足利工業大学 工学部の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

教職員が学生一人ひとりの学習や進路設計をバックアップ

足利工業大学には、エネルギーから人間の意識を探る分野まで、さまざまなフィールドがあり、多くの卒業生が各方面で活躍しています。現在、各学系は、それぞれ学習教育目標を掲げ、それに沿ったカリキュラムが編成されています。また、文化と自然に恵まれた足利の地で充実した大学生活が送れるよう、教職員が学生一人ひとりの学習や進路設計をバックアップしています。

足利工業大学 工学部 PRイメージ1
足利工業大学 工学部 PRイメージ2
足利工業大学 工学部 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

2016年4月から、工学部 創生工学科 4分野7コース へ改編しました!

2016年4月、学系から分野へ改編いたしました!

工学部 創生工学科 
 4分野7コース

●機械分野
 機械工学コース
 自然エネルギーコース

●電気電子分野
 電気電子工学コース

●システム情報分野
 情報デザインコース
 人間工学コース

●建築・土木分野
 建築学コース
 土木工学コース

2017.03.01

学業特待生入試制度について(工学部実績)

学業優秀な学生を経済面からバックアップし、安心して学業に専念できる環境を整えるために、学業特待生入試を実施します。下記入試を受験した者のなかから学業特待生として採用し、所定の授業料を免除します。

対象入試
指定校推薦・公募制2期・一般入試A、B・センター試験利用入試A、B

免除額
学業特待生A…授業料2年間 74万円
学業特待生B…授業料2年間 32万円

2017.03.01

2015年度入試からインターネット出願が可能になりました。

2015年度入試からインターネット出願が可能になりました。

☆詳細はホームページよりご確認ください

募集内容・学費(2017年04月実績)

足利工業大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

工学部 創生工学科(2017年04月実績)

機械分野 機械工学コース

概要 4つの力学をはじめ、揺るぎない基礎力を身につけながら、機械技術者の特殊技能である製図を基礎から応用、3次元CADまで学ぶ機械工学コースです。
次世代型のエコカーの開発など、これからの時代に社会から求められている確固たる基礎力を持ったエンジニアを育成します。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

機械分野 自然エネルギーコース

概要 地球規模で取り組むべき環境問題を理解することからスタートし、風力、水力、太陽光、バイオマスなどのクリーンエネルギー分野における最先端の技術と知識の修得を目指します。また、実用的な英語力をしっかりと身につけることにより、あらゆる地域、特に開発途上国で活躍できる国際的エンジニアを育てます。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

電気電子分野 電気電子工学コース

概要 実験や体験を中心に電気電子の基礎をしっかり身につけ、より実践的な力を養うコース。電気主任技術者をはじめ、広い分野で活躍できる人材を育てます。
無線技士など卒業と同時に資格を取得できるカリキュラムもあります。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

システム情報分野 情報デザインコース

概要 現代社会において必要なデザイン力、システム構成力、高度な情報技術をもつ技術者を育成します。このためのプロジェクト・ベースド・ラーニングには、8年間の実績があります。
ソフトウェア開発法に併せてハードウェアもバランスよく学び、人の役に立つシステム開発にチャレンジできます。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

システム情報分野 人間工学コース

概要 脳科学と工学を融合させて、新たな工学の扉を開く人間工学コース。「脳」のしくみを理解し、脳の時代と言われる21世紀を支えることのできるエンジニアを育てます。
脳の機能を活かしたシステム開発や医療福祉機器の開発、サイボーグ技術者、睡眠指導士などの未来が拓かれます。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

建築・土木分野 建築学コース

概要 これからの建築に欠かせない、人と自然が調和した建築を提案できるような人間力豊かなエンジニアを育成するコースです。
建築の基本となる計画意匠、構造、材料施工、環境設備の4つをしっかりと身につけます。建築士をはじめ、資格を取得しやすいカリキュラムも用意されています。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

建築・土木分野 土木工学コース

概要 地球環境を考えたまちづくりを目指し、確かな社会基盤を創造する土木工学コース。
人と自然との調和を大切に思いやりながら、道路、鉄道、橋、河川、ダム、空港、港湾といったスケールの大きな役割を担える技術士や土木施工管理技士などのエンジニアを育成します。
定員 400名
(2017年04月実績)
※創生工学科全体の定員です。
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,595,000円
(2017年04月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • 埼玉県警察
  • 一般(財)関東電気保安協会
  • (株)アクティオ
  • (株)あさひ
  • 足利小山信金
  • (株)アーネストワン
  • (株)アーレスティ栃木
  • 石川建設(株)
  • オグラ金属(株)
  • 小倉クラッチ(株)
  • (株)カスミ
  • 関東建設工業(株)
  • 菊地歯車(株)
  • (株)キャプティ
  • 河本工業(株)
  • (株)佐伯工務
  • しげる工業(株)
  • シチズン時計マニュファクトリング(株)
  • 新生テクノス(株)
  • 全農サイロ(株)
  • 綜合警備保障(株)
  • 第一設備工業(株)
  • (株)大協精工
  • 大成建設(株)
  • 大成ラミック(株)
  • 大東建託(株)
  • 大豊建設(株)
  • (株)大和証券
  • つくば市農業協同組合
  • 栃木アンカー工業(株)
  • (株)鳥羽洋行
  • ニプロ医工(株)
  • 日本アイ・エス・ケイ(株)
  • 日本ケミコン(株)
  • 日本精工(株)
  • 一建設(株)
  • (株)ピーエス三菱
  • (株)深井製作所
  • 藤井産業(株)
  • 藤田エンジニアリング(株)
  • (株)本間組
  • 三菱電機プラントエンジニアリング(株)
  • 三菱日立パワーシステムズインダストリー(株)
  • 向井建設(株)
  • ヤマダイ(株)
  • (株)山田製作所
  • (株)ヤマト
  • ユー・エム・シー・エレクトロニクス(株)
  • ライト工業(株)
  • (株)両毛システムズ
  • …など

就職支援

自分に合った仕事選び、きめ細かな指導で就職をサポート

学生みなさんが卒業後の進路を決めるにあたり、就職指導委員会、職業指導、就職課、就職資料室、資格取得支援などの組織や体制を整えて、指導と支援を行っています。
就職課および就職指導教員が3年次生と4年次生に対して適宜実施するガイダンス、各自の適性にあった職業選択を考えるキャリア・マップ作成、職業興味検査・適性検査、SPI(適性検査)、一般常識、論作文の模擬試験など、きめ細かな指導で就職をしっかりサポートします。

各種制度

足利工業大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

資格取得支援

本学ではこれまで情報科学センターと英語研究室で実施してきた資格取得支援を、一昨年度より各専門学科が推奨する資格にも拡張して実施しています。資格取得は、大学生活における身近な目標設定に役立つうえ、学生時代の勉強の成果の一つとして4年次における就職活動に有利となります。
しかし最も大事なのは、資格を取得するプロセスです。設定した目標と現実の自分のギャップを認識し、日々の努力でそのギャップを埋めるプロセスを経て資格を取得する達成感は、皆さんの大きな自信となり、人格形成にもよい影響を与えることでしょう。ぜひ、どんどんチャレンジしてみてください。

奨学金

■日本学生支援機構奨学金制度

日本学生支援機構法により学資の貸与を目的とした奨学金で、無利子の「第一種奨学金」および有利子の「第二種奨学金」があります。本学ではこの奨学金貸与希望者に対し、4月および、日本学生支援機構から募集のあるときに説明会を行っています。説明会の詳細は、学生支援課掲示板で掲示します。また、家計に変更があったときに適用できる奨学金もありますので、詳しくは学生支援課に相談してください。

■その他の奨学金

地方公共団体(都道府県区市町村)および民間育英団体、その他の奨学金制度があります。各出身地の教育委員会または社会福祉協議会などに問い合わせてください。
なお、申し込む際には、大学が作成する書類が必要な場合もありますので、早めに学生支援課に相談してください。

学業特待生制度

本学では、人物、学力ともに優秀で全学生の模範となる学生に対し、修学を助成する趣旨のもと学業特待生制度を設け、奨学金を支給しています。

学習支援室

数学や物理が苦手で、授業だけではまだよくわからないという学生さんは、「学習支援室」を訪ねてください。
ここでは、高等学校で教鞭を取っていたベテランの先生や先輩の学生が待機していて、いつでもマンツーマンで補習指導をしてくれますので、自分のペースで着実に実力をアップすることができます。
もちろん、無料で、登録などの面倒な手続きは不要です。

学びの分野/学校の特徴・特色

足利工業大学 工学部で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー

足利工業大学 工学部で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ

足利工業大学 工学部の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

足利工業大学 工学部の所在地

大前キャンパス(工学部)

所在地

〒326-8558
栃木県足利市大前町268-1

交通機関・最寄り駅

●JR「山前」駅より徒歩15分(距離2km)。
●JR両毛線「山前」駅・東武伊勢崎線「足利市」駅より無料スクールバス運行。
●北関東自動車:太田桐生ICより5分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-62-9980

足利工業大学 工学部のお問い合わせ先

入試広報課

NTTフリーダイヤル 0120-62-9980
FAX: 0284-62-5009
Mail: aithome@ashitech.ac.jp

  • 学校No.154
  • 更新日: 2017.05.01

足利工業大学 工学部に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

足利工業大学 工学部