日本女子大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

創立120周年を迎える2021年4月、4学部15学科を目白キャンパスに統合

本学は1901(明治34)年に組織的な女子高等教育機関として、成瀬仁蔵により創立されました。「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」を教育の三綱領とし、学生一人ひとりが自ら学び、自らが考える力を育成する「自学自動」の教育理念を継承して今日に至ります。現在は4学部15学科を擁する女子総合大学で、全ての学科に大学院を設置しています。卒業生は約7万8千人となり、国内外・業界業種を問わず、多彩な分野で活躍。全学的な支援体制のもと、在学生のキャリア支援にも積極的に取り組み、高い就職率を誇ります。
2021年4月、本学卒業生であり世界的な建築家 妹島和世氏のグランドデザインによる新たな目白キャンパス(東京都文京区)が整います。西生田キャンパス(神奈川県川崎市)から人間社会学部が移転、創立の地目白キャンパスに家政学部、文学部、人間社会学部、理学部の4学部が一堂に揃い、私立の女子総合大学として文理融合の多様な連携が本格化します。知性と独創的な発想力を磨くのびのびとした学修環境で、自らの学びと社会とを連携させる新たな学修空間であるラーニング・コモンズ等も活用し、新しい明日を共創する人材を育てます。

日本女子大学 PRイメージ1
日本女子大学 PRイメージ2
日本女子大学 PRイメージ3

トピックス

2021.03.01

2021年春、新たな目白キャンパスが完成

創立120周年事業として、2019年4月に開館した図書館と学生滞在スペース「青蘭館」に続き、2021年3月に百二十年館(教室・研究室棟)と新学生棟(仮称)が完成し、本学卒業生であり世界的な建築家 妹島和世氏のグランドデザインによる新たな目白キャンパスが完成します。

「JWUラーニング・コモンズさくら」を備えた図書館(左上)は、地上4階地下1階建て、入り口は2階です。本学図書館の特徴である「全開架式」を継承し、利用者は全ての書架に直接アプローチすることができます。館内はスロープや吹き抜けがある構成で、さまざまな空間の中に大小の閲覧机が配され、好きな場所で資料を広げ学習・研究ができます。明るい空間の中に、創立者 成瀬仁蔵の教育理念である「自学自動」、すなわち自ら学び自ら行動する学修姿勢を促すための環境が整った図書館です。

2021年春に完成する百二十年館には、地域や社会、そして世界と学生をつなぐ支援をする場となる「JWUラーニング・コモンズかえで」(左下。完成予想図)を開設します。

日本女子大学 2021年春、新たな目白キャンパスが完成

2021.03.01

WEBオープンキャンパスを開催中です

皆さんの「知りたい」にお応えするため、WEBオープンキャンパスページを開催中です。
大学の概要、学部学科、入試制度、キャンパスなどを動画でご案内しています。
ぜひご覧ください!

日本女子大学「WEBオープンキャンパス」ページ
https://unv.jwu.ac.jp/unv/admission/exam/weboc_index.html

日本女子大学 WEBオープンキャンパスを開催中です

募集内容・学費(2021年4月実績)

日本女子大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

家政学部

児童学科

概要 豊かな創造性を養い、子どもたちの未来を描きます。

「発達領域」「創造・文化領域」「社会・臨床領域」の3本の柱からなる授業科目群を配し、幅広い視点から「子ども」について学ぶことができる科目を充実させています。「子どもを観察し、子どもから学ぶ」という教育方針のもと、フィールドワークを重視。実際に子どもと触れ合う中で学びを習得します。子どもの視点に立ち、子どもと、その生活の場を総合的に研究し、子どもに関わるさまざまな課題を解決する方法を追究する学科です。
定員 97名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,390,860円

食物学科 食物学専攻

概要 「食」を科学するスペシャリストを育成します。

「食物の栄養」「食物のおいしさ」「食物の機能」「食物の安全」「食生活のあり方」を講義・実験・実習を通して学び、「食」全般に関わる知識・技術を習得します。食品開発・研究や食のデザイン・演出を行う仕事で十分実力が発揮できるように教育・研究を展開。教職課程を履修して必要な単位を修得すれば、中学校・高等学校教諭一種(家庭科)の免許が得られ、教員として活躍することができます。
定員 31名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,520,860円

食物学科 管理栄養士専攻

概要 栄養面から健康を支える専門家、管理栄養士の資格取得を目指します。

基礎を重視したカリキュラムにより、栄養学、食品学、調理学、医学の各分野を講義や実験・実習で学び、栄養管理・教育に必要な知識と技術を修得。さらにマネジメント能力やコミュニケーション能力、コーディネート能力を体得できるように工夫されています。将来、栄養の専門家としての自覚と判断力を持てることに目標を置いています。また、臨床医学、臨床栄養学、公衆栄養学、栄養教育論などに関する専門知識を学び、責任ある医療職の一員としての資質を培います。
定員 50名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,520,930円

住居学科 居住環境デザイン専攻

概要 生活者の視点から幅広い知識と総合的な考察力を養い、人々の快適な住生活をデザインするゼネラリストに。

住居および生活環境について、ライフスタイルや地域性、歴史、さらには社会制度や経済といったさまざまな側面から学び、住生活にかかわる諸問題を分析、居住環境をより良いものにするための企画・提案・設計へと発展させていきます。1、2年次からデザイン力、表現力を身につけることを重視しています。基礎的な力の上に、段階的にインテリア、コミュニティ、バリアフリーなどのデザインに関する専門的な科目を配置。実習・実験・見学など、実地的な学びも充実しています。
定員 55名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,470,860円

住居学科 建築デザイン専攻

概要 創造性と感性を磨き、住居から都市まで質の高い生活空間をデザインするスペシャリストに。

住居から都市までの生活空間を、建築学的側面から学びます。構造系や計画系、設計系の科目が充実。建築学科と同等の教育を行っており、さらに伝統的にデザイン教育にも力を入れています。実験・実習などで多様な設計課題に取り組み、建築設計者、デザイナー、技術者などの実務で通用する実践的な学びを習得し、女性ならではの感性と視点を活かした建築の専門家を育成します。
定員 37名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,470,860円

被服学科

概要 さまざまな役割を担う被服を、科学的・文化的視点から探究し、新しい時代の被服と衣生活を創造します。

被服の素材、デザイン・生産、取り扱い、着心地等の性能分析、流通・消費者問題、さらに被服の歴史・文化までをカバーするカリキュラムにより、バランスのとれた「被服のスペシャリスト」を目指します。講義科目と実験・実習・演習科目をバランスよく配置しています。福祉から宇宙分野の衣服まで応用範囲は広がります。総合力を身につけた卒業生は、繊維・ファッション業界はもとより、多彩な分野で活躍しています。
定員 92名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,390,860円

家政経済学科

概要 「生活」の視点から、持続可能な経済・社会のあり方を探ります。

身近な生活問題や地球規模の環境問題まで、幅広く追究することができ、基礎科目を履修した上で、個々の興味に応じて専門的な経済学を学ぶ「経済・経営コース」と、家庭生活・公共圏の問題を中心に学習する「公共・生活コース」に分かれます。さらに本学科では消費生活アドバイザーの資格取得を支援しており、学内で試験の対策講座を行っています。中学校・高等学校の家庭科、中学校の社会、高等学校の公民の教員免許などにも挑戦できます。
定員 85名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

文学部

日本文学科

概要 日本語・日本文学・文化へ多方面からアプローチ、日本文化への造詣が深い、真の国際人を育てます。

日本文学・日本語学を中心に、中国文学や思想・比較文学・図書館情報学・マスメディア論・日本語教育学などの教育を展開しています。学生が自ら調べ発表する少人数制の演習を重視しており、自ずと調査力や思考力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力が向上。さらに創作技法、文章表現法などの授業を通じ、日本語の技術に磨きをかけます。国際社会において日本文化の伝統を伝える担い手として、広く社会に貢献できる人材、高度の専門的研究の基礎となる知識・方法論を身につけ、学問の発展に寄与できる人材を養成します。
定員 134名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

英文学科

概要 高い英語スキルと、異文化を理解する力を培い、正確で円滑なコミュニケーション力で、国際的に活躍できる人材を育成します。

英語の運用能力(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)を習熟するための共通科目を基礎とし、その後にイギリス文学、イギリス文化研究、アメリカ文学、アメリカ研究、言語・英語研究、英語教育の6分野から、関心のある分野を選択し、専門的に学びます。特に「ライティング」を重視し、英語で論理的に表現する力を磨きます。英語で卒業論文を書くことを全員に義務づけており、英語を駆使して情報を集める技術、思考力や発想力、英語論文の作成法などを総合的に学んでいきます。
定員 146名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

史学科

概要 歴史を学問的に紐解き、「いかに生きるべきか」を考えます。

日本史・東洋史・西洋史の3つのコースがあります。どの時代、どの地域、どのテーマからも学びを自由にスタートさせることができ、多様なアプローチが可能。各分野に関連する領域の地理学・宗教学・博物館学・考古学・民俗学などの多様な学科目があり、深く歴史を学ぶ体制が整っています。1年次から必修である少人数制のゼミでは、きめ細かな指導のもと、史料の扱い方や古文書の解読など、歴史を理解する方法を学びます。
定員 97名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

人間社会学部

現代社会学科

概要 身のまわりから国際社会まで、幅広い社会問題に注目。社会を多角的に分析し、問題解決する能力を養成します。

社会学、経済学、文化人類学、歴史学などの社会諸科学の理論と方法を学習し、現代社会を多角的に見つめ直します。個人、家族から地域、民族、国家などの広い領域に至る社会の諸問題を総合的な視座から考えていきます。身につけた問題へのアプローチの仕方は、卒業後は幅広い職業で活かされます。中学校の社会、高等学校の公民/地理歴史の教員免許などにも挑戦できます。
定員 97名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

社会福祉学科

概要 社会福祉に関する多彩な学問を広く深く学び、柔軟な思考で「共生社会」をつくる人材を育てます。

アジアの社会福祉教育のパイオニアとしての伝統を継承し、豊かで厚みのある教育を提供しています。「社会福祉の問題についての認識」「法や制度・政策の体系的理解」「問題解決のための専門技術・方法」を柱に、これらを総合的に学習し、理解します。所定科目の履修で、社会福祉士の受験資格を得られます。
定員 97名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

教育学科

概要 教育と現代社会の関わりに向き合い、人間性豊かな人材を育成します。

教員免許取得のためのカリキュラムが充実しているだけではなく、教育問題を心理学や社会学などの方法論を通じて学びます。また、学校教育にとどまらず生涯学習や国際協力・多文化共生・地域活動など、教育と現代社会との関わりについても考えます。4年間を通して研究法や情報処理の技術をしっかりと身につけることを重視し、少人数制のゼミおよび卒業論文の作成で実践的に学んでいきます。9割超の学生が教員免許を取得し、多数の学生が教育への道へ進みます。
定員 97名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

心理学科

概要 「こころ」の仕組みや働きに科学的・実践的にアプローチ。複雑化する現代社会での「こころ」の問題を複合的に探究します。

基礎心理学の領域では、認知、発達、比較、生理などの心理学を学びます。人間関係(臨床)心理学の領域では、人格心理学、臨床心理学、社会心理学など対人的心理学を中心に、応用分野として家族、コミュニティ、犯罪などの心理学も含みます。1、2年次に心理学の基礎的な考え方と科学的な研究法を学び、「こころ」の仕組みや働きを知るとともに、それを明らかにする研究方法を理解します。カリキュラムは学生が自主的に関われるよう、演習・実習科目を多く配置、きめ細かな指導を行います。
定員 73名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

文化学科

概要 日本と世界の文化への豊かな想像力を育てます。

人間文化の領域はとても広く、文学、思想、歴史、社会、芸術学、映画・音楽、ファッションなど多岐にわたります。これらを研究する切り口もまた多様であり、2年次から地域文化コース、視覚文化コース、比較文化コースに分かれて学びます。二つの外国語履修と卒業研究以外は、各科目群から関心のある授業を選び、独自のカリキュラムを組むことができます。その中で問題意識を深め、3年次からの演習科目で卒業研究へとつなげます。
定員 121名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,290,860円

理学部

数物科学科

概要 数学・物理学・情報科学を基礎に、最先端分野で力を発揮する、実践的・創造的な人材を育成します。

数学・物理・情報を学べる本学科の特長は、丁寧な少人数制教育、本学創立時から続いている実験教育、充実した研究施設など。少人数制教育だからこそできるきめ細やかな対応で、学生のやりたいことに真剣に向かい合って応えていきます。3年次から数学コース・物理コース・情報コースに分かれて専門分野を探求します。コンピュータ実習や先端大型機器を用いた実験でコンピュータの知識や論理的思考を実践的に習得できます。
※2022年度より学科名称を変更予定です。
定員 92名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,490,860円

物質生物科学科

概要 化学・生物学を柱に幅広く学び、自然科学を追究し、時代の要請に応える人材を養成します。

化学と生物学の2分野を柱に、それぞれに十分な授業科目を設けているため、化学または生物学を専門的に学ぶことも可能です。今注目される環境問題、バイオテクノロジーも含んでいます。自然科学の基礎を十分学んだ上で、物質の成り立ちからさまざまな生命現象までを広い視野から探ることをねらいとしています。卒業生たちは食品・医薬品・化学・情報通信・教員・公務員など多岐にわたる分野で活躍しています。
※2022年度より学科名称を変更予定です。
定員 97名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,490,860円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2020年3月卒業生実績

  • (株)りそな銀行
  • あいおいニッセイ同和損害保険(株)
  • 日本生命保険相互会社
  • 全日本空輸(株)
  • 第一生命保険(株)
  • 日本航空(株)
  • (株)三菱UFJ銀行
  • (株)グリーンハウス
  • 日本旅客鉄道(株)
  • (株)JALスカイ
  • 凸版印刷(株)
  • 日本郵便(株)
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 三井住友海上火災保険(株)
  • 三井住友信託銀行(株)
  • ANAエアポートサービス(株)
  • 旭化成ホームズ(株)
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • (株)かんぽ生命保険
  • (株)常陽銀行
  • 積水ハウスリフォーム東日本(株)
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • 日本電気(株)
  • 富士通(株)
  • 三井不動産リアルティ(株)
  • 日本銀行
  • キヤノン(株)
  • 清水建設(株)
  • 大同生命保険(株)
  • (株)村田製作所
  • (株)NTTデータ
  • (株)NTTドコモ
  • (株)みずほ銀行
  • 三井不動産(株)
  • 三菱マテリアル(株)
  • 住友林業(株)
  • 東日本電信電話(株)
  • 日本通運(株)
  • 明治安田システム・テクノロジー(株)
  • 野村證券(株)
  • プリマハム(株)
  • (株)イトーヨーカ堂
  • 国家専門職 国税専門調査官
  • 東京都庁
  • 東京都特別区
  • 保育士(東京都特別区)
  • 公立幼稚園教諭(東京都特別区)
  • 公立小学校教員(東京都)
  • 公立中学校教員(東京都)
  • 公立高等学校教員(千葉県)
  • …など

2019年度卒業生実績
就職者数 1,305名/就職希望者数 1,318名
就職決定率  99.0%
【家政学部】99.5%(就職者数402名/就職希望者数404名)
【文学部】98.8%(就職者数321名/就職希望者数325名)
【人間社会学部】98.7%(就職者数449名/就職希望者数455名)
【理学部】99.3%(就職者数133名/就職希望者数134名)

就職支援

■充実したサポートと実績が魅力の日本女子大学キャリア支援
本学の就職支援は、キャリア支援課が中心となり、女性としてキャリアを積みながらその後の仕事や人生をいかに充実したものにしていくかという質の高い就職の実現を重視しています。1年次からさまざまなキャリア支援プログラムを、各機関が連携しながら展開しています。長年の経験と実績による「女性の就職に関する支援体制」が確立しているため、他では手に入らないオリジナル資料も多く提供することができます。これまでに送り出した卒業生から寄せられる「私の職場状況」や、先輩達が残してくれた「採用試験記録」などの資料は進路選択にあたり、きっと皆さんの役に立つでしょう。

各種制度

日本女子大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

学びの意欲を守る多彩な奨学金制度

経済支援として、日本女子大学桜楓奨学金(30名程度、30万円給付、2020年度実績)等があります。奨励賞として、日本女子大学学業成績優秀賞・研究奨励賞(2~4年次の各学科1名、授業料半額免除、2020年度実績)の他、各学部・学科による独自の表彰制度もあります。また、創立者を記念し、学業人物優秀者を表彰する成瀬仁蔵先生記念賞(学部4年次、記念品授与)があり、卒業式で表彰しています。その他、学寮に入寮した地方出身者を支援する日本女子大学泉会spring新入生奨励金(15名程度、20万円)等があります。

目白キャンパス敷地内の学寮をリニューアル

目白キャンパスの敷地内にある学生寮をリノベーションし、2020年度にゆとりある個室として再開、同時に学生が共同生活を送りやすいように寮のルールも一新しました。学寮は全室個室、食事の提供があり、各階にキッチン付きの広々とした談話室があります。管理人・警備員が24時間常駐しています。

充実した就職支援プログラム

社会の第一線で活躍中の講師等による講演会や就職活動を終えた4年生、卒業生との懇談会を実施するほか、下記ガイダンスを実施し、在学生をバックアップしています。

マスコミガイダンス、国際派の仕事ガイダンス、教員採用試験各種対策、公務員試験各種対策、SPI模擬試験・フォローガイダンス、筆記試験対策模試・フォローガイダンス、マナー講座、自己分析講座、面接対策・グループ面接体験セミナー、業界研究会など

生涯学習センターでキャリア支援講座を提供

生涯学習センターでは、「TOEIC® 600点突破講座」「TOEIC® 730点突破講座」「秘書検定準1級講座」「日商簿記検定3級合格対策講座」「MOS試験対策講座」「FP技能検定3級合格対策講座」「旅行業務取扱管理者対策講座」「適性試験対策講座(非言語)」などを提供しています。在学生だけでなく卒業生・一般の方などが会員になっています。

他大学との単位互換制度、国内版の交換留学制度

本学と学習院大学・学習院女子大学・立教大学・早稲田大学が提供する約2,000科目から希望する科目を選択し、各大学で授業を受けられる「f-Campus」制度があります。修得した単位は本学の単位として認められ、各大学の図書館などの施設も利用できます。
また、同志社女子大学と学生交流協定を結び、相互に学生の派遣と受け入れを行っています。いわば「国内版の交換留学制度」であり、毎年2名ほどの学生が1年間、同志社女子大学(薬学部、看護学部を除く)で学んでいます。派遣中に修得した単位は、本学での修得単位として認定されます。

世界の名門大学で専門分野を学ぶ協定大学留学制度

在学中に最長1年間留学できる協定大学・認定大学留学の制度があります。夏期や春期など長期休暇中には多彩な大学公認海外研修もあります。
【協定大学一覧】(抜粋)
〔米国〕ウェルズリー・カレッジ、マウント・ホリヨーク・カレッジ、オレゴン大学〔カナダ〕マギル大学〔韓国〕梨花女子大学〔英国〕ノッティンガム大学、ブリストル大学、ランカスター大学、ヨーク大学、ウォリック大学〔仏〕ボルドー・モンテーニュ大学〔スウェーデン〕ウプサラ大学教育学科

学びの分野/学校の特徴・特色

日本女子大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 農学・水産学・生物
  • 生活・服飾・美容
  • 栄養・食物
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽
  • 総合・教養

日本女子大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • ファッション
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

日本女子大学の特徴

  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 通信教育課程
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス

日本女子大学の所在地

目白キャンパス<家政・文・人間社会・理学部> ※2021年4月、人間社会学部は目白キャンパスに移転。

所在地

〒112-8681
東京都文京区目白台2-8-1

交通機関・最寄り駅

JR山手線「目白」駅から徒歩約15分(直通バスあり)、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅から徒歩約8分、または、東京メトロ有楽町線「護国寺」駅から徒歩約10分。
都電荒川線「鬼子母神前」停留所から徒歩約10分。

日本女子大学のお問い合わせ先

広報課

電話 03-5981-3163 (広報課直通)
FAX: 03-5981-3164
Mail: postmaster@atlas.jwu.ac.jp

  • 学校No.613
  •  
  • 更新日: 2021.03.01