明治薬科大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

明治薬科大学 PRイメージ

実践的な医療薬学教育から研究まで幅広く網羅

明治薬科大学は2018年に創立116周年を迎えました。
これまでの110年以上の実績の下、「最も値打ちのある薬科大学」best value pharmaceutical university を目指して、実践的な医療薬学教育から研究までを網羅した独創的な教育カリキュラムに基づく教育・研究を展開し、未来に向けて更なる社会貢献を続けます。

明治薬科大学 PRイメージ1
明治薬科大学 PRイメージ2
明治薬科大学 PRイメージ3
明治薬科大学 PRイメージ4
明治薬科大学 PRイメージ5
明治薬科大学 PRイメージ6

トピックス

2018.10.01

進学ブランド力調査2018「資格取得に有利な大学」の第10位に!

関東・東海・関西の3つのエリアに通っている2019年3月卒業予定の高校3年生(94,000名)に対して、「進学ブランド力調査2018」が行われました。

本学は、関東エリア(調査対象校306校、有効回答数4008件:男子2010件、女子1998件)において、「資格取得に有利な大学」として、全体で第10位、男子で13位、女子で第6位となりました。なお、10位以内にランクインした単科薬科大学は、本学のみです。


その他の結果は、以下の通りです。

○専門分野を深く学べる:全体13位

○専門分野を深く学べる:女子10位

(リクルート進学総研・進学ブランド力調査より)

2018.03.01

2017年「全国 実就職率ランキング」で上位に入りました

大手新聞社発行誌における「全国 実就職率ランキング」(卒業者数100人以上1000人未満)では、薬系大学で4番目(96.0%)の順位で、6年連続95%以上の就職率を達成しています。(就職者340名/就職希望者数354名 2017年3月卒業生実績)

<サンデー毎日 2017年8月6日号「全国240大学実就職率ランキング」出典>

2018.03.01

キャンパス見学受付中!!

現在、本学ではキャンパス見学を受け付けております。ご希望の方は、あらかじめ学生支援部入試課までお問合せください。見学の出来る時間帯は次のとおりです。

平日9:00~17:00、土曜日9:00~14:00

なお、日曜祝日、第二土曜日は休日となりますので見学は出来ません。詳しくは本学HPをご参照ください。

募集内容・学費

明治薬科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

薬学部(2018年4月実績)

薬学科

概要 6年制に移行した薬剤師養成教育。そのいちばんの目的は、充実した臨床実習を経て、患者さんの薬物治療の支えとなる薬剤師を育成することです。医師の処方箋に従って薬を調剤するだけでなく、医療の現場で患者さんと直接ふれあいサポートしていく役割が求められています。薬学科では、基礎教育からコミュニケーション能力の育成、充実した実習病院など、6年間の教育課程を通して、医療人としての薬剤師を育成します。大きな特徴として、5年次には希望進路に即してより実践的な実習や研修が受けられる7コースの独自カリキュラムを設定しています。
募集内容 定員:300名
対象:男女
年限:6年
学費:2,327,500円(初年度納入金)
(2018年4月実績)

生命創薬科学科

概要 研究職を目指して薬学をより深く追究していくために、大学院との連携を図り、早くから充実した研究体験が積めるカリキュラムを導入。大学院進学を視野に入れた1学年60名という少数精鋭教育で、医薬品の研究開発に貢献できる人材を育成しています。1年次~2年次は、少人数制で生命科学や薬学の専門性を高める基礎を学習。3年次から研究室における長期総合実習を行い、4年次に各研究室に所属し、卒業研究に専念します。研究から発表までマンツーマンに近い体制で長期の総合実習・演習指導し、卒業後、研究職を志す場合は基本的に大学院へ進学します。
募集内容 定員:60名
対象:男女
年限:4年
学費:2,037,000円(初年度納入金)
(2018年4月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • 国立病院機構近畿グループ
  • 越谷市立病院
  • 埼玉医科大学国際医療センター
  • 埼玉医科大学総合医療センター
  • さいたま市民医療センター
  • 埼玉石心会病院
  • 彩の国東大宮メディカルセンター
  • 順天堂大学医学部附属練馬病院
  • 白岡中央総合病院
  • 諏訪赤十字病院
  • 聖隷佐倉市民病院
  • 聖路加国際病院
  • 草加市立病院
  • 高島平中央総合病院
  • 筑波大学附属病院
  • 土浦協同病院
  • 鶴見病院
  • 帝京大学ちば総合医療センター
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 東京北医療センター
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 東京腎泌尿器センター大和病院
  • 東京逓信病院
  • 東京都保健医療公社豊島病院
  • 東京都保健医療公社
  • 東京都済生会中央病院
  • 常磐病院
  • 獨協医科大学越谷病院
  • 虎の門病院
  • 新座志木中央総合病院
  • 日産厚生会玉川病院
  • 日本医科大学付属病院
  • 沼津市立病院
  • 練馬光が丘病院
  • 藤田保健衛生大学病院
  • 富良野病院
  • 前橋赤十字病院
  • 松戸市立総合医療センター
  • 横浜総合病院
  • (株)アイセイ薬局
  • アイングループ(アインファーマシーズ)
  • 一心堂薬局
  • (株)いちのみや薬局グループ
  • (株)ウィーズ
  • ウエルシアホールディングス(株)
  • (株)ウェルパーク
  • クラフト(株)
  • (株)クリエイト エス・ディー
  • …など

就職支援

各学年に応じた様々な就職支援プログラムが行われ、入学時より就職活動をサポートしています。4年制の学科では3年次に、6年制の学科では4年次に全員が研究室に配属となるので、研究室所属の教員、大学院生、研究室のOB・OG等、多方面から就職関連情報の収集とサポートが受けられます。また、大学と明薬会(同窓会)が連携して在校生の就職活動をサポートしています。さらに、各業界で指導的立場に立って活躍している多くの卒業生とのネットワークが本学の高い就職率につながっています。

【進路就職決定率 97.9%】(2017年3月卒業生実績)
2017年3月に本学薬学部(薬学科・生命創薬科学科)を卒業した学生で、進路就職決定率(大学院進学含む)は97.9%(336名/343名)となり、高水準の決定率を維持しています。

【薬学科の進路】
●病院の臨床薬剤師
●地域社会の薬剤師
●臨床開発に携わる薬剤師
●医薬品情報提供に携わる薬剤師
●薬事・衛生行政や環境衛生分野
●漢方医療にも強い薬剤師
●新薬開発に関わる研究者

各種制度

明治薬科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

充実した実習先【薬学科】

薬学教育6年制移行に先がけて、大学院臨床薬学専攻で1年間の長期臨床研修、学部では病院・薬局実習を必修科目として実施してきました。これまでの実習先との太いパイプにより、6年制教育でのコース特別演習等はさまざまな施設で実習が可能です。

【主な実習先】
順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京女子医科大学病院、日本医科大学付属病院、聖路加国際病院、埼玉医科大学病院、自治医科大学附属さいたま医療センター、筑波大学付属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、獨協医科大学越谷病院、榊原記念病院、国立がん研究センター東病院、薬日本堂、日本調剤、クラフト、ファーコス、フォーラル 他

医療コミュニケーション学・演習【薬学科】

これからの薬剤師には、従来の調剤業務だけでなく、薬物治療における重要な責任者としての役割が求められています。そこで必要不可欠なのが、医療コミュニケーション・スキル。本学では、いち早くそのトレーニングを6年制カリキュラムに取り入れ、様々な患者さんの実際の状況を想定した演習を実施します。臨床心理学的な理論に基づいた手法で、薬物治療に貢献します。

薬剤師のスペシャリストを育成する7つのコース【薬学科】

本学では、薬学科学生は全員が薬剤師資格を取得した上で、社会に巣立って行くことを目指しています。卒業後の進路は、病院や薬局だけでなく、製薬企業および治験支援企業や公的な試験研究機関、厚生労働省、医薬品審査機関などの公務員を目指すなど多岐にわたっています。

そこで、本学では、薬剤師国家試験受験資格に必須である標準実務実習に加え、学生の多様な進路に即した経験と実践力を養成できる7種類の特別コース(病院薬学、地域医療、臨床開発、健康薬学、伝統医療薬学、薬学研究、海外医療研修)を選択必修のカリキュラムとして用意しました。
学生は、希望に応じて特別コースを選択し、標準実習の無い時期に各特別コースの特長を活かした形で実習を行っています。

大学院と連動した研究体験【生命創薬科学科】

生命創薬科学科では、学部在籍時から生命科学や創薬に携わる研究者の養成を目指す大学院と、様々な連携を図っています。3年次までの物理化学、有機化学、生化学、薬理学などの基礎的科目では、講義とともに少人数による学生主体の演習スタイルを取り入れ、基礎知識の理解を確実にします。また4年次の卒業研究はマンツーマンに近い体制で、研究姿勢、語学力まで総合的に指導します。大学院の教育と連動させ、学部卒業後に大学院へと進み、スムーズに各人の専門性を高められる体制を整えます。また、大学院科目も選択履修でき、大学院進学後に単位として認められます。

大学院進学へのサポート体制【生命創薬科学科】

薬学の専門性を高め、将来、研究職を目指す学生が、大学院への進学をなるべく早く決め、4年次の卒業研究に集中できるよう、本学科では早期から本学大学院への指導を積極的に行います。本学大学院への進学希望者には、3年次から指導を始めて、より多くの学生が大学院推薦入試で合格できる体制を整えています。

特待生制度

入試の成績により、初年次より最大3年間の授業料を免除する制度です。

1.入学特待生A
一般入試B方式前期・推薦入学者特待生選抜試験の合格者のうち成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名 の3年間(注)授業料全額[薬学科4,020,000円、生命創薬科学科3,300,000円]を免除します。
2.入学特待生B
上記[1.]に次ぐ成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名の2年間(注)の授業料全額[薬学科2,680,000円、生命創薬科学科 2,20,000円]を免除します。
3.入学特待生C
上記[2.]に次ぐ成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名 の初年度授業料全額[薬学科1,340,000円、生命創薬科学科1,100,000円]を免除します。

(注)入学特待生AおよびBは、1年ごとに継続可否の審査を実施する。審査内容は各学年末の成績が、各学科の上位40%以内であることとする。

明治薬科大学奨学費

成績優秀、心身健全かつ向学心旺盛な学生に奨学費20万円を年1回支給。
2016年度は1年~6年合計102名に支給(各学年18名以内)。

大正製薬特別奨学生

明治薬科大学学部学生の中で、強い勉学意欲を持ちながら経済的理由により修学が困難となった者に奨学金を給付し、勉学の継続を奨励することにより人材を育成することを目的として制定されました。
本規則は2013年4月1日から適用されています。

学びの分野/学校の特徴・特色

明治薬科大学で学べる学問

  • 数学・物理・化学
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ

明治薬科大学で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 公務員・政治・法律
  • 音楽・イベント

明治薬科大学の特徴

  • 地方入試
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

明治薬科大学の所在地

清瀬キャンパス

所在地

〒204-8588
東京都清瀬市野塩2-522-1

交通機関・最寄り駅

JR 武蔵野線「新秋津」駅下車(徒歩17分)
西武池袋線「秋津」駅下車(徒歩12分)

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

042-495-5061

明治薬科大学のお問い合わせ先

  • 学校No.467
  • 更新日: 2018.10.11

明治薬科大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

明治薬科大学