国際フード製菓専門学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

国際フード製菓専門学校 PRイメージ

卒業してから一番好きになる学校

「料理が好き」「お菓子やパンが好き」…そんなみなさんの夢を、国際フード製菓専門学校は後押しします!
プロになるために必要なこと。しっかりとしたプロ意識の育成や、売れるケーキをつくるために必要な技術を、本学で学んでみませんか?
国際フード製菓専門学校では、社会のニーズに合わせた人材を育成するため、豊富な実習と理論を学ぶためのカリキュラムを実践しています。また、最新の設備や器具を取り揃え、常に「現場」を重視した実習を行っています。
さらに、幅広い知識と技術を教えてくれる専任講師だけでなく、第一線で活躍するプロの方も外部講師として多数お招きしています。あこがれのプロの仕事をじっくり学び、なりたい自分を目指しましょう!

国際フード製菓専門学校 PRイメージ1
国際フード製菓専門学校 PRイメージ2
国際フード製菓専門学校 PRイメージ3
国際フード製菓専門学校 PRイメージ4
国際フード製菓専門学校 PRイメージ5
国際フード製菓専門学校 PRイメージ6

トピックス

2017.03.01

第8回製菓衛生師養成施設技術コンクール全国大会にて、本学の学生が協賛会社賞を受賞!

「製菓衛生師養成施設技術コンクール全国大会」は洋菓子部門、和菓子部門の部門別で規定課題と味見審査を含む自由課題で競う大会です。このコンクールにて、本学の学生2名が協賛会社賞を受賞しました!
和菓子部門
・株式会社 内藤製餡賞  加藤百美(緑が丘女子高等学校 出身)
・株式会社 専門学校新聞社賞  室伏美咲(静岡県立田方農業高等学校 出身)

2017.03.01

学生運営のカフェ

地域住民が集う憩いの場を、学生が運営しています。
いまや製菓製パン技術を身につけることは当たり前。店の運営のすべてを知り尽くしてこそ、時代に対応できるパティシエやブーランジェになれます。
1年次にはメニューを幅広く学び、座学を通じて経営を学んでいきます。2年次になると、実際にお客様を前にして、店舗経験を実践的に学んでいきます。

国際フード製菓専門学校は、徹底的に“現場”にこだわります。

募集内容・学費(2017年4月実績)

国際フード製菓専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

製菓製パン科2年制(洋菓子専攻コース)

概要 【2年次からは、より高度な製菓づくりを】
・洋菓子のより高度な技術を学び、ただつくるだけではなく、新しいメニュー開発にもつながる創造性を養うカリキュラムを組んでいます。パティシエとして必要な技術と実践力を磨きます。

【スイス伝統校の製菓技術が学べる】
・スイスにある製菓の名門校、国立リッチモント製菓学校の製菓技術が学べるカリキュラムを実施。本学を卒業と同時に、修了証書をもらうことができます。
日本にいながら世界の技術を身につけるコースです。

【お菓子の商品力を高める】
・お菓子にとってラッピングは「命」。包装などの見栄えが良ければ、お客様へのアピールにも差がつきます。ラッピングのプロの講師を招きその基礎から応用までを学び、売るためのノウハウを身につけます。
定員 120名(製菓製パン科2年制全体)
年限 2年
学費 初年度納入金
1,460,000円

製菓製パン科2年制(和菓子専攻コース)

概要 【和菓子作りの技術や文化・伝統を学ぶ】
・包餡やどらやき、練り切りといった伝統的な和菓子の製法技術を基礎から応用までしっかり身につけます。
また、和菓子に欠かせない日本の文化や色彩の組み合わせ、四季を大切にする和の心なども学びます。

【和菓子の芸術 工芸菓子にも挑戦!】
・お菓子の素材を使い「花鳥風月」などの自然や風物を芸術的に表現した工芸菓子。高度な技術が要求される工芸菓子づくりにもチャレンジし、伝統ある日本の和菓子文化の担い手としての意識も育てます。

【書道・茶道・陶芸、感性を磨く授業】
・繊細かつ優美な和菓子の世界をより深く学ぶために、豊かな感性を磨きます。和菓子と縁が深い茶道や陶芸、書道といった日本の伝統文化に触れ、独自の価値観や感性を高めるカリキュラムを実施します。
定員 120名(製菓製パン科2年制全体)
年限 2年
学費 初年度納入金
1,460,000円

製菓製パン科2年制(パン専攻コース)

概要 【発酵から熟成、大量仕込みまでの基礎を】
・パンの素材は、ほとんどが決まったものですが、その配合とつくり方の違いによって、様々なパンが生まれます。難しいとされる発酵と熟成のバランスを見極めるパンの基本を学び、仕込みのプロセスを習得します。

【大量仕込みなど実践に即した授業】
・2年生になってからは、実践さながらの大量仕込みなども実習の課題になります。パンの基礎的な技術に加え、決められた時間内に多種多様なパンを仕上げる成形を学ぶなど、将来を見据えた実践的な授業が行われます。

【現場に近い環境でチームワークも学ぶ】
・実際に現場に出た際に、製パン作業で鍵を握るのがチームワーク。より現場に近い環境でのトレーニングを何度も積むことで、どこに出ても身につけたパンの技術をスムーズに発揮できる力を備えます。
定員 120名(製菓製パン科2年制全体)
年限 2年
学費 初年度納入金
1,460,000円

製菓製パン科1年制

概要 【短期間でもしっかり基礎が身に付く】
本学科の一番の目的は、1年の短期間で即戦力となる人材を育てることです。基本的な技術を420時間という豊富な実習で徹底的に習得します。
また、製菓理論、食品学など技術を裏付ける座学も充実しています。

【フードビジネスのノウハウを修得】
将来オーナーとして、フードビジネスで幅広く活躍したいという人のための授業も充実。
商品開発のノウハウから、マーケティングや店舗マネジメントなど、経営者として必要な知識も学ぶことができます。
定員 40名
年限 1年
学費 初年度納入金
1,460,000円

製菓製パン科夜間部2年制

概要 【仕事と両立し、1年制と同じ内容を無理なく学べる】
・本学科の時間割は火・水・木と週3日で構成されているため、毎日通うことが難しい方でも無理なく学ぶことができます。仕事と両立していただきながら、1年制と同じ課程を無理なく学んでいただくこができます。また、卒業時には製菓衛生師の受験資格が取得できます。
定員 40名
年限 2年
学費 初年度納入金
810,000円

調理師科1年制

概要 【西洋料理を中心に和・中・製菓製パンも学ぶ】
・イタリア料理やフランス料理を中心に、日本料理、中国料理から製菓製パンまでの基礎をしっかり学べるコースです。スチームコンペクションなどの新しい設備を導入し、最新の現場に合わせた技術も修得します。

【徹底した調理実習のテクニック習得】
・調理の基本となる技術を生徒ひとりひとりができるまで徹底して指導します。和・洋・中それぞれの調理のテクニックを詳細に分けて丁寧に教えることで、現場で必須となる下ごしらえから仕上げまでの技術を学べます。

【レストランサービスも学べるカリキュラム】
・これからの料理人に求められているのは、幅広い実践力。接客などレストランの基本サービスから、テーブルコーディネート、店舗のマネジメントまで、実践的な視点でトータルに学ぶことができます。
定員 40名
年限 1年
学費 初年度納入金
1,290,000円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • セルリアンタワー東急ホテル
  • ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • ロイヤルパークホテル
  • プリンスホテル
  • シュテルン
  • プロローグ
  • 香炉庵
  • いちごの樹
  • サン・マロー
  • ハーブスグローイング
  • クドウ
  • …など

就職支援

学生にとって就職は夢に近づくスタートでもあるため、就職相談にはとても力を入れています。
学生と担任と就職担当の三者で話し合ったり、個別の相談にも親身にアドバイスしたりしています。
また、進路指導のスペシャリストが面接での話し方や応対、履歴書のアピールの仕方など、きめ細かく指導します。

各種制度

国際フード製菓専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

本校独自の習熟度性と個別指導

本校での製菓・製パン調理技術は、すべて段階的な修得ができるようになっています。そのため、それぞれの実習授業では、器具の使い方から具体的な技術に至るまで徹底指導を行い、学生たちがその達成感を感じられるようなシステムになっています。

また、学生自身の技術を見極める実技試験が行われます。全員が合格するため、フォローする先生たちも全力で対応。一人ひとりに放課後などの時間を使って個別指導をしていくため、学生全員がプロとしての基本技術を身につけられます。

学校内での企業説明会・校外研修の開催!

本校では就職先であるホテル・ケーキやパン、和菓子の個人店、ウェディング企業など多くの企業を集めての説明会を学校で行います。
会社説明を直接人事担当の方から聞くことのできる重要な「企業説明会」です。
また、企業での現場研修を行う「校外研修」を全学科で行っています。
現場研修を行うことで、学校にいる間に就職先となる現場を体験することが出来ます。
この校内研修から就職へ繋がることも少なくありません。

カフェシミュレーション実習

国際フード製菓専門学校のカフェ・スイーツショップでは、一般のお客様に料理を提供する実践的な授業を行っています。
企画から接客・製造、売上管理まで現場さながらの実践的な授業です。

スイスの名門「リッチモント製パン製菓専門学校」の技術を習得!

世界中から生徒の集まるスイスの名門「リッチモント製パン製菓専門学校」と提携し、本場の技術や理論を国際フード製菓専門学校で習得できます!
指定のカリキュラムを修了すると「修了証書」の授与もあります。

海外研修制度から世界の技を学ぼう!

お菓子やパン作りにおいて、長い歴史を誇るヨーロッパ。現地の独自の文化に触れ、その場でしか味わえない食を学び、新しい発見や体験を重ねることは、製菓製パンにこれから携わる上で、貴重な財産となるでしょう。国際フード製菓専門学校では、カリキュラムの一環として、ヨーロッパを中心とした海外研修を行ない、大きな成果を上げています。

主な行き先は、洋菓子やパンの本場のスイスやフランス、オーストリアなどです。9日間という短い日程ながら、中身は濃く充実した時間を過ごすことができます。こうした海外研修は、姉妹校である東京誠心調理師専門学校の伝統と成果を受け継ぎ、カリキュラムの一環として取り入れられている人気の高い制度です。

また、パートナーシップ提携に伴い、製菓製パン科2年制2年目に、本校でスイスのリッチモント洋菓子実習が受講できます。この実習はリッチモント製パン製菓専門学校によりトレーニングされ、認証された本校専任教員が、直接指導するので語学の心配もなく、現地と同様の修了証書が、本校卒業式の際に授与されます。

学びの分野/学校の特徴・特色

国際フード製菓専門学校で学べる学問

  • 栄養・食物

国際フード製菓専門学校で目指せる職種

  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育

国際フード製菓専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 海外研修・留学制度
  • インターンシップ
  • 夜間課程
  • 通信教育課程
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

国際フード製菓専門学校の所在地

国際フード製菓専門学校

所在地

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-9-6

交通機関・最寄り駅

JR東海道線、京浜東北線、横須賀線、市営地下鉄線、相鉄線、京浜急行線、東急東横線、「横浜」駅西口より徒歩9分、みなみ西口より徒歩6分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

045-290-6200

国際フード製菓専門学校のお問い合わせ先

入学相談室

電話 045-290-6200 / 電話 045-313-4411

  • 学校No.1492
  • 更新日: 2017.08.25

国際フード製菓専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

国際フード製菓専門学校