公立小松大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

2018年4月開学。こまつから未来へ!3つの学部構成で、地域と世界で活躍するグローカル人材を育成!

少子高齢化、グローバル化、技術革新など私たちを取り巻く社会や環境はめまぐるしく変化しています。こうした急速に変化する社会のニーズに的確に応えるため、このたび、小松短期大学、こまつ看護学校を再編・統合し、新たに公立小松大学を設立します。
公立小松大学は、「生産システム科学部」、「保健医療学部」、「国際文化交流学部」の3学部で構成される総合大学で、南加賀地域の学術・文化・産業の持続的発展と地域における教育研究の中核的拠点の形成を目標としています。
4年間の教育課程の中で、地域の自治体や企業と交流・連携した教育を実施し、確かな基礎知識と国際的な視野、高度な専門能力と応用力を有し地域(Local)と世界(Global)で活躍するグローカル人材を育成します。

公立小松大学 PRイメージ1

トピックス

2018.03.29

通学にとても便利︕JR⼩松駅前の新キャンパスから⼤学での学びがスタート。

本学には、キャンパスが3つあり、1・2年次は全学⽣がともに学ぶ共通教育(教養教育)は、完成したばかりの「中央キャンパス」で⾏います。JR⼩松駅を降りて⽬の前がキャンパスなので通学に⾮常に便利です。2年次の後期からは専⾨教育が本格化するため、各学部のキャンパスに分かれて専⾨知識や能⼒の習得を⽬指します。

募集内容・学費

公立小松大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

生産システム科学部(粟津キャンパス)

生産システム科学科

概要 ものづくり産業技術の基盤となる機械工学とそれを制御する電子工学、電気工学、IoTとして幅広く展開するための情報工学を体系的に教育・研究します。農林業を含む地域産業の現状と世界の潮流を分析し、ものづくりと情報技術の活用により地域産業界の活性化に貢献することを目指します。
機械工学を柱に、電気・電子工学や情報工学まで幅広く学ぶことで、これからのものづくり技術者に求められる多様な知識・技術の修得を目指した、これまでにない新しい学科です。生産機械コースと知能機械コースの2コースで構成されています。
コース 生産機械コース
知能機械コース
定員 80名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納⼊⾦
<市内学生>917,800円
<その他>1,058,800円
(18年04⽉実績)

※「市内学生」とは以下の通りです。
・入学の日の属する月の初日において、引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
・入学の日の属する日の初日において、1親等の親族が引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
※初年度納入金は実習費(5万円/年)を含んでいます。実習費には施設管理費等が含まれています。ただし、実習衣、教科書代等は含まれていません。
主な進路 自動車関連企業、各種機械機器製造業、環境関連企業、電子・電気機器製造業、IT企業、情報サービス業、および大学院進学など
備考

【専門領域】機械設計学、機械加工学、電気・電子工学、情報工学、エネルギー工学、制御工学、ロボット工学

保健医療学部(末広キャンパス)

看護学科

概要 日本は世界でも類を見ない超高齢社会に突入しており、シニア世代が住み慣れた地域で、その人らしく安心して暮らし続けていけるためには、看護師が医療人として、医療・福祉・介護と連携を強化し、疾病の予防や健康の維持・増進を幅広く支援し、その人の「生活の質」の維持・向上に寄与していくことも重要となっています。地域医療、そして地域に暮らす人々の健康増進を幅広く支援できる看護師の養成のため、保健師課程を選択制として設けるほか、地域全体を見る視点、チーム医療の視点、在宅看護、個々人に対するフィジカル、そして、メンタルアセスメント力の修得など、公衆衛生、地域医療に関する看護教育を実施します。なお、保健師は選択制(25名)となります。
定員 50名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納⼊⾦
<市内学生>917,800円
<その他>1,058,800円
(18年04⽉実績)

※「市内学生」とは以下の通りです。
・入学の日の属する月の初日において、引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
・入学の日の属する日の初日において、1親等の親族が引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
※初年度納入金は実習費(5万円/年)を含んでいます。実習費には施設管理費等が含まれています。ただし、実習衣、教科書代等は含まれていません。
主な進路 医療機関(病院、クリニック、診療所)、社会福祉施設、訪問看護ステーション、自治体、企業の健康管理部門など
備考

【専門領域】基礎看護学、精神保健看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学
【受験資格を取得】看護師(国家資格)、保健師(選択制・国家資格)

臨床工学科

概要 近年、めざましい医療技術の進歩により高機能な医療機器が次々と開発され、医療現場に投入されています。それらを適切に管理し、医師の指導のもとで安心・安全な治療を提供するための「医療機器のスペシャリスト」として、臨床工学技士の役割が幅広い領域で求められています。在宅医療や介護の現場においても生命維持管理装置やME機器などの高度医療機器を安全かつ効果的に使用していくための支援体制の整備が重要となっています。国公立大学で初めてとなる本学の臨床工学科では、先端医療から地域・在宅医療連携まで幅広い分野で活躍できる優秀な臨床工学技士の育成を図り、地域医療における課題解決に寄与することによって、人々の保健・医療・福祉の向上に貢献できる教育を実施します。
定員 30名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納⼊⾦
<市内学生>917,800円
<その他>1,058,800円
(18年04⽉実績)

※「市内学生」とは以下の通りです。
・入学の日の属する月の初日において、引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
・入学の日の属する日の初日において、1親等の親族が引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
※初年度納入金は実習費(5万円/年)を含んでいます。実習費には施設管理費等が含まれています。ただし、実習衣、教科書代等は含まれていません。
主な進路 医療機関(病院、診療所)、医療機器メーカー、大学院進学など
備考

【専門領域】人体の構造と機能、電気・電子工学、情報工学、医用生体工学、医用機器学、生体機能代行技術学、医用安全管理学
【受験資格を取得】臨床工学技士(国家資格)

国際文化交流学部(中央キャンパス)

国際文化交流学科

概要 近年、我が国は本格的な人口減少・少子高齢化社会を迎え、国内市場の停滞が懸念される一方、先進国を上回る高い経済成長を続ける中国や東南アジア等の新興国市場は今後もさらなる成長が期待されています。国際文化交流学科では、英語・中国語等の外国語運用能力、国際社会に対する知識、そして異文化の多様性を受容できる豊かな人間性を備えた人材の育成を通じて、地域社会の振興と我が国の持続的発展に寄与することを目指します。
コース 国際観光・地域創生コース
グローバルスタディーズコース
定員 80名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納⼊⾦
<市内学生>867,800円
<その他>1,008,800円
(18年04⽉実績)

※「市内学生」とは以下の通りです。
・入学の日の属する月の初日において、引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
・入学の日の属する日の初日において、1親等の親族が引き続き1年以上小松市の区域に住所を有している方
※初年度納入金は実習費(5万円/年)を含んでいます。実習費には施設管理費等が含まれています。ただし、教科書代等は含まれていません。また、「海外語学研修」、「異文化体験実習」を履修する場合は、参加にかかる費用が別途必要になります。
主な進路 海外展開する企業、観光業、サービス業、運輸業、卸売・小売業、自治体など
備考

【専門領域】国際交流、異文化コミュニケーション、日本文化、観光学、国際社会学、言語文化、外国語:英語、中国語

学びの分野/学校の特徴・特色

公立小松大学で学べる学問

  • 社会学・マスコミ・観光
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

公立小松大学で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

公立小松大学の特徴

  • ネット出願
  • 社会人入試
  • インターンシップ

公立小松大学の所在地

粟津キャンパス (生産システム科学部)

所在地

〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1-3

交通機関・最寄り駅

●JR粟津駅より徒歩12分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0761-23-6600

公立小松大学のお問い合わせ先

  • 学校No.3117
  • 更新日: 2018.03.29