愛知学院大学の学部・学科紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

心理学部 心理学科

新しい時代にふさわしい、自由で可能性に満ちた心理学部へ。

愛知学院大学

ビッグデータ、AI、IoTなど情報技術の発展により、社会は大きく進化し、人々の生活や価値観も変化しつつあります。その変化は、人のこころにも大きな影響を及ぼしています。1970年の創設以来、臨床心理士・公認心理師をはじめとして多数の人材を輩出してきた本学科も、新時代の期待に応えて大きく進化。長い歴史のなかで培った確かな教育の伝統はそのまま生かしつつ、ビジネス・産業への活用も見据えた、これまでの概念を覆す新しい「心理学部」が誕生します。心理学の学びを強みとし、地域社会からビジネス、医療・教育福祉など、幅広い分野で活躍できる人材を育てます。


●心理学×データサイエンス
従来の心理学の領域を超えた幅広い学び。
心理学的実証データを有効活用し、ビジネスや産業、研究・開発分野において、活躍できる知識・スキルを身につけます。

●心理学×ヒューマンスキル
「ストレス」との上手な付き合い方や円滑なコミュニケーションを育む方法、
また他者を理解し、支えていくための専門的な知識・スキルなど幅広く身につけます。


【学びの特色】
① データサイエンスやビジネス領域を強化
「情報・ビジネス分野」の専門科目群を新設。心理学研究に不可欠な統計学のスキルに加え、マーケティングや組織のマネジメントへの応用が可能な心理学を学びます。

② 多文化共生社会への理解を深める
「多文化・共生分野」では、多様なバックグラウンドを持つ人々への理解を深める科目群が充実。グローバル化や価値観の多様化が進む現代社会で役立つ知識を身につけます。

③ ヒューマンスキルを身につける
ストレスに押しつぶされることなくポジティブに生きるための「ストレスマネジメント」や、円滑な人間関係を築くために不可欠な「コミュニケーションスキル」を磨きます。


【社会が求める3分野】
2年次に3つの専門分野を見わたした上で、興味やめざす進路に応じて1分野を選択します。幅広い視野を養うとともに、確信を持って専門分野に進むことができます。
また、3年次以降は選択した1分野の科目群を中心に専門的な学びを深め、各分野のスペシャリストをめざします。専門分野を決めた後も、他分野の科目を広く学ぶことができます。

◆多文化・共生分野
『他者を尊重する生き方とは』
世代の差、障がいの有無、LGBTQ+、外国にルーツを持つ人々。多様性のある社会で、自分とは“違う”特徴や価値観を持つ他者と共に生きるには、「なぜ違うと感じるのか」「違う他者をどうすれば理解できるのか」を考えることが重要です。
環境や社会状況がこころに与える影響を学び、寛容な社会を築く人材をめざします。

◆情報・ビジネス分野
『科学的知見を多様な産業に生かす』
人間の行動やこころを科学的視点で学ぶ心理学は、社会をより便利で快適にするビッグデータ・AI・VRなどの最先端の情報学や人間工学を発展させるために欠かせないものです。
ビジネスや産業の大切なパートナーである心理学を通して、研究や商品開発に大きく貢献する、人のこころに強いデータサイエンティストを育てます。

◆心理学実践分野
『心理臨床のプロとして多分野で活躍』
長年にわたって公認心理師や臨床心理士を育成・輩出した実績と経験に基づいて、心理的支援の理論とスキルを実践的に学びます。
本学大学院との連携も強化し、公認心理師は学部と合わせた6年間で受験資格が取得可能に。保健・医療・福祉・教育・産業などの分野で、こころに不安を持つ人を支える専門家を育てます。

こんな学問が学べます。

  • 心理学
  • 情報学

こんな職種が目指せます。

  • システムエンジニア(SE)
  • 臨床心理士
  • 産業カウンセラー
  • 公認心理師
  • 社会福祉士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 福祉の公的施設で働く人
  • 児童相談員(児童福祉司)
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 大学教授・准教授・講師
  • 特別支援学校教諭
  • スクールカウンセラー
  • 国家公務員
  • 公務員(一般行政職)
  • カラーコーディネーター
  • リサーチャー
  • 学校No.1665
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす