家畜人工授精師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

家畜人工授精師

動物・植物系の仕事
家畜人工授精師

どんな
職種?
家畜の人工授精を行う国家資格で畜産業の発展に貢献できる仕事

人の力なしには、家畜の安定した繁殖は不可能。家畜人工授精師とは、家畜(牛、馬、豚、山羊など)の人工授精や受精卵移植を取り扱う仕事。遺伝的に優れたオスから精子を採取して、メスの子宮に注入することで優秀な子を出産させる。獣医師資格があれば業務を行えるが、資格がない場合は都道府県などが行う講習会課程を修了して試験に合格し、「家畜人口受精師」の免許を取得しなければならない。酪農地や養豚場で働く場合は必須資格で、JA職員として働く道もある。

こんな人に
おすすめ!
受精に関しての専門的な知識と、各家畜の特徴を見極める選定力が重要

牛や豚、馬やヤギなど家畜の身体的な構造をはじめ、受精に関する知識と技術が求められる。安全にメスの子宮内にオスの精子を注入するため、安全管理能力も必要だ。また、目的に応じた子を誕生させるため、病気や骨格に異変がないかなど、両親を選ぶ際の選定力も重要なスキルである。

家畜人工授精師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:農学、畜産学、食物学、栄養学
  • 国家資格:家畜人工授精師
  • 採用試験 就職先:養豚場、牧場、家畜保健衛生所、市町村役所
  • 家畜人工授精師
  • Point1

    大学や短大で畜産学の単位を修得した人などは講習会の受講を免除される場合もあるので、自分が講習会の免除対象かどうかの確認をしておく必要がある。

  • Point2

    獣医師の資格があれば「家畜人口受精師」の免許は不要であるが、獣医師の資格がない場合は、家畜人工授精師の資格取得は必須だ。

酪農・畜産・水産系のその他の仕事

家畜人工授精師
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける