独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 専修学校(専門学校) / 大阪府 認可 / 独立行政法人地域医療機能推進機構

Autonomy 自ら考え、自ら律し、最善を尽くす。豊かな人間性と実践力を備え自立した看護師を目指す

 豊かな人間性を兼ね備えた看護師を育成する本校は、1958年4月に開設して以来、60年以上にわたる伝統を継承し発展してきました。
 看護学校の教員と隣接するJCHO大阪病院の医療関係者とともに、充実した看護教育と臨地実習ができるのが特徴です。

 本校の3年間の学びで、自ら道を切り開き、そんな自分に誇りを持ちつつ、患者の「いのちとくらし」に寄り添える看護師を目指すことができます。
 また、母体である独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)の関連病院・施設ほか、大阪府下をはじめさまざまな病院に就職しています。
 さらに、保健師・助産師というキャリアアップの支援もしています。

 そして、学生一人ひとりと向き合えるよう、学生を一定人数のグループに分け、担当教員が各グループを担当する「チューター制度」を導入するとともに、個々の能力を最大限に伸ばすためのマンツーマン指導を⾏っています。

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 PRイメージ1
独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 PRイメージ2
独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 PRイメージ3

トピックス

2022.05.27

2023年度入学試験のご案内 ~公募推薦~

(高等学校卒業見込み者・卒業後5年以内の者)

【受付】2022年10月3日(月)~2022年10月17日(月)
【試験】2022年10月29日(土)

■受験資格
【高等学校卒業見込み者】
 高等学校在学中の成績が全教科の評定平均値3.5(B)以上
 高等学校長が推薦する者で、合格後は必ず本校に入学する者
【卒業後5年以内の者】
 高等学校在学中の成績が全教科の評定平均値3.5(B)以上
 合格後は必ず本校に入学する者
■出願方法
 簡易書留もしくは学校へ直接持参してください。
■試験方法
・国語総合(古文・漢文を除く)
・数学Ⅰ・A(場合の数と確率)又は、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱから選択
・個人面接

【合格発表日】2022年11月7日(月)

2022.08.25

2023年度入学試験のご案内 ~社会人特別選考~

【受付】2022年10月3日(月)~2022年10月17日(月)
【試験】2022年10月29日(土)

■受験資格
・高等学校等卒業またはこれと同等以上の学力を有する者
 *高等学校卒業と同等以上の学力があると認められた者とは、文部科学省で実施
  している高等学校卒業程度認定試験に合格した者等
・合格後は必ず本校に入学する者

■出願方法
 簡易書留もしくは学校へ直接持参してください。
■試験方法
・国語総合(古文・漢文を除く)
・数学Ⅰ・A(場合の数と確率)又は、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱから選択
・個人面接

【合格発表日】2022年11月7日(月)

2022.05.27

2023年度入学試験のご案内 ~一般入試~

【受付】2022年12月2日(金)~2022年12月16日(金)
【試験】2023年1月11日(水)~2023年1月12日(木)

■出願方法
簡易書留もしくは学校へ直接持参してください。
■試験期日と試験方法
◎2022年1月11日(水)
1次試験(学科試験)
・国語総合(古文・漢文を除く)
・数学Ⅰ・A(場合の数と確率)
・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ
◎2022年1月12日(木)
2次試験(面接試験)
※1次試験合格者のみ

【合格発表日】2023年1月20日(金)

2022.03.01

「JCHO大阪病院」が母体のメリットを活かした実習と就職

 1年次から始まる病院実習は、精神看護学を除いてすべて「JCHO大阪病院」で行います。講師や先輩看護師の看護する姿を真近で見るだけでなく、直接、指導を受けることができます。

 また、附属看護専門学校というメリットを活かした大阪病院との連携によって、実践する機会も多く、看護に対する考えを深めていくことにつながり、豊かな人間性と判断力・実践力を備えた看護師に成長していくことができます。

 さらに、卒業生の3/4ほどは大阪病院での就職をしており、勤務先となる現場で学生のうちから実践力を積むことは、看護師としての第一歩をスムーズに踏み出せることができます。

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 「JCHO大阪病院」が母体のメリットを活かした実習と就職

2022.03.01

高い看護師国家試験合格率

 看護師国家試験の全員合格に向けて、万全な国家試験対策を行っています。

 教員一丸となったきめ細かな丁寧な指導によって、過去10年間看護師国家試験合格率99.4%を誇っています。

|過去10年間看護師国家試験合格率99.4%|
2012年度~2021年度実績

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 高い看護師国家試験合格率

募集内容・学費

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

看護学科

3年課程(全日制)

概要 授業や実習を繰り返すことで看護師に必要な基礎知識・技術、実践力を確実に身につけるとともに、人間と社会を幅広く理解できる豊かな感性と人間を尊重できる姿勢も養います。
また、専門職として保健・医療・福祉との協働の中で、看護を主体的に実践できる看護師を育成することを教育目標としています。
専門基礎分野、専門分野はJCHO大阪病院から講師(医師・看護師)を招き、より理解が深まるよう授業を展開しています。
定員 40名
対象 男女
年限 3年
学費 [初年度納入金]
|入学金|300,000円
|授業料|420,000円(年額)
-------------------------
|合 計|720,000円

*教科書等の必要経費(3年間で合計約300,000円)別途必要
目指せる仕事 看護師
目指せる資格・称号 ・看護師国家試験受験資格
・助産師・保健師学校受験資格
・専門士(医療専門課程)
備考

2022年4月実績

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2021年3月卒業生実績

  • JCHO大阪病院
  • JCHO鞍馬口医療センター
  • JCHO星ヶ丘医療センター
  • JCHOみなと中央病院
  • JCHO大和郡山病院
  • …など

|過去10年間就職率100%|
2012年度~2021年度実績

就職支援

学生一人ひとりが希望の就職を果たせるよう、柔軟できめ細かな就職支援を行っています。
面接試験対策から個別就職相談まで徹底することで、卒業後は、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)が所有する病院施設ほか、大阪府下・兵庫県のさまざまな病院に就職しています。

各種制度

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

チューター制度

学生を一定人数のグループに分け、担当教員を各グループに配置する「チューター制度」を導入しています。
少人数制は、教員が学生一人ひとりの個性や習熟度をしっかりと把握するとともに、学生と教員のコミュニケーションも円滑に進み、よりきめ細かで丁寧なサポートを行うことができます。
また、勉強だけではなく、生活面や就職活動、進路相談など個別的な相談にも素早く対応できます。

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 チューター制度

ピア・サポート制度

他学年との協同学習や演習を積極的に行う「ピア・サポート制度」を導入しています。
仲間(ピア)同士が体験を共有することによって、心の成長や問題発見・解決力を伸ばします。
先輩直伝の学習方法や国家試験対策、就職活動、進路情報などのアドバイスを受けられる機会が多いのも本制度の魅力です。

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 ピア・サポート制度

奨学金制度

高等教育修学支援制度が承認されている本校は、経済的事情により支援を必要とする学生や入学試験の結果によって貸与する独自の奨学金制度「独立行政法人地域医療機能推進機構大阪病院奨学金」を設置しています。
いずれも要件を満たす学生が対象となり、奨学生が卒業後、奨学金の貸与を受けた病院において、常勤職員として勤務した期間が奨学金の貸与を受けた月数に達した時、返還の免除を受けることができます。但し、勤務した期間が1年以上のものに限ります。

*詳細は、学校までお問合せください。

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 奨学金制度

進学サポート

さらに学ぶ意欲のある学生のために、学生一人ひとりの希望の進学に向けた万全なサポートを行っています。

|主な進学先|
◇[助産師学校]
愛仁会看護助産専門学校、聖バルナバ助産師学院、ベルランド看護助産専門学校、京都医療センター付属京都看護助産学校…など

◇[大学編入]
滋賀県立大学、大阪府立大学…など

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 進学サポート

設備

学生一人一台が割り当てられるよう40台のパソコンを完備する情報処理室や、外部から講師を招く特別講演や卒業論文の発表会などが開催される151名収容可能な視聴覚室など、看護師に求められる知識や技量を養う設備が充実しています。
また、茶道の設備を整えた和室、放課後自由に利用できる体育館、医学・看護に関する新刊図書も豊富な図書室もあり、3年間の学びと学生生活を有意義なものにする万全な環境が整っています。

◇[主な設備]
一般教室|実習室|視聴覚室|在宅看護室|和室|体育館|調理室|情報処理室|図書室…など

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校 設備

学びの分野/学校の特徴・特色

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 最寄駅より徒歩圏内
独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院附属看護専門学校の学部・学科情報はこちら

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校の所在地

所在地

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島4-2-78

交通機関・最寄り駅

|電車|
◇JR東西線「新福島」駅(出口3)より徒歩5分
◇JR環状線「福島」駅より徒歩10分
◇阪神電車「福島」駅より徒歩10分、「野田」駅より徒歩15分
◇大阪メトロ千日前線「玉川」駅より徒歩10分
◇京阪電車「中之島」駅(出口1)より徒歩5分

|市バス|
◇「大阪」駅79・56A系統乗車、「福島西通」バス停より徒歩3分
◇「大阪」駅55系統乗車、「堂島大橋北詰」バス停より徒歩すぐ
◇「大阪」駅53系統乗車、「堂島大橋」バス停より徒歩すぐ

|タクシー |
◇ 「大阪」駅より約10分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

06-7663-4911

独立行政法人地域医療機能推進機構 大阪病院附属看護専門学校のお問い合わせ先

電話 06-7663-4911 (直通) / 電話 06-6441-5451 (代表)
FAX: 06-6445-8811

  • 学校No.7247
  •  
  • 更新日: 2022.08.29

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす