フェリス女学院大学の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

フェリス女学院大学 PRイメージ

現代社会で求められる教養と言語運用能力を身につけ、新しい時代を切り拓く女性を育成

2020年に創立150年を迎えるフェリス女学院は、キリスト教精神に基づく女子教育機関として、建学以来の歴史を通じてつねに新しい時代を切り拓いてきました。
女性の活躍がますます期待されるこれからの時代において、「For Others」の教育理念のもと、「新しい時代を切り拓く女性」を育成し続ける大学をめざしていきます。
「新しい時代を切り拓く」ために必要な知識と語学運用能力、課題発見・課題解決の方法を、学部・学科での専門的な学びと並行して4年間にわたって修得する全学生対象の教養教育プログラムの拠点「CLA(Center for the Liberal Arts):全学教養教育機構」では、フェリスらしい、魅力ある教育内容を7つの科目群(CLA科目)と1つの課程(FERRIS⁺〈フェリスプラス〉)で実践し、他大学にはない特徴を明確にします。

フェリス女学院大学 PRイメージ1

トピックス

2019.11.18

一般入試・センター利用入試の募集要項(願書)をWeb公開中!

一般入試・センター利用入試の2020年度学生募集要項(願書)を本学公式サイトに公開しています。

<一般入試>
★A日程:2/3(月)【国際交流学部】・2/4(火)【文学部・音楽学部】

★B日程:2/18(火)【文学部・国際交流学部・音楽学部】

★3月期:3/6(金)AM【文学部・国際交流学部】
         PM【音楽学部】

<センター利用入試>
 フェリス独自の個別試験はありません。
 センター試験を受験してからすぐに出願すれば間に合います。
 

学生募集要項(願書)は、本学公式サイトでPDFにて無料でダウンロードできます。

一般入試の過去問題は、本学公式サイトからご請求いただけます。

どの日程の試験を受けようか迷っていたらまずは電話でご相談ください。
平日は電話での受け付けも可能です。

気になったら、まずは公式サイトから資料請求してみよう!
https://www.ferris.ac.jp/examination/boshuyoko.html

2019.12.04

受験生応援サイト「FromFerris」をチェックしよう!

■受験生応援サイト「FromFerris」をリニューアルしました!■ 

受験生のみなさんに、フェリス女学院大学を知っていただくため、受験生応援サイト「FromFerris」をリニューアルしました。

高校生向けの入試情報、入試イベント、各学部学科の学びの特色、デジタルパンフレットなどが掲載されています。

また、入試情報から学生募集要項(願書)のダウンロードやWeb出願も可能となっています。

フェリス女学院大学をもっと知っていただくために、ぜひ活用してください!

URL:https://www.ferris.ac.jp/fromferris/

2019.09.20

語学カフェ

「授業で学んだ言語を話せる場所がほしい」という学生の要望を受け、言語センターでは、お昼休みに外国語を楽しむ「語学カフェ」を開催しています。
歴史や文化など、その日のトピックに沿って、時に留学中の学生とスカイプで交流をしたり、パーティを開催したりと、上級者・初心者、ネイティブ教員・学生が楽しみながらコミュニケーションをとっています。
授業とは一味違った語学学習の場として、同じ言語を学ぶ者同士、先輩後輩の枠を越えて一緒に会話を楽しみましょう。

開催中の語学カフェ
・English Café
・Café français(フランス語)
・Deutsches Café(ドイツ語)
・Café Español(スペイン語)
・中国語カフェ
・コリアンカフェ

2019.12.12

「小論文」で受験できる一般入試 ―— 文学部コミュニケーション学科

一般入試の試験科目と言えば、「英語」「国語」「世界史」「日本史」ですが、文学部コミュニケーション学科の3月入試は「小論文」1科目でチャレンジできます。

★事前にテーマが公表されます。
 大まかな出題範囲やテーマは、本学受験生公式サイトFromFerrisで公表されます。
 参考文献などもあわせて紹介しています。

★試験当日
 公表されている出題範囲・テーマについて、具体的な小論文問題が出題されます。
 参考文献等を読んで得た知識やテーマについて、事前に考えてきたことなどを手掛かりに小論文をまとめます。


センター試験にむけて勉強している皆さんも、時間を見つけて、どんな試験か確認してみませんか?

募集内容・学費(2019年4月実績)

フェリス女学院大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

文学部

英語英米文学科

概要 イギリス・アメリカをはじめとした、英語圏世界の文学・文化・芸術・社会などを幅広く学び、21世紀の国際人に求められるグローバルな視野と国際的な価値観を養います。
1年次に大学での学びに必要なスキルを修得し、2年次からは英語学や英語教育、英語圏世界の文学・文化・芸術・社会に関する専門的な学びがスタートします。3年次以降は、専門科目の学びと並行して卒業論文の作成を視野に入れた個人研究を進めることになります。
語学コースは、英語力の向上を目指す集中英語学習プログラム「英語インテンシブ・コース」と、英語+1言語を並行して学ぶ「2か国語履修コース」を用意。自分の考えを英語で明確に表現できる高い英語運用能力の修得を目指します。
そのほかにも、学習計画に沿って自由に選択できる英語選択科目も充実。ビジネスの現場で求められる実践的な英語や、海外で日本語教育に携わる上で必要な英語力を身につける授業など、各自の進路・将来設計に合わせた授業を受講できます。
また、ニュージーランドの協定大学で1学期間学ぶ学科独自の留学制度「セメスター・アブロード」では、国際感覚を養うこともできます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,331,300円

日本語日本文学科

概要 古典文学から現代の小説、さらには映画や芸能、マンガなどのサブカルチャーまで幅広く研究対象として捉え、作品が生み出された社会背景や文化、歴史、宗教観、思想などを理解し、豊かな感性と教養を養います。
日本語日本文学科に入学すると、1年次から自分で調べて考察し、発表や意見交換を行う能動的な学びを重視しながら、各分野の概論や基礎的方法論を学ぶことになります。2年次からは演習科目を通した専門分野の学びがはじまり、3年次以降は日本語学、日本語教育、古典文学、近代文学など計10分野から1つを選択して、学生各自の研究テーマをより深めていきます。
カリキュラムは、地域文化、民俗、伝統芸能、書道のほか、学生自ら詩や小説を創作する実践型科目や、「報道文の執筆」「編集」「アナウンス技能」「マンガ・アニメ論」「コンピュータと言語」など、幅広いスキルと最新の文化・社会状況に対応した科目も準備されています。また、日本語日本文学科では、国際化が急速に進む今日ニーズが高まっている「日本語教員」の資格も取得することができます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,331,300円

コミュニケーション学科

概要 多文化化する社会に求められる、他者と共生するための多文化主義的視点やメディア・リテラシーを実践的に学び、自ら情報発信できるコミュニケーション能力を養います。複雑化する情報社会のニーズに応えるため、コミュニケーション学科では多文化・多言語主義の視点や共生社会への志向、コミュニケーション能力、メディア・リテラシーを備えた人材の育成をめざしています。
国際化・情報化が進む今日、「コミュニケーション」とは、相手を理解し、ことばを発し、身体を介し、あるいはメディアを使って自己表現する、など多種多様な行為、能力を含んでいます。そのためコミュニケーション学科のカリキュラムは、「多文化理解」「共生コミュニケーション」「表現とメディア」の3領域を柱に、心理学、社会学、言語学、マスコミ学、ジェンダー学などの多様な分野を幅広く学べるように工夫されています。1、2年次は各分野の基礎を学びながら、アンケートやインタビュー調査、統計処理などの研究方法を学びます。3、4年次は国内外でのフィールドワーク、施設訪問や体験実習、メディア分析や取材・編集など、実践的な学びが展開されます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,331,300円

国際交流学部

国際交流学科

概要 世界で日々起こっている問題をグローバルな視点から考え、世界に発信し行動できる人材の育成をめざしています。国際的な政治・経済・関係史を学ぶ「国際協力」、世界各地域の歴史・思想・文化を学ぶ「文化交流」、私たちの暮らしを取り巻く国際的課題を学ぶ「人間環境」の各プログラムは、それぞれ多彩な専門科目から構成されていて、学生はまとまりのある学びによって専門性を高めることができます。
専門科目は語学プログラムともリンクしています。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、朝鮮語を在学中の海外留学や将来の仕事に生かせる本格的レベルまで高めることができる「インテンシブ・コース」と、海外語学実習・現地実習科目を組み合わせて受講することで、コミュニケーション能力や言語運用能力も徹底的に鍛えられるだけでなく、実体験を通して国際性を身につけることができます。
定員 197名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,331,300円

音楽学部

音楽芸術学科

概要 「音楽で人と社会を結ぶ」をテーマに、多彩な音楽が学べるリベラルアーツ型教育で、幅広いフィールドで活躍する人材を育成します。総合大学の中の音楽系学部である利点を活かし、優れた知識や教養が身につく学び、グローバル社会に欠かせない語学力を鍛える授業・実習など、社会で役立つ音楽の学びを展開しています。
音楽を多様な学問分野の一つと捉え、クラシック音楽の基礎を学びつつ、合唱、合奏、現代音楽、ジャズ、ミュージカル、作・編曲など幅広い音楽ジャンルにアプローチ。1年次に音楽の基礎知識に関する講義やグループ実技を受講し、2年次からは多彩なワークショップ科目で音楽と社会の結びつきを実践的に学び、ゼミナールでは卒業研究を行います。多彩なカリキュラムを用意して、「楽器演奏の経験はないが音楽が好き」「音楽の教員を目指したい」「外国語を学びながら、中学まで習っていたピアノも学びたい」「卒業後は一般企業に就職したい」といった多様な学生を受け入れています。卒業生は、音楽を通して身につけた積極性や自己表現力を生かしてさまざまなシーンで活躍しています。
定員 75名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,537,800円

主な就職先・ 女子学生のための充実した就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

主な就職先/内定先(2018年3月卒業生実績)

  • ANAエアポートサービス(株)
  • (株)三菱UFJ銀行
  • 全日本空輸(株)
  • (株)横浜銀行
  • (株)三井住友銀行
  • SMBC日興証券(株)
  • 日本航空(株)
  • 野村證券(株)
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • (株)JALスカイ
  • 東急リバブル(株)
  • (株)みずほフィナンシャルグループ
  • 日本郵便(株)
  • (株)JTB首都圏
  • …など

女子学生のための充実した就職支援

就職課では小規模大学の特徴を生かして就職個人相談に力を入れており、経験豊富な職員やキャリアカウンセラーが相談を担当することで、個々のニーズに対してきめ細かにサポートしています。また、各種就職講座や企業セミナーなどバラエティに富んだ講座・セミナーを展開し、企業や仕事に対する理解を深めるとともに、実際の採用選考に対応できるようにしています。
また、海外インターンシップも実施しています。春季・夏季休暇を利用した約4週間の海外企業就業体験プログラムで、協力企業は主に旅行業や小売業などです。接客はもちろん総務や経理、営業といった様々な業務を体験することができます。海外や外資系企業で活躍したいと考えている学生にとって、自らの適性を見極め、将来像を明確にできるばかりでなく、ビジネスという場で責任を持って判断・行動するという実践的な異文化コミュニケーションを体験する貴重な機会となります。

各種制度

フェリス女学院大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

国際社会で活躍できる人材を育成するための海外留学プログラム

「交換留学」と「認定留学」の2つの制度をはじめとして、長期短期のさまざまなプログラムが設定されています。「交換留学制度」とは、フェリスと交換留学協定を結んでいる20大学(アメリカ・カナダ・韓国・中国・台湾・フィリピン・インドネシア・ドイツ・スペイン・スロバキア・フランス・イギリス・オーストラリア)に留学する制度です。一方、「認定留学制度」とは、協定校以外の海外の大学・教育機関に、フェリスの許可を得て留学する制度です。いずれも、1年留学をしても卒業要件が満たされれば、4年間で卒業することが可能です。また、学部ごとに短期の海外実習が授業科目に設定されており、さまざまな希望にあわせて留学することが可能です。
留学実現のためのサポートも充実! 留学支援の中心となるのは、フェリス女学院大学国際センター。質問や相談、情報収集ができ、留学準備や留学期間中、帰国後のフォローまでしっかりサポートします。

学びの分野/学校の特徴・特色

フェリス女学院大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 地球・環境・エネルギー
  • 体育・健康・スポーツ
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽

フェリス女学院大学で目指せる職種

  • 教育
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • ファッション
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

フェリス女学院大学の特徴

  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 最寄駅より徒歩圏内

フェリス女学院大学の所在地

緑園キャンパス

所在地

〒245-8650
神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3

交通機関・最寄り駅

・横浜駅(JR)または海老名駅、大和駅、湘南台駅(いずれも小田急)から相鉄いずみ野線利用、「緑園都市」駅下車徒歩3分。
・JR横須賀線「東戸塚」駅から神奈中バス「緑園都市駅行」乗車、「フェリス女学院」下車徒歩1分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

045-812-9183

フェリス女学院大学のお問い合わせ先

入試課

電話 045-812-9183 (直通)

  • 学校No.561
  • 更新日: 2019.12.12