駒沢女子大学の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

禅の精神を基盤とした学びで、教養力・人間力・実践力を養成します。

本学は、道元禅師の「正念」と「行学一如」を禅の精神の基盤として「国際化・情報化の進展、女性の社会参加の拡大など、急速な社会構造の変化にのぞみ、十分に自己を実現し、新しい文化の創造的担い手となる人間性豊かな現代女性を養成すること」を教育の目的としています。「正念」とは、自分中心の偏りやこだわりを捨て、物事を正しく見つめること。「行学一如」とは、実践することと学ぶことを一体化させること。それぞれの学群・学部での専門的な教育に加え、大学教育の根幹となる幅広い教養や基礎的な知識・技術を身につけるための科目を用意し、行動や判断の礎となる「教養力」、理性的かつ思慮に満ちた「人間力」、状況に応じて適切に行動できる「実践力」を養成します。

駒沢女子大学 PRイメージ1
駒沢女子大学 PRイメージ2
駒沢女子大学 PRイメージ3

トピックス

2017.05.16

2018年度より人文学部が人間総合学群に生まれ変わります!

2018年4月、人文学部が人間総合学群へ生まれ変わります。
人間総合学群では、 従来の学部よりも大きい区分けで学びをとらえ、学問分野の垣根にとらわれずに幅広い教育を行います。
学類とは、 学群の下にくる学びの区分けのことで、広い教養を身につけたうえで、各学類の専門性の高い教育を行います。
人間総合学群では1年次に共通して教養教育科目を幅広く学びます。
2年次に進級する際に希望する学類を再確認しますので、学類選択のチャンスは入学時と2年進級時の2回あります。

2017.05.16

2018年度より看護学部*を新設予定!(設置認可申請中)

2018年4月、看護学部看護学科を新設予定です(設置認可申請中)。敷地内に看護学の専用棟(4階建)を設け、実習・演習設備の準備をすすめています。看護学部では、看護の現場で活躍してきた教員による手厚い指導のもと、看護の専門知識や実践スキルを身につけます。また、駒沢女子大学は、新設予定の看護学部以外に、栄養学や心理学などさまざまな分野の学科・学類を併設しています。他学科・学類の学びの中で看護に役立つ科目をカリキュラムに含め、学科の枠を超えて、各学科・学類の専任教員が直接指導できる環境を整えています。これにより、看護関連の学びに加えて看護師として身につけておきたい教養、コミュニケーション力など、幅広い専門知識を身につけることができます。あらゆる健康レベルの人々、さまざまな背景を持つ患者さんと向き合える、優れた看護師をめざします。

*内容は予定であり、変更が生じる場合があります。

2017.05.16

WEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)参加者募集中!

オープンキャンパスで実施している模擬授業ではなく、大学生・短大生が普段受けている講義に高校生の皆さんが参加し、学校を自分の目で見極め、学びを体験することで、自分の進路選択に活かすための取り組みが「WCV」です。オープンキャンパスでは見られないありのままの学校の様子を知ることができます!

■実施日:7月17日(月・祝)海の日
     10月9日(月・祝)体育の日
■集合時間・集合場所:各日程とも9:10に本学入試センター
■参加費:無料。本学までの往復交通費、昼食は各自ご負担ください。
 南多摩駅からスクールバスを利用される方は事前に本学入試センターまでご連絡ください。
■募集人員:大学 人間総合学群/各回20名、大学 人間健康学部/各回10名、短期大学 保育科/各回10名
■お申し込み方法:本学ホームページにて
 http://www.komajo.ac.jp/uni/wcv/index.html
■問い合わせ:駒沢女子大学・短期大学 入学センター TEL:042-350-7110

募集内容・学費

駒沢女子大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

人間総合学群(18年04月開設)

人間文化学類

コース・専攻名 ●日本文化専攻
●人間関係専攻
●英語コミュニケーション専攻
概要 ●日本文化専攻
歴史、日本文化と禅文化、文学、言語について追究します。自ら考え発信する力を養い、社会で通用する教養力はもちろん、解決力、発信力を身につけられます。
●人間関係専攻
社会学、文化人類学、心理学、メディア研究と幅広く学び、人間関係のスキルを高め、女性として美しくしなやかに生きる力を養います。女性の身体文化や身体表現の観点からのコミュニケーション力育成のための授業も用意しています。
●英語コミュニケーション専攻
入学時からネイティブ教員のもと、実践的な英語習得により、TOEIC200点アップを目指します。「6か月留学プログラム」や「海外英語研修」といった実践的なプログラムもあります。
定員 170名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,365,650円(2018年度予定)

観光文化学類

概要 日本および外国の歴史・地理・文化・生活習慣を学び、国際的な教養を身につけます。加えて、ホスピタリティの「精神」から、旅行・ホテル業務に関する「実務」まで幅広く学んでいきます。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,365,650円(2018年度予定)

心理学類

概要 身近な心の問題から専門的な心のサポートまで、幅広く学ぶことができます。「スポーツ心理学」や「産業・社会心理学」「犯罪心理学」と取り扱う領域は広く、卒業後は、併設の大学院臨床心理学専攻へ進み、臨床心理士を目指すことも可能です。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,365,650円(2018年度予定)

住空間デザイン学類

概要 建築やインテリアデザインを中心に、家具や陶器、織物などのものづくりとともに、心地よい「くらしの環境」を幅広い視点で提案できる人材をめざします。充実した専門施設で無理なく建築やインテリアの専門知識やスキルを伸ばすことができ、各種専門資格にチャレンジすることもできます。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,365,650円(2018年度予定)

人間健康学部

健康栄養学科(管理栄養士養成施設)

概要 「食」や「栄養」を通して傷病者の療養や人々の健康維持・増進に寄与できる管理栄養士の育成を行います。栄養指導や栄養教育を行う対象者の身体的な健康状態はもちろんのこと、「こころ」にも十分な理解と配慮をもって健康の回復や維持・増進を支援することができるよう、「臨床心理学」や「心理学」を必修科目として位置づけ、専門科目との連携を図っています。心身両面から健康をサポートできる、1ランク上の管理栄養士を目標としています。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,479,720円

看護学部(18年04月開設予定)

看護学科

概要 看護にかかわる栄養学などの他学科・学類の学びもカリキュラムに含め、幅広い専門知識を身につけます。
看護の現場で自らの力で物事や状況の本質を見抜く看護スキルと高い教養を身につけ、自らの意思で行動できる力を育てます。
2018年4月開設予定(設置認可申請中)。内容は予定であり、変更が生じる場合があります。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,829,720円(2018年度予定)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • (株)三越伊勢丹
  • 日本赤十字社 山形県支部
  • みずほビジネスサービス(株)
  • (学)田中学園 水戸啓明高等学校
  • 住友生命保険相互会社
  • (株)スズキ自販東京
  • (株)キョクレイ
  • (株)スリーボンド
  • (株)山梨中央銀行
  • (株)星野リゾート
  • (株)東京都民銀行
  • (株)サマンサタバサジャパンリミテッド
  • (株)京王観光
  • ANAスカイビルサービス(株)
  • (株)JTB熊本リレーションセンター
  • 東日本旅客鉄道(株)
  • 旭化成ホームズ(株)
  • 日野市事務職員A(総合行政職)
  • ゴディバジャパン(株)
  • 日本郵便(株)
  • オリンパスメディカルサイエンス販売(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • (株)スペース
  • (福)恩賜財団 済生会支部 東京都済生会向島病院
  • (医社)沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院
  • 桐生地域医療組合 桐生厚生総合病院
  • 薬樹(株)
  • …など

就職支援

■一人ひとりときめ細かに対応

「進路総合センター」では、就職に関するセミナーや個別相談、また書類・筆記・面接の各選考の対策を行っています。さらに、勤労と社会貢献の仕組みを理解し、「働く意欲」を高めるために、社会に近接した、説得力ある情報を適切な時期に提供する支援プログラムも用意しています。本学には、学生の能力・性格・適性を熟知しているゼミ担当教員との連携をはじめ、一人ひとりときめ細かに対応できるサポート体制が整っています。

■充実した就職支援プログラム

キャリア指導は、早期からの必修・選択科目のほか各種講座を随時開催。集中講座やOG・内定者交流会、インターンシップ報告会、学内就活塾・学内面接会・バスツアーなども含め、基本を大切にしたさまざまな角度からの指導を実践しています。
さらに、基礎教養の強化や資格取得の支援、公務員対策、TOEIC得点力アップなど、ステップアップへの想いを学修支援センターとの連携によりサポートします。

各種制度

駒沢女子大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

Komajoグッドスタート・プログラム(GSP)

大学は、社会人として行動するための土台を築く大切な場です。放課後に開催されるこのプログラムでは、自立した女性として生活するときに役立つことを、実践的に学びます。マナー講座(学科別)、お化粧、クッキング、AED講習、護身術など、幅広い内容のプログラムが用意されています。

学修支援センター

学修支援センターでは、皆さんの大学での学びを有意義なものにするための支援を行っています。高校までの学習内容の定着に不安を感じている方は、いつでも相談に来てください。また、各種検定に対応した講座なども開催しています。

Komajoコンシェルジュ

「Komajoコンシェルジュ」は、学生生活全般に関する総合案内です。
質問や疑問、不安なことも、自主的な活動を通して、自分らしく充実した学生生活を送りたい!などなど。皆さんの様々な想いを、どこに行けば解決できるのか、探せるのか、情報を集められるのか・・・それを教えてくれる案内窓口です。
皆さんの声をお聞きしながら、学生生活をバックアップします。

奨学金

●学校法人駒澤学園 奨学金

本学独自の奨学金制度で、将来社会に貢献する有能な人材の育成に資することを目的に、駒沢学園創立80周年記念事業の一環として、平成18年度に設立されました。 「学校法人駒澤学園 奨学金」は、返還義務のない給付奨学金で、向学心旺盛であるが経済的理由により修学が困難な学生が、奨学生として相応しいと判断された場合に給付されます。給付額は年間授業料の半額以内で、期間は当該年度(1年間)に限ります。

●在学生スカラシップ制度

2年次以上の学生で入学後の勉学に精励し、優秀な学業成績を修めた者に対し、授業料を減免します。選考は、毎年度、大学が定める基準(前年度の学業成績および単位修得数や生活態度などの人物評価)により行なわれます。

学生相談室

学生生活を送る中で、みなさんはさまざまなことに出会います。困ったことが起きた時、誰に相談していいかわからない時、ゆっくり誰かに聞いてもらいながら何かを考えたい時、学生相談室においでください。学生相談室は皆さんの学生生活をサポートしています。
相談内容は勉強のこと、進路や就職のこと、友達や家族のこと、自分の性格、恋愛問題、アルバイトやハラスメント行為、ストーカーや悪徳商法の犯罪・法律問題など、どんなことでも大丈夫です。
もちろん、学生相談室で話されたことについては秘密を守ります。学生生活をより豊かなものにするために活用してください。

Komajo学内インターンシップ

「Komajo学内インターンシップ」は、学内の行事・イベントや学生支援サービスの企画・運営に「学生スタッフ」として参加するインターンシップ制度です。学生生活のなかで、社会参加活動に準じた有益な体験ができるよう、さまざまなメニューが用意されています。たんなる“お手伝い”ではなく、自分自身の社会的スキルをみがき、大学での学びの質を高めていただくことが目的です。

ボランティア活動

学生のボランティア活動への参加は、本学の建学の精神である「正念」「行学一如」を実践する教育機会であるといえます。本学では、地域との共同・共生を目指し、稲城市および稲城市教育委員会との連携を基軸に、サービス・ラーニングを主眼とする教育プロジェクトの一環として、学生のボランティア活動への参加を、大学全体の組織的・有機的な取り組みにより支援しています。
※本学のボランティアや国際協力に関する教育への取り組みは、文部科学省の私立大学教育高度化推進特別事業(平成19~21年度)に採択されました。

学びの分野/学校の特徴・特色

駒沢女子大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 工学・建築
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 生活・服飾・美容
  • 栄養・食物

駒沢女子大学で目指せる職種

  • 建築・土木・インテリア
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 語学・国際
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光

駒沢女子大学の特徴

  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス

駒沢女子大学の所在地

駒沢女子大学

所在地

〒206-8511
東京都稲城市坂浜238

交通機関・最寄り駅

●京王相模原線「稲城」駅下車、小田急バス「駒沢学園」行、「新百合ヶ丘駅」行、または「柿生駅北口」行にて約7分。小田急線「新百合ヶ丘」駅下車、小田急バス「駒沢学園」行、「稲城駅」行、または「稲城市立病院」行にて約20分。いずれも「駒沢学園」で下車。
●JR南武線「南多摩」駅下車、スクールバスにて約12分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

042-350-7110

駒沢女子大学のお問い合わせ先

入試センター

電話 042-350-7110
FAX: 042-331-1910
Mail: kouhou@komajo.ac.jp

  • 学校No.2306
  • 更新日: 2017.05.16

駒沢女子大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

駒沢女子大学