介護トレーナーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「福祉・介護」に戻る

介護トレーナー

福祉・介護系の仕事
介護トレーナー

どんな
職種?
高齢者の心身の機能低下や転倒などを予防するトレーナー

高齢者の心身の機能低下を防ぐことで、転倒予防、介護予防につながるサポート活動を行うのが介護トレーナーの役割である。高齢者が元気なうちから、適切な指導を継続的に行って、健康で自立した生活を長く保てるように支援していく。たとえば、高齢者福祉施設などで軽度なリハビリテーション運動や失禁予防のための運動を指導するのが仕事となる。その他、各種レクリエーション実習などに取り組み、一人ひとりの高齢者の心身の機能維持・改善を促す。高齢者の心情に寄り添う気持ちが求められる職業である。

こんな人に
おすすめ!
高齢者の健康状態に合わせた臨機応変な指導力とホスピタリティ精神

介護トレーナーとしての基礎知識と技術以外に、高齢者の心身の特性への理解が必要である。高齢者一人一人の健康状態を正確に把握し、それに応じて適正な指導ができる臨機応変さが求められる。また、高齢者の気持ちの振れ幅に敏感であり、寄り添い、支え続ける高いホスピタリティ精神も必要である。

介護トレーナーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:体育学、スポーツ学、リハビリテーション・作業療法・理学療法、看護学など
  • 採用試験 就職先:老人ホーム、リハビリセンター、スポーツセンターなど
  • 介護トレーナー
  • Point1

    介護に関する知識を持っていることが重要だ。必要な資格は就職先や働き方によって異なってくる。

  • Point2

    民間資格である「介護予防運動指導員」「介護予防運動トレーナー」などの取得を目指しながら、介護トレーナーの仕事内容について学ぶこともある。

介護系のその他の仕事

介護トレーナー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける