中国・四国エリアの数学・物理・化学が学べる、マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画を目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

中国・四国

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

数学・物理・化学

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

中国・四国エリアの数学・物理・化学が学べる、マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画を目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

私立大学岡山県

倉敷芸術科学大学

芸術、生命科学、医療、スポーツ、経済・経営学、危機管理の道でキワメモノになる!

多数のイベントを実施!!

オープンキャンパス岡山県

ライブキャンパス

多数のイベントを実施!!

入試説明・個別相談のほか、多数のイベントを実施!! ※詳細は、大学公式Webサイト https://www.kusa.ac.jp/open-campus/をチェック!

開催日
  • 09/27(日)
同日開催の大学祭にも参加し、キャンパスライフを感じてみよう。

オープンキャンパス岡山県

ライブキャンパス

同日開催の大学祭にも参加し、キャンパスライフを感じてみよう。

同日開催の大学祭『科祭』を楽しんでもらうオープンキャンパスです。 各種サポート体制の紹介を中心に、在学生の活気ある風景を、見て、感じてみよう。 ※詳細は、大学公式Webサイト https://www.kusa.ac.jp/open-campus/をチェック!

開催日
  • 11/01(日)
聞きたいことを個別にじっくり質問しよう!

個別見学会岡山県

個別学内見学

聞きたいことを個別にじっくり質問しよう!

オープンキャンパス以外にも個別の学内見学を実施しています。 見学を希望される場合は、希望日の3日前までに入試広報部(受験生ホットライン:0120-001163)までお気軽にお問い合わせください。

開催日 随時開催

数学・物理・化学・マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画に関するニュース

  • 【シゴトを知ろう】DTPデザイナー ~番外編~

    【シゴトを知ろう】DTPデザイナー ~番外編~

    DTPデザイナーとしてキャリアをスタートし、現在は自身のデザイン会社で、紙媒体に限らずビジュアルディレクションに携わる飛嶋由馬さん。2019年には出版レーベルを立ち上げ、写真集の製作・販売や海外での展示なども行っているそうです。番外編ではお仕事の裏側や今後のビジョンについて伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】DTPデザイナー 編

    【シゴトを知ろう】DTPデザイナー 編

    雑誌や広告など、主に印刷物を中心にデザインから印刷用のデータ作成を行うDTP(Desk Top Publishing)デザイナーの仕事。その活躍の場は、雑誌や広告に限らずwebをはじめさまざまな媒体に広がってきているようです。今回は、DTPデザイナーとしてキャリアをスタートし、現在は自身の会社で幅広くデザインに携わる飛嶋由馬さんにお話を伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】新聞記者 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】新聞記者 ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】新聞記者 編」では、中国新聞社編集局で働く川手寿志さんに、新聞記者の仕事内容や、学生時代のお話を伺いました。 働く前に抱いていたイメージとのギャップや、「休日あるある」など、新聞記者の知られざる一面に迫ります。運動部に所属し、広島東洋カープの担当記者として活躍する、川手さんならではの裏話をたっぷりお届けします!

  • 【シゴトを知ろう】新聞記者 編

    【シゴトを知ろう】新聞記者 編

    毎日私たちに、最新のニュースを届けてくれる新聞。一紙の中に、経済・芸能・事件・スポーツなどの幅広い分野の最新情報が正確にまとまっています。それぞれの記事を制作しているのは、各分野の専門新聞記者です。今回は、中国新聞社編集局で働く川手寿志さんに、新聞記者の仕事内容や、学生時代に学んだことを詳しく教えていただきました。

  • 【シゴトを知ろう】コピーライター ~番外編~

    【シゴトを知ろう】コピーライター ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】コピーライター 編」では、合同会社コトリ社の代表であり、「毎日広告デザイン賞最高賞」や「カンヌ国際広告祭ゴールド」などを受賞したコピーライターである坂本和加さんに、仕事の内容ややりがいについて伺いました。 番外編では、独立のきっかけや、自分の考えたコピーとの意外な向き合い方、コピーライティングをする際に考えるべきことなど、本編では書ききれなかった気になるQ&Aをたっぷりお届けします。