東京薬科大学 生命科学部の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ

適切な研究手法と、企画遂行能力を習得。少人数教育と先端研究で高い就職率を実現。

東京薬科大学は薬剤師育成を目的として1880(明治13)年に創立され、140年目を迎える伝統のある私立薬科大学です。「医療で活躍する薬剤師」と「薬を生み出す創薬人」を育んでいく独自の教育システムにより、多くの優秀な薬剤師、研究者・技術者を社会へ送り出してきました。

特に、生命科学部を巣立った卒業生たちは、多方面で活躍。
製薬、食品、化学、化粧品、環境分野の企業や研究所など、薬に関わるあらゆる場所で逞しく活躍しています。
生命科学部が目指すのは、「理系国際人」の育成。
広い専門知識と教養に基づき、困難な問題を解決していく「課題解決能力」の向上と、「実践的な英語力」の習得に力点を置いた学びで、企業が真に求める研究者・技術者を養成します。

東京薬科大学生命科学部は、生命科学における先駆的な存在として、常に次世代を見据えながら新しいことにチャレンジしていきます。

東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ1
東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ2
東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ3
東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ4
東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ5
東京薬科大学 生命科学部 PRイメージ6

トピックス

2020.03.01

オープンキャンパス

年4回の日程でオープンキャンパスを開催。東薬の魅力を余すことなく体感できるチャンスです。
みなさんの好奇心に応えるさまざまなプログラムを予定しています。

▼詳細はこちらをご確認ください。
https://www.toyaku.ac.jp/examinee/event/open-campus/

東京薬科大学 生命科学部 オープンキャンパス

2020.03.06

進学相談会

学内・学外のさまざまな会場で個別進学相談会が開催されます。
学部のこと、入試のことなど何でもお気軽にご相談ください。

▼詳細はこちらをご確認ください。
https://www.toyaku.ac.jp/examinee/event/ad-meeting/

東京薬科大学 生命科学部 進学相談会

2020.03.01

多くの卒業生が大学院に進学しています

より高度な知識と技術を身につけたいと考えから、多くの卒業生が大学院へ進学しています。
博士課程まで進んで博士号を取得する学生もおり、研究に対する高い志がうかがえます。

【2017~2019年3月卒業生 進学先】
大阪大学大学院、京都大学大学院、千葉大学大学院、東京医科歯科大学大学院、東京工業大学大学院、東京大学大学院、東北大学大学院、北海道大学大学院、横浜市立大学大学院、京都府立医科大学大学院 など

募集内容・学費(2020年4月実績)

東京薬科大学 生命科学部の募集内容や学費をチェックしておこう!

生命科学部

分子生命科学科

概要 化学と分子生物学を基盤に、くすり・遺伝子・細胞など、生命 (いのち)を支える仕組みを学びます。1~2年次は必修科目を中心に基礎を固め、豊かな人間性を育てる基本をつくります。3年次は選択科目を中心に、興味を大きく伸ばします。4年次で研究室に配属され、一人ずつ異なるテーマで卒業研究を行います。本学科では選択科目に学科指定を設けておらず、興味に合わせて化学・薬学のほか、医科学・応用生命科学分野を自由に学ぶことができます。科学の基本を身につけ、興味を伸ばし、最先端の研究に触れる。生命科学領域の豊かな感覚と深い知識、そして様々な課題を解決する能力を養います。
定員 70名
(生命科学部総定員 220名)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,889,000円

応用生命科学科

概要 本学科では、まず生命科学の基礎をかため、それを基に環境や食品分野の先端バイオテクノロジーに関する高度な知識や技能の習得を目指します。また本学科では、動物、植物から微生物まで様々な生物を研究し、未来のバイオテクノロジーを探索しています。医療への応用に始まり、食品、環境、エネルギーへと広がりをみせるバイオテクノロジーの最先端にふれることができます。また、3年後期から卒業研究に取り組めることは本学科だけの魅力です。
定員 60名
(生命科学部総定員 220名)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,889,000円

生命医科学科

概要 本学科では、難病・がんなどの病気の仕組みや、免疫、再生医療などについて学び、生命科学と医療の現場をつなぐような、人の命と健康に貢献できる人材を育成します。医師としての臨床経験を持つ優秀な教授陣を新たに迎え、基礎研究から臨床研究へと幅広く学習する体制を整えています。また、がんや神経変性疾患などの難病や、老化、再生医療などの最先端のトピックスを扱う講義を数多く開講。現代医学の様々な問題点を、各分野のエキスパートがわかりやすく解説します。
定員 90名
(生命科学部総定員 220名)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,889,000円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017~2019年3月卒業生実績

  • 大塚製薬(株)
  • 小野薬品工業(株)
  • キッセイ薬品工業(株)
  • 塩野義製薬(株)
  • 第一三共(株)
  • 大日本住友製薬(株)
  • 田辺三菱製薬(株)
  • (株)ツムラ
  • 日本ベーリンガーインゲルハイム(株)
  • ヤンセンファーマ(株)
  • IQVIA サービシーズ ジャパン(株)
  • イーピーエス(株)
  • ACメディカル(株)
  • シミック(株)
  • パレクセル・インターナショナル(株)
  • 静岡沢井薬品(株)
  • オリンパス(株)
  • 横河医療ソリューションサービス(株)
  • (株)エスアールエル
  • (株)昭和メディカルサイエンス
  • ニチバン(株)
  • (株)コーセー
  • (株)ノエビア
  • アートコーヒー(株)
  • (株)東京風月堂
  • はごろもフーズ(株)
  • 山崎製パン(株)
  • 富士通エンジニアリングテクノロジーズ(株)
  • 丸紅ITソリューションズ(株)
  • (株)成城石井
  • 第一生命保険(株)
  • 日本郵便(株)
  • (株)三井住友銀行
  • 明治安田生命保険相互会社
  • (独)国立病院機構(関東信越グループ)
  • 日本赤十字社愛知県支部
  • 防衛省
  • 川崎市
  • 八王子市役所
  • 埼玉県教育委員会
  • …など

就職支援

■キャリア講演会・職種理解セミナー
薬剤師、各種医療施設スタッフ、研究・開発職など、企業人や公務員として活躍する諸先輩が、それぞれの職種を紹介し、その職業ならではの魅力や、就職活動のあり方などについても言及。先輩からの生のメッセージは説得力に満ち、毎回多くの学生の就職に対する意識を触発しています。

■企業・薬局研究合同フォーラム
採用実績のある製薬企業、CRO・SMO、化学、食品、化粧品、情報サービス、薬局など幅広い分野の企業(延べ100社以上)が参加し、各企業の人事担当者やOB・OGと直に接しながら企業情報や就職情報を得ることができる説明会を大学内で開催しています。

■進路相談(個別進路相談・模擬面接・グループディスカッション)
自分に最もふさわしい進路を選択するには、しっかりとした自己分析が欠かせません。キャリアセンターでは、学生1人に対して50分の時間をかけて、企業勤務経験者やカウンセラーが自己分析のサポートや個別進路相談を親身になって行っております。模擬面接やグループディスカッションも実施しており、希望する就職を実現するために万全の支援体制を整えています。

各種制度

東京薬科大学 生命科学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

成績優秀者授業料等免除制度

一般公募推薦入試(併願制)スカラシップ入試の合格者のうち成績上位者(学部で最大7名)に対し、入学年の授業料等(授業料・施設費)を全額免除します。また、全額免除者を除く成績上位者(学部で最大16名)に対し、入学年の授業料等を半額免除。B方式I期の合格者のうち成績上位15名(分子5名・応用4名・医科6名)に対し、入学年の授業料等の2分の1(795,000円)を免除します。

東京薬科大学 生命科学部 成績優秀者授業料等免除制度

奨学金

日本学生支援機構奨学金の他に、本学独自の奨学金として特別奨学金、一般奨学金、災害等(不測事態)奨学金、応急援助奨学金、緊急時奨学金があります。

東京薬科大学 生命科学部 奨学金

研究意欲を深める生命科学ゼミナール

1年生を対象に1グループ5~7人の少人数制ゼミを行います。生命科学関連の基礎的な英文図書や論文を教材として使い、PBL(Problem Based Learning:問題解決型学習)形式で行います。このゼミナールを通して、学問や研究に対する積極的な態度を身につけ、生命科学という研究分野の広がりを理解し、研究意欲を深めていきます。

東京薬科大学 生命科学部 研究意欲を深める生命科学ゼミナール

海外での生活を通じてグローバルな視点を身につける海外特別研修

アメリカ西海岸にある、カリフォルニア大学アーバイン校での英語研修、研究室訪問や特別レクチャーなどが行われ、生命科学を学ぶために必要な英語能力の向上を図るとともに、英語圏の人々や文化と接することで視野を広げ、自立心も養うことができる研修制度です。

東京薬科大学 生命科学部 海外での生活を通じてグローバルな視点を身につける海外特別研修

充実した施設環境

学⽣会館には、⾷堂スペースと⾃習・談話スペースを備えています。⾷堂スペースは2フロアで合計1200席を有し、広々としたスペースでゆっくりと⾷事を取ることができます。また、さまざまな形のテーブルと椅⼦が配置された談話スペース、少⼈数でのミーティングに最適なブース形式のスペース、無線LANを完備した⾃習スペースも備え、キャンパスライフをゆったりと過ごすスペースとして活⽤されています。さらに、コンビニ形式の⽣協売店や書店、プレイガイドなどもあり、学⽣⽣活を総合的にサポートしています。

東京薬科大学 生命科学部 充実した施設環境

第三者機関から高い評価を受けるハイレベルな研究活動

教員をはじめ、大学院生、学部生、卒業生たちの研究は多岐にわたっており、その活動は学会などの第三者機関からも高い評価を受けています。また、生命科学部は教員の約2割が女性研究者というのも特徴。近年では、大学同士の連携も盛んに行われており、東京医科大学・工学院大学との3大学包括連携活動にも取り組んでいます。教育や研究の分野でさらなる発展が期待されています。

東京薬科大学 生命科学部 第三者機関から高い評価を受けるハイレベルな研究活動

新たな取り組み「社会参加型能動学習(産学協同PBL講座)」

学生の能動的な学習を促す課題解決型(PBL)学習をより効果的に行うために、1年次前期科目として、社会参加型の講義「産学協同PBL講座」を開講しています。この講座では企業から講師を迎え、実際に企業が抱えている課題の解決方法をグループで討論。プレゼンテーションを行い、講師から評価を受けることができます。講義での体験を通して、主体的に学ぶ姿勢・コミュニケーション能力や社会において要求される課題解決能力を身につけていきます。さらに、学生自身のキャリアプランを考えるきっかけにもなる非常に意義深い講義です。

東京薬科大学 生命科学部 新たな取り組み「社会参加型能動学習(産学協同PBL講座)」

資格取得を学部でサポート

生命科学部では資格取得支援にも力を入れています。正規の授業でサポートを行うほか、資格取得のための特別講義を開講。
学生の目指す未来に向けて資格取得をバックアップします。

<サポートを行っている資格>
教員免許、食品衛生監視員、環境衛生監視員、第一種放射線取扱主任者、上級バイオ技術者、技術士(補)、
甲種危険物取扱者、ITパスポート、基本情報技術者、バイオインフォマティクス技術者など

東京薬科大学 生命科学部 資格取得を学部でサポート

学びの分野/学校の特徴・特色

東京薬科大学 生命科学部で学べる学問

  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

東京薬科大学 生命科学部で目指せる職種

  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 公務員・政治・法律

東京薬科大学 生命科学部の特徴

  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス

東京薬科大学 生命科学部の所在地

八王子キャンパス

所在地

〒192-0392
東京都八王子市堀之内1432-1

交通機関・最寄り駅

JR中央線「豊田」駅南口下車、スクールバス約8分
京王線「平山城址公園」駅下車、路線バス約8分または徒歩約18分。
京王相模原線「京王堀之内」駅下車、路線バス約8分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

042-676-5112

東京薬科大学 生命科学部のお問い合わせ先

入試課

電話 042-676-5112 / NTTフリーダイヤル 0120-50-1089 (携帯電話からもOK)

  • 学校No.5406
  •  
  • 更新日: 2020.09.04