愛知淑徳大学の学部・学科紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

文学部 国文学科・総合英語学科・教育学科

人間探究を軸に創造的思考力を養成。中高教員免許と小学校教員免許のW取得を目指す

愛知淑徳大学

愛知淑徳大学の文学部は「人間探究」を基本理念としており、広い視野に立った課題探求能力を身につけ、実践力のある人材の育成をめざす、3学科を設置しています。

国文学科は、日本の古典文学、近・現代文学、国語学、中国文学を中心に学びます。文章表現力を鍛え、論理的な意見を組み立てる力を磨き、課題の発見から解決に至るまでを自分自身で導き出せる人材の育成をめざします。将来は国語科教員をはじめ、公務員、一般企業など幅広い分野での活躍が期待されます。

総合英語学科は、高度で実践的な英語運用能力を修得することはもちろん、英語を用いて国際社会で通用する意見表明やディスカッションができる能力を養います。少人数制・習熟度別のカリキュラムや、歴史的背景にも目を向けた授業、学科独自の海外セミナー、海外インターンシップなどによって鋭い国際感覚を身につけ、優れた職業人に求められる「総合的な英語コミュニケーション能力」の向上をめざします。

指導力や実践力を養うためには、現場での学びが欠かせません。教育学科では、人間性豊かな小学校教員や特別支援学校教員、生涯学習指導者などを養成する科目を開講するほか、多彩な体験学習を実施。教員としての専門的な知識を身につけ、実践を通して深い洞察力と柔軟な思考力を養います。

こんな学問が学べます。

  • 外国文学
  • 日本文学
  • 文芸学
  • 比較文化学
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 言語学
  • 国際関係学
  • 国際文化学
  • 教育学
  • 教員養成
  • 児童学
  • 保育・幼児教育

こんな職種が目指せます。

  • 客室乗務員(フライトアテンダント)
  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
  • 小学校教師
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 特別支援学校教諭
  • 司書教諭
  • 児童英語教師
  • 司書
  • そのほかの保育・こども系の職業
  • 語学教師
  • 通訳
  • 通訳ガイド
  • 翻訳家(ほんやくか)
  • 映画字幕翻訳
  • 外交官
  • 国連職員
  • 大使館スタッフ
  • バイリンガルスタッフ
  • 外資系スタッフ
  • 国際ボランティア
  • 青年海外協力隊員
  • 貿易事務
  • そのほかの語学・国際系の職業
  • 学芸員

人間情報学部 人間情報学科

加速するAI時代を背景に、心理学と情報学の視点で捉えた学びを展開

愛知淑徳大学

2023年4月、人間情報学部は「感性工学専攻」「データサイエンス専攻」の2専攻を新設予定(構想中)

感性工学専攻は、人間の感性とユニバーサルデザインの観点より、情報サービス・製品・空間等をデザインする能力、デジタルライフを提案・創造する知識を身につける「感性デザイン工学コース」と、AI、ビッグデータ、IoT、ロボットなどの技術を活用して社会の実現に貢献できる能力を養う「AI・情報システムコース」を設置します。

データサイエンス専攻は、心理学を中心に測定・評価・可視化できるスキルを磨く「心理科学コース」と、多種多様な分野のサービスに対して、統計学を中心とするデータ分析に加え、行動学、バイオメカニクス、数理モデルなどの知識を駆使して問題・課題が解決できる能力を培う「データ活用コース」を設置します。

感性工学とデータサイエンスの知識と技術で、持続可能なデザイン的発想とモノづくりの力、AI時代における社会的価値創造に貢献できる力、そして各種データの科学的分析・評価に基づくデータ戦略を立案し実行力を備えた人材を育成します。

こんな学問が学べます。

  • 人間科学
  • 心理学
  • 情報学
  • 情報工学

こんな職種が目指せます。

  • アプリケーションデザイナー
  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • データベース検索技術者(サーチャー)
  • Webデザイナー
  • Webクリエーター
  • CGクリエーター・CGデザイナー
  • 高校教師

心理学部 心理学科

人の心の仕組みを科学的に解明・理解し、人が人らしく生きられる社会の創造に貢献する

愛知淑徳大学

心理学と聞いて思い浮かぶのは占いや心理テスト、という人も多いのではないでしょうか。また、心に痛みを抱える人を支えるための学問を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。心理学の本当の姿―。それは、人の心の仕組みを科学的に解明する学問であり、その領域は皆さんが思っている以上にバラエティに富んでいるのです。

心理学には幅広い学問領域があります。人の心は複雑で、様々な領域が相互に作用しあっているため、一つの領域を学んだだけでは心の仕組みは深く理解できません。そのため、愛知淑徳大学心理学部では、1・2年次のうちに心理学の主要な4領域をコース分けせず幅広く学びます。「生理・認知心理学」では、人間が物事を認識するメカニズムを探究します。「社会心理学」では、さまざまな人間関係の中での心の働きを解明します。「発達心理学」では、子どもが大人になり、年齢を重ねていく心の変化を探ります。「臨床心理学」では、心に痛みを抱える人を支える知識の基礎を学びます。3年次以降は、自身の興味のある領域のゼミに所属し卒業研究に着手しますが、他領域も学び続けることができます。

また、科学である心理学の研究には実験や観察が欠かせません。仮説を立てて実験をし、結果を分析して発表、そこで出た新たな疑問を次の研究に繋げる、という心理学研究の一連の流れを専任教員が基礎から指導することで、徐々に難易度の高い専門的な研究が実施できるようになります。
この研究サイクルを修得することは、論理的思考力や問題発見・解決力、コミュニケーション力といった実社会で活かせる力の修得にも繋がります。卒業生の多くは心理学の知識や研究時に修得したスキルを活かし一般企業に就職。専門職を目指す学生には、愛知淑徳大学大学院 心理医療科学研究科 臨床心理学専修と連携し、公認心理師や臨床心理士の資格取得をサポートしています。

こんな学問が学べます。

  • 人間科学
  • 心理学

こんな職種が目指せます。

  • 臨床心理士
  • 公認心理師

創造表現学部 創造表現学科

自己表現力と情報発信力を発揮することで、さまざまな問題に対応・解決できる人材を育成

愛知淑徳大学

創造表現学部では、言語やメディア、建築・インテリアといった領域における知識や手法を学び、自己表現力と情報発信力を発揮することで、さまざまな問題に対応・解決できる人材の育成を目標としています。そのために必要となるのが専門知識やスキルに加え「表現力」「創造力」「コミュニケーション力」といった3つの力であり、基礎から着実に修得していきます。

創造表現という分野での専門性を追求できるのも愛知淑徳大学創造表現学部の魅力です。「創作表現専攻」では、感性と理論の両面から表現を学び、発想力・描写力・独創性を修得。小説・詩歌・児童文学・マンガ・シナリオ・編集といったジャンルを題材に、プロから直接指導を受けられます。「メディアプロデュース専攻」では、事実を把握する調査力、価値ある情報を見極める分析力、わかりやすく伝えるための表現力を養成。映像・デザイン・社会学などメディア・コミュニケーションを理解したい方には最適です。「建築・インテリアデザイン専攻」では、建築・インテリア・住宅・都市計画など、その社会的背景や計画手法を学修。一級建築士やインテリアプランナーなどの資格取得も目指すことができます。

こんな学問が学べます。

  • 建築学・意匠
  • インテリア
  • 住居学
  • デザイン
  • 写真
  • 映像
  • 舞台・演劇・舞踊学

こんな職種が目指せます。

  • CADオペレーター・CAD技術者
  • 建築士
  • 建築施工管理技士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • そのほかの建築・インテリア系の職業
  • フォトグラファー
  • 学芸員
  • そのほかのデザイン・アート・写真系の職業
  • 音響効果に関する職業
  • テレビ業界で働く人
  • ラジオ業界で働く人
  • 作家
  • 絵本作家
  • ライター
  • 俳人
  • 出版業界で働く人
  • 広告業界で働く人
  • 漫画家

健康医療科学部 医療貢献学科・スポーツ・健康医科学科・健康栄養学科

人々の夢である生涯健康を実現するために、医療やスポーツ、栄養面からアプローチ

愛知淑徳大学

高齢者や障がい者を含む、あらゆる人々のQOL(生活の質)向上に貢献。生涯健康社会の実現を目指すのが健康医療科学部です。破綻寸前とされる社会保障制度や医師不足を背景に、注目度と期待値が高まっています。また、細分化するニーズに応えるために4つの学科・専攻を設置し、各分野のスペシャリスト養成に取り組んでいます。

医療貢献学科「言語聴覚学専攻」では、言葉や聴こえに障がいを持つ人をサポートする言語聴覚士(国家資格)の資格取得を目標とします。コミュニケーション障害学、医学、心理学、言語学などを学び、専門性と科学的思考力を修得することによって、障がいのある方と社会との間に立ち、環境を改善していく強い心などを備えたコミュニケーション障害学のスペシャリストを育成します。同学科の「視覚科学専攻」では、目にまつわる検査や評価、訓練に携わるなど、視覚障害のある方を支える視能訓練士(国家資格)の資格取得を目指します。

スポーツ・健康医科学科「スポーツ・健康科学専攻」では、健康維持・増進活動をスポーツ・身体活動の面から推進する人材を育成。基礎医学・臨床医学・体育学・スポーツ科学・栄養学・メンタルヘルスというカリキュラムを軸に学びます。同学科「救急救命学専攻」では、人の生命を救う強さと傷病者の痛みを理解し、寄り添えるやさしさも兼ね備えた救急救命士(国家資格)を育成します。

健康栄養学科では、病院や行政機関、保健所など、さまざまな現場で活躍できる管理栄養士(国家資格)を養成。在宅での多職種連携を学内で学ぶ「在宅栄養管理実習」をはじめ、さまざまな実習を用意しています。1年次から学べる「早期体験学習」の実習先は、大学病院、学内のクリニック、学校給食センターの3カ所で実施。職場によって少しずつ異なる管理栄養士の職務や職責を、現場でリアルに体感しながら管理栄養士への理解を深めることができます。

こんな学問が学べます。

  • 人間科学
  • 心理学
  • 健康科学
  • 保健衛生学
  • 体育学
  • スポーツ学
  • 栄養学
  • 食物学
  • 調理学

こんな職種が目指せます。

  • 救急救命士
  • 言語聴覚士
  • 視能訓練士
  • 福祉施設栄養士
  • 福祉の公的施設で働く人
  • 福祉に関する企業で働く人
  • 児童指導員
  • 管理栄養士
  • 栄養士
  • 食品衛生監視員
  • 食品系研究・技術者
  • そのほかの食・栄養・調理・製菓系の職業
  • アスレチックトレーナー
  • パーソナルトレーナー
  • スポーツトレーナー
  • スポーツインストラクター
  • レクリエーションインストラクター
  • 体育教師
  • スポーツプログラマー

福祉貢献学部 福祉貢献学科

人らしく豊かな人生を送ることができる社会を希求する福祉マインドを養う

愛知淑徳大学

福祉貢献学部では、乳幼児期から高齢期までの各ライフステージにおいて、すべての人が一人の人間として尊重され、 その人らしく豊かな人生を送ることができる社会を希求する福祉マインドを養うことを目的としています。

「社会福祉専攻」は、社会福祉の専門知識と技術を身に付け、人々の幸せを創造できる人材を養成。社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格取得に向けた教育課程を設定しているほか、地域の問題に気づき、共に活動し、新たな取り組みを計画・実践する「コミュニティ・アクティブ・ラーニング」を開講している点も特長です。

「子ども福祉専攻」では、子どもや家庭、地域、社会と向き合い、保育の未来を支えるプロフェッショナルを育成。保育士、幼稚園教諭などの資格・免許を取得するための教育課程が充実しているほか、教職員などの子ども達を預かるAS保育室(事業所内保育室)での体験学習で子どもを観察する視点や関わり方などを修得します。

こんな学問が学べます。

  • 福祉学
  • 社会福祉
  • 教育学
  • 教員養成
  • 児童学
  • 保育・幼児教育

こんな職種が目指せます。

  • 社会福祉主事(ケースワーカー)
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)
  • カウンセラー
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 福祉の公的施設で働く人
  • 福祉に関する企業で働く人
  • 児童指導員
  • 保育士
  • 幼稚園教諭

交流文化学部 交流文化学科

国語・国際交流・観光の専門スキルを養い、大学の理念「違いを共に生きる」を体現

愛知淑徳大学

交流文化学部では、さまざまな文化的背景を持つ人々との交流を通して、相互理解と尊重にもとづく社会の発展に積極的に貢献する人材を育成します。
国際社会で活用できる言語コミュニケーション能力を身につけるため、さまざまな言語を体系的・段階的に学びます。また、多文化共生・文化理解や観光資源・ホスピタリティマインド・まちづくりなどを多面的に学びます。

