外出介護員(ガイドヘルパー)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「福祉・介護」に戻る

外出介護員(ガイドヘルパー)

福祉・介護系の仕事
外出介護員(ガイドヘルパー)

どんな
職種?
障がい者の外出・移動を介助し買い物、食事、トイレなども介助する

都道府県知事の研修を修了した外出介護員は、移動介護従業者、ガイドヘルパーとも呼ばれる。資格は、担当できる対象者別に3つに分かれ、「全身性障がい者」「視覚障がい者」「知的障がい者」のいずれかの外出補助活動をサポートする仕事となる。受講資格は各地域の行政によって異なるが、「介護福祉士」や「訪問介護員」の資格が条件になっている場合もある。自宅など、一定箇所に閉じこもりがちな障がい者の移動を助け、メニュー代読、食事・喫茶の摂食介助、排尿・排便介助、上着の更衣介助などを行う職業だ。

こんな人に
おすすめ!
困っている人を助け、社会に貢献したい

利用者との円滑なコミュニケーションをとれる能力はもちろん、利用者の安全を守るうえで危険予測に対する心構えができている人が向いている。常に相手を思いやり、困っている人を助けることで社会に貢献したい人に適している。また、車いすを押したり持ち上げたり、イスやトイレの移乗などを行うことが多いため、体力もあることが望ましい。

外出介護員(ガイドヘルパー)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:福祉学、介護福祉、社会福祉、介護学など
  • 採用試験 就職先:障がい者福祉施設、デイサービス事業所、介護福祉施設など
  • 外出介護員(ガイドヘルパー)
  • Point1

    一般的に各自治体が開催している二日間ほどの講習、演習を受けるとガイドヘルパーの資格が取得できる。ホームヘルパーからのスキルアップとして講習を受ける人が多い。

  • Point2

    ガイドヘルパーの資格には、「視覚障がい者同行援護従業者養成研修」、「全身性障がい者ガイドヘルパー養成研修」、「知的・精神障がい者行動援護従業者養成研修」などがあり、各都道府県でカリキュラムや条件は異なる。

介護系のその他の仕事

外出介護員(ガイドヘルパー)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける