阿佐ヶ谷美術専門学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人阿佐ヶ谷学園 阿佐ヶ谷美術専門学校

全学科共通の基礎学年から始まり、デザインと美術をバランスよく学べる3年制「アサビ」

創立73周年を迎えた阿佐ヶ谷美術専門学校は、全日制の総合美術学校です。全学科共通の基礎学年から始まり、1年生(基礎学年)の前期にデザインやファインアートについて幅広く学びます。

後期からデザイン系2コース・コンテンツ系2コース・アート系2コースからなる専門コースの中から、自分の希望に合ったコースを選びます。3年間をかけてクリエイターやアーティストとして必要な技術や考え方を学び、自己実現を目指します。

自分の選んだ専門科目以外に、自由に選べる学術造形科目があり、幅広い分野での学習が可能です。全日制なので、夜20時まで学校中の設備を自由に使うことが可能です。

さらに1年、研究科に進学してより学習を深めることもできます。
写真のスタジオや版画の工房などは卒業後も使用可能。卒業してからも学校とのクリエイティブな関係は続いていきます。

阿佐ヶ谷美術専門学校 PRイメージ1
阿佐ヶ谷美術専門学校 PRイメージ2
阿佐ヶ谷美術専門学校 PRイメージ3

トピックス

2018.06.04

学校説明会 開催!アサビは「やりたい事がたくさんある人」に応える学校です。

美術系・デザイン系で進路を考えている方
東京・杉並区にある阿佐ヶ谷美術専門学校、通称「アサビ」を見てみませんか?

「いろいろあって学科や専攻を決められない!」
「大学とどう違うの?学費は?」
「2年制との違いがよくわからない…メリットは?」

そんな疑問にもお答えします。
また、学生スタッフから学校生活についての話を聞く事もできますよ!

【時 間】
[午前]10:30〜[午後]13:30〜 
午前・午後とも内容は同じです。ご都合の良い回にお越しください。

【前期日程】
6月9日(土)・23日(土)
7月14日(土)・28日(土)
8月2日(木)・11日(土)・21日(火)・25日(土)・30日(木)

募集内容・学費(2019年04月実績)

阿佐ヶ谷美術専門学校(ASABI)の募集内容や学費をチェックしておこう!

デザイン学科

視覚デザインコース

概要 情報編集やデザインの考え方を理解し、グラフィック・Web・編集・イラストレーション・写真など総合的な知識と技術を身につけるコースです。
広告やパッケージ・雑誌・書籍・Webデザイン・タイポグラフィ・イラストレーション・写真など、グラフィックデザインを総合的に学びます。文字や色彩・構成の基礎を修得し、発想力と表現力を磨く実習を通してプロのデザイナーに必要な知識とスキルを身につけます。
卒業後はグラフィックデザイナー・Webデザイナー・ブックデザイナー(装丁家)・タイポグラファー・イラストレーター・カメラマン(フォトグラファー)・編集者・キャラクターデザイナーなど、幅広い分野で活躍できます。
定員 40名
(デザイン学科総定員)
年限 3年
学費 初年度納入金
1,390,000円

リビングプロダクトデザインコース

概要 デザインの役割を把握し、使いやすく愛着が生まれるモノや空間をつくるためのノウハウを学ぶコースです。
1年次前期は全学科共通の基礎科目を履修。後期はリビングプロダクトの基礎となる、図面・素材・造形・塗装を学びます。2・3年次は、社会状況を把握しながら、使う側の視点に立ったモノづくりや空間の設計を行います。モノや空間が、人にどんな体験をもたらすのかを考えてデザインを行います。
問題を発見し、あらたな提案を企画するためのアイデアを生み出すことができる思考力を身につけ、アイデアを視覚化してイメージをつくり上げることができる技術と、つくり上げたものをカタチにする技術を習得。つくったモノが世の中で、どんな役割ができるかを検証する社会力を養います。
卒業後はカーモデラー、文具デザイナー、おもちゃデザイナー、ディスプレイデザイナー、インテリアデザイナー、家具デザイナー、インテリアコーディネーター、インダストリアルデザイナー、プロダクトデザイナーなど多岐に渡り、人の暮らしと関わる職業を目指せます。
定員 40名
(デザイン学科総定員)
年限 3年
学費 初年度納入金
1,390,000円

