語学教師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

語学教師

語学・国際系の仕事
語学教師

どんな
職種?
外国語を自在に扱えるよう生きた言語を教える

生徒に外国語を教える仕事。生徒は子どもから大人まで、かつ日本人はもちろん外国人も対象となる。グローバル化する社会において、異国語を母国語とする人々と接する機会はますます増える。勉強や仕事、旅行などさまざまなシチュエーションでコミュニケーションに困らないよう、外国語の習得を指導する。日本人が生徒の場合は、英語をはじめフランス語、中国語などを教える語学教室に勤めたり、個人で開業したりする。外国人が生徒の場合は、大学や日本語学校で日本語教育を行う。

こんな人に
おすすめ!
人と接することが好きで、思いやりを持って指導できる

指導はテキストに沿って行うが、基本的には教師と生徒との会話が基本となるため、コミュニケーション能力の高さが最も重要だ。生徒は子どもから大人まで幅広いことや、言語の習得には個人差があるので、語学教師には思いやりや根気強さも必要。ニュースや流行の話題は頭に入れておき、どんな生徒とも円滑なコミュニケーションができるようにしておくことが望ましい。

語学教師

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

語学教師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:外国文学、語学(外国語)、国際関係学、国際文化学など
  • 採用試験 就職先:語学教室、日本語学校など
  • 語学教師
  • Point1

    ネーティブスピーカーと同じように外国語を扱えることが必要。語学検定で1級を取得するなど、日本語教師の場合は、「日本語教育能力検定」に合格しておくと有利だ。

  • Point2

    外国に留学して、現地の風習や文化を実体験しておくといい。実際に指導する際にその経験を生かすことができるだろう。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

語学系のその他の仕事

語学教師
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける