札幌工科専門学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 北海道 認可 / 学校法人常松学園 札幌工科専門学校

道内唯一(※)、土木・造園・測量・森林の技術者を養成する専門学校

豊かな緑の中にある本学では、北海道の自然という地の利を生かして、環境に十分配慮した土木・造園・測量・林業の技術を学ぶことができます。
創立40周年にあたる今年も、未来の環境を創る人材を育て、社会に送り出していきます。

★公務員(土木職・農業土木職・林業職)に多数合格
★1クラス10~25人程度の少人数制
★難関の国家資格取得にメリット
★総授業時間数の半分近くが実習
★現場経験のある教員・講師が実務に直結した指導
★国立大学3年次編入の実績
★独自の学費免除制度で最大60万円免除
★現場見学やインターンシップで間違えない進路選択

※私立学校名簿(北海道学事課)より (2017年12月末時点) 

札幌工科専門学校 PRイメージ1

トピックス

2018.03.01

「技術職公務員の札幌工科」

本校の学生が目指すのは、土木職・農業土木職・林業職の技術職公務員。
インフラ整備や災害対策など、人々の豊かで安全な生活を支えている重要な職業です。
近年、この技術職公務員の採用が積極的に行われています。しかも、なり手が少ないため、合格できるチャンスが大きくなっています!
本校は公務員試験に対応したカリキュラムで多数の合格者を輩出し、「技術職公務員の札幌工科」とまで言われています。

●平成19年~28年度公務員試験最終合格実績
国家公務員一般(高卒)試験合格:49名
北海道行政職員試験合格:30名
国家一般(大卒)・道職員試験(大卒レベル)合格:2名
その他(市町村・自衛隊等)合格:30名

2018.03.01

自然を守るビオトープ管理士の取得が有利に!

環境や生態系にかかわるさまざまな技術が重要視される現代にあって、ビオトープ管理士は、大きな注目を浴びている資格です。
ビオトープとはドイツ語で、「ビオ」(生き物)と「トープ」(場所)を合わせた言葉で、地域の野生の生きものたちが生息・生育する空間を指しています。
ビオトープ管理士とは、自然の保全・再生を目指す技術者で、難易度の高い資格です。
本学の造園緑地科(2年制)、環境土木・造園施工管理科 造園コース(1年制)は、ビオトープ管理士試験2級の一部免除認定校に登録されましたので、これらの学科、コースでの履修していただくと、資格取得に大変有利です。

募集内容・学費(2018年4月実績)

札幌工科専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

環境土木工学科(文部科学大臣認定 職業実践専門課程)

学科の概要 道路や橋、トンネル、上下水道など、人々の暮らしに欠かせない社会基盤(インフラ)を整備するための土木技術を基礎から学びます。
測量・構造・土質・材料・都市計画など、あらゆる土木の専門知識を備え、災害対策や自然環境保全、既存構造物のメンテナンスも視野に入れたこれからの時代に必要とされる技術者を目指します。
定員 25名 男女
年限 2年
学費 初年度納入金:830,000円
※別途教材費がかかります。

造園緑地科(文部科学大臣認定 職業実践専門課程/専門実践教育訓練給付金指定学科)

学科の概要 庭園や公園をつくる造園学、花を元気に咲かせる園芸学、樹木の診断や森林を保全する林学、そして動植物が生育しやすい環境を整える生態学・自然再生まで、花と緑、自然について総合的に学びます。
緑に関する様々な分野(調査・計画・デザイン・施工・管理・修復・再生・保全など)で活躍できるスペシャリストを目指します。

※(一財)日本緑化センター ホームページ「樹木医補資格認定制度」資料(2016年8月現在)より
定員 20名 男女
年限 2年
学費 初年度納入金:830,000円
※別途教材費がかかります。

測量情報科(専門実践教育訓練給付金指定学科)

学科の概要 1年という短期間で測量の知識や技術を学ぶ課程です。
国土交通大臣登録校なので、難関の国家試験免除で卒業と同時に測量士補、実務経験2年で測量士の資格が取得できます。
測量の原理や機器の操作、手簿の記入や計算方法の修得はもちろん、業界のニーズに応えられるよう、3DスキャナーやUAV(ドローン)などの最新測量技術にも触れます。
定員 10名 男女
年限 1年
学費 初年度納入金:830,000円
※別途教材費がかかります。

環境土木・造園施工管理科 

コース・専攻名 ・環境土木コース
・造園コース
学科の概要 コースごとに、土木施工管理技士・造園施工管理技士の受験資格が最短年数になる1年制課程です。
施工管理技士は、建設工事を円滑に進め、完成に導く現場の責任者となるために必須の国家資格です。
在学中に2級の学科試験を受験し、実務2年で実地試験を受験できます。
高校卒(指定学科以外)では1級取得までに実務経験11年6カ月を要しますが、本学科を卒業すればその期間が5年に短縮されるため、早く技術者としての活躍をスタートさせることができます。
定員 10名 男女
※両コース合計
年限 1年
学費 初年度納入金:830,000円
※別途教材費がかかります。

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2015年3月~2017年3月卒業実績

  • 林野庁北海道森林管理局
  • 北海道庁
  • 北海道開発局
  • 札幌市役所
  • 恵庭市役所
  • 帯広市役所
  • 旭川市役所
  • 奈井江町役場
  • 利尻町役場
  • 北海道防衛局
  • 東日本高速道路(株)
  • 岩田地崎建設(株)
  • (株)渡辺組
  • (株)畑下組
  • (株)眞鍋造園
  • 和工建設(株)
  • (株)ほりべ造園
  • 大林道路(株)
  • (株)ズコーシャ
  • (株)四宮造園
  • よつば林業
  • 旭東林産共同組合
  • (株)真栄造園
  • 緑葉リース(株)
  • (有)花拓
  • 山﨑建設(株)
  • (株)淺沼組
  • 戸田道路(株)
  • 石塚建設興業(株)
  • (有)平井測研
  • 東和コンサルタント(株)
  • (株)ハイデックス・和島
  • (株)ランドプランニング
  • (株)ネクスコ・エンジニアリング北海道
  • 御庭植治(株)
  • (株)タナカ築庭
  • (有)石正園
  • …など

就職支援

●「技術職公務員の札幌工科」
本校の学生が目指すのは、土木職・農業土木職・林業職の技術職公務員。
インフラ整備や災害対策など、人々の豊かで安全な生活を支えている重要な職業です。
近年、この技術職公務員の採用が積極的に行われています。しかも、なり手が少ないため、合格できるチャンスが大きくなっています!
本校は公務員試験に対応したカリキュラムで多数の合格者を輩出し、「技術職公務員の札幌工科」とまで言われています。

●進路は多様に! 国立大学への編入学もバックアップ
平成29年度にいただいた民間企業の求人は200社を越え、いま、若手技術者が熱望されています。
公務員や民間就職だけでなく、国立大学3年次編入学の道もあり、学力試験や面接対策等で強力にバックアップしています。
(H20~25年実績:山形大学、信州大学、室蘭工業大学3名など)

各種制度

札幌工科専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

独自の学費免除制度(返還義務なし)

学生の経済的負担を軽減し、修学意欲を高めることを目的に、独自の学費免除制度を設け学費の一部を免除しています。
●特例入学制度(該当者全員に2年間で3~28万円免除 ※1年制は半額)
●特別奨学生 (2年間で20~40万円免除)
など
該当要件など詳細は、募集要項をご確認いただくか、お気軽に事務局までお問い合わせください。

国家試験免除で測量士・測量士補を取得可能

全国に数少ない国土交通大臣登録測量士養成施設として、難関の国家試験が免除で卒業時に測量士補、実務2年で測量士の資格が与えられます。
さらに、土地家屋調査士試験国家試験の一部(測量科目)が免除になります。
また、本校入学前に測量士補の実務経験が2年あれば、本校卒業時に、即、測量士になることも可能です。

(参考)
平成29年測量士・測量士補国家試験全国合格率
測量士11.7% 測量士補47.3%

樹木医補・自然再生士補資格認定校・実務1年で樹木医・自然再生士の受験資格を取得

本校の造園緑地科は、全国私立専門学校として初めて、道内では北海道大学に次ぎ2校目として(※)、一般財団法人日本緑化センターに「樹木医補資格養成機関」の登録をされています。
また、平成29年には、「自然再生士補養成機関」にも登録。
これにより、卒業時に樹木医補・自然再生士補に認定され、通常実務経験7年必要なところ1年で樹木医・自然再生士の受験資格を得ることができます。

※(一財)日本緑化センター ホームページ「樹木医補資格認定制度」資料(2016年8月現在)より

実学主義のインターンシップ(企業実習)

開校以来、一貫してインターンシップを積極的に取り入れてきました。
環境土木工学科、造園緑地科、環境土木・造園施工管理科には、2週間のインターンシップを必修化。
実習を通して自身の課題を確認でき、進路目標を持つことで学習意欲の向上にも繋がります。
実習後には体験発表をし、プレゼンテーション能力も養います。

文部科学省 職業実践専門課程に認定

環境土木工学科・造園緑地科は、職業実践専門課程として文部科学省に認定を受けています。
職業実践専門課程は、専門学校の教育や運営の質を保証する新しい制度です。

学びの分野/学校の特徴・特色

札幌工科専門学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物

札幌工科専門学校で目指せる職種

  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 公務員・政治・法律

札幌工科専門学校の特徴

  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 納入期限延期制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 学生用駐車場

札幌工科専門学校の所在地

本校

所在地

〒007-0895
北海道札幌市東区中沼西5条1丁目8-7
本校

交通機関・最寄り駅

●地下鉄南北線「北34条」駅から中央バス[東76]27分、
「モエレ団地」下車、徒歩7分
●地下鉄東豊線「新道東」駅から中央バス[東76]18分、
「モエレ団地」下車、徒歩7分

札幌工科専門学校のお問い合わせ先

電話 011-791-5050
FAX: 011-791-5172
Mail: toiawase5055@sapporo-kouka.ac.jp

  • 学校No.12
  • 更新日: 2018.03.13

札幌工科専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

札幌工科専門学校