修成建設専門学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

修成建設専門学校 PRイメージ

建設業界からも注目される、“修成”の実力。

創立100年を超える本学では、建築・インテリア・土木・造園分野をめざす学生一人ひとりの将来をサポートする幅広い学科を設置。演習・実習中心のカリキュラムによって、高度な設計・製図技術、実務に欠かせないIT関連スキル、実践に即した応用力と創造力を身につけ、現場の即戦力を養成しています。
キャンパスはすべての学生が確実に学べるよう、最新の教育環境を実現しており、屋上庭園や気分転換のための学生ラウンジまで整い、“しっかり学び、しっかりリラックスできる”キャンパスとなっています。学外コンクールで数々の賞を受賞する本学の実力は、建設業界からも期待されています。高い資格取得率と就職実績を維持し続けて111年。これまでに送り出した卒業生は38,000人以上となり、その多くが建設業界で活躍し、実績を残しています。

修成建設専門学校 PRイメージ1
修成建設専門学校 PRイメージ2
修成建設専門学校 PRイメージ3
修成建設専門学校 PRイメージ4
修成建設専門学校 PRイメージ5
修成建設専門学校 PRイメージ6

トピックス

2022.03.01

建設のすべては、しあわせづくり

建設を学び、もっと知り、もっと考え、好きになる。すべての学びは、君たちの未来のためにある。

●建築
戸建、マンション、ホテル、デパート、病院、学校…。わたしたちの周りには建築物があふれています。それらの建物をどのようなものにするかという企画から設計・施工・監理を行なう仕事です。

●土木
道路や宅地造成から、水道・ガス・電気のライフラインのシステム構築、また、橋を架け、道路を整備するという「地図に残る仕事」にまで携わります。そのために、幅広い知識と視野が必要です。

●造園
個人邸の庭・公園の設計・施工にとどまらず、都市計画の一つであるランドスケープにまで携わるスケールの大きい仕事。地球温暖化・自然との共生がクローズアップされる昨今、ますます需要が広がると思われます。

修成建設専門学校 建設のすべては、しあわせづくり

2022.03.01

第30回「あすなろ夢建築」グランプリを受賞!

第30回「あすなろ夢建築」大阪府公共建築設計コンクール(2021年)において、
本校の宇都宮壱彩さんがグランプリを受賞しました!

今回の設計課題は、大阪府営服部緑地内に立地する休憩所を作ることでした。
豊かな緑陰に調和する休憩所が求められる中、自然を感じながら、用途に合わせた形や表現をするための形など、随所に工夫を凝らした作品が出来上がりました。


入選作品は下記よりご覧ください!

http://www.pref.osaka.lg.jp/koken_keikaku/asunaro/2asunaro30.html

募集内容・学費

修成建設専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

建築学科

昼夜別 ・昼間部
概要 設計・施工・積算をバランス良く学ぶため、設計製図・建築計画・建築法規・建築構造・建築施工の学習や、材料・構造・環境等の各種実験を通して建築士に必要な知識を幅広く学びます。一年次から専門科目を多く配置し、二年間で基礎から実践に即した応用力までを修得。刻々と変化する社会のニーズに即応できる能力の育成を図っています。企業コラボのワークショップやインターンシップも充実していて、将来めざす分野に関連する力を養います。卒業時には一級建築士・二級建築士の受験資格を取得でき、卒業後は、建築士、施工管理技士の資格取得をめざします。
定員 210名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 建築士、現場監督(建築施工管理技士)、建築設備士、構造設計者、商業施設士、CADデザイナー、CADオペレーター、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、インテリア設計士、ハウジングアドバイザー
めざせる資格 一級建築士・二級建築士(共に卒業後すぐに受験可能[一級は免許登録に要建築実務経験4年])、木造建築士(卒業後すぐに受験可能)、1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、建築設備士、商業施設士(1年間の実務経験が必要。ただし、商業施設士補資格保有者は実務経験不要)、建築積算士、建築CAD検定、インテリアコーディネーター、インテリア設計士、福祉住環境コーディネーター(R)、宅地建物取引士、カラーコーディネーター検定(R)、キッチンスペシャリスト、建設業経理士検定、ビジネス能力検定 など
備考

2023年4月予定

建築CGデザイン学科

昼夜別 ・昼間部
概要 コンピュータの基礎知識を修得すると同時に、建築・設計の基礎からインテリア、CAD、CG技術、近年導入企業が急増しているBIM(ビルディング インフォメーション モデリング)などを幅広く学び、コンピュータを自在に使って自分自身のイメージを表現できる、デジタルデザインの高い技術を養います。
また、視覚に訴えるプレゼンテーション能力も修得。在学中に、建築CAD検定、パース検定にもチャレンジします。二級建築士の資格対策も充実しています。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 建築士、建築CGデザイナー、BIMマネージャー、BIMオペレーター、商業施設士、インテリアプランナー、CADデザイナー、インテリアコーディネーター、インテリアデザイナー、リビングスタイリスト、現場監督(建築施工管理技士)
めざせる資格 一級建築士・二級建築士(共に卒業後すぐに受験可能[一級は免許登録に要建築実務経験4年])、木造建築士(卒業後すぐに受験可能)、1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、商業施設士(1年間の実務経験が必要。ただし、商業施設士補資格保有者は実務経験不要)、建築CAD検定、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、パース検定、福祉住環境コーディネーター(R)、宅地建物取引士、カラーコーディネーター検定(R)、建築設備士、建築積算士、インテリアデザイン技能検定、キッチンスペシャリスト、ビジネス能力検定 など
備考

2023年4月予定

空間デザイン学科

昼夜別 ・昼間部
概要 現在ではインテリアをはじめ建築、都市など様々な空間に対して戦略的なデザインの価値が求められています。本学科ではこのような時代のニーズにむけて、あらゆる空間をデザインし提案する創造力を養うとともに、インテリアや色彩、建築設計の専門スキルを修得。また、さまざまなプロによる特別講義も受講するなど、社会で即戦力となれる知識と技術を身につけ、空間デザインの幅広い分野で活躍できる人材育成をめざします。
定員 60名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 空間デザイナー、建築士、インテリアデザイナー、ショップデザイナー、インテリアコーディネーター、家具デザイナー、商空間デザイナー、照明デザイナー、ディスプレイデザイナー、CI・VI・コミュニケーションデザイナー、イベント・ステージデザイナー、各種空間の施工ディレクター(施工管理職)など
めざせる資格 一級・二級建築士(ともに卒業後すぐに受験可能[一級は免許登録に要建築実務経験4年])、1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、商業施設士(1年間の実務経験が必要。ただし、商業施設士補資格保有者は実務経験不要)・商業施設士補、インテリアデザイン技能検定、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、福祉住環境コーディネーター、パース検定1級・2級、カラーコーディネーター検定、建築積算士・建築積算士補、キッチンスペシャリスト など
備考

2023年4月予定

住環境リノベーション学科

昼夜別 ・昼間部
概要 古くなった建物を補修するだけでなく、建物の仕組みや機能まで変更し、新たな価値をつけて生まれ変わらせる「リノベーション」。環境保護や少子高齢化などにより、今後は新築だけでなく今ある建物を改修することが増えるといわれています。施工管理者として品質管理・安全管理・工程管理・施工計画・予算・施工図を理解するために、実習・実験・現場見学などの実践教育により、即戦力を身につけます。建築士、施工管理技士・補(2級施工管理技士補は在学中に受験が可能)のほか、さまざまな資格の取得をめざし、幅広い知識を身につけます。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、研修・資格講習費、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 施工管理者(建築・設備)、建築士、リフォームアドバイザー、大工
めざせる資格 1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、一級建築士・二級建築士(共に卒業後すぐに受験可能[一級は免許登録に要建築実務経験4年])、木造建築士(卒業後すぐに受験可能)、宅地建物取引士、小型車両系建設機械(整地、運搬、積込み用及び掘削用)、フルハーネス型墜落制止用器具、高所作業車(10m未満)、石綿作業主任者、有機溶剤作業主任者、足場、玉掛け、丸のこ等取扱い、建築積算士、建築大工技能士、左官技能士、低圧電気取扱い、自由研削といし(グラインダー) など
備考

2023年4月予定

土木工学科

昼夜別 ・昼間部
概要 土木は、水道・ガス・電気などのライフラインのシステム構築から、橋や空港、道路やトンネルといったスケールの大きな構造物をつくる分野です。生活の基盤となるこうした構造物をつくるために必要となるグローバルな感覚と視点、最先端技術を基礎からしっかりと学び、土木と密接な関係にある環境問題についても学習します。また、2級土木施工管理技術検定(第一次検定)合格にむけての対策も万全で、過去の問題を反復学習すると同時に、CADを用いた2D・3D図面の作成や、設計計算から図面作成までの一連の流れを修得します。さまざまな問題に対応できる施工管理者を養成するとともに、設計コンサルタントや公務員への就職、大学への編入もめざします。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、研修費、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 現場監督(土木施工管理技士)、設計コンサルタント、測量士、土地家屋調査士、橋梁設計士、土木系研究・技術者、土木設計士、CADオペレーター、建設業経理事務士
めざせる資格 1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、測量士補、建設業経理士、職長・安全衛生責任者教育、締固め(ローラ)(特別教育)、小型車両系建設機械(特別教育)、足場組立(特別教育) など
備考

2023年4月予定

建設エンジニア学科

昼夜別 ・昼間部
概要 本学科では、職長・安全衛生責任者といった、建設現場において安全を管理できる人材の育成をめざしています。キャタピラー教習所株式会社との「産学協同」教育で、建設機械の運転や日常点検業務等を修得。実践で学ぶことで「即戦力となる人材」を育成します。また、i-Construction推進に向け、ドローンの操作技術を小型の実機やシミュレータを用いて学んだり、ICT施工におけるMC(マシンコントロール)・MG(マシンガイダンス)を体験したりするなど、建設現場での生産性向上に対応できる人材を育成してきます。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、研修費、資格講習費、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 建設機械オペレーター、現場監督(土木施工管理技士)、測量士、土木系研究・技術者、建設機械施工技士、職長・安全衛生責任者
めざせる資格 1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可)])、測量士補、車両系建設機械(整地・運搬・積込み用・掘削用)(解体用)運転、玉掛け、小型移動式クレーン(5t未満)、ガス溶接、締固め(ローラ)、足場、高所作業車(10m未満)、職長・安全衛生責任者、建設機械施工技士、建設業経理士 など
備考

2023年4月予定

ガーデンデザイン学科

昼夜別 ・昼間部
概要 緑化造園分野における、設計・積算から施工、施工管理、維持管理の基礎を学ぶとともに、庭園史や伝統技術をはじめ園芸・ガーデニング、時代の流れと共にニーズの高まる都市緑化、環境緑化を視野に入れた幅広い知識と技術を修得します。カリキュラムは見学、野外実習は元より、産・官・民と連携した実践教育を取り入れ、現場での対応力を磨き、社会に出て即戦力となるデザイン・創造力・実行力・コミュニケーション能力を伴ったガーデンデザイナーの育成をめざす内容です。校外でのフィールドワークや実習が多いのも本学科の特長で、知識と技術を実践的に身につけます。また、造園施工管理技士や造園技能士をめざす資格取得対策にも力を注いでいます。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,200,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 現場監督(造園施工管理技士)、ガーデンデザイナー、庭師(造園技能士)、エクステリアデザイナー、園芸療法士、グリーンコーディネーター、グリーンアドバイザー、庭園設計士、造園士、樹木医
めざせる資格 1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、造園技能士(在学中に3級受験可/3級合格者は2級受験可能)、グリーンアドバイザー(要造園実務経験1年または園芸関連の学校を卒業した者)、エクステリアプランナー、樹木医、ガーデンデザイナー、建築緑化コーディネーター、園芸装飾技能士、街路樹剪定士 など
備考

2023年4月予定

専科 2級建築士科

昼夜別 ・昼間部
概要 二級建築士受験資格をお持ちの方対象の学科です。
二級建築士の資格取得を最大の目標とし、「合格」という明確な目的に照準をあわせた授業を展開します。基本・演習・復習を繰り返し、模擬テストを実施することで自分の弱点を知り、確実に克服していきます。また試験後、CADやBIMによる図面作成、資格試験対策講座、現場見学会や企業実習などで、現場の「今」を学びます。
定員 80名
対象 男女
年限 1年
学費 943,000円(本校卒業生以外の方)
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代等別途必要。
めざせる仕事 建築設計(意匠、構造、設備、内装)、都市計画、建築施工管理、確認検査員
めざせる資格 二級建築士、一級建築士(建築実務経験4年後の免許登録)、建築積算士、商業施設士
備考

2023年4月予定

専科 1級建築士科

昼夜別 ・昼間部
概要 二級建築士試験合格の方対象の学科です。※2021年開設
建築士法の改正により、実務経験4年経ずして、一級建築士に挑戦できるようになりました。学科試験対策としては、二級建築士の受験で得た知識をベースとした確かな力を修得。一級建築士の試験から新たに加わる科目にも取り組み、日々、小テストを重ねることで、苦手を克服しながら合格へと前進します。なお、一級建築士試験の製図の課題発表から試験までは短期間であり、集中した対策が必要です。そこで、専科 1級建築士科では製図試験対策に実績のある、「日建学院」との連携による指導を実施。限られた期間の中で、製図の力を徹底的に伸ばします。
本校の本科建築系5学科への入学後から、各本科で建築分野の知識や技術を徹底的に修得し、その力を基礎に「専科 2級建築士科」で学習、二級建築士試験合格。そして「専科 1級建築士科」へ進み、さらに高度なスキルを育みながら試験合格へ。卒業・合格後は、二級建築士資格を持ち、一級建築士試験に合格している即戦力として、4年間の実務経験を経た後に一級建築士の免許登録ができます。
※一級建築士の免許登録には4年間の建築実務経験が必要です。
定員 20名
対象 男女
年限 1年
学費 1,043,000円(本校卒業生以外の方)
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代等別途必要。
めざせる仕事 建築設計(意匠、構造、設備、内装)、都市計画、建築施工管理、確認検査員
めざせる資格 一級建築士(建築実務経験4年の後免許登録) など
備考

2023年4月予定

建築学科(夜間部)

昼夜別 ・夜間部
概要 夜間を有効に利用して、昼間働いている社会人や大学に通っている学生も学習できます。授業は18:20~21:30。さまざまな年齢や肩書きの方々が在籍しています。昼間部同様、2年間の課程を修了すると、一級・二級建築士受験資格が得られます。
設計製図・構造力学・建築計画・施工管理の学習や、材料・構造・環境等の各種実験を通して建築士に必要な知識を幅広く学びます。一年次から専門科目を多く配置し、二年間で基礎から実践に即した応用力までを修得。社会のニーズに即応できる能力の育成を図っています。卒業後は、建築士、施工管理技士の資格取得をめざします。在学中、希望者には建設系企業のアルバイト紹介も行っています。
定員 60名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
605,000円
入学金、授業料、後援会費、学生会費を含む。
教科書代、ノートパソコン代等別途必要。
めざせる仕事 建築士、現場監督(建築施工管理技士)、建築設備士、商業施設士、CADデザイナー、CADオペレーター、インテリアコーディネーター、インテリア設計士
めざせる資格 一級建築士・二級建築士(共に卒業後すぐに受験可能[一級は免許登録に要建築実務経験4年])、木造建築士(卒業後すぐに受験可能)、1級・2級建築施工管理技士・補(1級は要建築実務経験5年/2級は要建築実務経験2年[第一次検定合格者は技士補の資格取得(2級の第一次検定は在学中に受験可])、建築設備士、建築積算士、商業施設士(1年間の実務経験が必要)、建築CAD検定、インテリアコーディネーター、インテリア設計士、福祉住環境コーディネーター(R)、宅地建物取引士、カラーコーディネーター検定(R)、キッチンスペシャリスト、建設業経理士検定 など
備考

2023年4月予定

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2021年3月卒業生実績

  • 株式会社池下設計
  • 富国建設株式会社
  • 株式会社淺川組
  • 株式会社昭和工務店
  • 株式会社松本組
  • 株式会社吉村一建設
  • 株式会社金山工務店
  • 株式会社彩都コーポレーション
  • コーナン建設株式会社
  • 株式会社ジェイアール西日本ビルト
  • 一建設株式会社
  • 敷島住宅株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 北斗工業エンヂニアリング株式会社
  • 龍建設工業株式会社
  • 株式会社日匠設計
  • アーキホームライフ
  • 株式会社阿波設計事務所
  • パナソニック建設エンジニアリング株式会社
  • 株式会社アヤベ
  • 株式会社J.フロント建装
  • 日本ステージ株式会社
  • 株式会社ホクト住建
  • 株式会社御堂設計
  • 株式会社ハラダプランニングオフィス
  • 株式会社熊谷組
  • 日本土木建設株式会社
  • 不二建設株式会社
  • 株式会社白石建設工業
  • 大伸開発株式会社
  • 朝日土木株式会社
  • 株式会社宮本組
  • 株式会社マツムラ
  • 株式会社浅川組
  • 太洋基礎工業株式会社
  • 大鉄工業株式会社
  • 中井商工株式会社
  • 大林道路株式会社
  • 株式会社関西港湾工業
  • 株式会社アーバンパイオニア設計
  • 株式会社中井土木
  • 株式会社日本道路
  • 阪神園芸株式会社
  • 成和緑地建設株式会社
  • 創園建設株式会社
  • 株式会社スペース・グリーン
  • 荒木造園設計
  • 赤木庭園
  • 内山造園
  • …など

2021年3月卒業生の進路決定率…98%(進路決定者数442名/卒業生数451名)

就職支援

【就職サポート体制】
本校では入学直後から学生一人ひとりが、自信をもって就職活動に臨み、希望する進路に進めるよう、きめ細やかな指導と、さまざまなセミナーやガイダンスを随時実施しています。創立111年を超える実績と約38,000人の卒業生ネットワークがあなたの就職を強力にサポート!1年生のうちから企業ガイダンスやインターンシップにも参加できます。


【一人ひとりをしっかりフォロー】
担任・就職担当をはじめ、学校全体を挙げて、学生一人ひとりが希望の就職を叶えられるようにフォローの体制を整えています。入学直後から始まるきめ細やかな就職指導に加え、卒業生の多くが建設業界で活躍しているという豊富な実績と信頼が評価を高め、「就職に強い修成」を実現。みなさんが自信をもって就職活動に臨める体制を確立しています。

各種制度

修成建設専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

建学の精神

1910年の創設以来、111年を超える歴史を持つ修成建設専門学校。古事記に記された国づくりを表した言葉「修理固成」に由来して、「国土建設に奉仕する精神」という意を込め、それを建学の精神としています。今も、これからも「国土建設に貢献する有能な建築および土木の技術者を養成する」という想いは、脈々と受け継がれています。

資格取得の状況

<高い「二級建築士」取得実績を達成!>
修成では、国家資格に直結したカリキュラムや独自の問題集、また、卒業生が行う資格対策指導など、豊かな経験とノウハウを生かしたサポートで学生の資格取得を強力にバックアップ。「二級建築士」資格合格実績は例年全国平均を大幅に上回っています。この資格を取得すると即戦力としていち早く活躍できるため、就職についても高い実績を保持しています。
なお、これまで実務経験がないと挑戦できなかった一級建築士をめざす場合は「専科1級建築士科」※二級建築士合格者対象の学科。
より高度な知識や技術を学習し、即戦力として企業に就職できます。※一級建築士免許登録には実務経験4年が必要です。

<各種資格取得対策講習会>
資格取得支援のために、多彩な講義や講習会を実施。学生一人ひとりへの知識や技術に関する指導はもちろん、メンタル面についてのアドバイスも行いサポートします。

修成建設専門学校 資格取得の状況

修成での資格特典

本校で専門教育を受けると在学中や卒業時に受験資格が得られたり、国家試験受験資格の実務経験年数が短縮されるケースも多く、資格取得に有利な特典がいっぱいです。たとえば一級・二級建築士や木造建築士の国家資格は卒業時に受験資格を得られたり、測量士や宅地建物取引士などの国家資格は在学中に受験が可能。人気の資格取得への近道です。

修成建設専門学校 修成での資格特典

編入サポート

本校では、修成で学び、より研究を深めたいと大学編入学を希望する学生をサポートする体制を整えています。
編入試験の対策講座の開講や、模試の実施、面接指導、小論文対策など、きめ細やかな指導とサポートを行っています。
大学へは一級・二級建築士の受験資格と専門士の称号を取得後の編入学となり、大学在学中に一級・二級建築士の資格取得もめざすことができます。
修成在学中に様々な資格取得をめざすことができるので、進路の幅もより広がります。

修成建設専門学校 編入サポート

奨学金制度について

本校では、学ぶ意欲がありながら、勉強を続けるうえで経済面でのバックアップが必要な方に向けて、独自の学費サポート制度を設けております。学生奨励奨学金制度の場合、年間授業料の50%までの範囲で申請できます(貸与型/無利子)。申請要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。日本学生支援機構による公的奨学金制度の適用も可能です。
また、高等教育の修学支援制度において、本校は2021年度対象機関として認定されています。

GATUNクラブ

修成には、学科間の壁を越えサークル感覚で参加できるプロジェクト(課外活動)があります。
有名な建築物・構造物を訪れたり、地域交流の場に参加したり、コンペやコンクールに参加したり。
自分の学科での学びだけでなく、建設全体に視野を広げることができます。
・Archi Lab.- 新旧の建物見学や調査、建築士との交流
・コンペ部- 各種コンペへの参加や実務従事者の講演会や勉強会に参加
・建築サイエンス研究会- 安全性の要である構造力学をより深く学ぶ
・土木研究会- 現場見学や「協力模型コンテスト」の参加や測量器具の操作方法を学ぶ 
・ガーデニングクラブ- 地域の緑化を推進。樹木草花の手入れや、収穫体験など

修成建設専門学校 GATUNクラブ

SYUSEI×SDGs

SYUSEI(修成)でSDGsについてより深く知る「Sゼミ」。
2021年は2日間にわたって、「レクチャー講座」「企業公演」「カードゲーム」「ワークショップ」など、いろいろな角度からSDGsについて理解を深めました。
また、多くの講座に参加し、多くのことを学んだ学生には「修成SDGsアンバサダー」と認定。認定書と記念品を授与しました。
今後も、特にSDGsに対して主体的に取り組みを行った学生を公認する予定です。

修成建設専門学校 SYUSEI×SDGs

学びの分野/学校の特徴・特色

修成建設専門学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 生活・服飾・美容

修成建設専門学校で目指せる職種

  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 福祉・介護
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律
  • デザイン・芸術・写真

修成建設専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 学費返還制度
  • インターンシップ
  • 夜間課程
  • 最寄駅より徒歩圏内
修成建設専門学校の学部・学科情報はこちら

修成建設専門学校の所在地

本学

所在地

〒555-0032
大阪府大阪市西淀川区大和田5-19-30

交通機関・最寄り駅

●大阪・梅田から約15分。
●阪神本線「千船」駅下車、徒歩約5分。
●阪神なんば線「出来島」駅下車、徒歩約12分。
●JR東西線「御幣島」駅下車、徒歩約20分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-446-456

  • 学校No.2391
  •  
  • 更新日: 2022.08.10

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす