英字新聞記者になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

英字新聞記者

語学・国際系の仕事
英字新聞記者

どんな
職種?
国内外で発行される英字新聞に掲載する記事を取材・執筆

英語で新聞記事を作成する仕事。分野は政治・経済からエンタテインメントまでさまざま。正確なライティング能力に加え、英語でのインタビュー能力、時事への見識の深さも必要だ。「TOEIC」「英検」などの学習のほか、英字新聞の読解、英作文の勉強などが必須となる。「The Japan Times」といった英字新聞以外に、「TIME」「Newsweek」などの英文雑誌がある。また、専門分野に特化したメディアも複数あり、クオリティーの高い正確な情報を発信できる英文ジャーナリストの活躍の場は広い。海外で活躍している英字新聞記者も存在する。

こんな人に
おすすめ!
世界中の出来事を客観的な立場で取材し、英語で伝えることができる

海外へ取材に行くことも多いため、外国人との言語の壁を気にせずに誰とでも公平にコミュニケーションが取れる語学力が必要。幅広いジャンルに関心のある好奇心旺盛な人、情報収集を好む人に適性がある。また、母国語から英語に翻訳する過程で、ローカルの言語表現を的確に表現するセンスや教養が求められる。

この職種の収入は?

平均月収53.41万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)記者 参照]

英字新聞記者を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:メディア学、マスコミ学、国際関係学、社会学、外国文学、語学(外国語)など
  • 採用試験 就職先:新聞社、通信社、記者クラブなど
  • 英字新聞記者
  • Point1

    明確な基準はないが、一定の英語力は求められる。翻訳検定を取得していると有利になる。

  • Point2

    新聞社に直接連絡、または派遣会社に登録して応募する。取材記者は、採用後数年間支社へ赴任、研修が行われる企業もある。

語学系のその他の仕事

英字新聞記者
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける