令和健康科学大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

令和健康科学大学 PRイメージ

2022年4月に令和健康科学大学が開学!

高度な最先端医療を誇る全国27の関連グループ施設と7つの専門学校の運営に特化したカマチグループが、2022年4月に大学を新設。

「日本をもっと、健康にしたい」「令和を健康な時代にする」そのための大学を開学いたします。これからも世界のグローバル化が進み、外国人患者が増えたり、在宅看護・看取り看護が増えたりなど、様々な形で変化していく医療現場の中で医療職者の役割も変わっていくこととなるでしょう。その中で高い技術・知識、志だけでなく、自らで課題を見つけニーズを創造し力を発揮できる人材が必要となります。

まずは、医療に携わる上で大切な専門的知識と技術の基盤を学んでいただき、看護師・理学療法士・作業療法士の3つの医療専門分野で活躍できるスペシャリストへ育成いたします。第一線で活躍できる現場力を磨けるよう地域の基盤病院と連携し、教育・実習・研修を手厚くサポート。

更なる進化を求められる人生100年時代に向け、当校と共に新しいスタートを踏み出しませんか?

令和健康科学大学 PRイメージ1
令和健康科学大学 PRイメージ2
令和健康科学大学 PRイメージ3
令和健康科学大学 PRイメージ4
令和健康科学大学 PRイメージ5
令和健康科学大学 PRイメージ6

トピックス

2021.03.01

専門学校の運営で培ったカマチグループだからこそ

関連校である福岡看護専門学校・福岡和白リハビリテーション学院は、開校以来高い国家資格の合格率・就職率を誇っています。当校はその伝統と実績を受け継ぎ、高めるとともに、最新技術や設備、ICT教育を駆使し、国家資格全員合格を目指した未来の医療現場を担うスペシャリストを育成いたします。

令和健康科学大学 専門学校の運営で培ったカマチグループだからこそ

新設情報PR

令和健康科学大学の新設情報のお知らせです。

2022年4月開校!看護・リハビリのスペシャリストを育成します。

令和健康科学大学 2022年4月開校!看護・リハビリのスペシャリストを育成します。

令和健康科学大学は、看護師・理学療法士・作業療法士のスペシャリストを目指せる医療分野に特化した大学です。学校法人巨樹の会による「24時間・365日、患者様のために医療を行う」の信念のもと、「手には技術、頭には知識、患者様には愛を」を建学の精神としています。技術・知識・愛の3つの能力を総合的に身に付け、最先端医療を提供し、地域の患者様の健康を支援できる人材を育成いたします。

<開設される学部・学科>
【看護学部】
・看護学科
【リハビリテーション学部】
・理学療法学科
・作業療法学科

新しいキャンパスで学ぶ4年間。

令和健康科学大学 新しいキャンパスで学ぶ4年間。

即戦力となる人材を育成するために、新しいキャンパスには最新設備・機器が揃えられます。医療現場さながらの教室もあり、実習に行かずとも現場を感じられる環境を整えております。また、関連グループ施設からの手厚いサポート体制が整っており、診療参加型の実習を体験することも可能です。

募集内容・学費

募集内容・学費(2022年4月予定)

看護学部(2022年4月設置)

看護学科(2022年4月設置)

概要 看護のプロを育成することを目標とし、1年次より多くの関連グループ病院を中心に高度な最先端医療を実習で学べます。
また、内戦後の復興過程にあるカンボジアのアンコール小児病院で医療・看護・リハビリテーションを体験できる研修旅行を実施します。
定員 80名
年限 4年制
学費 初年度納⼊⾦
1,600,000円
※入学金・設備維持費・実験実習費を含む
※2022年4月新設
備考

【目指せる資格】
看護師国家試験受験資格

【目指せる職種】
看護師

リハビリテーション学部(2022年4月設置)

理学療法学科(2022年4月設置)

概要 協力施設のもとで幅広い医療の実習を行い、地域に貢献できる理学療法士を育成することを目標としています。
また、動画や3D映像で構造の理解や動作の分析を深められるよう、最先端のICT教育(情報通信技術)を導入します。
定員 80名
年限 4年制
学費 初年度納⼊⾦
1,600,000円
※入学金・設備維持費・実験実習費を含む
※2022年4月新設
備考

【目指せる資格】
理学療法士国家試験受験資格

【目指せる職種】
理学療法士

作業療法学科(2022年4月設置)

概要 最新鋭の医療機器が揃う新キャンパスや救急医療用ヘリポートを有する365日24時間の診療体制が整う最先端の医療現場での学びを提供いたします。
より深く学習理解を深められるようICT教育(情報通信技術)を導入。人体構造や動作分析などの理解や手軽にインターネットで検索できるよう授業にiPadを使用いたします。
定員 60名
年限 4年制
学費 初年度納⼊⾦
1,600,000円
※入学金・設備維持費・実験実習費を含む
※2022年4月新設
備考

【目指せる資格】
作業療法士国家試験受験資格

【目指せる職種】
作業療法士

就職支援

令和健康科学大学の就職支援をご紹介!

就職支援

病院や介護事業所など医療・福祉機関のみならず、景気に影響されない医療専門職だからこそ生涯働くことができる強い資格(看護師・理学療法士・作業療法士)の取得を目指します。資格を活かせるよう日本全国に27の関連グループ病院と102の関連施設をもつカマチグループを中心に様々な就職先へのサポートやグループ校の学生を対象に合同職業説明会を行います。

【予想される進路】
■医療機関(総合病院、大学病院、一般病院、リハビリテーション病院、整形外科・精神科・神経科病院)
■福祉・介護施設(老人保健施設、デイケア・デイサービス、訪問看護・リハビリ、特別養護老人ホーム、四肢不自由児施設、授産所・作業所)
■行政・研究機関
■スポーツ機関(プロスポーツ団体) など

各種制度

令和健康科学大学で学びをサポートする各種制度をご紹介

2022年の設置に向け、新キャンパス建設中!

新設された新しいキャンパスで学べるだけでなく、校内では新たな図書館をはじめ最新医療機器や医療現場を体感できる教室などを準備中。最新のシミュレーションルームや母子演習室、感染予防演習室、在宅看護実習室も設置。充実した環境で進化し続けている医療業界で求められるスキルを身に付けられます。

令和健康科学大学 2022年の設置に向け、新キャンパス建設中!

高度な最先端医療が現場で学べる!診療参加型の実習システムもあり

民間医療搬送用ヘリコプターを所有する福岡和白病院では、様々な実習を実施します。実習先ではマンツーマンでの指導があり、現地スタッフとの距離感が近く気軽に相談ができる環境です。また、本学教員と実習先病院のスタッフが連携することで、実習生の情報共有を行うだけでなく実習生の悩みや不明点の早期解決へと繋げます。

令和健康科学大学 高度な最先端医療が現場で学べる!診療参加型の実習システムもあり

学びの分野/学校の特徴・特色

令和健康科学大学で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

令和健康科学大学で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

令和健康科学大学の特徴

  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 新設学部・学科
  • 最寄駅より徒歩圏内
令和健康科学大学の学部・学科情報はこちら

令和健康科学大学の所在地

所在地

〒811-0213
福岡県福岡市東区和白丘2丁目1番12号

交通機関・最寄り駅

【電車でのアクセス】
・JR鹿児島本線/福工大駅より徒歩15分
・JR香椎線/和白駅より徒歩5分
・西鉄貝塚線/和白駅より徒歩5分
【バスでのアクセス】
各線天神駅よりバス25分
→上和白郵便局前バス停より徒歩1分
各線天神駅よりバスより25分
→和白バス停より徒歩5分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

092-687-8700

令和健康科学大学のお問い合わせ先

学校法人巨樹の会 (大学設置準備室)
〒811-0213 福岡市東区和白丘2丁目1番12号

電話 092-687-8700

令和健康科学大学の注目記事

  • 作業療法士の活躍場所は街じゅう全部!すべての人のより良い人生のために

    作業療法士の活躍場所は街じゅう全部!すべての人のより良い人生のために

    「人は作業をすることで元気になれる」と言います。“作業”とは、その人にとって目的や価値のある生活行為を指すのですが、この“作業”ができなくなると人は身体的・精神的に不調になってしまいます。そのため、人を作業可能な状態にする支援は、社会的・経済的な損失回避に重要な意味を持ちます。本学では、作業療法の対象を従来の「身体や精神、発達に障害を持つ人や高齢者」から「一般の人や地域社会」に拡大。さらに様々な学問分野との融合を図ることで、すべての人が自分らしく“作業”し、イキイキと働ける新たな価値創造を目指しています。

  • 不可能を可能に━━テクノロジーを駆使して未来のリハビリを変える

    不可能を可能に━━テクノロジーを駆使して未来のリハビリを変える

    脳出⾎や脳梗塞に代表される「脳⾎管疾患」は、国内の介護原因の第1位です。近年は40〜50代の現役就労世代の発症率も増加しています。脳⾎管疾患は運動や感覚を司る神経を損傷することが多く、⿇痺やその他の後遺症が残ることで⽇常⽣活や就労が妨げられてしまいます。令和健康科学⼤学では最新のテクノロジーを駆使した研究により、こうした課題の解決を試みています。医学と工学の連携により効果的なリハビリ⽅法が開発されれば、これまで後遺症に苦しんでいた⼈々が⽇常⽣活を取り戻し、再び就労できるようになるなどの効果が期待できます。

  • 最期まで自分らしく!超高齢化社会に対応した多様な医療体制の在り方を考える

    最期まで自分らしく!超高齢化社会に対応した多様な医療体制の在り方を考える

    高齢化の進む日本において、高齢者を包括的に支援できる地域主体の医療体制の構築は大きな課題です。2019年度、全国の高齢者(65歳以上)の救急搬送は、全体の救急要請の60%を占めました。その中で、緊急度が本当に高い要請がどれほどあったのか。もしかしたら「身近に対応してくれる人がいなかった」という理由で救急車を呼んだケースも少なくないかもしれません。令和健康科学大学では救急搬送の実態調査から、医師や看護師、介護士、そして高齢者のご家族という「人の垣根」を超えた、高齢者の包括的ケアシステムの構築を学んでいきます。

  • 学校No.7248
  •  
  • 更新日: 2021.10.11