久留米工業大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

工学技術で地域に貢献する大学、課題解決を通して学生が成長を実感する大学を目指します

久留米工業大学では1966年の建学以来、「人間味豊かな産業人の育成」を目指し、「機械」「交通」「建築・設備」「情報」「教育」の分野にわたり、「実践的ものづくり教育」を発信してきました。

そして、新たに3つのビジョンを掲げて未来へ進んでいます。
『”一人一人の学生の才能を伸ばす”大学』
『”ものづくり産業人を育成する”大学』
『”地域の産業界から頼りにされる”大学』

本学は、福岡の中でも小さな工業大学です。スモールだからこそできる地域の課題をスピード感をもって解決するスペシャルな研究・教育を「ス!」というスローガンを掲げてめざしています。
地域課題解決を通して学生と一緒に成長を実感できるような取り組みを始めていきます。

このように小規模大学の特色を生かし、少人数クラス制で教職員と学生の距離が近く、親密な雰囲気で学んでいます。また、基幹教育センターでは工学の基幹となる「数学」や「物理学」を専任の学修支援スタッフと授業担当者で丁寧な個別指導を行うことにより学生のやる気をサポートしています。

久留米工業大学 PRイメージ1
久留米工業大学 PRイメージ2
久留米工業大学 PRイメージ3

トピックス

2020.05.20

Boeing Externship Programに参加

航空機製造のトップクラスメーカー・ボーイング社が提供するプログラム<Boeing Externship Program>に、今年度から参加しています。このプログラムは、ボーイング社がグローバルに活躍する次世代航空技術者の育成を目的として行っているもので、現在は、6つの国立大学(東京大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学、東京工業大学)と2つの私立大学(金沢工業大学、久留米工業大学)が参加しています。全国から集まった学生、総勢60名が航空産業に関する将来の技術についてプレゼンテーションします。2019年は本学の交通機械工学科の学生が、快適な客室空間に関する案として「女性優先シートサービス」「振動軽減のためのマグネティックサスペンションエリア」に関して研究成果を発表し、ボーイング社のエンジニアの方から高い評価をいただきました。

久留米工業大学 Boeing Externship Programに参加

2020.05.20

VR技術で地元企業と連携

本学の情報ネットワーク工学科において、草刈機を販売している地元企業からの要請で「草刈機+VR」というユニークな組み合わせの研究がはじまりました。VRで草を刈り取る様子を閲覧できるようにすることで、草刈機に興味を持ってもらうことが狙いです。大きく重たい草刈機は持ち運びも難しく、展示会などでは設置場所にも広い場所を必要としますが、VRであれば解決できると期待が寄せられています。同時に、VRを使った草刈りゲームも開発中です。企業と連携することで成果も可視化することができるので、研究意欲にも繋がっています。

久留米工業大学 VR技術で地元企業と連携

募集内容・学費

久留米工業大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

機械システム工学科

コース名 ●機械デザインコース
●ロボティクスコース
概要 本学科は、機械工学の基礎を身につけると同時に、IT技術・環境技術を駆使したデザインやロボティクス、メカトロニクスなどの知識や技術を修得できる学科です。最新設備を使った実験・実習やCAD/CAMによる設計・製作など、実践の楽しさを重視した生きたカリキュラムで、社会のIT化に対応できる機械エンジニアを育成します。
また、機械設計技術者やCAD利用技術者などの資格を目指すことを正規の科目として積極的に支援しています。機械デザインコース、ロボティクスコースの2コースで、一人ひとりの適性に合ったきめ細かな教育でスペシャリストを目指します。
定員・年限 定員:50名
年限:4年
学費 初年度納入金:1,428,300円
備考

2020年4月実績

交通機械工学科

コース名 ●航空宇宙システム工学コース
●モビリティデザイン工学コース
概要 交通機械工学科は、航空機・宇宙機(ロケットや人工衛星)の先端的な開発技術を学ぶ「航空宇宙システム工学コース」と自動車を中心に交通機械全般の先端的な開発技術を学ぶ「モビリティデザイン工学コース」の2つのコースが開設されています。
「航空宇宙システム工学コース」は、先端科学技術の融合体である航空機・宇宙機の設計、開発、製造や航空機整備・運航で活躍する工学技術者を育成。「モビリティデザイン工学コース」では、自動車の開発と保守管理の技術や知識を熟知し、2級自動車整備士の国家資格取得を目指すことができ、充実した教育研究を展開しています。
定員・年限 定員:70名
年限:4年
学費 初年度納入金:1,428,300円
備考

2020年4月実績

建築・設備工学科

コース名 ●建築デザインコース
●設備デザインコース
概要 建築物の機能性、安全性、住みやすさなどを、美しさやデザイン、伝統と習慣、エネルギー効率、環境問題、高齢化問題、都市計画、建築関連法規、色彩や照明、騒音、インテリアなど様々な面から学修し、それぞれ将来の職業に直結した専門性の高い知識と技術の修得を目指します。
この分野で大切な各種資格取得では、現場経験が豊富で数々の資格を持つ教員たちがきめ細かく指導。空調設備や給排水衛生設備、電気設備、省エネルギーや自然エネルギーの利用、環境対策など、建築物に不可欠な設備関連の教育研究が充実しているのも本学科の特徴のひとつです。「建築デザインコース」「設備デザインコース」の2コースで専門性を高めます。
定員・年限 定員:80名
年限:4年
学費 初年度納入金:1,428,300円
備考

2020年4月実績

情報ネットワーク工学科

コース名 ●ソフトウェアコース
●ハードウェアコース
●ビジュアルコンテンツコース
概要 今、私たちの日常生活も社会も国際的な規模で情報技術=ITに支えられています。もちろん、その利用スキルを身につけることは、わたしたちにとってはすでに必須科目です。
本学科では、充実した設備と経験豊かな教員をそろえ、演習や実技を重視した教育で実践力を身につけた技術者を養成します。情報技術の分野では、ソフト・ハード・コンテンツが複雑に連携することで革新的なサービスが生まれており、本学科では、これらの分野の基礎を学んでいき、さらに2年次から「ソフトウェアコース」、「ハードウェアコース」、「ビジュアルコンテンツコース」の3つのコースに分かれて、それぞれの分野で最先端の情報化社会を支える技術者を育成します。
定員・年限 定員:80名
年限:4年
学費 初年度納入金:1,428,300円
備考

2020年4月実績

教育創造工学科

コース名 ●数学コース
●理科コース
概要 今、中学・高校の教育現場では「理数離れ」が深刻な問題になっています。本学ではその解消に向け2007年4月、理数系教員養成に特化した「教育創造工学科」を新設しました。
本学科では「数学コース」「理科コース」の2コースを設置し、いずれのコースも幅広い工学の基礎知識の上に、生徒たちの理数科目に対する興味を引き出すことのできる「豊かな創造力と応用力」を備えた教員を養成します。「数学」と「理科」の中学校教諭一種免許および高等学校教諭一種免許取得を目指せますが、本学科ではさらに「理科と数学」といった2教科の教員免許の取得を目指せます。
定員・年限 定員:40名
年限:4年
学費 初年度納入金:1,428,300円
備考

2020年4月実績

主な就職先・ 就業力育成教育

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2020年3月卒業生実績

  • 大和冷機工業(株)
  • (株)九電工
  • 西日本プラント工業(株)
  • (株)日立産業制御ソリューションズ
  • (株)スガテック
  • 田中鉄工(株)
  • (株)アルトナー
  • 大阪富士工業(株)
  • (株)瑞光
  • パナソニックSLエンジニアリング(株)
  • (株)エイジェック
  • 久留米情報システム(株)
  • (株)テクノプロ テクノプロ・デザイン社
  • (株)ユー・エス・イー
  • (株)アルファシステムズ
  • (株)イーテック
  • (株)VSN
  • 京セラコミュニケーションシステム(株)
  • (株)アウトソーシングテクノロジー
  • (株)三技協イオス
  • ダイハツ工業(株)
  • (株)ホンダロック
  • 福岡トヨタ自動車(株)
  • (株)日野ヒューテック
  • スズキ株式会社
  • 三菱自動車工業(株)
  • 尾道造船(株)
  • 今治造船(株)
  • 延岡市役所
  • JR九州エンジニアリング(株)
  • つくば開成福岡高等学校
  • 久留米市江南中学校
  • 中津市立山国中学校
  • 福岡市立日佐中学校
  • みやき町立中原中学校
  • 久留米市立諏訪中学校
  • 恩納村立うんな中学校
  • 広島市立古田中学校
  • 広川町立上広川小学校
  • 大木町立大莞小学校
  • 日比谷総合設備(株)
  • 新日本空調(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • 新菱冷熱工業(株)
  • 一建設(株)
  • (株)三晃空調
  • (株)大気社
  • 高砂熱学工業(株)
  • 共立建設(株)
  • ダイダン(株)
  • …など

就業力育成教育

■個人と企業のマッチングを重視し、高い就職率を達成!

本学では1年次からキャリア教育として「就業力育成教育」を行います。各学科の先生とキャリアサポートセンターが一体となり、「就業力基礎」から「就業力実践基礎」まで、カリキュラムとして、系統的・組織的に一人ひとりの就活状況を見ながら指導していきます。その中でも特に「個人と企業のマッチング」を重視し、インターンシップやОBとの面談から、自分がなぜ、その企業を受けたいのかを考えてから就活をするように指導していきます。

各種制度

久留米工業大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

奨学金制度

①新入生奨学金(スカラシップ)制度
●進学支援特別奨学金【前期学校推薦型選抜のみ】
最大4年間の授業料を全額免除。
●特別奨学金【一般選抜のみ】
最大4年間の授業料を全額免除。
●女子学生進学支援奨学金【前期学校推薦型、一般および大学入学共通テスト利用選抜】
最大4年間、授業料の4分の1免除。
●スカラシップ(A・B)【一般および大学入学共通テスト利用選抜】
入学年度の前期授業料を全額または半額免除。
●スポーツ活動・ものづくり・文化芸術活動スカラシップ奨学金【総合型選抜のみ】
入学年度の前期授業料を半額免除。

②在学生奨学金制度
●学業優秀奨学金
学業成績が特に優秀で、学科より推薦された2年次以上の方に対し奨学金を給付。
●経済支援育英奨学金
学業を継続する意思及び能力を有しながら、経済的理由により、修学に著しく支障をきたす方に対し、授業料の半額相当を給付。
●課外活動奨励金
課外活動において優れた成績をおさめた学生またはクラブに対して給付。
<その他>
兄弟・姉妹同時在学奨学金、卒業生子女奨学金

その他、詳しくはお問い合わせください。

久留米工業大学 奨学金制度

資格取得支援・グループ校割引制度

●資格取得支援制度
大学指定の以下の資格を取得した場合、支援金を支給します。
※不合格の場合も若干の支援あり

▼該当資格
・2級・3級技能検定試験(普通旋盤作業)
・第1種・第2種電気工事士
・機械設計技術者試験2級・3級
・CAD検定2級・3級
・インテリアコーディネーター
・消防設備士(甲種:2種類)
・危険物取扱者
・基本情報技術者
・ITパスポート
・TOEIC
・その他の公的資格

●グループ校の割引制度
 「久留米自動車工科大学校」では、学割料金で各種建設機械の作業資格が目指せるほか、資格等を取得した場合、費用の半額を補助します。
 「久留米自動車学校」では、本学の学生は、自動車運転免許講習料の特別割引がありますのでご利用ください。

学びの分野/学校の特徴・特色

久留米工業大学で学べる学問

  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 教育・保育

久留米工業大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 教育

久留米工業大学の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 学生用駐車場
久留米工業大学の学部・学科情報はこちら

久留米工業大学の所在地

所在地

〒830-0052
福岡県久留米市上津町2228-66

交通機関・最寄り駅

・JR「久留米」駅より/西鉄バス八女行き 30・31・32・35番系統乗車(30分)工業大学前下車
・西鉄天神大牟田線「久留米」駅より/西鉄バス八女行き 30・31・32・35番系統乗車(20分)工業大学前下車
・九州自動車道広川インターより/車で5分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0942-22-2345

久留米工業大学のお問い合わせ先

久留米工業大学 入試課

電話 0942-22-2345 (代表) / 電話 0942-65-3488 (入試課)
FAX: 0942-65-3487
Mail: nyushi@kurume-it.ac.jp

久留米工業大学の注目記事

  • 航空宇宙工学と情報工学が融合した次世代の「ノリモノ」を、自分の手で創ってみない?

    航空宇宙工学と情報工学が融合した次世代の「ノリモノ」を、自分の手で創ってみない?

    人や物を輸送する自動車や航空機、地球と外の世界をつなぐロケットや宇宙往還機など。「ノリモノ」はより速く、遠くへ、そしてより安全に、安価に進化を続けてきました。人類とともに発展するノリモノは、どのような知恵によって形を決めるのか、そのエンジンやシステムはどのような仕組みなのか? そんな航空宇宙工学と情報工学が融合した最先端のモビリティ(ノリモノ)について学ぶコースが、2018年4月、久留米工業大学に開設。2019年3月に完成した「航空宇宙実習棟」を中枢拠点とし、“ものづくり”の楽しさや本質を学びます。

  • 学校No.417
  •  
  • 更新日: 2020.08.12