京都女子大学の学部・学科紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

発達教育学部 心理学科

こころの仕組みや不思議を多角的に理解し、心理学の知識を実践につなぐ方法を身につける。

京都女子大学

<入学者受け入れの方針>
●発達教育学部 アドミッションポリシー
発達教育学部では、広く社会や文化、人間の発達や教育に関心をもち、主体的に学ぶ意欲のある学生を求めています。専門教育で幅広い知識や技術を習得していくためには基礎的な学力やコミュニケーション力が必要です。入学前には本学の教育理念について理解し、各学科・専攻の入学者受入れの方針に記された内容に留意して学んでおく必要があります。

●「公認心理師」対応カリキュラム
2018年4月入学生より、国家資格「公認心理師」に対応したカリキュラムがスタート。
公認心理師とは、医療、保健、司法・犯罪、教育、福祉、産業・労働などの幅広い分野において、心理学に関する専門的知識や技術を用いて相談、助言、指導などの心理的援助を行う、新しく誕生した心理職の国家資格です。
これまで民間の協会が独自に認定していた「臨床心理士」とは違い、国が認めた心理専門職としての資格のため、国家試験に合格することで取得できます。


●「公認心理師」対応カリキュラムを整備した「心理学科」が誕生
教育学科心理学専攻が、2019年4月「心理学科」として生まれ変わりました。
国家資格「公認心理師」に対応したカリキュラムがスタート。医療、保健、司法・犯罪、教育、福祉、産業・労働など全てのライフステージに応じた多様な心理学的支援を実践し、生涯にわたり、心の健康教育を担う人材を育成します。臨床心理学、認知心理学等を幅広く学び、「臨床心理士」の資格もめざせます。

こんな学問が学べます。

  • 人間科学
  • 心理学

こんな職種が目指せます。

  • 臨床心理士
  • 産業カウンセラー
  • ストレスケアカウンセラー
  • カウンセラー

家政学部 生活造形学科

生活を豊かにする方法を学び、多彩なデザイン活動を通して実践力を修得。

京都女子大学

<家政学部 生活造形学科 学びのご紹介>
家政学部 生活造形学科は、「造形意匠(デザイン)」「アパレル造形」「空間造形」を横断的にも、また、1つの領域の学びを究めるという学び方も選べる学科です。ほとんどの科目が選択科目で、それらを自由にカスタマイズすることができます。
デザインの基礎をしっかり身につけ、さらに独自の専門性を磨き上げることができます。

「京女×UR 洛西ニュータウン団地リノベーションプロジェクト※」や、自治体や企業と連携した、社会とつながるデザイン活動も実施。また、ファッションショー、作品展など、デザインの活動できる範囲を広くとらえ、実践力を鍛える機会も充実しています。

「工芸染色実習」、「生活造形基礎演習」など、歴史的・文化的価値の高い建築物や美術工芸・着物文化などに触れ、各自の関心の幅を広げるカリキュラムも充実しています。文化都市京都ならではのデザイン活動も展開しており、京都の伝統的なものづくり企業とともに制作する「日本の匠プロジェクト」はじめ、さまざまな体験により知識や技術を修得します。

中学・高校の家庭科教諭や学芸員の免許、衣料管理士1級などの資格の取得のほか、建築士の一・二級やインテリアプランナーの受験資格の取得も目指せます。

※京都女子大学と独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が、2013年から京都市西京区にある洛西ニュータウンで取り組んでいる「京女×UR 洛西ニュータウン団地リノベーションプロジェクト」 。
時代とともに変化し、多様化する住まいへのニーズに応えるため、2013年5月、本プロジェクトを発足。京都女子大学 生活造形学科 井上准教授の指導のもと、本学の学生を対象とした、リノベーションプランの設計コンペを実施。特に優秀な作品は実際のUR賃貸住宅で具体的に実現され、供給されています。

こんな学問が学べます。

  • 住居学
  • 服飾・被服学

こんな職種が目指せます。

  • CADオペレーター・CAD技術者
  • 建築士
  • 商業施設士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • テキスタイルデザイナー
  • パタンナー
  • バイヤー
  • ショップスタッフ
  • アパレルメーカーで働く人
  • パッケージデザイナー
  • 学校No.1250
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす