至学館大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

至学館大学 PRイメージ

乳幼児から高齢者まで、心と体の健康をサポートできる高度な専門知識と実践力を育成!

健康力・知的視力・社会力・自己形成力・当事者力の5つの力で構成される『人間力の形成』が本学の教育理念です。学生が主体的に行動する機会を設け、自らの大学は自分たちでつくる「名実ともに学生が主人公」の大学づくりを目指し、『主体的な発想のもと、心身ともに健全でたくましく、「生きる力」、「行動力」、「仲間愛」に溢れ、そして諦めないで何ごとにも「チャレンジする精神」を持った学生をひとりでも多く育てる』ことを教育目標としています。
健康科学部では、「健康スポーツ科学科」「栄養科学科」「こども健康・教育学科」の3学科を設置。『運動・スポーツ』『栄養』『こどもの成長』という3つのアプローチから健康を科学し、乳幼児から高齢者までの健康をサポートする専門的な知識と実践力を磨きます。また、「学びのコラボレーション」として、学科間の関連領域を学ぶことで、専門分野にプラスαの知識と能力を備えた指導者を養成。さらに、学生アスリートのためのサポートシステムを導入し、競技者の競技力を向上する環境が整っています。
健康スポーツ科学科は、2016年4月より、募集定員を120名から150名に増加しました。

至学館大学 PRイメージ1
至学館大学 PRイメージ2
至学館大学 PRイメージ3
至学館大学 PRイメージ4
至学館大学 PRイメージ5
至学館大学 PRイメージ6

トピックス

2017.03.01

進学相談会のご案内

至学館大学に関するみなさんの疑問や質問に、本学入試アドバイザーが親身になって個別にお答えします。
志望大学や将来の進路が決まっていない人はもちろん、至学館大学を志望している人も是非参加し、「未来の自分」を見つけましょう。
開催場所や日時については本学ホームページ
(http://navi.sgk-u.net/event/sodan.php)で確認してださい。

2017.03.01

「至学館の豆知識」連載中

至学館大学の学科の特長を活かした「豆知識」を受験生サイトで掲載します。
日常的にみて何気ない事でも、大学での学びや先生方の専門知識から見ると目からウロコの知識がたくさんあります。
毎月1回、至学館大学の先生方がわかりやすく紹介してくれます。
みなさんぜひご覧ください。

「至学館の豆知識」はこちらから
http://navi.sgk-u.net/column/index.html

募集内容・学費

至学館大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

健康科学部

健康スポーツ科学科(2017年04月実績)

コース・専攻名 ・スポーツコーチング専修
・ヘルスエクササイズ専修
・スポーツプロデュース専修
備考 男女共学
概要 競技力向上・健康づくりをサポートするプロの指導者を養成。
■学びのポイント
1)中学校・高等学校の保健体育教員、各種競技スポーツ・健康運動の指導者を養成。
2)トップアスリートのためのサポートシステムを導入し、競技力向上について科学的に追究。
3)長い実績で培った健康指導・スポーツ指導環境における知識の修得と実践力の育成。
4)こどもから高齢者、障がい者も含めて、その人に合った健康指導を科学的に追究。
5)指導法を中心とした運動実技、学外施設での実習やインターンシップなどの体験学習を豊富に取り入れて実践力を育成。
定員 150名
※2016年度募集より定員増加
年限 4年
学費 初年度納入金
1,390,000円
(2017年04月実績)
入学金25万円を含む。
備考

【目指せる資格】
<教職課程履修&修得により取得可能>
中学校教諭一種免許状(保健体育) 
高等学校教諭一種免許状(保健体育)

<取得可能>
障がい者スポーツ指導員(初級・中級)
キャンプインストラクター
スポーツリーダー ※日本体育協会公認
競技別指導者(指導員・コーチ・教師) ※日本体育協会公認

<受験資格を取得>
健康運動指導士 
健康運動実践指導者 

栄養科学科(管理栄養士養成課程)(2017年04月 実績)

コース・専攻名 ・スポーツ栄養専修
・臨床栄養専修
・食育専修
備考 男女共学
概要 病院等での栄養指導のほか、スポーツ栄養に関する知識と実践力を身につけたワンランク上の管理栄養士を養成。
■学びのポイント
1)アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するための栄養管理ができる管理栄養士を養成。
2)こどもから高齢者まで一人ひとりに合った栄養と運動の指導ができる管理栄養士の養成。
3)病院、老人福祉施設、学校など地域社会の中で活躍できる管理栄養士の養成。
4)実践力を身につけるためにスポーツ栄養・臨床栄養・食育の体験学習を早期に導入。
5)管理栄養士国家試験合格のための万全な支援体制。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,390,000円
(2017年04月実績)
入学金25万円を含む。
備考

【目指せる資格】

<取得可能>
栄養士 
栄養教諭一種免許状※
食品衛生監視員 
食品衛生管理者
※教職課程履修&修得により取得可能

<受験資格を取得>
管理栄養士 
健康運動実践指導者
アクアフィットネスインストラクター

こども健康・教育学科(2017年04月 実績)

コース・専攻名 ・保育・初等教育コース
・初等・中等教育コース
備考 男女共学
概要 一人ひとりのこどもと正面から向き合う熱意をもった“先生”を養成。[体育・食育の知識と実践力を身につけた保育士、幼稚園・小学校・中学校(保健体育)教諭]
■学びのポイント
1)小学校教諭一種免許状と中学校教諭一種免許状(保健体育)を同時に取得可能。
2)キャンパス内にある附属幼稚園と連携し、豊富な実習を充実した環境で行い、実践力を育成。
3)こどもの「こころ」と「からだ」の健やかな成長・発達について学習
4)乳幼児から青少年へと育っていくプロセスを総合的に学習。
5)一人ひとりのこどもの健やかな成長をこどもの目線でサポートできる、人間性豊かな教育者を養成。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,370,000円
(2017年04月実績)
入学金25万円を含む。
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
幼稚園教諭一種免許状 
小学校教諭一種免許状 
中学校教諭一種免許状(保健体育)

<取得可能>
保育士 
キャンプインストラクター 

主な就職先・ キャリアサポート

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • 愛知県教育委員会
  • 名古屋市教育委員会
  • 岐阜県教育委員会
  • 静岡県教育委員会
  • 警視庁
  • 愛知県警察本部
  • 岐阜県警察本部
  • 知多中部広域事務組合消防本部
  • 蒲郡市消防本部
  • 豊川市消防本部
  • 豊橋市消防本部
  • 名古屋市役所
  • 掛川市役所
  • 大府市立保育園
  • 刈谷市立保育園・幼稚園
  • 亀山市立保育園・幼稚園
  • (株)デサント
  • (株)ミキハウス
  • ゼビオ(株)
  • (株)ヒマラヤ
  • (株)アクトス
  • (株)東祥
  • (株)ジェイエスエス
  • (株)コパン
  • (株)グリーンハウス
  • (株)LEOC
  • 日本ゼネラルフード(株)
  • (株)アスリート食堂
  • 生活協同組合コープあいち
  • 新日鐵住金(株)
  • ジェイアール東海バス(株)
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)
  • (株)スギ薬局
  • 綜合警備保障(株)
  • (株)第三銀行
  • 知多信用金庫
  • 豊川信用金庫
  • 豊橋信用金庫
  • JA鈴鹿
  • JA愛知厚生連渥美病院
  • …など

キャリアサポート

●キャリアカウンセリング
専門カウンセラーによるキャリアカウンセリングを実施しています。キャリアカウンセリングでは、進路相談はもちろん、面接時のマナーや心構えなど具体的な面接練習などを個別に指導してもらえるため、就職活動での不安や疑問を解消する絶好の機会として利用されています。

●インターンシップ
【主な協力先】刈谷市役所、豊川市役所、一宮市役所、稲沢市役所、豊橋市消防本部、尾三消防本部、西春日井広域事務組合消防本部、千葉ロッテマリーンズ、アクトス、ハクヨプロデュースシステム、朝日新聞社、大塚商会、熱田リハビリテーション病院 など

●進路支援プログラム
就職適性・自己分析、業界・仕事研究、エントリーシート攻略テスト、SPI・一般常識テスト、スーツ着こなしセミナー、メイクアップ講座、マナー習得講座など実践的なプログラムを展開。さらに、教員採用試験対策講座、公務員試験対策講座、保育士・幼稚園教諭専門試験対策講座、幼稚園教員採用説明会、愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市教員採用試験説明会、警察官募集説明会など、学科の特長に応じたプログラムも充実しています。

各種制度

至学館大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

学びのコラボレーション

『健康』を軸として「運動・スポーツ」、「栄養」、「こどもの成長」をキーワードとした学びを展開する本学では、多様な能力を身につけるため「学びのコラボレーション」として、所属する学科以外の指定科目を受講し、単位を取得できる「学科間相互の科目履修」制度があります。さらに、「スポーツ栄養」、「食育」、「ジュニアスポーツ」などをキーワードに、各学科間の枠を越えた学びの相乗効果を実現しています。これにより、「運動・スポーツ」だけではない、「栄養」だけではない、「こども」だけではない、専門知識にプラスαの知識と能力を備えた指導者・教育者を養成しています。

地域コラボレーション

本学は「やったことは自信になる」をモットーとしており、学んだ知識を知恵に変え、社会に役立つ実践力・行動力を養うことを重視しています。
地域との連携事業として、健康スポーツ科学科では、大府市総合型地域スポーツクラブ「OBUエニスポ」でこどもを対象とした教室の開講、市民の健康づくりを目的とした「おおぶ元気創造大学」や「かりやヘルスアップ大学」を開講し、多くの学生が授業補助員として活躍しています。栄養科学科では、スポーツクラブ主催「健康づくりセミナー」のサポートスタッフ、附属幼稚園での食育指導、大府市民活動センター食堂での食事提供などを実施。こども健康・教育学科では、大府市立小学校での放課後学習チューターボランティアやキャンプ実習での引率指導、附属幼稚園でのボランティアとして活動するなど、本学には地域と連携した実践の場が数多く設けられています。

教職サポート

本学では、多くの学生が幼稚園教諭、小学校教諭、中学校・高等学校教諭(保健体育)、栄養教諭を目指して教職課程を履修しています。教員になりたいという意欲の高い学生を支援するために「教職支援室」を開設しています。
常駐スタッフによる教員採用試験に関するアドバイスから、小論文、志願書の書き方指導や添削まで、個別にきめ細かく対応しています。他にも、教職課程委員の複数のスタッフで個別の模擬面接や集団討論を実施するなど、自治体によって異なる教員採用試験の各内容に応じた対策指導を実施し、教員採用試験合格を全力で支援しています。

アスリートサポート

本学では、在学生スポーツ選手をサポートするため実践的なノウハウを集約した独自の「アスリートサポートシステム」があります。競技力向上に必要な2分野(コンディショニング、コーチング)6サポート(医療、アスレティックトレーナー、栄養、メンタルマネジメント、バイオメカニクス、フィジカルフィットネス)のシステムを設置し、在学生スポーツ選手を強力にバックアップしています。また、アスレティックトレーナーやスポーツ栄養、スポーツ指導者などを目指す学生にとって、学内アスリートと直接触れ合える絶好の機会。学んだことを実践の場で試すことで、さらなる技術の向上に繋げています。

ステップアップサポート

至学館大学大学院、至学館大学、至学館大学短期大学部および専攻科が設置されている本学園では、より高度な教育を求める人や、より専門的な技術・知識の修得を目指す人のステップアップを実現します。
大学卒業後、さらに専門分野を高度に追究するための大学院健康科学研究科は、5つのコース(「健康・スポーツ科学コース」「健康・スポーツマネジメントコース」「健康栄養コース」「スポーツ栄養コース」「こども健康・教育コース」)を設置し、健康・運動づくりのリーダーを養成しています。
短大卒業後、より専門的な学びを追究したい、プラスαのスキルを身につけたい学生のために、至学館大学への第3年次編入学制度を設けています。また、アスリートを支えるアスレティックトレーナーを目指す学生のために専攻科(アスレティックトレーナー専攻)を設け、日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格取得を目指すことができます。

キャンパスライフサポート

本学では、経済的な支援や住まいなど、安心して実りある大学生活を送るための様々なサービスを用意しています。
奨学金は、「日本学生支援機構奨学金」、「地方自治体奨学金」や「民間育英団体奨学金」以外にも、本学独自の「修学支援奨学金(給付型)」、「修学支援奨学金(貸与型)」、「学業奨学特待生」、「スポーツ奨学特待生」制度を設けています。
また、キャンパス敷地内に学生寮(女子専用)を完備し、学生生活をサポート。学生寮以外にも、民間アパートやマンションが大学周辺に約50件あり、大学と地元不動産会社が連携し、防犯・安全対策も万全です。

学びの分野/学校の特徴・特色

至学館大学で学べる学問

  • 体育・健康・スポーツ
  • 栄養・食物
  • 教育・保育

至学館大学で目指せる職種

  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • 健康・スポーツ
  • 公務員・政治・法律

至学館大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス

至学館大学の所在地

所在地

〒474-8651
愛知県大府市横根町名高山55

交通機関・最寄り駅

JR東海道本線「大府駅」よりスクールバス7分。「共和駅」より徒歩20分。

至学館大学のお問い合わせ先

入試・広報課

電話 0562-46-8861
Mail: info-inv@sgk.ac.jp

  • 学校No.2235
  • 更新日: 2017.07.19

至学館大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

至学館大学