札幌国際大学のオープンキャンパス情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

その他のオープンキャンパスをさがす

学校見学会

  • 保護者同伴可

個別のキャンパス見学

開催地 北海道
開催日
  • 随時開催

参加申込ページへ(外部サイト)

個別のキャンパス見学も随時受付!

学科紹介、入試制度や奨学金等の説明、施設見学など。
平日10:00~16:00、土曜日10:00~12:00

開催日時
  • 随時開催

開催場所

開催地

〒004-8602
北海道札幌市清田区清田4条1丁目4番1号

交通機関・最寄り駅

●JR「札幌」駅からバス40分「清田2条1丁目」下車、徒歩8分。
●地下鉄東豊線「福住」駅からバス10分「清田2条1丁目」下車、徒歩8分、またはバス10分「札幌国際大学前」下車、徒歩5分。
●地下鉄東西線「南郷18丁目」駅からバス10分「札幌国際大学前」下車、徒歩5分。

参加方法・参加条件

お電話にてご予約ください。予約の際に希望の学科・専攻・コースをお知らせください。
入学試験や学内行事などにより実施していない日もあります。お問い合わせください。

お問い合わせ先

TEL: 011-881-8861 (アドミッションセンター直通)
FAX: 011-881-8060
Mail: nkoho@ad.siu.ac.jp


その他お問い合わせ先

【大学代表】
TEL 011-881-8844

  • 更新日: 2021.07.20
この学校見学会についてもっと見てみる

札幌国際大学の注目記事

  • 私たちは、「いつから」「どんなふうに」繋がって【いま・ここ】の地点に生きているのでしょうか。色んな疑問が湧いてきて、ワクワクするのが現代文化学科です。

    私たちは、「いつから」「どんなふうに」繋がって【いま・ここ】の地点に生きているのでしょうか。色んな疑問が湧いてきて、ワクワクするのが現代文化学科です。

    「文化」とはよく耳にする言葉ですが、その対象は曖昧で多種多様。その一つに「現代文化」があります。「現代文化」とは単独で成り立つのではなく、日本に脈々と続く歴史はもちろん、海外との政治的・経済的交流を通じて複雑に形成される関係性から構成されています。札幌国際大学の「人文学部/現代文化学科」では、これらを人文学の視点でモノ・コトを考える力を身につけていきます。学んでいくうちに、ニュースが面白く感じられるなど、「学ぶほどに自分の世界が広がる」ことが身近に感じられるワクワクとする学問です。

  • 自然豊かな北海道阿寒湖温泉で学ぶ!観光ビジネスの経営から、もてなしの心。

    自然豊かな北海道阿寒湖温泉で学ぶ!観光ビジネスの経営から、もてなしの心。

    北海道内で唯一の観光学部を持つ札幌国際大学(※)では、北海道の観光産業をリードする鶴雅グループと連携した観光実践演習の授業があります。阿寒湖温泉に滞在し、経営からもてなしまで、講義と演習、観光を体験。知識と実務、チームで働く力を身につけます。このほかにも北海道ならではのフィールドワークをはじめとした様々な体験で、大学の教室内では学べない観光の「今」を知ることができます。 ※国土交通省観光関連の学部・学科等のある大学一覧 https://www.mlit.go.jp/common/000040901.pdf

  • 次代を担う子ども達が心身ともに健やかに成長するため、正しく導くことができるスポーツ指導者の役割に注目が集まっています。

    次代を担う子ども達が心身ともに健やかに成長するため、正しく導くことができるスポーツ指導者の役割に注目が集まっています。

    スポーツとは、人が運動を自ら楽しむものとして生まれ、発展を続ける人類共通の文化です。身体を動かすことを楽しみ、人生をより豊かにするだけでなく、他者を尊重し、自ら考え行動するという、社会生活を営む上で必要とする力が身につくという側面に、スポーツの有効性が確認されています。そこで真にスポーツ文化が根付き、誰もがスポーツに親しむ機会を広げていくためには、スポーツ活動を直接的にサポートするスポーツ指導者が必要。次代を担う子ども達が心身ともに健やかに成長できるよう、スポーツ指導者の育成に注目が集まっています。

  • 「ビジネス」の視点から「スポーツから受ける感動」や「私たちの健康」に、新たな価値と役割を創造する、
それが「スポーツビジネス」です。

    「ビジネス」の視点から「スポーツから受ける感動」や「私たちの健康」に、新たな価値と役割を創造する、 それが「スポーツビジネス」です。

    1984年ロス五輪以降、グローバル化とともに「スポーツ」がビジネスとして発展し、お金が世界中に回るスタイルが確立。近年ではインターネットの躍進を背景に、グローバル化に頼らず、スポーツの価値を創造する動きが活発化すると予想されます。そこで非日常として演出してきた「スポーツ」を、今後は「スポーツ」が地域の日常に溶け込み、感動の体験を演出できるかが大きな鍵に。ここでは、『スポーツとビジネスをつなぐ知識と技術を身につけ、地域の活性化に貢献』するという、札幌国際大学の学びを見てみましょう。

  • 学校No.3856
  •