社会福祉施設介護職員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「福祉・介護」に戻る

社会福祉施設介護職員

福祉・介護系の仕事
社会福祉施設介護職員

どんな
職種?
社会福祉施設の利用者に向けて日常生活の全般をサポート

特別養護老人ホーム、高齢者福祉施設などの福祉施設で、日常生活の介助を行う。食事の世話、入浴介助、排尿・排便介助、下着・上着の更衣介助、歩行・車イスの移動介助、必要時の見守りなど、生活全般にわたるサポート活動に従事する。寝たきりの人もいれば、視覚障がいのある人もいるので、社会福祉施設介護職員は、自分が担当する利用者別に、柔軟性に富んだ細かな介護プランを準備し、快適な環境づくりに奉仕しなければならない。しかし、利用者の生き甲斐や喜びに直結する仕事だけに日々の充実感も大きい。

こんな人に
おすすめ!
介護に関する知識が豊富で、相手の立場に立った細やかな気配りができることが重要

利用者の身近な存在となるため、相手の立場に立ったコミュニケーションをとっていくことが必要だ。利用者一人ひとりに合わせ、思いやりの気持ちを持って細やかな対応ができる人に向いている。また、職員同士や医師、看護師などとの連携も必要なため、高いチームワークも求められる。

社会福祉施設介護職員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学など
  • 採用試験 就職先:特別養護老人ホーム、高齢者福祉施設、障害者福祉施設など
  • 社会福祉施設介護職員
  • Point1

    介護福祉士の資格やホームヘルパーの養成課程を修了していると採用時有利になる。介護に対する知識と、深い理解が必要である。

  • Point2

    施設ごとの採用試験を受けて就職する。大学や専門学校で社会福祉学科を学んだ人や介護福祉士の資格を取得して就業する場合も多い。

介護系のその他の仕事

社会福祉施設介護職員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける