西日本工業大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

西日本工業大学 PRイメージ

実践で技術をモノにしていく、工学部のものづくり 地域とともに創造していく、デザイン学部のものづくり

社会の基盤を固める「工学」の力と、社会を柔軟にしていく、「デザイン」の力。平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択され、工学とデザインの融合による地域の拠点づくり事業を展開。地域企業との連携プロジェクトや共同研究に積極的に取り組んでいます。
また、両学部を通じて、ガイダンス制度を導入。入学年度からの徹底した就職支援も実施しており、自信を持って社会で活躍できるよう、就職・進学に向けてきめ細やかな個別指導を行っています。

西日本工業大学 PRイメージ1
西日本工業大学 PRイメージ2
西日本工業大学 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

第29回全⽇本ロボット相撲で優勝︕ 世界⼤会では第4位︕

⼯学部 総合システム⼯学科 電気電⼦⼯学系[武村研究室]の⽩⽯さん(3年)と脇⽔さん(4年)ペアのチーム『⻄⼯⼤マルす(ロボット名︓NITζωn)』が、平成29年12⽉17⽇(⽇)に東京 両国・国技館で開催された「第29回全⽇本ロボット相撲⼤会(出場台数約1300台)」に出場して⾒事優勝しました。そして、同⽇の午後に開催された「世界⼤会」に⽇本代表として参加し第4位の成績をおさめました。また、優勝を評価され⽂部科学⼤⾂賞を受賞しました。

2018.03.01

第19回福岡デザインアワードで学⽣プロジェクト⼊賞

COC事業の⼀環で本学デザイン研究所が進めてきた、学⽣プロジェクト「北九州×にじのはしプロジェクト」と「ポイ捨てごみアート」の2つが、第19回福岡デザインアワードで⼊賞しました。福岡デザインアワードへの学⽣プロジェクトの出展は初めてのことですが2作品とも受賞しました。

今回⼊賞した「北九州×にじのはしプロジェクト」は、北九州の⾵景に虹をかけ、北九州の魅⼒の再発⾒を創出するアートプロジェクトで、3年前から本学のデザイン学部と⼯学部が共同で実施してきました。「ポイ捨てごみアート」は、COCプロジェクトの「こくらハロウィン」の⼀環で考案されたアートイベントプロジェクトで、ごみが散乱しがちなイベント会場に、アートごみ袋とゴミ箱を設置し、参加者に楽しみながら清掃を⾏ってもらおうというアイデアです。

また、本学デザイン学部情報デザイン学科の中島教授(デザイン研究所・所⻑)が、北九州市との連携第⼀弾プロジェクトとして学⽣とともに取り組んだ、CYE開発の「Kita Kyun Sugar」が今回の福岡デザインアワードで⾦賞を受賞しています。

2018.09.07

松本清張記念館20周年コラボ事業

デザイン学部 情報デザイン学科の趙准教授とゼミ生(3年生)が、株式会社アダチの協力のもと、松本清張記念館の20周年コラボ事業としてオブジェを制作・展示しました。完成したオブジェは、横から見ると数字の「20」が現れるように作られています。約5カ月間かけて正面の顔と数字が綺麗に見えるように試作を繰り返しました。

2018.03.01

福岡モーターショー2017学⽣製作⾞両展に「NIT Formul a」が出展

平成29年12⽉に開催された「福岡モーターショー2017」の学⽣製作⾞両展に、本学科学技術活動団体「NIT Formula」が出展しました。展⽰した⾞両は、「第15回全⽇本学⽣フォーミュラ⼤会-ものづくり・デザインコンペティション-」に出場した⼩型レーシングカーです。全⽇本学⽣フォーミュラ⼤会の審査種⽬には、「デザイン(設計)」審査があり、静的審査の中でも⾼い配点となっています。「NITFormula」は、平成27年に結成されたチームで、2年間かけて⼤会出場の準備をし、⾞両制作に取り組みました。

2018.03.01

福岡県景観⼤会で、バーチャルリアリティの美しいまちづくり を実演

福岡県と福岡県美しいまちづくり協議会が主催する盛大なイベント「第11回福岡県景観大会」に、本学工学部 総合システム工学科 土木工学系の周研究室が参加し、VR(バーチャルリアリティ)で3次元の美しいまちづくりの研究発表と実演を行いました。

今回の景観大会には、行政62団体、大学7団体、NPO等の民間団体72団体と事業所1団体の計142団体が参加。周研究室は道路景観についての研究発表を行い、会場のステージで来場された多くの市民と対話をし、皆さんから美しいまちづくりの様々なアイデアを受け、パソコンと3D景観ソフトを使用して、市民のアイデアを反映したまちの景観CG動画を作成しました。大きなスクリーンで作成した綺麗な景観を鑑賞し、大変良い評価を受けました。本学の土木工学系はまちづくり協議会に協力し、より美しいまちの景観の形成に貢献していきます。

募集内容・学費

西日本工業大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

工学部

総合システム工学科

系列名 ●機械工学系-(各コース:機械/機械設計/設備保全)
●電気情報工学系-(各コース:電気電子/知能制御/情報)
●土木工学系-土木環境コース
概要 機械工学、電気電子情報工学、土木分野に関する専門知識や専門技術を身につけた技術者を育てるとともに、工学に対する広い視野を持つ人材育成を目的とした独自のカリキュラムを編成しています。実験・実習で専門基礎科目を学び、3DCADなどの最先端技能を習得。企業との産学連携や共同研究を通じて、実践的なものづくりを学びます。現代の技術開発におけるニーズに対応し、専門的な知識と幅広い視野を持った人間性豊かな技術者、環境にやさしい技術開発が出来る技術者の育成を行っています。
定員 230名
(2018年4月実績)
年限 4年
学費 初年度納入金:1,416,100円
(2019年4月予定)

デザイン学部

建築学科

概要 キャンパス自体が世界的建築家の"作品"。文化の中心地で、さまざまな刺激を受けられる教育環境です。現代建築の根幹をなす2大要素=技術とデザイン。相互に発展していく両者の知識を、幅広く修得します。建築設計演習をカリキュラムの中心にすえて、「意匠」「計画」「環境」「構造」など、建築に関わるあらゆる分野を総合的に参照しながら学習を進めていきます。建築の世界の第一線で活躍するOBによる講義や、地域の商店街を対象とした設計課題に取り組むなど、将来の仕事と直結した実践課題を実施しています。
定員 75名
(2017年4月実績)
年限 4年
学費 初年度納入金:1,416,100円
(2019年4月予定)

情報デザイン学科

概要 グラフィックデザイン・WEBデザイン・映像・CG・ゲーム・プログラミング・プロダクトデザイン・人間環境デザインなど、デザインに関する幅広い分野を総合的・横断的に学ぶことが出来ます。
また、プロのデザイナーになる為の実技教育のみではなく、デザインをプロデュースしたり、デザインをビジネスに活用する人材育成にも力をいれ、実社会で役に立つデザイン力を幅広く学ぶことができます。
定員 45名
(2018年4月実績)
年限 4年
学費 初年度納入金:1,416,100円
(2019年4月予定)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績より一部抜粋

  • JFEスチール
  • 日鉄住金環境
  • 山九
  • 山九プラントテクノ
  • サカエ理研工業
  • スガテック
  • 富士岐工産
  • 九州ホイール工業
  • 長崎船舶装備
  • 九電工
  • 関電工
  • 中電工
  • きんでん
  • 岡野バルブ製造
  • 三井ハイテック
  • 西部電気工業
  • 日本電設工業
  • CTCシステムマネジメント
  • NSWテクノサービス
  • 日本データスキル
  • 岡住工業
  • 五洋建設
  • フジタ道路
  • ミライト
  • 九鉄工業
  • あおみ建設
  • みらい建設工業
  • 日米電子
  • 若築建設
  • イチケン
  • フジタ
  • ファースト住建
  • 大東建託
  • 日鉄住金テックスエンジ
  • 井筒屋
  • TOTOメンテナンス
  • 日本コンピュータ開発
  • 筑邦銀行
  • 明治安田生命
  • …など

就職支援

■就業力向上教育 
企業が求める人材を育てる「就業力」教育。学生が社会でいきいきと活躍し、産業に貢献できる力=“就業力”を高めることを目指し、「社会的・職業的自立に関する教育」と「産業界が求める即戦力を育てる高度技術者教育」を行っています。
■就職支援 
学生一人ひとりに対する徹底した個人指導を実施。履歴書の書き方をはじめ、自己PR、面接での心構えといった基本的な指導もマンツーマンで行っています。

各種制度

西日本工業大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

ガイダンス教員が一人ひとりをサポートします。

本学が開学以来導入している「ガイダンス制度」。いわゆる“担任制”では、授業・修学に関する問題から日常生活まで、気軽に相談することができるガイダンス教員が一人ひとりをサポート。
在学中の勉強計画や各種資格取得、就職・進学を視野に入れた人生設計まで、あらゆることを細かく指導。個人面談も行うなど、一人ひとりの希望や考えを把握した上で的確なアドバイスを行っています。

一人ひとりのレベルに合わせた指導を実施

入学時に数学や英語のプレスメントテストを実施。習熟度別にクラス編成を行い、基礎から指導します。
大学院進学希望者を対象とした特別講義や、教員免許取得希望者を対象とした特別教育も実施するなど、授業以外にも学生それぞれのニーズに合わせた指導を行っています。

就職に役立つ資格取得を応援

各学科の専門科目に加え、教職課程の科目を履修し修得すると、最大で4種類の教員免許状[高等学校教諭一種(数学・工業・情報)、中学校教諭一種(数学)]を取得することができます。また、学科ごとの積極的な取り組みを通じて、機械設計技術者3級や第一種・第二種電気工事士(国家資格)、3次元CAD利用技術者などの資格取得を支援。平成26年度・平成27年度は第三種電気主任技術者国家試験の合格者を、平成29年度は、応用情報技術者試験(国家資格)の合格者を輩出しました。頑張る学生たちのために、特定の資格取得や検定を単位認定する制度も設けています。

チームティーチングで、きめ細かく丁寧な授業を

本学では、さまざまな授業や指導を複数の教員で担当する「チームティーチング」を取り入れています。
例えば工学部の実験では、複数の教員が入ることで少人数のきめ細やかな指導体制を確立。一人一人が実験装置や機器に触れながら実習体験をします。また、デザイン学部の演習科目では複数の視点からアドバイスを受けることができます。
より丁寧な指導を受けられることはもちろん、多くの意見や視点に触れることで学生自身の視野やスキルの幅を広げることにもつながっています。

学生の“やりたい!”活動を徹底的にサポート

大学の専門的な学修の中で身につけつつある自分の力を、早く社会に役立てたいと考える学生のために、ボランティアや社会貢献活動などの課外活動の場を紹介しています。
また、「エコデンカー」や「フォーミュラ」「ロボット」などに関する自主的な学生の科学技術活動の支援や、地域を活性化させる様々なプロジェクト(PBL型課題解決学習)を実施したり、街おこしの手伝いやチャリティーイベントにも積極的に参加する学生をサポートしています。

特別奨学生等の指導体制

4年間にわたり、大学院進学も視野に入れた数学や英語の特別授業、専門性・キャリアに特化した指導など、各学部(学科)の特徴に即したカリキュラムによる指導を実施します。

学びの分野/学校の特徴・特色

西日本工業大学で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 芸術・表現・音楽

西日本工業大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場
西日本工業大学の学部・学科情報はこちら

西日本工業大学の所在地

おばせキャンパス(工学部)

所在地

〒800-0394
福岡県京都郡苅田町新津1-11

交通機関・最寄り駅

JR日豊本線「小波瀬西工大前」駅で下車すぐ。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-23-1491

西日本工業大学のお問い合わせ先

企画広報課

NTTフリーダイヤル 0120-23-1491 / 電話 0930-23-1591
FAX: 0930-24-7900
Mail: nyusi@nishitech.ac.jp

その他お問い合わせ先

小倉キャンパス
〒803-8787 福岡県北九州市小倉北区室町1-2-11

  • 学校No.2712
  • 更新日: 2018.09.07

西日本工業大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

西日本工業大学