千葉科学大学の入試出願・就職資格情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

明日を学ぼう CIS by the SEA

地震、火災などが多発する中、今後より高まるであろう危機管理に対する社会的ニーズに応える為、2004年に日本初(※)となる危機管理学部を擁する本学を設立。本学の特色の一つとして、危機管理に関する学びを、危機管理学部だけでなく、薬学部、看護学部においても開講(医療職連携カリキュラム)。チーム医療を通して災害時や救急医療に対応できる人材を養成します。また、本学は水郷筑波国定公園に属し、目前には太平洋。2016年に天然記念物に指定された屏風ヶ浦もあり、この地形を活かした、野生動物などの研究フィールドワークも魅力の一つです。

■入試特待生制度(平成30年度実績)
※詳細は入試要項等でご確認ください。
【一般入学試験(前期)A方式・センター試験利用入試(前期)】
・1~6年間全学費を免除(入学金除く)最大115名
・「入試得点率」を満たした受験生の成績順に該当人数を特待生とします。

【推薦入試K方式(併願制)】
・1年間全学費を免除(入学金除く)最大10名
・合格者のうち成績上位者から志願者数の10%以内を対象とします。

※(内閣府地域創生推進室HPより)

千葉科学大学 PRイメージ1
千葉科学大学 PRイメージ2
千葉科学大学 PRイメージ3

トピックス

2019.03.16

オープンキャンパス2019開催!

千葉科学大学をもっと知っていただくために、オープンキャンパスを開催します。入試情報・大学案内など受験生に必要な情報が満載です。お友達も誘って、ぜひ参加してみてください。

〈内容〉
入試説明、施設見学、学科体験イベント、個人相談コーナー など

オープンキャンパスの日程や内容など詳細は、ホームページにてご確認ください。

募集内容・学費(2019年4月実績)

千葉科学大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

薬学部

薬学科

概要 医療の高度化に伴う最新の知識・技術の習得を行うとともに、患者様の心の痛みまで感じ取ることのできる、コミュニケーション能力も併せ持つ医療人を養成。さまざまな危機管理に対する素養を身に付け、災害現場や医療現場で役に立ち、問題解決能力を備えた薬剤師教育に重点を置いています。
定員 120名
対象 男女
年限 6年
学費 1,870,000円(春学期835,000円、秋学期1,035,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金300,000円が必要

危機管理学部 危機管理学科

総合危機管理(企業・公務員)コース

概要 リスクと危機に対応する方法を総合的に学び、また、地方公務員や国家公務員など公務員に求められる必要な能力を修得します。
定員 120名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,000,000円(春学期475,000円、秋学期525,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

ビジネス・経営管理コース

概要 世界で企業、経営分野で活躍するビジネスパーソンを養成します。
定員 120名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,000,000円(春学期475,000円、秋学期525,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

消防官・地域防災コース

概要 自然災害や産業・都市型災害など災害現場で役立つ知識と技能を修得し、消防官や地域の防災リーダーをめざします。
定員 120名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,000,000円(春学期475,000円、秋学期525,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

警察官・犯罪科学コース

概要 犯罪の少ない安全・安心なまちづくりを目的に、警察官として活躍できる科学的な知識と技能を学びます。
定員 120名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,000,000円(春学期475,000円、秋学期525,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

自衛官・安全保障コース

概要 日本全体の安全保障を担う自衛官をはじめ、地域で活躍する消防官・警察官など、国民生活を支える公務員に必要な専門知識を身につけた人材を養成します。
定員 120名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,000,000円(春学期475,000円、秋学期525,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

危機管理学部 保健医療学科

臨床検査学コース

概要 検査データの提供はもちろん、データの解析能力、医療の安全や災害医療などの知識を持ち合わせた臨床検査技師を養成します。
定員 80名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

臨床工学コース

概要 危機管理の知識を持つ臨床工学技士とともに、災害時に医療スタッフとして活躍できる、命を守るエンジニアを養成します。
定員 80名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

救急救命学コース

概要 災害や感染症を理解し、救急医療に対する心・技・体を兼ね備えた、ハイレベルの救急救命士を養成します。
定員 80名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

危機管理学部 航空技術危機管理学科

パイロットコース

概要 高度な操縦技量の修得で評価の高い「米国ヒルズボロ エアロアカデミー」と「平田学園」のアメリカと日本の両方でエリート教育を学び、世界中の航空会社から選ばれるパイロットを送り出します。また、整備の視点からエンジンの構造なども学び、航空機自体を理解した、危機管理能力を持つ人材をめざせるのも本学ならではの特徴です。
定員 40名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ入学金250,000円/事業用操縦士を希望する方は、操縦実習訓練費、その他、留学中の生活費、国家試験費用、航空身体検査費用、追加訓練費用、訓練時教材費用などが別途必要(詳しくはHPなどでご確認ください)。

航空整備コース

概要 航空機に使われている技術、構造、エンジン、電装など幅広く修得し、航空機の安全運航を整備面からサポートする人材を養成します。実際に運航していた航空機のエンジンを使用して実習できるのが特徴です。
定員 40名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

防災技術コース

概要 危機管理の知識を修得し、現場で人命救助などに運用される車両や機械の開発ができる人材を、体験や実習を通じて養成します。
定員 40名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

風力発電コース

概要 風力発電システムのメンテナンス技術を基礎から修得。クリーンで安全な電力を支えるエンジニアを育てます。
定員 40名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

危機管理学部 動物危機管理学科

動物生命科学コース

概要 実験動物を中心とした生命科学や、実験動物の管理に関する知識と技能を学びます。
定員 60名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

動物看護学コース

概要 家庭動物(ペット等)のより良い飼育環境についての知識・技能や、災害時に役立つ動物看護などを学びます。
定員 60名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

野生動物管理学コース

概要 野生動物・動物園動物などの行動や管理等に関する専門知識と技術を学びます。
定員 60名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

動物資源学コース

概要 動物資源としての産業動物の衛生管理、安全管理などの専門知識と技術を学びます。
定員 60名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

畜産学コース

概要 実践的な家畜の繁殖および飼養管理など動物危機管理に関する専門的な知識を身につけます。
定員 60名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

水生動物学コース

概要 水生動物の生態系や、水産資源としての水生動物に関する専門知識と技能を学びます。
定員 60名(学科総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 1,400,000円(春学期600,000円、秋学期800,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

看護学部

看護学科

概要 薬学部や危機管理学部との連携をはかりながら、豊かな人間性、幅広い見識を備えた看護専門職の育成をめざします。科学的思考力やコミュニケーション力、協働力の養成を教育の中軸に置きながら、さらに災害看護学・リスクマネジメント論・感染看護学・国際看護学の開講により、危機管理意識の高い人材を養成します。
定員 80名
対象 男女
年限 4年
学費 1,600,000円(春学期600,000円、秋学期1,000,000円の分納)

※初年度のみ学費以外に入学金250,000円が必要

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月~2018年3月実績

  • (株)エスピーネットワーク
  • GAP japanグループ
  • カネボウ化粧品販売(株)
  • トヨタカローラ南茨城
  • WDB(株)
  • 三和工機(株)
  • 水ing(株)
  • 庄内銀行
  • 銚子商工信用組合
  • (株)アビスト
  • アイングループ
  • 日本調剤(株)
  • クラフト(株)
  • (株)クラレ
  • 花王(株)
  • キユーピー(株)
  • ちばみどり農業協同組合
  • 新日鐵住金(株)
  • (株)竹中土木
  • (株)ビー・エム・エル
  • (株)江東微生物研究所
  • (株)昭和メディカルサイエンス
  • 農林水産省
  • 富士通(株)
  • 日本郵便(株)
  • ANAエアポートサービス(株)
  • 国土防災技術(株)
  • 自治医科大学先端医療技術開発センター
  • 鹿島建物総合管理(株)
  • 三和工機(株)
  • (株)シー・アイ・シー
  • 東京消防庁
  • 横浜市消防局
  • 千葉市消防局
  • 茨城県教育委員会
  • 学校法人佐山学園 佐野清澄高等学校
  • 敬愛大学八日市場高等学校
  • (独)国立病院機構
  • 国立がん研究センター病院
  • 順天堂大学医学部附属順天堂醫院
  • 国立大学法人千葉大学医学部附属病院
  • 昭和大学病院
  • 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター
  • 順天堂大学医学部附属浦安病院
  • 日本大学医学部附属板橋病院
  • 獨協医科大学病院
  • 国立がん研究センター東病院
  • 日本赤十字社静岡赤十字病院
  • 日本赤十字社成田赤十字病院
  • …など

2018年3月卒業生 就職率96.2%
(就職希望者314人中302人就職)

就職支援

■上級公務員をめざす「ハイグレード講座」

受講料は無料で、各種公務員上級試験に合格できる資質の学生を対象とした特別講座を開講。合格に向けてのノウハウを取得している危機管理学部などの講師陣により、危機管理の実践者としての上級公務員がめざせます。

