専門学校日本医科学大学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

充実した設備・環境で「質の高い」医療人を育成

専門学校日本医科学大学校では、視能訓練士、看護師、医療事務といった、医療の専門職に就くための知識と技術を学びます。また、医療従事者として不可欠である高度で専門的な知識を授けるだけでなく、“思いやりの心”を育て、医療社会に貢献できる質の高い医療人材の育成に取り組んでいます。
「視能訓練士科」では、一人ひとりに目がいきやすい少人数クラスで、ノウハウに富んだ講師陣を迎え、視能訓練士となるための理論的な学びや、各種検査の実習を通し、3年間、1から丁寧に学んでいき、国家試験合格を目指します。
「看護師科」では、看護師として必要な知識・技術・態度を学ぶとともに、豊かな人間性を育み、社会に貢献できる人物を育成します。また、国家試験合格に向けたアドバイザー制度も充実しており、それぞれの個性に合わせた指導を行っています。

専門学校日本医科学大学校 PRイメージ1
専門学校日本医科学大学校 PRイメージ2
専門学校日本医科学大学校 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

体験入学を行います!

詳細は、本校ホームページ(http://nihon-ika.ac.jp/)にてお知らせいたします。
看護師に興味のある方、視能訓練士に興味のある方は、ぜひご参加ください。

■体験入学(9:30~12:00頃まで)
【看護師科】【視能訓練士科】

本校の体験入学は先輩学生自らが体験入学に参加し、来ていただいた皆様に学校を紹介します。
事務や教員の言葉とは違う学生の視点からリアルな話を聞くことができます。

※参加特典/個別相談あり※

※体験入学へのお申込み方法※
本校ホームページ、またはお電話にてお申込みください。

2018.03.01

SNSで、入試情報やイベント情報をチェック!

入試情報や、体験入学、学校説明会などについては、本学のTwitterでも随時お知らせしています。
ぜひご覧ください!

■Twitter
@nihon_ikagaku

募集内容・学費(2018年4月実績)

専門学校日本医科学大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

視能訓練士科

概要 視能訓練士になるための知識や技術を専門的に学んでいきます。視能訓練士とは、国家資格を持った医療技術者であり、眼科医とともに眼科医療をサポートする存在のことです。
視能訓練士科では、まず1年次に視能訓練士となるための土台をつくります。2年次以降は、より高度な知識や技術を学ぶことになるため、1年次のうちに基礎を学べるよう、誰が見ても理解できるように丁寧に指導していきます。
2年次は、視能訓練士として働くため、より専門的な技術や知識の修得に取り組みます。少人数のグループに分かれた実習では、各種検査の機器を用い、機器の原理や操作方法、患者さんへの対応など、眼科における一般検査を学んでいきます。
3年次には、臨床の現場に赴き、それまでに身につけた知識や技術の実践に取り組みます。医師や先輩の視能訓練士の指導のもと、診療・検査の手順を身につけるために視能矯正訓練の実習を行います。技術のレベルアップを目指すだけでなく、患者さんへの配慮のもと、滞りなく検査ができるよう取り組みます。国家試験に向けた集中講義も実施し、視能訓練士となるための総仕上げを行っていきます。
定員 20名
年限 3年
学費 初年度納入金
1,221,380円
(2018年4月実績)
※その他、教科書、ユニフォーム代などが別途必要です。
目指せる資格 視能訓練士国家試験受験資格

看護師科

概要 1年次はまず、看護師になるための土台をつくります。看護に必要となる基礎的な知識や技術を学ぶとともに、看護が果たす役割について学びます。また、学級ではクラス運営を行うなど、自ら考える力を養い、豊かな人間性を育んでいきます。1年次では、心理学・化学・英語などの基礎分野から、解剖生理学・病態学などの専門基礎分野や看護学の専門分野Ⅰを中心に学び、後期には「解剖学実習」も行います。人体の構造や器官の働きを直に知ることで、医療従事者としての意識を高めます。
2年次では、専門分野Ⅱを中心に、各領域(老年・成人・小児・母性・精神)に応じた看護学を学び、より専門的な知識と技術の修得に取り組みます。看護の実践力を養うため、技術演習も重ねていきます。
3年次には、専門分野Ⅱと統合分野における領域別の臨地実習(実際に病院等へ行き実践的な臨床を学ぶこと)をメインで行います。それまでに学んだことを活かしつつ、領域ごとの現場で求められる判断力やコミュニケーション能力など、看護師に必要な実践能力を養います。そして3年間の集大成となる国家試験に向け、様々な特別講座や模試等を行い、万全の体制で挑めるよう取り組みます。
定員 80名
年限 3年
学費 初年度納入金
1,421,380円
(2018年4月実績)
※その他、教科書、ユニフォーム代などが別途必要です。
目指せる資格 看護師国家試験受験資格

メディカル外語学科

概要 メディカル外語学科では、医療事務のスキルの修得を目指すと同時にグローバルな視点を持った人材を育成します。
定員 40名
年限 2年
学費 初年度納入金
745,000円
(2018年4月実績)
※その他、教科書、ユニフォーム代などが別途必要です。

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • 筑波大学附属病院
  • PL東京健康管理センター
  • 琉球大学医学部附属病院
  • 長野県立病院機構
  • 我孫子聖仁会病院
  • 海老名メディカルプラザ
  • 草加アイケアクリニック
  • 西大宮病院
  • キッコーマン総合病院
  • 花と森の東京病院
  • イムス富士見総合病院
  • 新東京病院
  • 新松戸中央総合病院
  • 獨協医科大学越谷病院
  • 春日部中央総合病院
  • …など

就職率100% (就職希望者数54人/就職者数54人)※2017年3月卒業生実績

就職支援

就職支援
本校は無料職業紹介所の認定を受けており、多数の求人の中からより良い就職先が見つかるよう、責任をもってサポートします!

各種制度

専門学校日本医科学大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

充実の設備・環境

■「最先端機器」の導入
医療現場は常に進化しています。訓練によって鍛え上げられた技術が必要不可欠です。最先端の機器を導入し、確かな技術を身につけることで、質の高い医療人を育成しています。

国家試験対策(視能訓練士科)

視能訓練士科では、国家試験対策として、担任からの個別指導にくわえ、今現在の自分の理解度を把握できるよう、定期的に模擬試験を行い、本番までに苦手な部分を克服できるようにしていきます。秋からは集中講義も実施し、さらに理解を深めていけるよう、指導に取り組んでいます。

アドバイザー制度(看護師科)

看護師科では、国家試験対策として、「アドバイザー制度」という、学生3~5人に1人の教員が個別で指導する制度があります。学生それぞれの個性や適性に合った指導をすることで、国家試験合格に向けた道づくりを整えます。

特待生制度

第1学年および第2学年終了時において、成績優秀であり、かつ無遅刻、無欠席であり、他の学生の模範となるような者に対して、次年度の前期授業料を免除します。

学生寮

初めて親元を離れて暮らすことになるみなさんが、安全な環境で安心して勉学に励めるよう、本校では専門の業者と提携した学生寮をご用意しています。
立地や詳細などについては、本校のホームページをご覧ください。

奨学金制度

本校では、学外の制度である「独立行政法人 日本学生支援機構制度」 「日本政策金融公庫の教育ローン」等、下記の制度が利用可能です。
・独立行政法人 日本学生支援機構制度
・日本政策金融公庫の教育ローン
・埼玉県看護師等育英奨学金貸与制度

※看護師科につきましては、各病院にて独自の奨学金制度があります。お気軽にお問合せください。

学びの分野/学校の特徴・特色

専門学校日本医科学大学校で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

専門学校日本医科学大学校で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

専門学校日本医科学大学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 学生寮

専門学校日本医科学大学校の所在地

専門学校日本医科学大学校

所在地

〒343-0851
埼玉県越谷市七左町一丁目314番地1

交通機関・最寄り駅

JR武蔵野線「南越谷」駅から本校まで徒歩15分
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「新越谷」駅から本校まで徒歩15分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

048-989-5101

専門学校日本医科学大学校のお問い合わせ先

電話 048-989-5101
FAX: 048-989-5100

  • 学校No.5784
  • 更新日: 2018.03.01