社会教育主事になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「教育」に戻る

社会教育主事

教育系の仕事
社会教育主事

どんな
職種?
地域の人々の学習意欲に応え公務員として地域に貢献

地域の各団体をサポートしながら、生涯教育などの社会教育事業の企画・立案・実施と指導や助言を行う仕事。地方公務員として、都道府県や市町村の教育委員会の事務局で働く。社会教育主事になるための資格を取得するには、社会教育に関連する科目がある大学へ進み、地方公務員試験に合格してから社会教育主事補などとして1年以上働く方法や、教員免状を取って5年以上学校などで働いた上で社会教育主事の講習を修了する方法などがある。地域の人々の学習意欲に応え、地域のつながりを強める仕事でもある。

こんな人に
おすすめ!
地域に応じて適切な企画を提案できる能力が必要

社会教育施設主催の事業や社会教育関係団体の活動にアドバイスや指導を行うため、幅広い視野と各分野の専門的な知識が必要だ。また、的確に助言や指導ができる能力も備えていなければならない。地域により必要な社会教育事業が異なるため、事業を把握して適切な企画を提案する企画力も求められる。

社会教育主事を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:社会学、経済学、教育学など
  • 採用試験 就職先:都道府県及び市町村の教育委員会、社会教育情報センター、生涯学習センターなど
  • 社会教育主事
  • Point1

    大学で社会教育に関する科目を履修しておくと実際の仕事で役に立つ。教員免許状を取得して教育関係職に5年以上就いていれば、社会教育主事講習の受講で資格が認められる。

  • Point2

    文部科学省と厚生労働省が共同で運営している「学校と地域でつくる学びの未来」というホームページでは、小学校の空き教室等を活用した「放課後子供教室プラン」等について、わかりやすく説明されている。これらの情報を参考に提案力、企画力を磨こう。

学校・教育系のその他の仕事

社会教育主事
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける