東北医科薬科大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

創立79年の実績を活かし、薬学、生命科学、医学の領域から、地域に貢献する医療人を育成。

本学は1939年、東北・北海道地区唯一の薬学教育機関として誕生(※1)してから、今年で創立79年目を迎えます。私立薬系大学では初めての附属癌研究所や大学院の設置(※2)。また、2013年4月には薬系大学では全国で初めてとなる大学附属病院を開設(※3)するなど、今日まで薬学教育・研究の先導的役割を担ってきました。「われら真理の扉をひらかむ」という建学の精神のもと、広く人類の健康と福祉に貢献する人材の育成を教育理念に掲げ、これまで地域社会に貢献する2万人余りの医療人を輩出してきました。2016年4月には全国で37年ぶりとなる医学部を開設。
これからも薬学、生命科学、医学の領域から、地域に貢献する優れた医療人を育成していきます。

※1 『薬学図書館』第35巻4号
※2 「教育学術新聞」第2436号
※3 『日本消化器内視鏡学会雑誌』 59巻(2017年)1号

東北医科薬科大学 PRイメージ1
東北医科薬科大学 PRイメージ2
東北医科薬科大学 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

医学部 修学資金制度(最大3,000万円)で医師を志す学生を経済的に支援!

東北の地域医療に貢献しようとする強い意志を持った学生を全国から受け入れ、経済的に支援する「東北地域医療支援修学資金制度」(最大3,000万円)を設けています。入学定員100名の内、半数以上である55名を対象としており、宮城県または東北5県の医療機関に勤務することを希望する方であれば出身地や出身高校を問わず、全国から受験できます。
卒業後、東北地方の医療機関に一定期間勤務することで貸与金額の返還が免除されます。地域医療を志す方々に医療を学びやすい体制を整えています。
詳細については、本学ホームページ掲載の募集要項にてご確認ください。

募集内容・学費

東北医科薬科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

薬学部(2018年4月実績)

薬学科

学科紹介 薬学科の教育目標は、基礎的な知識と豊かな人間性、高い倫理観、医療人としての教養、課題発見・解決能力、現場での実践力などを兼ね備えた薬剤師を育てることです。
カリキュラムでは、まず基礎薬学系の科目を中心に薬学への意欲と基礎学力を向上させ、その後もきめ細かな講義、最新の施設・設備を活用した体験学習により段階的にステップアップしていきます。
5年次から始まる病院・薬局での5ヶ月間におよぶ実務実習に自信をもって参加できるよう、主体的な学習姿勢を育みます。
定員 300名
対象 男女
年限 6年
学費 初年度納入金
2,225,000円(諸会費除く)
目指せる資格 【受験資格を取得】
薬剤師 

【取得目標資格】
環境計量士 
衛生管理者 
麻薬管理者 
食品衛生管理者 
環境衛生監視員(任用資格)
薬事監視員(任用資格)
食品衛生監視員(任用資格) 
作業環境測定士 
労働衛生コンサルタント  など

生命薬科学科

学科紹介 薬に関わる幅広い知識や生命科学を身につけ、大学院への進学などを通じて将来、薬の開発やバイオテクノロジー等の研究分野で活躍できる人材の育成を目指しています。
進路は本学ならではのネットワークや実績を駆使し、学生一人ひとりをきめ細かくサポート。本学大学院をはじめとした大学院への進学、製薬企業の研究および技術開発職、医薬情報担当者(MR)、公務員など多様な就職の道が開かれています。
定員 40名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,780,000円(諸会費除く)

医学部(2018年4月実績)

医学科

学科紹介 東北地方の医師不足による医療過疎や医療崩壊、今後やってくる超高齢化社会を踏まえ、震災からの復興、災害で崩壊した地域医療の再生を目指し、病める人を全人的に捉え、幅広い臨床能力を持つ総合診療医や地域医療に意欲を持って貢献できる医師を育成します。
地域に根付いた医師を養成するために地域医療ネットワークを構築し、地域滞在型の地域医療教育と臨床実習を推進。大学と大学病院、地域医療教育サテライトセンター、関連教育病院、そして東北6県の地域医療ネットワーク病院が連携しながら教育を進めることで地域医療と先進医療における実習環境を整えます。
また、長年に渡る薬学部の教育研究の実績を活かし、薬の副作用や安全性、有効な薬物治療など薬物の知識も併せ持つことにより、チーム医療や災害時の医療現場において欠かせない医師となることを目指しています。
定員 100名
対象 男女
年限 6年
学費 初年度納入金
6,500,000円(諸会費除く)
目指せる資格 【受験資格を取得】
医師

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業実績

  • 田辺三菱製薬(株)
  • 日本イーライリリー(株)
  • 小野薬品工業(株)
  • (株)ツムラ
  • 杏林製薬(株)
  • 一般(社)日本血液製剤機構
  • 日本全薬工業(株)
  • (独)国立病院機構 北海道東北グループ
  • 弘前大学医学部附属病院
  • 東北大学病院
  • 山形大学医学部附属病院
  • 宮城県立こども病院
  • みやぎ県南中核病院
  • 栗原市医療局
  • (公大)福島県立医科大学附属病院
  • 石巻赤十字病院
  • イムス明理会仙台総合病院
  • 東北労災病院
  • 東北医科薬科大学病院
  • アイングループ
  • (株)オオノ
  • カメイ(株)
  • シップヘルスケアファーマシー東日本(株)
  • アポロメディカルホールディングス(株)アイランド薬局
  • クオール(株)
  • 日本調剤(株)
  • 青森県職員
  • 宮城県職員
  • 山形県職員
  • 福島県職員
  • 岩手県医療局
  • 日本赤十字社東北ブロック血液センター
  • ウエルシア薬局(株)
  • サンドラッググループ
  • (株)ツルハ
  • ニプロ医工(株)
  • (株)新日本科学PPD
  • (株)EP綜合
  • …など

就職支援

本学の就職指導は、学生、配属教室責任者、キャリア支援センターの三位一体、スクラム体制で行っています。1年次より就職状況の分析や就職活動にあたっての心構え、企業の人事担当者や卒業生を招いての講演、就職マナー講座などを実施しています。また、薬学部生向けの合同就職説明会には毎回、県内外から多くの企業が参加。2017年4月に開催した説明会の参加者は製薬会社、病院、薬局など3日間合計で289事業所にのぼりました。また、本学ではインターンシップも推進しており、社会人としてのスキルアップや自己の職業適性や将来を考える良い機会となっています。

各種制度

東北医科薬科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

薬学部 奨学金制度

●創設者高柳義一奨学金
人物・学業とも健全かつ優秀で、修学上経済的に困難な学生へ貸与する奨学金です。
【貸与月額】64,000円(無利子貸与)

●特別奨学金制度
優秀な新入生および在学生を対象とした給付型の特別奨学金制度です。
【給付金額】 新入生:入学金相当額
       在学生:240,000円(年額)

医学部 修学資金制度

●東北地方医療支援修学資金制度
医学部では卒業後東北地方への定着を促進しており、医師として東北の地域医療に一定期間従事することで貸与金額が全額返還免除となる修学資金制度を設けています。入学定員100名のうち、55名までがこの制度を利用できます。
・修学資金枠A方式
【定員】35名
【勤務地】宮城県30名 宮城県以外の東北5県 各1名
【金額】3,000万円(6年間)
【返還免除条件】宮城県知事または本制度の利用を希望する県が指定する医療機関等に10年間勤務すること。

・修学資金枠B方式 <宮城県以外の東北5県既存の修学資金制度への申込が条件>
【定員】20名
【勤務地】宮城県以外の東北5県
【金額】本学の修学資金1,500万円(6年間)+各県の修学資金約1,100万円~(6年間)
【返還免除条件】宮城県以外の東北5県で医療機関等に9年程度勤務すること。

この他に修学資金制度を利用しない一般枠があります(定員45名)

地域医療に貢献する3つの附属病院

東北医科薬科大学病院
急性期総合病院として、総合的医療サービスを提供することを基盤としており、東北地区の基盤病院として広く利用されています。医療連携センターでは地域の医療機関と密な連携をとり、患者さんの受入や医療情報の交換を行っています。
また治療終了後、患者さんが安心して在宅で療養できるよう、入院時から看護師や医療ソーシャルワーカーが介入し、地域と連携しながらサポートを行っています。

東北医科薬科大学 若林病院
地域の中核病院として病気の予防や健康サポートにも積極的に取り組んでおり、人間ドックを始め、誰でも受講できる市民公開講座、そして呼吸器や糖尿病などの教室も開催しています。
また、医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、運動療法士など、分野を超えたチーム医療によるスムーズな診療を行っています。

東北医科薬科大学 名取守病院
名取市で唯一の療養病床を有する病院であり※、地域の方への医療提供はもとより、地元に限らず病院、介護施設などからの紹介患者を受け入れてきました。
また企業健診なども積極的に行っています。
※日本医師会HP http://jmap.jp/

福室キャンパス

医学部の3年次からは新キャンパスで学習します。テラコッタタイルの風合いが印象的な外観の教育研究棟は、基礎・臨床医学学習のための教育エリアと研究・実験エリアからなり、約300人収容可能なホールや、吹き抜けを生かした明るく開放的な学生ラウンジなどを完備。さらに2019年からは、建設中の新病院棟での臨床実習も始まり、福室キャンパスが本格始動します。

分子生体膜研究所

分子生体膜研究所は、最先端の生命科学研究を推進する中核施設です。
本研究所は、分子認識学・機能病態分子学・生体膜情報学・細胞制御学の4部門で構成されており、主に「細胞膜」の糖鎖生物学」をテーマとしたポストゲノム時代における生命科学の本格的な探究に取り組んでいます。2012年には、「生体膜糖鎖異常に起因する生活習慣病発生機序の解明と臨床への応用」が文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に選出されました。

創薬研究センター

『アンメット・メディカル・ニーズに応える創薬基盤研究の推進および臨床応用への展開』が文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択され、研究が進められています。本センターは、7つの研究室から構成されており、異なった研究分野や研究手法の有機的な融合により、革新的な創薬研究が可能となっています。

臨床薬剤学実務実習センター  

教育研究棟ウェリタス(小松島キャンパス内)には、病院薬剤部や保険薬局の環境・設備をそのまま再現した模擬薬局や全国有数の規模を誇る無菌室などを備えた臨床薬剤学実務実習センターを整備しています。臨床の現場で薬剤師が業務を行う環境が整っており、事前実習にも余念なく臨めます。

学びの分野/学校の特徴・特色

東北医科薬科大学で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ

東北医科薬科大学で目指せる職種

  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 公務員・政治・法律

東北医科薬科大学の特徴

  • 地方入試
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 新設学部・学科
  • 最寄駅より徒歩圏内

東北医科薬科大学の所在地

小松島キャンパス(薬学部・医学部(1~2年))

所在地

〒981-8558
宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1

交通機関・最寄り駅

●JR仙山線「東照宮駅」から徒歩15分
●仙台市営地下鉄南北線「台原駅」から徒歩15分
●仙台市営バス
JR「仙台駅」西口(LoFt前)17番のりばより
「宮町・南光台入口経由 旭ヶ丘駅行」乗車、
もしくは、「宮町・小松島三丁目経由 台原駅行」乗車、
もしくは、「宮町・台原経由 瞑想の松循環行」乗車。
「東北医科薬科大・東北高校前」下車徒歩すぐ。

東北医科薬科大学のお問い合わせ先

電話 022-234-4181
FAX: 022-275-2013
Mail: webmaster@tohoku-mpu.ac.jp

  • 学校No.307
  • 更新日: 2018.10.25

東北医科薬科大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

東北医科薬科大学