■公務員試験対策のほか、消防・警察の支援サークルも

公務員試験対策はもちろんのこと、本学では全国でも珍しい、消防・警察の支援サークルがあります。地元の消防署・警察署と協定を結び、連携を深めています。また、危機管理学部のさまざまな講義や講演を通じて、使命感を強め、採用試験対策へのモチベーションを維持することが、高い合格率につながる大きな特徴です。

■消防・警察に強い大学

消防では、最難関の東京消防庁をはじめ、横浜市安全管理局や全国各地の自治体の消防に、警察においては警視庁や各都道府県警で合格実績が出ています。その他に入国管理局(大学院生)や地方自治体などにも合格の実績があり、2004年4月開学の大学でありながら、高い評価をいただいています。

各種制度

千葉科学大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

チューター制度

教員が学生と常に接触し個人的な相談に応じること、また適切な助言を与えることを目的としています。保護者の皆様も、お子様の学生生活において不安な点があった時は、遠慮なくチューターに相談してください。チューターは、1~3年次まではクラスごとに配属され、4年次は各ゼミ教員が担当します。学業や個人的な悩み事など、自分ひとりで解決できない問題を相談する窓口となりますが、チューターだけで解決できない場合は、健康管理センターや学生課等との連携をはかります。

教育進路懇談会

大学生活や履修・修学状況の報告など、保護者の皆様からの相談に応じる懇談会を毎年9月に本学のほか、各地域で開催しています。

学習支援センター

大学での授業は、ほとんどすべてが高校までに学んでいない内容です。つまり、未知の知識や技能を獲得することが大学で学ぶことなのです。単位を取って、卒業することはもちろん大切ですが、新たな問題に出会ったとき、どのように調べ解決していくかを身につけることが大切です。講義以外のことも含めてよりステップアップを目指し、興味のあることを深めたい人には、ふさわしい先生を紹介することもできます。

キャリアセンター

キャリアセンターでは、学生の皆さんの多様な進路選択や就職をきめ細かくサポートするために、年間を通して様々なプログラムを展開しています。近年就職活動は早期化・長期化の傾向にあるため、低年次のうちから将来何がしたいのか、どんな仕事に向いているのかを考えるように指導を行っています。また、就職活動が本格化する3年次生に対しては、外部の講師を招いての実践的なガイダンス、グループディスカッション講座、個人面談、面接指導等を行っています。

奨学金制度

人物、学業に優れ、かつ経済的理由のため修学が困難な学生に経済的援助を行い、教育の機会均等を図るために、日本学生支援機構や地方公共団体などによる奨学金制度の相談窓口を学生課が担当します。

国際交流室

本学は国際性の涵養を教育理念の柱の一つに掲げ、さまざまな取り組みを行っています。現在、アメリカ、ブラジル、カナダ、中国、韓国、台湾、イギリス、オーストリアなど世界19カ国68校の大学等の高等教育機関と国際教育交流協定を結び、多彩な国際交流プログラムを推進しています。

海外研修プログラム

学生の皆さんには、海外研修プログラムに参加して世界に羽ばたくチャンスがあります。毎年、アメリカ(フィンドリー大学)、ブラジル(パラナ・カトリカ、パラナ連邦大学)イギリス(サンダーランド大学)、台湾(致理技術学院)、ハワイ大学ヒロ校などにおいて10日間から約1カ月の研修プログラムが行われます。語学研修、ホームステイ、文化交流を通して豊かな国際性を身に付けることができます。

学外連携ボランティア推進室

千葉科学大学は、創立以来、地域を志向した大学として、地域活性の核となる知の拠点(COC:Center of Community)を目指してきました。2014年4月、新たに学外連携ボランティア推進室を設置し、防災・減災都市づくり、好適環境水を用いた陸上養殖の実用化、銚子ジオパークの具体的活用法を含む産官学連携体制を積極的に進めます。

学びの分野/学校の特徴・特色

千葉科学大学で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 福祉・介護
  • 工学・建築
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 教育・保育

千葉科学大学で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 美容・理容・メイクアップ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律

千葉科学大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 通信教育課程
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 学生用駐車場

千葉科学大学の所在地

本部キャンパス

所在地

〒288-0025
千葉県銚子市潮見町3

交通機関・最寄り駅

JR「銚子」駅より千葉交通バス「本部キャンパス前」下車。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-919-126

千葉科学大学のお問い合わせ先

入試広報室

SoftBankフリーコール 0120-919-126 (受験生ホットライン)
FAX: 0479-30-4546
Mail: koho@cis.ac.jp

  • 学校No.4376
  • 更新日: 2019.06.17