コンテンツ学科

キャラクターデザインコース

概要 アニメやゲーム・マンガなど、魅力的なキャラクターやストーリーで人々を魅了する作品を創り出す人材を育成するコースです。
人々を楽しませるマンガやアニメーション。そこには個性的なキャラクターが描かれ、心を動かすストーリーがあります。ストーリーをどう構成していくかや魅力的なキャラクターの設定、描き方のコツ、ヒットに結びつく商品の企画について専門の講師から基礎テクニック、魅力的なキャラクターの描き方から設定の仕方、ストーリー展開についてを学びます。
アニメーション技術やマンガ出版関係者からのアドバイス、キャラクタービジネス企画など必要な専門性を身につけ、独自の世界観を展開できる作家やデザイナーを目指すカリキュラムとなっています。
卒業後はキャラクターデザイナー・ゲームグラフィッカー・マンガ家・アニメーション作家・アニメーション関連会社・アミューズメント系関連会社など、業界で活躍できる人材を目指します。
定員 40名
(コンテンツ学科総定員)
年限 3年
学費 初年度納入金
1,390,000円

映像メディアコース

概要 人を惹きつけるコンテンツを創る企画・発想力を重視。第一線で活躍できる映像のプロを育成するコースです。
私たちの生活のすぐそばにはいつも映像があり、この映像メディアをとりまく環境は常に変化し続けています。ショートムービーやプロモーション映像制作など、実践的な課題の中で、何をどんな形で伝えていくのかを考え、社会に向けてメッセージを発信できるようにTVや映画・CMなどの映像コンテンツに共通する企画力や構成力を身につけます。人々を惹きつけ、印象に残る映像を提供するためのアイデアとスキルを磨き、基礎的な撮影技術から編集・アニメーションやサウンド技術なども学んでいきます。
卒業後はカメラマンや編集マン、特撮やCGなどの映像クリエイター、CM制作やミュージックビデオ制作・AD、映画監督や映像作家など、さまざまな分野において活躍が望めます。
定員 40名
(コンテンツ学科総定員)
年限 3年
学費 初年度納入金
1,390,000円

アート学科

イメージクリエイションコース

概要 ジャンルにとらわれない表現方法を駆使したアートや制作について学び、世界に通用するアーティストを目指すコースです。フィギュアや立体造形・映像・パフォーマンスなど、様々な表現方法によるアートを学習。好きなものや興味のある事から、各自表現したいテーマを決めて作品を制作します。課題をこなしながらアーティストとしての独り立ちを目指し、世界に通じる独自の表現方法を追求します。
1年次前期は全学科共通の基礎科目を、後期からは専門基礎科目を学びます。2年次は現代アートの考え方を学び、平面表現・立体造形・フィギュア・映像・プロジェクションマッピング・ライブアートなど様々なワークショップを経験します。3年次は各自の研究テーマに沿った作品制作を外部へ発表しながら表現者として自立できる力を養成します。
卒業後は独創的なアイディア、多彩な表現方法を生かし、幅広い分野で活躍。
グラフィック・WEBといった各種デザイン関連企業、アニメーション・カメラスタジオ・映像制作会社などに就職が可能です。また、映像・立体・彫刻・イラスト・ペイント・写真・パフォーマンスなど、幅広い分野でアーティストとしても活躍しています。
定員 40名
(アート学科総定員)
年限 3年
学費 初年度納入金
1,390,000円

絵画表現コース

概要 絵を通して自分の意識や社会と向き合い、自分の表現を確立し、絵を生かして社会で生きることを学ぶコースです。
絵画の歴史や意味を学びます。同時に、制作を通して絵を描く技術や表現の多様性を学び、自分らしい絵の表現を確立していきます。同時代の文化の中で、自分の絵をどのような方法で生かすことができるのかを発見して、絵を描き発表することで積極的に社会に参加して生きる道を探っていきます。
多様な形式による表現を学びながら、自分の表現傾向を知り、適した方法で活躍できる技量を身につけていきます。
卒業後は絵画表現の知識と技術を生かして各方面で活躍。
画家、イラストレーター、絵本作家、版画家など、絵画の知識を生かしたあらゆる方面での活躍を望めます。また、画材店での勤務や美術画廊での勤務など、絵画の知識を生かした就職も可能です。
定員 40名
(アート学科総定員)
年限 3年
学費 初年度納入金
1,390,000円

研究科

備考 ※学習経験者対象
概要 本校卒業生や他の美術系大学、専門学校卒業生を対象に、自分の専門性をより深めていくこと、また専門性をさらに拡げて学習展開していくことを目的として設置されています。具体的には、年間の研究テーマを設定して担当の先生と相談しながら必要な授業を受講し、学習を進めていきます。年間2回から3回の成果発表を行っていきます。
必要な語学力のある希望者はフランス『国立高等装飾美術学校(ENSAD)』に短期留学が可能です。高い水準を誇る美術学校に正規交換留学生として在籍。専攻分野の学びをベースに、魅力溢れる環境で文化や歴史を体感しながら、より広いクリエイションの可能性を追究できます。
定員 40名
対象 男女
年限 1年
学費 初年度納入金
790,000円
本校卒業生の場合は690,000円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

(2017年3月卒業生実績)

  • (株)カプコン
  • (株)バンダイナムコスタジオ
  • (株)スクウェア・エニックス
  • いすゞ⾃動⾞(株)
  • 東映(株)特撮研究所
  • (株)⼩学館スクウェア写真事業部
  • (株)DMM.comラボ
  • (株)アトラス
  • Rejet(株)
  • (株)Live2D
  • (株)イマジカデジタルスケープ
  • (株)XEBEC
  • (株)コロプラ
  • (株)グレイ美術
  • 光⽂社サービス(株)
  • (株)パークグラフィックス
  • (株)バウハウス丸栄
  • 望⽉印刷(株)
  • プランニングオム(株)
  • ⽇本フォームサービス(株)
  • アクセルマーク(株)
  • ⽇本義⼿⾜製造(株)
  • (株)村上商会
  • (株)扇央社
  • (株)レイアップ
  • (株)メディアプラス
  • (株)フジシール
  • (株)ニックインターナショナルコーポレーション
  • (株)ツープラトン
  • (株)ゼロワン
  • (株)セカンド・サイド
  • (株)ジェー・シー・スタッフ
  • (株)ジェイスリー
  • (株)グレイス
  • (株)カタチ
  • (株)アド・エンジニアーズ・オブ・トーキョー
  • (株)アデックスデザインセンター
  • (株)アイドマ
  • (株)HONDA Progetta
  • (株) ピーエーワークス
  • (株)六⾯堂
  • (株)ランブルフィッシュ
  • (株)プラスディー
  • (株)ニチイ学館
  • (株)ニコー印刷
  • (株)テイ・デイ・エス
  • (株)スタジオ・ムンド
  • (株)グローウィン
  • (株)アイム
  • (株)Synk
  • …など

就職支援

■きめ細やかな就職サポートで夢を実現
3年制のアサビでは、自分のペースで余裕を持った就職活動を進めることができます。また、1年次より就職ガイダンスや就職相談を実施し、就職に対する意識を高めています。
履歴書の添削や模擬面接、ポートフォリオの制作指導などは担当者が全て個別に対応し、一人ひとりに対してきめ細やかなサポートで夢を実現しています。

各種制度

阿佐ヶ谷美術専門学校(ASABI)での学びを支援する各種制度のご紹介!

デザイン・美術の基礎からスタート

1年生は基礎学年、と位置づけられています。前期は20人ほどの少人数制クラスに分かれ、クラスごとにデザインと美術について幅広く学びます。
そして、後期からはデザイン系は視覚デザインコース・リビングプロダクトデザインコース、コンテンツ系はキャラクターデザインコース・映像メディアコース、アート系はイメージクリエイションコース・絵画表現コースの合計6コースの中から自分の希望に合ったコースを選びます。
2年生に進級する前に、再度自分の進路がそのコースで良いかを確認したのち、改めてコースを決定します。そして3年間をかけてクリエイターやアーティストとして必要な技術や考え方を学び、自己実現を目指します。
さらに1年、研究科に進学して、より学習を深めることもできます。

誰でも自由に使える施設と設備

自分の選んだ専門科目以外に、自分の学びたい科目が自由に選べる学術造形科目があり、幅広い分野での学習が可能です。
授業を行う「教室での学び」と、さまざまなスキルを磨くことができる機材の揃った「工房での学び」を両輪に、より学習を深めていきます。
「工房」には、写真の現像ができる写真工房や写真のスタジオ、映像制作が可能な映像工房や、シルクスクリーン版画や銅版画が制作できる版画工房、木工作業ができる木工房があります。
アサビは全日制なので、学校内の設備を夜20時まで自由に使うことが可能です。また、これらの工房は卒業後も使用が可能です。卒業してからも、学校とのクリエイティブな関係は続いていきます。

創立73周年の歴史と伝統

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」監督の山崎貴さん(1983年)、映画「アンフェア」監督の佐藤嗣麻子さん(1983年)、「牙狼」シリーズ監督の雨宮慶太さん(1978年)や、映画「シン・ゴジラ」のゴジラキャラクターデザイン・造形担当の竹谷隆之さん(1982年)、マンガ「I's」作者の桂正和さん(1982年)、ゲーム「バーチャファイター」のキャラクターデザインを担当するイラストレーターの寺田克也さん(1982年)など、幅広い分野で数多くの卒業生が活躍。在校生も海外のコンクールに作品を発表したり、地域商店会の活性化プロジェクトに参加するなど積極的に活動しています。卒業生からの独自求人があるのも特徴で多数の内定者を出しています。

クリエイティブな仲間が集う中庭

新宿から地下鉄で10分というアクセスの良さは、校外学習や就職活動に最適な環境。しかも高円寺周辺の町の雰囲気や中庭のある独特な空間等が数多くのクリエーターやアーティストを輩出する事に影響を与えています。
プロジェクションマッピングや作品の講評会も行われ、発表の場としても機能しています!

入学者全員にパソコン(Apple社製)無償貸与

本校では入学と同時にパソコン(Apple社製)無償貸与しています。貸与されたパソコンは卒業時に本人のものになります。
※2020年度入学予定者まで

学びの分野/学校の特徴・特色

阿佐ヶ谷美術専門学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 芸術・表現・音楽

阿佐ヶ谷美術専門学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 建築・土木・インテリア
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

阿佐ヶ谷美術専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 学費返還制度
  • 納入期限延期制度
  • 海外研修・留学制度
  • インターンシップ
  • 最寄駅より徒歩圏内
阿佐ヶ谷美術専門学校の学部・学科情報はこちら

阿佐ヶ谷美術専門学校の所在地

本校

所在地

〒166-0011
東京都杉並区梅里1-3-3

交通機関・最寄り駅

新宿駅より東京メトロ丸ノ内線で10分。
「新高円寺」駅下車 梅里方面出口より徒歩5分。

阿佐ヶ谷美術専門学校のお問い合わせ先

入学相談室

電話 03-3313-8655
FAX: 03-3313-8658
Mail: info@asabi.ac.jp

  • 学校No.2989
  • 更新日: 2018.11.28