成蹊大学の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

成蹊大学 PRイメージ

伝統の少人数教育で、「教養ある豊かな人間性」を育む

成蹊大学は、教育者・中村春二が1912年に創立した成蹊実務学校を源流とし、創立当初から承け継がれる「少人数による個性尊重の人格教育」の伝統は、現在においてもゼミや研究室、キャリアサポートにいたるまで活かされています。「就職に強い成蹊」と呼ばれる所以には、学生と教員との距離が近く、そのもとで育まれる個性や能力が社会に高く評価されていることが挙げられます。
また、文系・理系全学部の学生が4年間を東京・吉祥寺の地で共に過ごす「ワンキャンパス」-風格ある建築物とけやきの緑に囲まれたキャンパスで、新たな仲間との出会いや、さまざまな学問との出会いを通して幅広い視野と知識を得ることができます。成蹊大学では、学生一人ひとりが成長していくための豊かな環境を整えています。

成蹊大学 PRイメージ1
成蹊大学 PRイメージ2
成蹊大学 PRイメージ3
成蹊大学 PRイメージ4
成蹊大学 PRイメージ5
成蹊大学 PRイメージ6

トピックス

2017.03.03

オープンキャンパス開催日

2017年度のオープンキャンパスは、下記の日程で開催します。

【開催日程】
・8月5日(土)、8月6日(日)
・10月1日(日)
・11月19日(日)(大学祭期間中)


・事前の申し込みは不要です。
・時間内入退場自由です。
・実施するイベントは日程により異なります。

【イベント内容(予定)】
■成蹊大学ガイダンス
■体験講義
■学部・学科ガイダンス
■AOマルデス入試ガイダンス
■保護者向けガイダンス
■学生トークライブ
■一般入試対策講座
■一般入試突破体験談
■キャンパス見学ツアー
■理工学部研究室公開・展示
■教職員・学生による個別相談コーナー
■資料配布コーナー
■専用学生寮内覧会

2017.03.01

受験生専用サイト「S-NET」

成蹊大学では入試情報サイト「S-NET」を開設しています。オープンキャンパスや入試に関するお知らせのほか、入試センタースタッフから受験生のみなさんへ情報発信をしています。

【S-NET】
http://www.seikei.ac.jp/s-net/

募集内容・学費(2017年4月実績)

成蹊大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

経済学部

経済経営学科

概要 成蹊大学経済学部は、経済学と経営学を合わせて学ぶ1学科制。経済学、経営学を総合的に学ぶことで、高度な専門性を持ち、現代社会の多様な課題を見つけ、解決できる、時代にふさわしい知識と良識を兼ね備えた人材を養成します。学生個人の目標に応じ、専門分野を学び進める「スペシャリストコース」は、「経済政策」「経営心理」「キャリア開発」「企業戦略」「金融ファイナンス」「企業会計」「地域デザイン」の各コースから選ぶことができます。また、データ分析力とコンピュータを用いたプレゼンテーション力を養い、ビジネスに直結する実践的なスキルを身につける「情報分析プログラム」を設置。高度な専門的技能を身につけるための選抜制の特別プログラムとして、意欲のある学生が多数所属しています。
募集内容 定員:480名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

法学部

法律学科

概要 法律学は、社会で人間が共存していくためのルールを研究する学問だと言えます。リーガルマインド(法的思考能力・判断力)を育み、人間社会におけるさまざまな利害や価値観の対立を公正な視点から分析、解決する深い専門知識と広い視野を身につけ、柔軟かつ合理的に法的思考力を発揮できる人材を育成します。少人数授業やゼミ(演習)が1年次から4年次にいたるまで充実しているほか、法律や政治を幅広く学べるよう、法律・政治双方の学科で受講できる科目を多く設置しています。
募集内容 定員:275名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

政治学科

概要 政治とは、ともに社会をつくる人々が抱える問題に対処するために、集団として意思決定し、その決定を実行することです。政治学科では、この営みを立体的に理解するために、各国の政治・国際関係の歴史的展開と現状、その背後にある政治思想を多角的に学び、個人と社会、個人と組織の関係を円滑にし、集団がよりよい方向へ進むための知の力を身につけます。また、1年次から始まるゼミ(演習)では、地方自治体などの身近なところから地球規模にまで広がる多様な問題の中から掘り下げて研究し、批判的・論理的思考力、課題探求・問題解決力、コミュニケーション力などを養います。世界を見通す確かな分析力と未来を構想する豊かな想像力を身につけた国際感覚豊かな人材を育成します。
募集内容 定員:155名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

文学部

英米文学科

概要 英語という言語を通して、アメリカやイギリスなどの英語圏文化や歴史を「人種」「ジェンダー」「階級」などの視点から学び、人間に対する深い興味と観察力を育成します。国際感覚を持って人間を見つめる視点を養い、自分の考えを正確に表現できる国際人を目指します。1年次から4年次まで必修の少人数のゼミ(演習)では、多彩な分野やテーマの選択が可能で、徐々に関心を絞り込みながら、調べる、読む、書く、発表するといった技能も段階的に高めていきます。また、ネイティブスピーカーの教員による英語を使用した授業や、通訳や翻訳の実践を取り入れた科目、英語教員養成に特化した授業など、多彩な英語教育を行っています。
募集内容 定員:130名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

日本文学科

概要 日本文学や日本語を深く考察し、それらを体系的に理解することがこの学科の目標です。1年次は、日本文学、日本語の概略やおもしろさを理解するための基礎的能力を身につけます。2年次では、学科の3本柱である「古典文学」、「近・現代文学」、「日本語学」という3分野をすべて学びます。3年次からは、専門ゼミが始まり専門テーマを掘り下げ、4年次までの2年間にわたり深く追究していきます。日本語の文法や構造、各時代の日本文学を学ぶ専門科目のほかに、「話す」、「書く」、「漢字」、「コンピュータ」の各分野において高度な日本語能力を身につける科目や、日本文化をさまざまな角度から扱う科目から、「世界の中の日本」を深く探究することができます。
募集内容 定員:90名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

国際文化学科

概要 国際文化学科では、世界の多様性を理解することで視野の広い豊かな国際感覚を身につけ、人間の本質に迫ることを目指しています。1年次では、学科の3領域(国際関係研究、文化人類学、地域文化・歴史)の基礎を学びます。2年次は、その3領域について詳しく学び、関心あるテーマを絞ります。3・4年次では、研究テーマを深く掘り下げ、卒業論文にまとめます。また、4年間を通じ、実用的な英語力の養成を重視するほか、情報処理能力やコミュニケーション能力など、国際社会で活躍するための実践的スキルの向上にも力を入れています。
募集内容 定員:110名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

現代社会学科

概要 家族や都市、地域社会、環境、福祉など、現代社会に存在するさまざまな問題について、社会学の手法を用いながら探求するとともに、メディアや情報と社会との関係を、コミュニケーション研究の手法を用いながら探求します。1年次では、現代社会のテーマと分析の方法論を学び、2年次から「社会学」「コミュニケーション・メディア研究」の2つの専門領域を体系的に学び、専門知識を学びます。3・4年次では、専門領域のための概念、方法、考え方などを身につけます。身近な事柄への問題意識から出発し、フィールドワークやアンケート調査など、実証科学の手法によってより高度で専門的な分析手法、研究法を実践していきます。
募集内容 定員:110名
年限:4年
学費:1,235,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

理工学部

物質生命理工学科

概要 物理・化学・生物を3本柱とする総合理工学科です。基礎力を向上させ、知識基盤を固めた上で、専門分野に進めるカリキュラムが設定されています。1年次では、数学、物理、化学、生物をバランスよく学びます。2年次では各種の実験により必要な技法を修得すると同時に専門分野に共通する主要科目を幅広く履修し、3年次には多彩な科目群から専門知識を高め、後期より「物質・ナノサイエンス」、「化学・ライフサイエンス」、「環境・エネルギー」の分野から自分の興味に合わせて研究室を選択します。4年次では配属研究室において一人ひとりが卒業研究テーマに取り組み、技術者・研究者として社会で貢献できる力を身につけます。
募集内容 定員:130名
年限:4年
学費:1,680,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

情報科学科

概要 「知の伝達と共有」をテーマに、コンピュータ・情報処理技術に関するあらゆる領域を包括して学びます。コンピュータサイエンスを中心に、コンピュータエンジニアリングとインフォメーションシステムをバランスよく学修しながら、ネットワーク構築、画像・音声の処理加工にも視野を広げ、総合的な知識を獲得します。情報科学科の教育研究内容は「システムソフトウェア・ネットワーク」「メディア技術」「情報数理」の3分野から構成されています。基礎理学(数学・物理・化学)および、プログラミングの講義と実験をカリキュラムの中心に据え、少人数の演習によって実践的スキルの修得にも力を入れています。
募集内容 定員:130名
年限:4年
学費:1,680,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

システムデザイン学科

概要 実社会における問題は正解がひとつとは限りません。そのような問題に工学的なアプローチによって対処する高い問題解決能力を身につけるため、システムデザイン学科には2つの大きな特徴があります。1.「マルチコース制」の導入。3年次前期に「機械システムデザイン」・「エレクトロニクスデザイン」・「ロボティクスデザイン」・「経営システムデザイン」の4コースのうち、2コースに所属します。自分の専門性を明確にすると共に、複数の専門を持つことにより複合技術が必要な問題にも対処できる能力を身につけます。2.「プロジェクト型科目」による理論の実践。学生たちがチームを組み、所定の条件を満足する製品を企画、設計、製作し、最後に製作物のプレゼンテーションと性能評価を行います。
募集内容 定員:130名
年限:4年
学費:1,680,000円(初年度納入金)
(2017年4月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • (株)三菱東京UFJ銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • (株)三井住友銀行
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • 三井住友海上火災保険(株)
  • 野村證券(株)
  • 三菱商事(株)
  • 三井物産(株)
  • 丸紅(株)
  • (株)三越伊勢丹
  • キリン(株)
  • キューピー(株)
  • 森永乳業(株)
  • カゴメ(株)
  • (株)日立製作所
  • 富士通(株)
  • 三菱電機(株)
  • パナソニック(株)
  • 日産自動車(株)
  • 本田技研工業(株)
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • 東海旅客鉄道(JR東海)
  • 日本航空(株)
  • 全日本空輸(株)[ANA]
  • 東日本電信電話(株)[NTT東日本]
  • (株)NTTドコモ
  • 清水建設(株)
  • 新日鐵住金(株)
  • (株)東芝
  • ソニー(株)
  • 大日本印刷(株)
  • 凸版印刷(株)
  • (株)バンダイナムコエンターテインメント
  • JTBグループ
  • 会計検査院
  • 財務省税関
  • 厚生労働省労働基準監督局
  • 防衛省
  • …など

就職者数実績(2016年3月時点)
就職希望者数1,565名/就職決定者数1,476名

就職支援

教員との距離が近い少人数教育の環境下で育った卒業生が存在感を示して各分野で活躍することにより、社会から評価を得ています。長年にわたり成蹊大学と企業との間で築き上げられた相互の信頼関係により、成蹊大学に限定された求人情報も多数寄せられています。少人数教育の伝統と卒業生の活躍、企業との信頼関係に基づく着実な就職実績により、「就職に強い成蹊」として評価されています。
成蹊大学のキャリア支援センターでは全学生を対象に、1年次からキャリア教育科目を開講。「全ての学生が自身の適性を活かし、なおかつ成長できる企業へ就職すること」を目標に、個性や適性に応じた少人数教育と、学生一人ひとりの将来を見据えた個別相談を伝統的に行っています。また、インターンシップへの参加を積極的にサポート。興味がある分野について理解を深めるだけでなく、新しい分野に目を向けるきっかけにもなります。また就職活動に向け、自己を見直す経験としても有意義です。なお、インターンシップ科目を履修登録することで、企業・官公庁でのインターンシップを単位認定することも可能です。

各種制度

成蹊大学での学びを支援する各種制度

伝統の少人数教育で、「教養ある豊かな人間性」を育む

創立以来、大切にしてきた「個性尊重の人格教育」の精神を具現化したものが、ゼミ(演習)での学びです。専門分野を持つ教員のもと、10人から15人程度の学生が発表や議論を通して個性を伸ばし合いながら学ぶ、双方向対話型の授業です。また、文系・理系全学部がワンキャンパスで学ぶ総合大学ならではの取り組み「成蹊教養カリキュラム」では、全学部で実用的な英語力を着実に身につける科目を必修とするほか、経済・法・文学部の各学部では4年間を通してゼミを開講。理工学部でも3年次後期という早い段階から研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。少人数の環境を通じ、問題発見解決能力やコミュニケーション能力を養います。

東京・吉祥寺。伝統美と近代美が共存する緑豊かな「ワンキャンパス」

新宿や渋谷などへ約20分と、交通アクセスが抜群で「住みたい街」で上位にランクされる人気の街・吉祥寺に成蹊大学は立地します。文系理系すべての学生が一つのキャンパスで4年間を過ごすため、学部や学年を超えた人間関係を築くことができるほか、教員との距離も近いため、幅広い分野を自分の納得のいくまで学ぶことができます。また、スポーツ施設などがキャンパス内にあることから、勉強や研究に加えて、課外活動にも力を注ぐことができるのも成蹊大学の魅力です。緑あふれるキャンパスには、大正時代の建築物である学園本館のほか、2008年度グッドデザイン賞を受賞した情報図書館などの建物が点在します。

4年間の成長を支える基礎を築く「プレ・ターム」

成蹊大学は、入学直後の半年間を「プレ・ターム(始動学期)」と位置づけ、4年間を有意義に過ごすための新入生向けの特別プログラムを編成しています。そこで実施される取り組みは、幅広い分野への興味・関心を喚起し、自発的に学び、周囲に向けて積極的に発言する姿勢を育みます。さらに自分の個性や魅力を知ると同時に、自分と社会とを客観的にとらえる視点を養います。こうした学修を通じて、社会に出るために必要なことを考えながら、卒業まで着実にステップアップをするための基礎力の形成を図ります。

豊かな知性と感性を育む全学部共通の「成蹊教養カリキュラム」

学生の個性を見つけ伸ばすための少人数教育は成蹊教育の原点です。これを根幹に据えながら、グローバル化時代にふさわしい文理の枠を越えた幅広い教養と確かな英語力の修得を目指します。
「成蹊教養カリキュラム」は、文系・理系すべての学部がワンキャンパスに存在する成蹊大学の利点を活かした、全学部共通で文理融合のカリキュラムです。文系・理系双方の視点をもつことが可能になり、多角的な視点と柔軟な思考力が身につきます。

大きな特色としては

1、社会で使える英語を身につける
2、文系・理系を越えた、幅広い視野と知識の修得
3、社会人としての必要なコミュニケーション能力の育成
4、「コア科目」と「発展科目」により段階的な学修が可能

これまで承け継がれた学部の専門教育と、教養カリキュラムの融合で、現代社会をリードする人材を育成します。

国際教育

グローバル社会で活躍できる人材を育成するために、「英語教育」と「異文化理解」の二つを国際教育の柱としています。新入生の早い段階で留学の機会を提供する「サマースクール」は、実体験を通して異文化理解やコミュニケーション能力の必要性を感じることに主眼をおいています。また、習熟度を考慮したクラス編成で体系的・段階的に英語を学び実践的な英語力を身につける“ASSET-PROGRAM”は全学部の学生が受講します。加えて、グローバル化された現代において新たな価値を創造し、社会に貢献できる人材を育成する学部横断型の「成蹊国際コース」の設置など、英語での学習を基本とし、学習意欲と向上心の旺盛な学生に対し、学部の枠を超えてお互いに切磋琢磨し合える学びの場を提供しています。このほか「国際教育センター」では、留学制度の充実を図っており、英語圏のみならず、フランスやドイツ、スペイン、中国、タイ、韓国など世界の約90大学への留学が可能です。

企業が注目。「就職に強い成蹊」将来を見据えた教育と卒業生の活躍

キャリア支援センターでは全学生を対象に、1年次からキャリア教育科目を開講。「全ての学生が自身の適性を活かし、なおかつ成長できる企業へ就職すること」を目標に、個性や適性に応じた少人数教育と、学生一人ひとりの将来を見据えた個別相談を伝統的に行っています。こうした環境下で育った卒業生が存在感を示して各分野で活躍することにより、社会から評価を得ています。長年にわたり企業との間で築き上げられた相互の信頼関係により、成蹊大学に限定された求人情報も多数寄せられています。少人数教育の伝統と卒業生の活躍、企業との信頼関係に基づく着実な就職実績により、「就職に強い成蹊」として評価されています。

課外活動

成蹊大学は全学部・全学年が共に過ごすワンキャンパス。そのためクラブや行事への参加もしやすく、学生のボランティア活動やクラブ・サークル活動も活発です。ラクロス部やラグビーフットボール部、水泳部などの運動系クラブから、地域振興、国際協力等のボランティアに取り組むサークルまで、その活動は多彩です。いずれも共通しているのは、すべて学生自らが積極的に行動しているという点です。
行事も、大学祭をはじめ成蹊レガッタや学内陸上競技大会など独自のイベントが満載。さらに成蹊大、学習院大、成城大、武蔵大が合同で開催する四大学運動競技大会など、他大学との交流も盛んです。

充実の奨学金制度

学生生活を多面的にサポートする成蹊大学独自の奨学金制度を充実させています。大学院生も含む約3人に1人が奨学金を利用しています。返済の必要がない給付型奨学金の割合が多いことも特徴です。
●独自の奨学金制度
成蹊大学学修支援奨学金、成蹊大学給付奨学金、成蹊大学地方出身学生支援奨学金、成蹊大学外国留学奨学金、成蹊会育英奨学金、清水建設奨学金、岡野奨学金、関育英奨学金、成蹊大学社会人入学生奨学金など
●留学奨学金制度も充実
短期協定留学奨学金、中期協定留学奨学金、長期協定留学奨学金、JSAFプログラム奨学金、成蹊学園三菱留学生奨学金、JSAFプレステージ奨学金

学びの分野/学校の特徴・特色

成蹊大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 総合・教養

成蹊大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

成蹊大学の所在地

所在地

〒180-8633
東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

交通機関・最寄り駅

JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)、京王井の頭線「吉祥寺」駅下車、北口バスのりば1・2番より関東バスで約5分/「成蹊学園前」下車。または徒歩約15分。
西武新宿線「西武柳沢」駅下車、関東バス「吉祥寺駅行」で約15分/「成蹊学園前」下車。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0422-37-3533

成蹊大学のお問い合わせ先

成蹊大学入試センター

電話 0422-37-3533
FAX: 0422-37-3864
Mail: nyushi@jim.seikei.ac.jp

  • 学校No.293
  • 更新日: 2017.05.01

成蹊大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

成蹊大学