エリザベト音楽大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

私立大学 エリザベト音楽大学

学生一人ひとりの考え・意見を引出し、教養・実力・慈愛のある音楽家を育成する

平和都市広島にあり、学部から大学院博士後期課程までを擁する音楽大学です。
創立から間もなく70年。「教養・実力・慈愛のある音楽家の育成」という教育理念のもと、アットホームな雰囲気の中で物事を創造的にしっかりと考え、実行力のある音大生を育てています。音楽の実技や理論面を指導する際にも、教員は学生一人ひとりの考え・意見を引き出し、大切にするきめ細やかな教育を実践します。

芸術を愛し平和を愛する真っすぐな想いが可能性を拓きます。そして、充実の環境で本気で音楽に打込む4年間の先には「人としての成長」があります。

2016年秋竣工の新3号館は、「地域に開かれた音楽の交差点」をコンセプトに、授業や練習、コンサートはもちろん、同窓会や生涯学習の場としてさまざまなシーンをサポートしていきます。

エリザベト音楽大学 PRイメージ1
エリザベト音楽大学 PRイメージ2
エリザベト音楽大学 PRイメージ3

トピックス

2017.04.05

合唱作品を委嘱しています

エリザベト音楽大学では、建学の精神において宗教音楽を大切にしています。
2018年に創立70周年を迎えるにあたり、宗教合唱曲の作曲を国内外の作曲家に委嘱しており、その記念すべき第一作目として松下耕氏の「O magnum mysterium(大いなる神秘)」を、2016年3月スプリングフェスティバルで広島市内の5高校の生徒さんたちと一緒に初演・披露しました。つづいて第二作目は、信長貴富氏による無伴奏混声合唱のための『二つのアヴェ・マリア』が完成し、両作品を、2016年度のチャリティークリスマスコンサートで演奏いたしました。新年度も継続して委嘱しております。ご期待ください。

2017.09.28

劇団四季 村田慶介さん来訪!

劇団四季の村田慶介さんが、先日 母校であるエリザベト音楽大学を訪ねてくれました。

村田さんは2014年3月に卒業後 数々の舞台を経験し、今年、晴れて劇団四季に合格しました。
四季での初舞台は「オペラ座の怪人」。横浜公演ロングラン終了後、9月14日に故郷 広島での公演初日を迎えました。広島公演はこれから11月まで続きます。

「やっぱり、広島の街、人、空、そしてエリザベトが大好きです。エリザベトでの4年間が今の自分を作ってくれました」と笑顔で語る村田さん。

皆さん是非とも足をお運びいただき、村田さんの応援よろしくお願いいたします!

【オペラ座の怪人 広島公演サイト】
https://www.shiki.jp/stage_schedule/?aj=0&rid=0019&ggc=0184#201709

募集内容・学費

エリザベト音楽大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

音楽学部

音楽文化学科

専修名 ●音楽文化専修

<音楽創作領域:作曲/デジタル鍵盤楽器>
クラシック音楽の作曲理論を中心に多様な音楽にも視野を広げ、自分ならではの表現を目指します。ピアノ、オーケストラ、吹奏楽までさまざまな編成の音楽、コンピュータ・ミュージック(DTM)を学び、書法や技術を身につけて創作します。また、創作と演奏の両面からデジタル鍵盤楽器を学びます。環境音楽の創作や自作曲・自編曲、即興演奏にも主眼をおき、オーケストラやコンピュータ・ミュージックなどの理解を深め、演奏力を高めていくことができます。

<音楽研究領域(音楽・宗教音楽)>
さまざまな魅力を持った世界の音楽、宗教音楽について、その歴史や文化を背景に、どのようなアイデアから生まれ発展したのか、どのように聴かれ演奏されてきたのかなどを研究し、魅力を探求します。

<音楽教育領域>
文化の基にあるものを確かめつつ児童、生徒に音楽を伝える、音楽をとおして仲間同士がつながる、広い世代の人々と交流する。こうした発想で音楽を捉え、学校や社会で発信できる指導者を育てます。
専修名 ●幼児音楽教育専修(幼稚園教職免許課程)

子どもの可能性を伸ばし、人格の基礎を形成していくことが幼児教育の目標です。子どもは幼稚園生活の中で、音楽や造形などの文化や身近な自然に触れ、教師に支えられながら自分の世界を広げていきます。そんな中、幼児音楽教育専修では、子どもの見方や教育観を養うために、感覚教育や自発性重視、潜在能力を引出し知的能力を高めることなどで知られる「モンテッソーリ教育理論」などの幼児教育理論を学び、同時に高度な音楽スキルもマスター。習得した多様な能力を確実に現場で活かし、子どもたちを教育・保育できる幼稚園の先生を育成します。
年限 4年
定員 20名
(学科一括募集)
学費 初年度納入金
●音楽文化専修 1,900,000円
●幼児音楽教育専修 1,475,000円
備考

(17年4月実績)

演奏学科

専攻名 ●声楽専攻

イタリア古典歌曲からドイツ歌曲、フランス歌曲、日本歌曲、オラトリオ、オペラ、室内楽へと、声楽の研究分野を広げます。基本的な発声練習、正しい発音のためのディクションといった基礎訓練を個別指導でていねいに実施し、演奏技法と理論の両面から研究に取り組みます。研究を進めるに当たっては、学生一人ひとりの能力と希望を考慮して分野や内容、曲目を選択します。
専攻名 ●鍵盤楽器専攻

鍵盤楽器専攻には、ピアノはもちろんパイプオルガンやチェンバロの授業が開設されています。鍵盤楽器がどのように発達してきたかを知る発達史をはじめ建造学、演奏解釈など、演奏における理論を理解するための授業も整備されており、現代に至るまでのさまざまな演奏法を、実践と理論の両面にわたって習得します。
専攻名 ●管弦打楽器専攻

フルートやリコーダー、サクソフォーンやホルン、クラシック・ギターといった身近な楽器からさらには古楽器や民族伝統楽器まで多種多様な楽器が(※)学べます。各楽器についての考察や研究によって知識を深め、アンサンブルにおける相互関係、音楽的タイミングやバランスなどを理解し、演奏をとおしてテクニックの向上につながり、演奏家としての資質を高めます。吹奏楽の指導者を養成する「吹奏楽指導法」では、バンドの指導法について多角的に学び、卒業後すぐに一人前として活躍できる指導者としてのスキルを習得します。

※オーボエ、クラリネット、ファゴット、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ、打楽器、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、マンドリン、ハープ、筝 ほか
年限 4年
定員 60名
(学科一括募集)
学費 初年度納入金
1,900,000円
備考

(17年4月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

<実績年度>2014年3月~2016年3月卒業生実績

  • ノートルダム清心中・高等学校
  • 聖和女子学院高等学校
  • セントヨゼフ女子学園高等学校・中学校
  • 広島県立広高等学校
  • 広島県立広島井口高等学校
  • 八代白百合学園高等学校
  • 広島なぎさ中学校・高等学校
  • 大阪府立桃谷高等学校
  • 修道中学校・高等学校
  • 東京都教員
  • あさひ幼稚園
  • 尾道清心幼稚園 
  • 聖母幼稚園
  • 廿日市聖母マリア幼稚園
  • ほうりん幼稚園
  • 洋光幼稚園
  • 河合楽器製作所
  • ヤマハ音楽振興会
  • 愛媛県警
  • 大分市役所
  • 北九州消防音楽隊
  • 佐賀県警察巡査
  • 広島県警察音楽隊
  • 広島市消防音楽隊
  • 山口県警察
  • 山口県警察音楽隊
  • 陸上・航空・海上自衛隊
  • 陸上自衛隊音楽隊
  • 海上自衛隊音楽隊
  • NHK広島放送局
  • 株式会社福屋
  • 株式会社ヤマハミュージックリテイリング広島店
  • 九州旅客鉄道株式会社
  • 公益社団法人広島交響楽協会
  • 第一生命保険株式会社
  • 東宝芸能株式会社エンターテイメント事業部
  • 日本生命
  • 株式会社広島銀行
  • 広島日野自動車株式会社
  • ヤマハ株式会社 ヤマハミュージカルプロダクツ
  • …など

就職支援

学事部学生生活、学生生活センターでは段階的に夢実現へと着実に近づく、確かな就職支援を行っています。3・4年生を対象とした学生生活オリエンテーションでは、就職・進路についての準備や心構えについて相談しながら進路アンケートを実施。また、2013年9月からはキャリア支援室を設置。キャリアカウンセラーが個人面談し、進路を固めていきます。ヤマハ・カワイ・ローランドの講師採用説明会やインターンシップ、教員採用試験制度説明会も実施。在学生はもちろん、卒業生に対しても随時相談を受けています。

各種制度

エリザベト音楽大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

奨学金制度

奨学金制度の充実で日本一を目指しており、実際に全国の音楽大学の中で、在学生の奨学金受給率第1位、奨学金総額第2位です。(読売新聞「大学の実力」2013年7月に基づく)

