新潟工科大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

企業がつくったものづくり大学で学び、「得意分野の深い知識」や「複数分野の広い知識」を持つ技術者になる

本学は「日本の技術を支え、発展させることのできる優秀な技術者を育成する場を自らの手で作りたい」という想いを持つ、500社を超える企業が中心となり設立された、全国的にもほとんど例のない大学です。

工学部を設置する本学では、自分の適性や将来の希望を考えながら学年進行とともに専門分野を段階的に選択していく、3学系8コースにより、ものづくりを学びます。

現代のものづくりは「プロジェクト型」のように、さまざまな分野の技術者が一緒になって行われています。企業では「得意分野の深い知識を持つ技術者」と「複数分野の広い知識を持つ技術者」の両方の人材を求めています。そのために「深い専門性を究める」「広い知識を修得する」といった、希望をかなえる工学教育プログラムを提供します。

新潟工科大学 PRイメージ1
新潟工科大学 PRイメージ2
新潟工科大学 PRイメージ3

トピックス

2017.10.05

公募制推薦・AO入試/オープンキャンパスのお知らせ

【入試日程】

●公募制推薦入試A日程
出願期間:11/1(水)~11/11(土)
試験日:11/19(日)

●AO入試B日程
エントリー期間:11/13(月)~11/27(月)
面談日:12/2(土)

●経済的支援制度
最長で4年間の学納金を全額免除(128万円×4年)する特待生制度、該当者の入学金を免除(20万円)する入学金免除制度、最長で4年間の学納金を半額免除(64万円×4年)する修学支援奨学金制度を設けています。

【オープンキャンパス】
今年最後のオープンキャンパスです。ぜひ、ご来場ください。

●日時:11/18(土) 13:30~16:00
●内容:大学紹介、入試・学生生活説明、キャンパス見学、研究室見学、iPadを使った授業体験 など

詳細は、ホームページをご覧ください。

募集内容・学費

新潟工科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

工学部

工学科 機械・素材科学系(2017年4月実績)

コース・専攻名 ・先進製造コース
・シミュレーションコース
・化学バイオコース
概要 日本を支える“ものづくり”技術をダイレクトに学びます。材料の開発と加工の伝統的な技術だけでなく、3D造形やシミュレーションのような先端技術も身に付けます。

●先進製造コース
3Dプリンタのような最先端の機械と技術を学び、より良い機械、人の役に立つ機械、世界中から求められる機械を開発・設計・製造できる技術を身に付けます。
●シミュレーションコース
全てのものづくりの基礎となる工学デザインをベースとして、コンピュータによる最先端のシミュレーションを行うことで、新しい機能を持った製品、それを作る合理的な工程を設計することができる応用力と技術を身に付けます。
●化学バイオコース
“ものづくり”には、材料となる物質の特徴をよく理解することが大切です。いろいろな物質の性質と利用法を学び、化学、バイオ、食品などの分野で、環境にやさしく、新しい機能を持つ素材・材料を開発できる技術を身に付けます。
定員 200名
※工学部 工学科全コースを含めた定員
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,480,000円
※後援会費50,000円、新入生オリエンテーション合宿費5,000円を除く

工学科 知能機械・情報通信学系(2017年4月実績)

コース・専攻名 ・ロボティクスコース
・情報通信コース
・医療福祉工学コース
概要 ロボットや情報通信機器などの原理や構成を学びます。電気電子情報と機械制御の技術だけでなく、医療福祉工学のような応用技術も身に付けます。

●ロボティクスコース
ロボットや自動車、さらに生産システムを含めて、コンピュータで制御されている機械を開発する技術、より安全で安定して制御する(動かす)技術を身に付けます。
●情報通信コース
コンピュータやネットワークのスペシャリストを目指して、ソフトウェア、デジタルコンテンツ開発、通信システムやコンピュータなどの専門技術を学び、ソフトウェアとハードウェアを連携して考えることのできる技術を身に付けます。
●医療福祉工学コース
超高齢社会となった日本には、“ものづくり”についても今までとは少し違う考え方が必要です。高齢者や障害者のため、そして誰にでも使いやすく“ものづくり”の視点から医療や福祉を学び、人とのつながりを大切にする技術を身に付けます。
定員 200名
※工学部 工学科全コースを含めた定員
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,480,000円
※後援会費50,000円、新入生オリエンテーション合宿費5,000円を除く

工学科 建築・都市環境学系(2017年4月実績)

コース・専攻名 ・建築コース
・都市環境エネルギーコース
概要 住宅から社会インフラまでの建築技術と都市環境を学びます。地域づくり・社会基盤の整備技術だけでなく、エネルギー利活用の技術も身に付けます。

●建築コース
建築は私たちの生活の基盤であるとともに、地域社会を構成する重要な要素でもあります。住宅や各種建築物の設計・施工からまちづくりまでをバランスよく学び、安心・安全な建築空間・住環境を創造する技術を身に付けます。
●都市環境エネルギーコース
21世紀は環境とエネルギーの時代といわれています。環境と調和し、快適で安全な都市を創造するため、その基盤となる環境技術およびエネルギーシステムを総合的に学び、次世代の都市整備を担う技術を身に付けます。
定員 200名
※工学部 工学科全コースを含めた定員
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,480,000円
※後援会費50,000円、新入生オリエンテーション合宿費5,000円を除く

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • (株)植木組
  • エヌエスアドバンテック(株)
  • (株)NS・コンピュータサービス
  • エムイーシーテクノ(株)
  • エル・エス・アイジャパン(株)
  • 小柳建設(株)
  • (株)加賀田組
  • (株)カシイ
  • 共和工業(株)
  • (株)クスリのアオキ
  • 倉敷機械(株)
  • グローバルウェーハズ・ジャパン(株)
  • 佐藤食品工業(株)
  • (株)サンライフエンジニアリング
  • セコム上信越(株)
  • 第一建設工業(株)
  • 東亜工業(株)
  • (株)TOSYS
  • 長岡消防署
  • 日軽新潟(株)
  • 日本精機(株)
  • 日本ビルコン(株)
  • 日本ベアリング(株)
  • パール金属(株)
  • (株)福田組
  • 藤木鉄工(株)
  • 古河マグネットワイヤ(株)
  • (株)北越エンジニアリング
  • 北越工業(株)
  • (株)本間組
  • …など

★就職者数実績★

開学以来、毎年の就職率は90%以上を維持しており、第一期生から2016年3月卒業生までの18年間の平均就職率は95%になっています。
さらに2016年3月卒業生は、厳選雇用が続く中、本学の支援団体である「新潟工科大学産学交流会」と連携し、開学以来初の100%の就職率を達成しました。

また、内定企業に対する満足度調査では、99.0%が「大変良かった」または「良かった」と回答しています(満足者103名/調査回答者104名)。

これだけの高い就職率・満足度となっているのは、学生のモチベーションの高さはもちろん、「新潟工科大学産学交流会」と連携した充実した就職支援の成果と言えるでしょう。

100%(就職希望者数108名/就職者数108名)
※2016年3月卒業生実績

就職支援

★社会で活躍するための力を育成
企業と連携して行う「インターンシップ」「工学プロジェクト」「キャリアデザイン」などの産学協同科目により、社会人・技術者として活躍するために必要な専門力、人間力が身に付きます。

★キャリアポートフォリオシステム
大学での活動実績は、ポートフォリオシステムに蓄積。蓄積した情報で自分の目標の進み具合、活動記録を振り返ることができます。指導教員はその情報を学生と共有し、体系的な指導を行います。

★一人ひとりを個別指導
就職担当職員と指導教員が連携し、助言と指導を行います。また、キャリアアドバイザーやキャリアコーディネーターが、専門的な立場からの助言や学生の要望にあった就職先を支援します。

★学内で合同会社説明会
支援団体の新潟工科大学産学交流会会員企業などが多数参加します。また、学生の就職意識を高め、企業の技術力やものづくりの工程を学ぶ、対話型企業技術・要素会を行っています。

★充実の求人情報
求人検索サイトが整備されており、学内外から閲覧ができます。業種や所在地別に情報が入手でき、過去の求人や採用試験の情報なども揃っています。

各種制度

新潟工科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

タブレットを活用したICT環境

教育や学生生活の支援ツールとして、全学生にタブレットを無償貸与します。

学習成果の記録・保存、電子書籍の閲覧などのほか、自身が作成した資料を電子黒板に無線投影してプレゼンテーションを行う、他の学生のタブレットに無線配信して評価を受けるなど、主体的に学ぶためのアクティブラーニングにも活用します。
また、大学からの掲示板情報やメール連絡の受取など、さまざまなシーンで活用します。

経済的支援制度

特待生制度では、入試の成績優秀者や入学までに指定する資格を取得した者に、最大で4年間の学納金を全額免除(1,280,000円×4年)します。

このほか、入学金免除や修学支援奨学金などの経済的支援制度があります。

助言教員

学生5名程度のグループに、高校の担任に替わる「助言教員」が配置され、きめ細かな指導を行います。

助言教員は学生一人ひとりの相談相手として、授業内容や学系・コースの選択、さらには生活上の問題や就職活動までサポートします。

教育センター

専門教員の個別指導やeラーニングシステムにより、数学・物理・化学・英語・情報の基礎学力を身に付けられます。

また、各種の資格取得サポートや、SPI、教員・公務員採用などの就職試験対策も行っています。

資格取得支援

一番大事なのは「学士」(=大学卒)。その上で、品質管理検定や建築士などの資格の取得を、授業でもサポートしています。

教職課程の履修・修得により高等学校教諭一種免状(工業)も取得できます。

指定アパート

一人暮らしをする学生と保護者の負担を軽減するため、大学近隣のアパートを借り上げ、市価よりも安く提供します。

指定アパートに入居を希望しない学生には、一般のアパート物件情報を提供しています。

学びの分野/学校の特徴・特色

新潟工科大学で学べる学問

  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 栄養・食物

新潟工科大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • デザイン・芸術・写真

新潟工科大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

新潟工科大学の所在地

本学キャンパス

所在地

〒945-1195
新潟県柏崎市藤橋1719

交通機関・最寄り駅

■路線バス
・JR「柏崎」駅南口より路線バス(新潟工科大学線)で所要時間約10分、終点下車。
■自動車
北陸自動車道「柏崎IC」より車で約10分。

新潟工科大学のお問い合わせ先

入試広報課

NTTフリーダイヤル 0120-8188-40 (携帯・PHSからもOK)
FAX: 0257-22-8226
Mail: nyuushi@adm.niit.ac.jp

  • 学校No.763
  • 更新日: 2017.10.05

新潟工科大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

新潟工科大学