学校職員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「教育」に戻る

学校職員

教育系の仕事
学校職員

どんな
職種?
学校の事務業務を担当周囲との信頼関係づくりも大切

総務・人事・財務など学校事務全般に携わる仕事。仕事内容は受付業務をはじめ、予算に沿った物品購入や教職員の給与・福利厚生の管理、役所との調整など多岐にわたる。学校生活を支える縁の下の力持ちといえる。都道府県や市町村、私立の小学校・中学校・高等学校・大学に配置され、公立の学校の場合は公務員となるなど身分はそれぞれ異なる。公立小・中学校では1校あたり1~2名、高校で3~4人の事務職員が在籍している。子どもや教職員、保護者と関わる機会も多く、他校の職員と連携を取り合うこともある。

こんな人に
おすすめ!
正確かつ着実な仕事ぶり。コンピュータスキルも重要

事務職ではあるが、子どもや保護者を相手にすることが多く、内外の人とうまく連携できる発信力が大切。ヒト・モノ・カネに関する情報を扱う学校職員は、細かな処理をこなせる事務能力はもちろんのこと、正確・着実な仕事を行うことが望まれる。また、事務処理に生かせるコンピュータのスキルを身に付けておくことも必要となる。

学校職員

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

学校職員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:法学、社会学、経営学、商学など
  • 採用試験 就職先:国公私立の小学校・中学校・高校・大学、専門学校など
  • 学校職員
  • Point1

    国公私立の学校によって採用試験が異なるが、国公立の場合は、基本的に「公務員採用試験」に合格しなければ学校職員になることはできない。

  • Point2

    私立の学校職員は各学校独自の求人募集が行われ、一般教養、適正検査、小論文、面接など、試験内容は学校によって異なる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

学校・教育系のその他の仕事

学校職員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける