東北文教大学短期大学部の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

人を、学ぶ。人を、創る。学びや出会い、地域とのふれ合いから学生生活を高める

本学は「敬・愛・信」を教育の基本理念とし、人間としての教養を深め、専門知識と技術を学び、真に社会に貢献できる人材の育成をめざしています。開学以来50年以上の歴史と伝統があり、卒業生の多くは主に県内各地の教育・保育・福祉の分野、または一般企業などで活躍しており、地域の発展に貢献しています。

子ども学科では、実習をはじめとする体験的学習と授業を密接に関連づけたカリキュラムを実践し、保育を総合的・多角的にとらえ、段階を踏んで学べる工夫をしています。集中して学べる環境を整備しています。

現代福祉学科(仮称:2021年4月名称変更予定)では、介護現場で必要とされる医療や福祉の知識・技術を習得します。本学では各専門領域の教員を揃え、将来の介護リーダーとして、誠実さと高い倫理性を兼ね備えた人材を育てます。

東北文教大学短期大学部 PRイメージ1
東北文教大学短期大学部 PRイメージ2
東北文教大学短期大学部 PRイメージ3

トピックス

2020.03.01

東北文教大学・南山形地区創生プロジェクト

南山形に根付く文化財(文化資源)を積極活用した地域振興策を、大学と南山形地区がタッグを組み、新しいかたちの地域連携を目指すことを目的として立ち上げられたプロジェクトです。
本学の学生・教職員および地域のプロジェクト委員・協力委員とともに、具体的に5つの実践プランに分かれてプロジェクトを進めています。

実践プラン1 「2万年の歩みを刻む南山形を知る・楽しむ」活動
実践プラン2「南山形地区ガイドマップ作成」活動
実践プラン3 DVD「南山形地区物語(仮称)」作成・上映活動
実践プラン4 南山形地区再発見の「講座」開設
実践プラン5 「谷柏田植踊」(20数年中断中)の復活・継承運動

東北文教大学短期大学部 東北文教大学・南山形地区創生プロジェクト

募集内容・学費

東北文教大学短期大学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

子ども学科(2020年4月実績)

学科紹介 総合的・多角的に保育を考え、確かな実践力と豊かな人間性のある幼稚園教諭ならびに保育士を育てます。
「実習を核とした総合的カリキュラム」を通じて、成長・発達の著しい乳幼児の実態を的確に捉えた子ども観を形成し、子どもたちの成長・発達の糧となる教材についての専門的な知見を身につけ、そしてそれを子どもたちに伝えられる保育・教育の理論と技術・技能を学んでいきます。
また、本学には付属幼稚園と系列の保育園が4園あり、実習以外にも保育の現場で体験的に学習できる環境が整っています。
進路支援にも学科教員全員で取り組み、いつも学生と共にいることを大事にしています。
定員 100名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,237,000円 ※入学金含む
目指せる資格 幼稚園教諭二種免許状
保育士資格
社会福祉主事任用資格
知的障害者福祉司任用資格
キャンプインストラクター

現代福祉学科(2020年4月実績)※2021年4月名称変更予定

学科紹介 高齢社会の日本でいま最も必要とされているのは、福祉現場で即戦力として活躍できる介護の専門職です。人間福祉学科では、専門職としての知識と技術を持ち、人を尊重できる心豊かな介護福祉士の養成を目指しています。
介護福祉に関する専門知識や倫理的態度を身につける「人間と社会」、多職種の人との協働と適切な介護の提供に必要な根拠を学習する「こころとからだのしくみ」、実際の生活を支えるための「介護」の領域を学び、豊かな人間性と柔軟な思考力、専門的知識・技術を活用できる能力を養います。
学生の「自ら学ぼう」という姿勢を大切にしながら、現場経験の豊富な教員が実践的な技術と幅広い知識を伝えます。
定員 60名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,277,000円
※入学金含む
目指せる資格 社会福祉主事任用資格 
救急法救急員 
ピアヘルパー 
福祉レクリエーション・ワーカー
医療管理秘書士

【受験資格目標取得】
介護福祉士 

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2019年3月卒業席実績

  • 川西町公務員(保育士)
  • 保育所
  • 児童・障がい者福祉施設
  • 幼稚園
  • 幼保連携型認定こども園
  • ㈱トライアンフ
  • 老人福祉施設
  • ㈱カノン地域密着型通所介護事業所日向の家
  • ㈱つるかめショートステイお宿つるかめ
  • ㈱コメリ
  • ㈱庄内食肉公社
  • …など

●子ども学科 就職率97.7%(就職者数85名就職希望者数87名)
●人間福祉学科 就職率100%(就職者数36名就職希望者数36名)

2019年3月卒業生実績

就職支援

本学では入学と同時に卒業後の進路を見据えた活動がスタート。進路ガイダンス、キャリアカウンセリング、教職員による就職先の開拓など、進路支援センターと学科教員が連携して、一人ひとりをきめ細かく支援します。週1回の進路ガイダンスでは、自分に合った事業種別・施設・事業所を見つけるための自己分析や個別相談を行います。福祉就職セミナーでの講話や現場の方による模擬面接も、自己課題の明確化に役立ちます。

各種制度

東北文教大学短期大学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

各種奨学金制度を設けています。

【大学独自の奨学金制度】
 学業成績優秀者や体育競技・文化活動優秀者を対象としています。

●入学前スポーツ・文化活動特待生制度
 対象:推薦入試(指定推薦、公募推薦、AO入試[前期])の合格者のうち、調査書における評定平均値が3.5以上の者で、公募推薦入試活動実績評価基準表の区分Aに該当する者各学科5名
 内容:納入金のうち入学金の28万円を免除

●学業成績優秀者
 審査方法:1年次は書類審査、面接、筆記試験、2年次は書類審査、面接
 内容:Aランク40万円/Bランク30万円/Cランク20万円

●体育競技・文化活動優秀者
 審査方法:1年次は書類審査・面接、2年次は前年度の成績・実績書類審査、面接

●同窓会「耀(かがやき)」奨学生
 本学同窓会の奨学金は、学生の勉学を奨励するために設けられています。

●日本学生支援機構

※詳細はお問い合わせください。

学生自治会

全学生をもって構成・運営される学生の自治的な組織です。本会はさまざまな行事を主催し、 多数の文化・体育系の部活・サークルを支援しています。また、会員相互の親睦を図り、 学生の意見を集約し、大学側と話し合うことにより、学生にとって過ごしやすい大学にしていくことを目的としています。

東北文教大学短期大学部 学生自治会

学びの分野/学校の特徴・特色

東北文教大学短期大学部で学べる学問

  • 福祉・介護
  • 教育・保育

東北文教大学短期大学部で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 保育・こども

東北文教大学短期大学部の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場
東北文教大学短期大学部の学部・学科情報はこちら

東北文教大学短期大学部の所在地

本校

所在地

〒990-2316
山形県山形市片谷地515

交通機関・最寄り駅

●JR利用の場合
奥羽本線「蔵王」駅より徒歩7分

●バス利用の場合
【山形駅前4番のりばより】
「南山形 経由 高松葉山 行」乗車、「東北文教大学口」下車徒歩7分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

023-688-2296

東北文教大学短期大学部のお問い合わせ先

入試広報センター

電話 023-688-2296
FAX: 023-688-9125
Mail: GO@t-bunkyo.ac.jp

東北文教大学短期大学部の注目記事

  • 最期まで自分らしくいるために。病院以外の施設での<看取り>をサポートできる人材の養成が急がれています。

    最期まで自分らしくいるために。病院以外の施設での<看取り>をサポートできる人材の養成が急がれています。

    最近よく耳にする<看取り>および<看取り介護>とは。延命治療のような医療行為は行わず、ご家族や介護職員などの見送りにより本人ができるだけストレスなく最期の時を迎えていただくことです。近年、病院以外の施設での<看取り>が注目され、専門知識や経験を身につけた介護福祉士が求められています。現場では、多くの職種が協働して、本人が最期をより豊かに過ごせるように取り組んでいます。地域で暮らす人々が自分らしく全うできる社会づくりを目指して、<看取り介護>にたずさわる人材が今後さらに求められてくることでしょう。

  • 子どもの言動の背景を探る視点が重要。子どもが「好き」から「理解する」までの学びとは。

    子どもの言動の背景を探る視点が重要。子どもが「好き」から「理解する」までの学びとは。

    近所の人に「僕もうすぐ6歳になる」と突然訴えたり、妹に「おもちゃに触らないで」と急に怒ったり…、気持ちの不安定さから予測できない言動をするのが子どもの特性と言えるでしょう。子どもの気持ちも成⻑に伴って日々動いています。そんな子どもの心の動きと背景を探るのが<子ども理解>。日常的に子どもの言動を偏見のない目と心で観察し、子どもの言葉と心に耳を傾け、真心を込めて子どもと向き合うことが大切です。保育を総合的・多角的にとらえ学問を通して理解を深めていく、そんな学びが東北文教大学短期大学部の「子ども学科」にあります。

  • 学校No.7169
  •  
  • 更新日: 2020.04.01