交流文化学科は、ランゲージ専攻と国際交流・観光専攻の2専攻制です。国際交流・観光専攻は、2年次より国際交流コースと観光コースに分かれます。同時に、2年次から全員が各専攻に用意されているゼミナール(演習)と専攻プログラムを選択し、それぞれの領域における専門的な学びを究めます。その一方で、専攻にとらわれず言語を含む多彩な科目群の中から個々の興味に合わせて、科目を横断的に選択することも可能です。

「ランゲージ専攻」では、英語、中国語、韓国・朝鮮語のスキルアップと文化を学ぶ専攻プログラムの他、豊かな知識と高い対応能力を持つ日本語教師の養成にも対応した「日本語教育」を加えた4つの専攻プログラムから構成。異文化への理解を深めると共に実践的な言語活用能力を養います。

「国際交流・観光専攻」は、2年次より国際交流コースと観光コースに分かれます。「国際交流コース」では、異文化交流に関する考え方をベースに、地域・国際社会について学修する2つの専攻プログラムから編成。異文化交流を通じて広い視野と柔軟な思考力を養い、世界のさまざまな文化、考え方を理解し、地域・国際社会の発展に貢献する実践力を身につけます。国内外でのフィールドスタディといった実践の場も用意しています。国際関係、国際交流、異文化についての理解を深め、国際社会に貢献する実践力を身につけます。「観光コース」では、ビジネス的視点から観光を学ぶ「観光マネジメント」、観光に関する幅広い知識の修得やホスピタリティマインドへの理解を深める「観光ホスピタリティ」、観光という視点からまちづくりを考える「観光まちづくり」の3つの専攻プログラムを用意。人々との交流を通じて、社会・文化・自然を学び、観光の発展に貢献する力を養います。

こんな学問が学べます。

  • 社会学
  • 地域社会
  • コミュニケーション学
  • 観光学
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 言語学
  • 国際関係学
  • 国際文化学

こんな職種が目指せます。

  • 客室乗務員(フライトアテンダント)
  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
  • 語学教師
  • 日本語教師
  • 通訳
  • 通訳ガイド
  • 翻訳家(ほんやくか)
  • 映画字幕翻訳
  • 外交官
  • 国連職員
  • 大使館スタッフ
  • バイリンガルスタッフ
  • 外資系スタッフ
  • 国際ボランティア
  • 青年海外協力隊員
  • 貿易事務
  • そのほかの語学・国際系の職業
  • ツアーコンダクター
  • ツアープランナー
  • トラベルコーディネーター
  • 海外現地ガイド
  • ホテルスタッフ
  • ブライダルコーディネーター
  • そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業

ビジネス学部 ビジネス学科

経営学・商学・会計学・経済学を横断的・複合的に学び、ビジネスの世界で実践力を発揮する人材を育成

愛知淑徳大学

ビジネス学科では、「経営学・商学・会計学・経済学」といった伝統的な学問の枠組みを活かしつつも、ビジネスの現場で求められる実践的な科目群でカリキュラムを構成しています。 企業・団体との協働によるアクティブラーニングを積極的に取り入れることで、ビジネスの各分野における実践力を持つ人材を育成します。また、「応用力育成プログラム」では、ビジネス社会で役立つ会計・IT・英語の資格取得をバックアップ。より難易度の高い資格の取得をめざす学生には、一定の条件を満たすことで受験料を補助する「資格試験サポートプログラム」も用意しています。

学修への興味や、将来のビジョンに対応して現代ビジネス専攻とグローバルビジネス専攻の2専攻を設置。現代ビジネス専攻では、1年次後期からビジネスイノベーションコースとビジネスアカウンティングコースに分かれ、専門性をさらに高めていきます。

「ビジネスイノベーションコース」では、自分のアイデアと行動で、新しい商品やサービスを生み出すために必要な知識とスキルを修得します。商品やサービスの生み出し方やそのプロモーションを学ぶ「マーケティング」と、企業の中長期的な戦略立案を学ぶ「ストラテジー」が学びのベース。ケーススタディや企業・団体との連携プログラムによる「アクティブな学び」を通じて、新しいビジネスの価値を創造できる人材の育成をめざします。

「ビジネスアカウンティングコース」では、企業の帳簿作成のスキルである「簿記」と、会計の基礎理論を理解するための「財務会計」をベースに学びが展開。企業経営の成果は、決算書に集約されます。決算書を深く読み解くことで、企業の収益性、安全性、成長性などが明らかとなり、経営者の事業運営をサポートすることができます。日商簿記検定をはじめ、BATIC®、ビジネス会計検定、公認会計士など、一生の武器となる資格取得を視野に入れることも可能です。

グローバル化が進み、ビジネスの現場は世界とつながり、日本の企業も世界を舞台に活動しています。「グローバルビジネス専攻」では、そのようなグローバルな競争の中で必要な専門性やスキルを身につけるため、経済学を中心にビジネスの現場に必要な専門知識を、日本語と英語のバイリンガルで学びます。また、3年次の1月から2月にかけて、全員が海外または国内の企業でのインターンシップに参加します。国内は東京、海外はホーチミン・ハノイ(ベトナム)、シアトル(アメリカ)からインターンシップ先を選択し、ビジネスの現場における実践的な学びを体験します。

こんな学問が学べます。

  • 経済学
  • 経営学
  • 商学
  • 金融学
  • ビジネス学

こんな職種が目指せます。

  • 経理・財務担当者(経理スタッフ)
  • 営業
  • 販売
  • 経営企画
  • 人事・労務
  • 企画業務
  • 販売促進
  • 公認会計士
  • 税理士・会計士
  • 証券アナリスト
  • テラー(金融機関窓口業務)
  • 国際会計士
  • 金融業界で働く人
  • ファイナンシャル・プランナー
  • そのほかのビジネス・経営系の職業
  • 貿易事務
  • 国家公務員
  • 公務員(一般行政職)
  • 都道府県職員
  • 市町村職員

グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科

All Englishによる授業スタイルで、英語で考え、行動し、交流を深めるエキスパートに

愛知淑徳大学

幅広い国際教養と英語対話力を備えた人、地域、世界の懸け橋となる人材を育てます。すべての学部専門教育科目が、授業中に日本語を使用しないALL ENGLISHで開講されます。英語を頭の中でいったん日本語に翻訳して理解するのではなく、英語をそのまま英語で理解する力を養うとともに、少人数クラスの導入によって英語で発信する能力を確実に身につけることができます。

入学時に実施されるTOEICⓇ IPテストのスコアに応じて15名程度の少人数クラスを編成。スキル科目を中心に、60分の授業を週3回、約8週間で1科目を修了する、本学部独自のクォーター制(4学期制)の短期集中・反復型の学修システムを導入。1年次から効果的な英語力の向上をめざします。

2、3年次では、修得した知識やスキルをさらに高めるスキルプログラムも用意。高度な英語運用能力、コミュニケーション能力、研究に必要な論理的思考力や分析力が身につくよう、専門性の高い学びを提供します。さらに、2年次必修の海外留学で実践活用し、英語で考え行動する力を体験的に身につけます。留学先は個々の興味や関心に応じて選択し、専門分野を英語で学びます。事前研修として、カルチャーショックや異文化接触についても学び、異文化理解への基礎を修得します。

1年次後期に興味や関心、問題意識に合わせて、2つのコースより選択し、より専門的な学びをめざします。「異文化コミュニケーションコース」では、グローバル化が進み、国家間のつながりが深まる社会で、異文化を理解し、違いを乗り越え、建設的なコミュニケーションを図る力を育みます。「国際日本学コース」では、日本の風土・歴史・社会・文化を世界と比較しながら「世界の中の日本」として理解し、日本について発信する力を高めます。

こんな学問が学べます。

  • 外国文学
  • コミュニケーション学
  • メディア学
  • 語学(外国語)
  • 言語学
  • 国際関係学
  • 国際文化学

こんな職種が目指せます。

  • 客室乗務員(フライトアテンダント)
  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 語学教師
  • 通訳
  • 通訳ガイド
  • 翻訳家(ほんやくか)
  • 映画字幕翻訳
  • 外交官
  • 国連職員
  • 大使館スタッフ
  • バイリンガルスタッフ
  • 外資系スタッフ
  • 国際ボランティア
  • 青年海外協力隊員
  • 貿易事務
  • そのほかの語学・国際系の職業
  • ツアーコンダクター
  • ツアープランナー
  • カウンターセールス
  • トラベルコーディネーター
  • 海外現地ガイド
  • ホテルスタッフ
  • そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業
  • 学校No.1627
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす