメーション研究室」「コミュニケーションデザイン研究室」「映像表現研究室」「デザイン表現研究室」「コンテンツマネジメント研究室」「キャラクター表象デザイン研究室」「教養教育研究室」「学外連携室」の10研究室があります。

編入学選考

本学では3年次編入学の受け入れを行っています。
短期大学、高等専門学校、専門学校を卒業生した人や、既に大学在学中の人などで、
さらに深く学習したいという目的意識と熱意をもつ人たちを対象とした入学選考を実施しています。

■対象領域
マンガ
イラストレーション
ゲーム
アニメーション
メディアデザイン

大学院

●メディア・コンテンツ専攻
政府はメディア・コンテンツを21世紀の日本の重要産業と位置づけ「e-japan戦略2」のなかでコンテンツ制作のクリエーターやプロデューサー養成の必要性を強調しています。こうした時代を受け、映画、マンガ・アニメ、ゲーム、CG制作の高度なクリエーター及びプロデューサーの育成をめざします。

宝塚大学奨学金(特別奨学生制度/一般奨学生制度)

◇特別奨学生制度(給付型)
給付額: 1年次納付の学費の半額相当額(入学金除く。75万円)
募集人員: 若干名
対象: 1年次生で、出身高等学校長又は中等教育学校長の推薦を受けることができる学業成績・人物ともに優秀であり、かつ経済的支援を必要とする者。

◇一般奨学生制度(給付型)
給付額: 30万円
募集人員: 若干名
対象: 2年次生から4年次生で、学業成績・人物ともに優れ、かつ経済的支援を必要とする者。
※過去に本制度に採用された者でも再出願が可能です。

宝塚大学奨学金(創作・研究活動奨励制度/提携教育ローン利子補給制度)

◇創作・研究活動奨励制度(給付型)
給付額: 10万円
募集人員: 若干名
対象: 2年次生から4年次生で、作品制作および研究発表等において顕著な成績をおさめた者。

◇提携教育ローン利子補給制度(給付型)
給付額: 提携教育ローン金利のうち1%相当額
募集人員: 若干名
対象: 2年次生から4年次生で、本学提携の教育ローンを利用する者のうち修学状況が良好な者。

学びの分野/学校の特徴・特色

宝塚大学 東京メディア芸術学部で学べる学問

  • 社会学・マスコミ・観光
  • 情報学・通信
  • 芸術・表現・音楽

宝塚大学 東京メディア芸術学部で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

宝塚大学 東京メディア芸術学部の特徴

  • AO入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 最寄駅より徒歩圏内

宝塚大学 東京メディア芸術学部の所在地

所在地

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-11-1

交通機関・最寄り駅

JR・丸ノ内線「新宿」駅から徒歩5分。
西武新宿線「西武新宿」駅から徒歩4分。
京王線・小田急線「新宿」駅から徒歩5分。
都営大江戸線「新宿西口」駅から徒歩3分。

宝塚大学 東京メディア芸術学部のお問い合わせ先

入試課

電話 0120-627-837 / 電話 03-3367-3411
FAX: 03-3367-6761
Mail: tokyo-nyushi@takara-univ.ac.jp

  • 学校No.3649
  • 更新日: 2017.07.19

宝塚大学 東京メディア芸術学部に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

宝塚大学 東京メディア芸術学部