◎ザビエル奨学賞(特待生制度)
学業・品行ともに優れた学生に学費の一部を給付します。

◎エルネスト・ゴーセンス奨学金
優秀な学生のうち、国内外において研修を行うことが各自の音楽研究に資すると認められる場合、選考の上、奨学金を給付します。

◎教員養成奨学金
複数の学校種の教育職員免許状の取得を目指す、学業・品行ともに優秀な者の中から選考の上、給付します。

上記以外に初年度奨学生、専門科目奨励賞、海外研修奨励賞、遠隔地帰省支援奨学金、卒業生子女奨学金、兄弟姉妹学生支援奨学金、エリザベト奨学金、エリザベト音楽大学学資ローン制度(金融機関提携)、国際音楽セミナー奨学制度、新人演奏会奨学金、ロヨラ国際交流基金、さらには日本学生支援機構奨学金や国の教育ローンが用意されています。

在学生表彰制度

外部のコンクールなどへの積極的な参加を奨励しているエリザベト音楽大学では、在学生が優秀な成績を収めた場合、学長による表彰を行っています。演奏活動のみならず、作曲および論文執筆、学術研究などにおける表彰を受けた学生にも賞を授与して成果や努力を称えています。

◎エリザベト賞
国際コンクールや全国規模でハイレベルなコンクールなどで1位(またはそれに準じる入賞)をした者、同等の学術研究などの表彰を受けた者を対象とします。

◎学長表彰
全国規模のコンクールに上位3位までの入賞者、同等の学術研究などの表彰を受けた者を対象とします。

◎学長奨励賞
全国規模のコンクールへ本選出場した者、その他のコンクールでの上位入賞者、また同等の実績をあげた者を対象とします。

◎総代
在学中の学業成績最優秀者を対象とします。

◎セシリア賞
<学部>
音楽文化学科の選考基準による最優秀者、卒業演奏の最優秀者を対象とします。
<大学院>
修了研究(論文・作品・演奏)の最優秀者を対象とします。

後援会支援制度

大学の後援会では、教育・研究の拡充のため、在学生の演奏活動・研究活動を積極的に支援しています。在学生が自主的に行う演奏会の助成やコンクール参加費用を支援します。

その他の支援制度

【学習支援アシスタント制度】
成績優秀な大学院生が学部生への全般的な学習支援(専門楽器・外国語・音楽史・音楽理論・ソルフェージュ)を行います。

【キャンパスミニストリー】
キャンパスミニストリーはキャンパスの教会です。一人ひとりの出会いを大切にし、互いのタレント(才能)を活かしあって、創造的に奉仕を分かち合う場として設けられています。大学行事のミサの準備、聖書を一緒に読んだり、キリスト教入門講座があったり、ボランティア活動を紹介したりと、大学内にとどまらず地域社会での奉仕活動の機会もあります。

【保健室】
看護師が、体調不良や急な怪我の場合はもちろん、受診したい場合の適切な病院紹介など個人に合わせて対応していきますので、気軽に相談してください。また、学生生活センターや学生相談室とも連携し、学生生活をサポートしていきます。

【学生相談室】
専門のカウンセラーによる相談を受け付けています。何か困ったこと・相談したい事があったら、いつでも利用してください。相談内容については秘密を守ります。

<音楽家の耳>トレーニング制度

2007年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に音楽大学として初めて選定され高い評価を受けている、エリザベト音楽大学で開発した音楽家にとって必要な耳を育てるためのシステムです。

音楽家にとって必要な耳を育てるために、視唱、聴音などの楽譜中心のトレーニングだけでなく、(楽譜を見ずに)音楽を聴きながらリズム、音程、和音、曲の特徴、時代背景などを耳で捉えるためのトレーニングを行い、併せて楽式論、音楽史などの知識も順次学習していきます。“耳”を育て、音楽のレパートリーを広げていくために、中世から現代まで、古今東西のさまざまな音楽を取りあげながらトレーニングを行うという特徴を持っています。

学びの分野/学校の特徴・特色

エリザベト音楽大学で学べる学問

  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽

エリザベト音楽大学で目指せる職種

  • 教育
  • 保育・こども
  • 音楽・イベント

エリザベト音楽大学の特徴

  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

エリザベト音楽大学の所在地

所在地

〒730-0016
広島県広島市中区幟町4-15

交通機関・最寄り駅

JR「広島」駅南口から 徒歩12分
市内電車またはバス「銀山町(かなやまちょう)」下車徒歩4分

エリザベト音楽大学のお問い合わせ先

学事部 企画室

電話 082-225-8009
FAX: 082-221-0947
Mail: kikaku01@eum.ac.jp

  • 学校No.5834
  • 更新日: 2017.09.28

エリザベト音楽大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

エリザベト音楽大学