産業技術短期大学の入試出願・就職資格情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

国公立大学への編入学や、優良企業への就職を目指せる工学系短期大学

産業技術短期大学は、日本の産業界を担うことができる技術者を育てる目的で開設され、57年にわたり約13,600名を超える卒業生を社会に送り出しています。

新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所などの鉄鋼業界(日本鉄鋼連盟)により、1962年(昭和37年)に設立。
4つの工学科(機械、電気電子、情報処理、ものづくり創造)を備えた、全国屈指の総合工学系短期大学です。
また、企業から派遣された社会人学生が、全学生の約2割在学。産業界との信頼関係も厚く、「社会人学生との共学」は本学ならではの特徴です。幅広い専門技術、社会人としての素養を身につけ、即戦力としてはもちろん、日々新たな技術を吸収し、エンジニアとして長く活躍できる人材を育てます。

産業技術短期大学 PRイメージ1
産業技術短期大学 PRイメージ2
産業技術短期大学 PRイメージ3

トピックス

2019.03.01

『OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2018』で本学の学生が活躍しました!

さる2018年11月4日(日)に大阪電気通信大学 駅前キャンパスで開催された『OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2018』に本学学生2チームが出場しました。
参考ホームページ:http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=4751

2019.03.01

ものづくりシンポジウム「IoT時代のものづくり、ロボット技術を如何に進めるか」を開催しました!

2018年10月22日(月)、本学講堂にて、産業技術短期大学ものづくりシンポジウム「IoT時代のものづくり、ロボット技術を如何に進めるか」を開催しました。
130名の企業の方々、および本学学生、教職員が参加し、「ロボットを活用した次世代のものづくり」をテーマに、7名のロボットに関係するお仕事をされている方々のお話を聴かせていただきました。

<内容>
開会挨拶
第一部 IoT、ロボット技術を巡る我が国の動向
第二部 近畿地域におけるロボット活用の方策
第三部 阪神地域のロボット導入事例と企業経営へのインパクト事例紹介
閉会挨拶

2019.03.01

『第22回(2018)スターリングテクノラリー』に出場し、入賞しました!

2018年11月3日(土)に、埼玉県の「ものつくり大学」にて開催された、『第22回(2018)スターリングテクノラリー』に出場しました。
この大会で、本学ものづくり工作センターのチームが、所定の距離をいかに早く走れるかを競うRCクラスで3位、5位に入賞する活躍を見せました!

募集内容・学費

産業技術短期大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

機械工学科

概要 「新たな時代を切り拓く、機械エンジニアに!」
ロボットやIoTなど産業界は新たな時代を迎えています。時代の変化に対応するため、機械工学の基礎を身につけ、新たな価値を生み出す力を養います。

機械工学科ではこう学びます!
機械工学のベースとなる材料の強さや耐久性について学ぶ「材料力学」、水や空気の流れについて学ぶ「流体力学」、熱やエネルギーについて学ぶ「熱力学」の3力学を柱に学びます。さらに、ロボットや自動車の動きの基礎となる「機構学」、機械や装置の部品の寸法を決める「機械設計」、機械の動きをコントロールする「自動制御」など、ものづくりに必要なさまざまな内容を幅広く習得します。
定員 105名
年限 2年
学費 初年度納入金
1,440,000円
備考

2019年04月 実績

電気電子工学科

概要 「実社会で活躍できる、電気・電子技術者に!」
電気エネルギーに関する技術と情報社会を支えるディジタル技術。これら2本柱のカリキュラムで、ハイレベルな電気エネルギー技術者およびディジタル技術者や4年制大学への編入をめざします。

電気電子工学科ではこう学びます!
入学直後の1年次に、専門の基礎となる数学、物理学、電気の基礎を中心に学びます。高校までの学習からスムーズにつながるように工夫されています。2年次には、電気エネルギー技術、ディジタル技術の科目群から習得したい科目、将来のために必要な科目などを選択して学びます。少人数による実験・実習をふんだんに取り入れた授業で体験的に学び、理論の理解と技術の習得を図ります。
定員 55名
年限 2年
学費 初年度納入金
1,440,000円
備考

2019年04月 実績

情報処理工学科

概要 「時代に求められる情報処理技術を学ぶ!」
私たちを取り巻く世界は情報通信技術(ICT)に支えられています。情報処理工学科では、ICTの基礎を学び、自ら考え問題を解決する力をつけることで、ICT業界で活躍できるソフトウェアエンジニアになるための力を育みます。

情報処理工学科ではこう学びます!
今の時代に対応できるICT技術者を育成するために、情報技術全般に関する基礎的な知識を学ぶ「コア科目群」を設けています。さらに、自ら考え、問題解決できるソフトウェアエンジニアをめざす人のために「I Tエンジニア科目群」を、また、情報処理技術を「ものづくり」に適応させ、コンピュータの高度な活用技術の修得をめざす人のために「I Tスキル科目群」を用意しています。
定員 55名
年限 2年
学費 初年度納入金
1,440,000円
備考

2019年04月 実績

ものづくり創造工学科

概要 「設計・デザインを学び、自らの手で未来を創る!」
機械工学の科目を基礎に実学重視の教育を実施。理論的な学修だけでなく、加工・組立などの実習も豊富です。また、設計・デザインに関する科目も用意。将来はものづくりに関わる技術者をめざします。

ものづくり創造工学科はこう学びます!
機械工学や設計・デザインに関わる基礎的な科目を展開。設計→加工→試作というプロセスを学び、理論と実践を結びつける実習も充実することで、基礎力と創造力を養います。ものづくり技術者をめざす学生は、関連する機械工学の基礎知識・技術を中心に学びます。創造設計技術者をめざす学生は、コンピュータを利用した設計・デザインの基礎知識や技術を中心に学びます。
定員 30名
年限 2年
学費 初年度納入金
1,440,000円
備考

2019年04月 実績

主な就職先・ 進路支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年~2018年3月卒業生実績<抜粋>

  • 新日鐵住金㈱
  • JFEスチール㈱
  • ㈱神戸製鋼所
  • 合同製鐵㈱
  • 川崎重工業㈱
  • ヤンマー㈱
  • ダイキン工業㈱
  • 三菱電機㈱
  • 三菱電機システムサービス㈱
  • 三菱電機特機システム㈱
  • JFE条鋼㈱
  • 大阪製鐵㈱
  • 日立建機日本㈱
  • 日立住友重機械建機クレーン㈱
  • 三菱電機コントロールパネル㈱
  • パナソニックコンシューマーマーケティング㈱
  • ㈱大阪チタニウムテクノロジーズ
  • ㈱ジャパンペール
  • 神鋼検査サービス㈱
  • 大日通信工業㈱
  • 神鋼建材工業㈱
  • カワサキロボットサービス㈱
  • ㈱ジャパンエンジンコーポレーション
  • コベルコソフトサービス㈱
  • 富士コンピュータ㈱
  • 西日本旅客鉄道㈱
  • ㈱マイスターエンジニアリング
  • ㈱インテックソリューションパワー
  • ハイテクシステム㈱
  • システムスクエア㈱
  • ㈱フジ・データ・システム
  • 尼崎製罐㈱
  • ㈱SYS・ヨシダ
  • モラブ阪神工業㈱
  • 尼崎市役所
  • …など

進路支援

●産業界が設立した短期大学としての強みを活かした就職支援体制
1.就職
 本学は産業界が設立しているため、好不況に関らず安定した求人社数を保ち、就職に有利な大学として広く知られています。
 2年間の積み上げによって大きくレベルアップした産業技術短期大学の学生は、あらゆる企業の中核人材として求められています。
2.国公私立大学への編入学
 4年制大学への抜群の編入学実績は、本学の大きな特徴の一つです。特に国公立大学への進学者が多いこと、合格率が高いことが特徴です。
 産業技術短期大学で2年間学ぶことで、目標とする4年制大学に編入することができます。
 最近5年間の主な4年制大学編入学合格実績
〈国公立〉神戸大学、広島大学、京都工芸繊維大学、富山大学、徳島大学、島根大学など(76名)
〈私立〉関西大学、龍谷大学、大阪工業大学、甲南大学、近畿大学など(89名)
 

各種制度

産業技術短期大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

「やってみたい」を実現する、ものづくり工作センター

学生の「やってみたい」を実現する工房として「ものづくり工作センター」を開設しています。ここでは、学生のアイデアによるモノづくりのプロジェクトを自由に立ち上げることができます。このプロジェクトの一環として、2018年11月に開催されたもので、自作スターリングサイクル機器により走る車で50mの走行時間を競う「第22回(2018)スターリングテクノラリー」に出場しました。
また、ものづくりの基礎を学べるように、実際に工作機械等を動かして実習を行う拠点としての役割も担っています。

学びの分野/学校の特徴・特色

産業技術短期大学で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信

産業技術短期大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学

産業技術短期大学の特徴

  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 学生寮

産業技術短期大学の所在地

所在地

〒661-0047
兵庫県尼崎市西昆陽(にしこや)1-27-1

交通機関・最寄り駅

阪急電鉄神戸線「武庫之荘」駅下車、阪神バス40・41系統「常陽中学校」停留所下車。北へ徒歩約300m。
JRまたは阪急「伊丹」駅下車、市バス1・4・7系統「昆陽里」停留所下車。西へ徒歩約400m。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

06-6431-7022

産業技術短期大学のお問い合わせ先

入試広報課

電話 06-6431-7022 (直)
FAX: 06-6431-5998
Mail: nyushi@cit.sangitan.ac.jp

  • 学校No.1808
  • 更新日: 2019.03.01

産業技術短期大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

産業技術短期大学