千葉工業大学の学部・学科紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

工学部

多彩な学科編成と充実の設備で、多様化する工学の“いま”を学ぶ

千葉工業大学

いま、工学の世界は、テクノロジーの発展とともにその範囲を大きく広げています。機械工学はもちろん、電気・電子工学や情報工学、それら複数にまたがるメカトロニクスという新分野まで研究は多岐に渡ります。千葉工業大学の工学部には、「機械工学科」、「機械電子創成工学科」、「先端材料工学科」、「電気電子工学科」、「情報通信システム工学科」、「応用化学科」の6つの学科があり、多様化する社会のニーズに合わせた知識と技術を学ぶことができます。
また本学部では、学んだ知識を活用して課題に取り組む、実験や演習といった「実践的な学び」を、成果が出るよう工夫してカリキュラムに組み込んでいます。各工学の専門分野における「ものづくり」や「システムづくり」について深く学ぶことができ、そんな「実践的な学び」を支えるのは、最新の機器を揃えた各種実験室、全ての学生が気軽に利用できる工作センターなど、学生一人ひとりが持つ、未来の技術者としての「興味」にとことん向き合える設備です。実践的な学びと、充実した研究環境を兼ね備えることで、「世界文化に技術で貢献し得る人材」の養成を目指します。

こんな学問が学べます。

  • 機械工学
  • 電気工学
  • 電子工学
  • 材料工学
  • 金属工学
  • 航空・船舶・自動車工学
  • 画像・音響工学
  • 応用化学
  • 応用物理学

創造工学部

生活に関わる「創造工学」で活躍できる人材を目指す

千葉工業大学

創造工学部は、普段手にしているペンから、住んでいる建物や都市そのものまで、私たちの日常生活に関わりの深い分野に特化した工学を学ぶ学部です。
建築学を深く学び、空間づくりのプロフェッショナルを目指す「建築学科」、社会インフラやまちづくりの専門家を育成する「都市環境工学科」、プロダクトデザイン・インテリアデザインを核として、デザインを広く探究する「デザイン科学科」の3学科があります。
日常生活に密接に関わる分野での工学ということは、使う「人」や「環境」や「生活」に合わせた条件のなかで、局面に応じた「ものづくり」を提案する機会が多くなります。そのため創造工学は、自らの技術や知識を基とした、優れた応用力や適用力までが必須となる学問といえます。創造工学部では、各専門分野での基礎的な知識を座学によって身につけたのち、知識を活用して実践的な学びを深めていく演習を多用するカリキュラムを展開。そして、卒業研究を汎用的技能と提案力強化の場と位置付け、4年間で身につけた知識や実践力を駆使して研究に取り組むことで、応用力やプレゼンテーション能力といった創造工学の最前線の場で活躍するためのスキルを養っていきます。

こんな学問が学べます。

  • 材料工学
  • デザイン工学
  • 画像・音響工学
  • 建築学・意匠

先進工学部

“いままでにないもの”をこの手で!社会の未来を工学の力で切り開く

千葉工業大学

先進工学部は、「いままでにないものを生み出す」、「長年の謎を最新科学で解明する」といったこれからの未来を切り開いていく工学に特化した学部です。最先端のロボットの研究・開発に取り組む「未来ロボティクス学科」、生命の未知を解明する「生命科学科」、人工知能やビッグデータ解析など、新たな知見・知識を創出する「知能メディア工学科」の先進的な工学分野を学問領域とした3学科を設置しています。
先進工学部のカリキュラムでは、工学の基本的な知識や考え方をしっかりと学ぶことからスタート。物事を深く理解するために必要な地力を養うことで、最先端の知識を表面的ではなく、「本質的」に深く理解することのできる人材を育んでいきます。最新鋭であり華やかな分野だからこそ、その根本には必ず「工学の基礎」があると本学では考えているからです。
時の流れに合わせて姿を変え続けていくのが先進工学の大きな特徴です。揺らぐことのない基礎知識の土台を身につけることができれば、社会に出た後に待ち構えている変化の波にも柔軟に対応していけるはずです。そんな先進工学ならではの道なき道を開拓する、勇敢な先駆者となれる人材の輩出を目指しています。

こんな学問が学べます。

  • 機械工学
  • 電気工学
  • 電子工学
  • 航空・船舶・自動車工学
  • デザイン工学
  • 画像・音響工学
  • 応用物理学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生命科学

情報科学部

1年次から始まるプログラミング演習!充実した環境で実践的なスキルを磨く

千葉工業大学

SNSやキャッシュレス決済、ネットショッピング、サブスクリプションなど、高度な情報科学を用いたサービスは私たちの生活に必要不可欠なものとなっています。同時にそれらを支える情報科学のスペシャリストもまた、社会にとって欠かせない存在です。千葉工業大学の情報科学部には、ハードウェアとソフトウェアについて深く探究する「情報工学科」と、ネットワークのプロフェッショナルを目指す「情報ネットワーク学科」の2学科があります。今後更なる発展が見込まれる情報化社会において、最前線で活躍できる人材を目指すことができます。
情報科学に関する知識や技術を修得するためには、実際にプログラミング構築の経験を積み、その仕組みを理解していくことが重要です。情報科学部ではいずれの学科も1年次の早期からプログラミング演習を開始。充実したPC環境が整っている本学ならではの、実践的な学びを重視したカリキュラムが魅力です。
本学では、新習志野・津田沼の両キャンパスに「コンピュータ演習室」を複数完備。Linux OS 上でのプログラミングや、Web-DB 連携システムの開発、クライアント・サーバのプログラミングと動作検証など、高度な作業が可能な環境を用意しています。

こんな学問が学べます。

  • 情報学
  • 通信工学
  • 情報工学
  • システム・制御工学

社会システム科学部

科学の力で社会の仕組みを解明し、多彩なビジネス領域に応用する

千葉工業大学

情報技術の世界は近年加速度的に発達を続け、様々な分野で活かされるようになってきています。それは「企業経営」の分野も例外ではありません。社会システム科学部は、企業経営に関する幅広い舞台で活躍できる人材の育成を目指す学部です。
学部を構成するのは、「経営情報科学科」「プロジェクトマネジメント学科」「金融・経営リスク科学科」の3学科。経営情報科学科では、「経営知識」・経営に関わる「情報スキル」・経営工学を自在に駆使する「科学的思考」を幅広く身につけることを狙ったカリキュラムが特徴で、即戦力となる経営システムのスペシャリストを育成します。プロジェクトマネジメント学科は、プロジェクトを成功へと導くことのできるリーダーを育成する学科。学生は「納期管理」「人員配置」などの実践的なプロジェクト管理の理論とノウハウを学び、広い視野を持った戦略的提案のできるプロジェクトリーダーへと成長することが可能です。リスクマネジメントに特化した時代を先駆ける学科である金融・経営リスク科学科では、あらゆる局面で役立つリスク管理の手法を身につけた人材の育成を目標に、文理融合型のカリキュラムで、年々企業の経営リスクが高まる現代において不可欠な存在の輩出を目指します。

こんな学問が学べます。

  • 経済学
  • 経営学
  • 商学
  • 金融学
  • 社会学
  • ビジネス学
  • 学校No.744
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす