映画字幕翻訳になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

映画字幕翻訳

語学・国際系の仕事
映画字幕翻訳

どんな
職種?
海外映像作品のナレーションやセリフを字幕や吹替え用に訳す

洋画の外国語のせりふを翻訳する職業。せりふの内容を正確に伝えるとともに、映画のテーマに沿って登場人物のキャラクターに合わせた翻訳内容にすることが重要。国内外で流行している俗語、くだけた言い回し、ジョークも訳さなければならない。数秒単位で転換する場面、限られた文字数、そのなかで端的に伝わる生きた表現力が求められる。画面表示される日本語字幕だけでなく吹替え版のシナリオをつくる仕事も。洋画専門の有名翻訳者もいるが、映像翻訳家として海外ドラマやアニメ、ドキュメンタリーなどを手掛ける人も多い。

こんな人に
おすすめ!
文化的な背景も理解した上で翻訳するスキルと、語学に長けていることが重要

言葉を単に日本語に訳すだけではなく、きちんと映画が製作された国の文化的な背景を理解して翻訳する理解力が重要だ。また文学的な素養や作品の意味を読み解く洞察力も大切になる。映画に興味がありたくさんの作品を観ていて、語学が堪能な人におすすめだ。映画公開時にキャンペーンで来日したキャストの通訳を担当することもあるため、コミュニケーション能力も必要。

映画字幕翻訳を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:語学(外国語)、外国文学、語学(日本語)など
  • 採用試験 就職先:映画配給会社、翻訳サービス業者、テレビ局など
  • 映画字幕翻訳
  • Point1

    実際に海外に渡航経験があり、翻訳をする映画が制作された国の生活を知っておくといい。語学力が高いレベルで要求されるので、英語の読み書きは必須だ。

  • Point2

    字幕、吹き替え、ボイスオーバーなどの種類に応じて、翻訳できることが必要であり、高い日本語力も必要だ。

語学系のその他の仕事

映画字幕翻訳
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける