中日本自動車短期大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

創立50年!自動車の全てが学べる、日本屈指の自動車整備士養成大学!

日本屈指の自動車整備士養成大学である中日本自動車短期大学。創立以来、人間性豊かな技術者を育成し約25,000名の卒業生を自動車業界に輩出。平成29年には、創立50周年を迎えます。
いずれの学科・コースも、2級自動車整備士の受験資格が取得できるため、入学時に急いでコースを決める必要はありません。幅広く学びながら自分の目標を絞り込み、それをもとに2年生への進級時にコースを選択することが可能です。

“生きた技術”が身につく実習やプロジェクトが豊富で、ハイブリッド車や電気自動車・燃料電池車を用いた「エコカー実習」に加え、ソーラーカーやスターリングエンジン搭載車の製造・レース参戦などを体験することができます。
また、イタリアのフェラーリ整備工場で最先端の整備技術を学ぶことができる海外技術研修も実施。
車を愛する生徒の気持ちに全力で応えます!

中日本自動車短期大学 PRイメージ1
中日本自動車短期大学 PRイメージ2
中日本自動車短期大学 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

日本最大級の施設・設備

キャンパスを見た高校生がこの学校の施設・設備は凄いと絶賛するほど、充実した施設・設備を完備。
キャンパス内には陸運局長認証の整備工場として実際の“車検”もできる「検査ライン」をはじめ、ミリ単位まで修正できる「フレーム修正機」、本格的な「塗装ブース」、「エンジン実習室」、「バイク実習室」などを完備。また1級自動車整備士専用のコンピュータ診断装置等を備えた「高度整備実習棟」もあり、自動車整備教育機関の中で最大級の施設・設備を備えています。

2017.03.01

あらゆるメーカー・車種が学べる

本学は独立系の学校で特定の自動車メーカー系列ではありません。国内・海外全22メーカーの実習車で学ぶことができます。さらに保有実習車数は西日本の短大で最大級!メーカーをと合わず幅広い知識や経験を培うことで、卒業後の進路も広がります。

2017.03.01

アジアで唯一の「フェラーリ工業専門学校」提携校

本学はアジアで唯一(※)の「イタリア国立フェラーリ工業専門学校」の提携校です。
実際のフェラーリを使った実習授業をはじめ、イタリアのフェラーリ本社工場や、フェラーリ社の指定整備工場で最先端の整備技術を学べる「短期留学」など、在学中からフェラーリに触れ、日本車との構造の違いを学ぶことができます。
「オープンキャンパス」ではフェラーリのデモ走行や実際に車両に触れることができます。

※2017年1月現在。イタリア国立フェラーリ工業専門学校HPより

募集内容・学費

中日本自動車短期大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

自動車工学科

自動車工学科(2017年04月 実績)

コース・専攻名 ・2級自動車整備士コース(自動車工学科のみのコース)
・車体整備士コース(自動車工学科修了後、1級自動車整備専攻へ進学するコース)
・1級自動車整備士コース(自動車工学科修了後、車体整備専攻へ進学するコース)
概要 自動車工学科では、資格取得や将来の目標・夢など、学生個人の希望や熱意に合わせた3つのコースを用意。
いずれのコースでも、本学科修了の2年後に、2級自動車整備士(国家資格)の受験資格を得ることが可能です。 1年次の秋に「何を学びたいか、進路をどうするか」を見定めた上で、2年次から学生個人が自分のコースを意識しながら学んでいきます。
定員 200名
年限 2年
学費 初年度納入金
1,340,000円
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】
<取得可能資格>
低圧電気取扱業務特別教育修了資格
<受験資格>
自動車整備士
中古自動車査定士
<取得目標資格>
ガス溶接技能者
有機溶剤作業主任者
ガス溶接作業主任者

モータースポーツエンジニアリング学科

モータースポーツエンジニアリング学科(2017年04月 実績)

概要 モータースポーツの基礎知識から最新レーシングマシンの整備技術まで、専門性の高いカリキュラムが充実しています。
本学は日本で唯一教育機関としてSUPER-GTに参戦、学内にファクトリーを設置しチューンナップまで授業として実施します。また他の提携レーシングチーム(二輪・四輪)のピットでの実習や、学生チームによるフォーミュラレース参戦、プロのレーサーやメカニックによる講習も行い、現場の雰囲気を体験。サーキットで得た「ミスの許されない環境」「チームワークの大切さ」といった経験は、どんな業界・職種に就職しても必ず役立ちます。
自動車工学科と同様、卒業と同時に2級自動車整備士[国家資格]の受験資格が得られます。
定員 40名
年限 3年
学費 初年度納入金
1,440,000円
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】
<取得可能資格>
低圧電気取扱業務特別教育修了資格
B級ライセンス
オフィシャルライセンス(コース・時計・技術)
SLカートライセンス
MFJメカニックライセンス
<受験資格>
自動車整備士
中古自動車査定士
<取得目標資格>
ガス溶接技能者
有機溶剤作業主任者
ガス溶接作業主任者

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

過去3年間(2014年~2016年)卒業生実績

  • トヨタ自動車(株)
  • スズキ(株)
  • ヤマハ発動機(株)
  • アイシン・エィ・ダブリュ(株)
  • 東京海上日動調査サービス(株)
  • 日本自動車機械工具協会
  • 軽自動車検査協会
  • 日本自動車連盟(JAF)各支部
  • (株)富士テクノソリューションズ(旧 富士テクノサービス)
  • (株)日産テクノ
  • (株)アイエー(オートバックス)
  • 日産プリンス名古屋販売(株)
  • 名古屋トヨペット(株)
  • 愛知トヨタ自動車(株)
  • 東海マツダ販売(株)
  • 岐阜スバル自動車(株)
  • 岐阜日野自動車(株)
  • FTテクノ(株)
  • (株)トヨタエンタプライズ
  • 愛三工業(株)
  • (株)モリワキエンジニアリング
  • (株)中島企画
  • 岡山国際サーキット
  • (株)トムス
  • …など

就職支援

メーカー系の学校では就職先はそのメーカーの関連会社等に限られてしまいます。
本学はどこのメーカーにも属さず、あらゆるメーカーに対応した知識を学ぶため、大手自動車メーカー、自動車ディーラーだけでなく、海外メーカーや輸入車代理店、研究・開発職など、自動車に関わるあらゆる系列・分野から自分にあった就職先を探すことが出来ます。
2万人を超える卒業生が培ってきた信頼と実績により集まった多くの求人情報の中から、個人にあった就職探しを親身になってサポートします。
また、本学の学生のために結成された、200社以上の企業で構成される就職支援組織「日本ライン会」には、自動車メーカー、ディーラー、損害保険など自動車に関わる様々な分野の企業が属しています。

各種制度

中日本自動車短期大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

独自のカリキュラム

本学では1年次に工学の基礎と自動車整備技術を習得。2年間で自動車の総合的な技術や知識を身につけることを主眼にしています。
2年次から、車体整備実習、バイク実習、自動車デザイン演習、CAD演習等学生各自の興味や将来の目標に合わせて科目を選択できます。また、実車を使った実習にも力を入れており、各メーカーの一般乗用車はもちろん、エコカーや2輪車、フェラーリなどの実車を使った様々な実習を通して、資格取得のための知識で終わらない”生きた技術”を身につけることができます。

海外研修旅行・短期留学

イタリアの『フェラーリ工業専門学校』と姉妹提携を結んでいる本学は、フェラーリ校から教員を招いての特別講座や、フェラーリの実車を教材とした実習を行い、毎年、希望者を対象にイタリアへの研修旅行(夏)、短期留学(春・1ケ月)を実施しています。
この短期留学での実習は、週一日をフェラーリ校で、他四日間は『フェラーリ本社工場』や指定整備工場『ザナシー』、『トニーオート』で実車整備を行いします。

独自の奨学金制度

独自の奨学金
<親孝行割奨学生> オープンキャンパス参加で、入学金10万円免除
<1年次奨学生> 授業料20万円免除
<指定校推薦入試奨学生> 入学金20万円免除
<2年次奨学生> 授業料20万円免除
<3年次奨学生> 授業料20万円免除
<日本ライン会奨学金> 年間20万円支給
<教育後援会奨学金> 半期10万円支給
<学友会奨学金> 半期10万円支給

クラブ・サークル

自動車を学ぶ学校ならではのサークルが勢揃い。なかでも『レーシング部』はレース参加以外に鈴鹿サーキットでのレース運営などのオフィシャル活動も行っています。
その他、バイク好きな仲間が集まって整備を徹底的に学ぶ『バイク部』や大学対抗カートレースで優勝実績を持つ『カート部』など多彩。
また『野球部』や『サッカー部』等体育系サークルも充実しています。

学びの分野/学校の特徴・特色

中日本自動車短期大学で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信

中日本自動車短期大学で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙

中日本自動車短期大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

中日本自動車短期大学の所在地

キャンパス

所在地

〒505-0077
岐阜県加茂郡坂祝町深萱1301

交通機関・最寄り駅

名鉄犬山線「犬山」駅からスクールバスで20分。
名鉄犬山線「新鵜沼」駅からスクールバスで約15分。
JR高山線「美濃太田」駅からスクールバスで約10分。

中日本自動車短期大学のお問い合わせ先

広報課

NTTフリーダイヤル 0120-500-885 (携帯電話からもOK) / 電話 0574-26-7121
FAX: 0574-26-0840
Mail: info@nakanihon.ac.jp

  • 学校No.1240
  • 更新日: 2017.04.18

中日本自動車短期大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

中日本自動車短期大学