埼玉工業大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

埼玉工業大学 PRイメージ

少人数制教育で行き届いた丁寧な教育と恵まれた学習環境

本学では「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念のもと、工学部と人間社会学部において、多様化した現代社会で通用し活躍できる人材の育成に努めています。

いつも「目」と「こころ」の行き届いた丁寧できめ細やかな指導を心がけ、また、皆さんの期待に応えられる学習環境を用意することにも力を入れています。進路や関心に合わせた専門分野の充実に加えて英語教育と情報処理教育も重視し、コミュニケーション能力と情報化社会に対応できる力を養成します。

工学部は、基礎科目である数学・物理については、高校での学習レベルに合わせてスタートできるようクラス編成に配慮するとともに、リメディアル授業を行います。たとえ高校での基礎科目が未履修であっても、短期間で大学レベルを達成できるよう、きめ細かな教育に努めています。

埼玉工業大学 PRイメージ1
埼玉工業大学 PRイメージ2
埼玉工業大学 PRイメージ3
埼玉工業大学 PRイメージ4
埼玉工業大学 PRイメージ5
埼玉工業大学 PRイメージ6

トピックス

2017.03.01

新棟「ものづくり研究センター」完成!

学園創立110周年記念事業の一環として、昨年度より建築を進めていた新棟「ものづくり研究センター」が、2016年7月に完成しました!

「ものづくり研究センター」は<新しい価値の創造>をテーマとした研究施設です。設備の充実により利便性を高めるだけではなく、学生たちの学習意欲や研究意欲の向上が期待されます。

2017.03.01

「次世代電気自動車研究開発プロジェクト」始動中!

2016年07月に完成した、全学的なものづくり研究教育施設「ものづくり研究センター」。
これを機に「次世代電気自動車研究開発プロジェクト」を始動させています。

本プロジェクトについてはすでにマスコミでも紹介され、地域の期待に応えるべく、全学的な体制で取り組んでいます。

工学部だけでなく、人間社会学部の教員も含めた全学科横断的な研究体制のもと、「電池・制御・IT技術」の3つのチームが力を合わせることで、埼工大ならではの独自の技術開発を目指しています。

2017.03.01

サッカー部から初のJリーガー誕生!!

本学、体育会サッカー部は、部員70名で関東リーグ昇格を目指し埼玉県1部リーグ戦を戦っています。2016年シーズンは、前期リーグ戦を2位で折り返すも、逆転優勝が見えた後期ラスト上位対決を取りこぼして(3分け)悔しい3位に。

しかし、遂に2名のJリーガー(FC琉球:J3)が誕生!

1人目は主将の望月達也(人間社会学部:日本航空高卒)。1年生からレギュラーに君臨し、全学年で全日本大学選抜他候補歴を持つ天才ドリブラー。

2人目は超大型FWの福田愛大(人間社会学部:日本学園高卒)。アメリカの血をひくハーフで、185cmの身長と類まれな身体能力から生まれるスピード&パワーを兼ね備えたダイナミックなプレーが持ち味のストライカー。

本学は上位リーグを目指すだけではなく、選手個々の将来を見据えた強化・育成を心掛けています。共に高い意識を持ちFOOTBALLを追及できる高校生の進学を、部員一同お待ちしています!!

2017.03.01

人間社会学部が生まれ変わりました!

2016年4月、人間社会学部は、「コース制」から「専攻制」を導入して新たに生まれ変わりました。

【新専攻名称】
情報社会学科 ●経営システム専攻 ●メディア文化専攻
心理学科   ●ビジネス心理専攻 ●臨床心理専攻

2017.03.01

充実した奨学金制度 ~あなたのがんばりをサポートします~

■奨学生入試■(12月実施)
成績優秀者に、授業料等※の全額免除・授業料等※の半額免除・入学金相当額返還などの優遇措置が適用されます。入学後も奨学生継続が可能で、最長で4年間の授業料等の免除を受けることができます。

■特別奨学生制度■(一般入試A日程・センター試験利用入試A試験)
成績優秀者に、授業料等※の全額免除・授業料等※の半額免除・入学金相当額返還などの優遇措置が適用されます。入学後も奨学生継続が可能で、最長で4年間の授業料等の免除を受けることができます。

※授業料等は授業料・実験実習費・施設設備費の合計です。

■ジュニアマイスター奨学金制度■
ジュニアマイスター顕彰制度に基づく称号(ゴールド又はシルバー)を有する入学者に奨学金を支給します。

※詳細は大学HPでご確認ください。

募集内容・学費

埼玉工業大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

工学部(2017年4月実績)

機械工学科

コース・専攻名 ・機械工学専攻
・ロボティクス専攻
概要 ●機械工学専攻
材料力学、機械力学、流体力学、熱力学などの4大力学、実践重視のカリキュラムを学びながら、機械工学の基礎から応用まで専門知識と技術を身につけることができます。ものづくりを通じて社会に貢献し、未来の産業界を支える人材を養成します。

●ロボティクス専攻
人と接しあうこと、また、人間が操作する機器におけるロボット技術の基礎と応用を、実践重視のカリキュラムの中で学ぶことができます。未来を支えるロボットテクノロジー、安全・安心な「ものつくり」に貢献できる人材を養成します。
定員 115名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,654,000円
備考

■目指せる資格
【取得可能】
・中学校教諭免許状(技術) 
・高等学校教諭免許状(工業)
※教職課程履修・修得により取得可能 

【受験資格を取得】
・電気通信主任技術者 
・ガス溶接技能者 
・ボイラー技士 

【取得目標資格】
・アーク溶接技能者
・基本情報技術者試験 
・CAD利用技術者試験 
・国家公務員 
・地方公務員 
・ITパスポート試験

生命環境化学科

コース・専攻名 ・バイオ・環境科学専攻
・応用化学専攻
概要 ●バイオ・環境科学専攻
21世紀の社会で重要な課題である、地球環境問題・バイオテクノロジー・新素材開発に対して、「環境」と「生命」をベースに、社会のニーズに対応できる知識と能力を身に付け、産業界で活躍できる人材を育成します。

●応用化学専攻
ナノテクノロジー・先端材料・食品・エネルギー・環境など、社会の幅広いニーズに対応できる、「化学」の知識や技術を身に付け、「化学」の力で21世紀を支える研究者や技術者の養成を目指しています。
定員 110名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,654,000円
備考

■目指せる資格
【取得可能】
・中学校教諭免許状(理科) 
・高等学校教諭免許状(理科)
※教職課程履修・修得により取得可能
・毒物劇物取扱責任者

【受験資格を取得】
・危険物取扱者
・環境計量士 
・公害防止管理者 
・作業環境測定士・浄化槽管理士・衛生管理者・衛生工学生成管理者 

【取得目標資格】
・国家公務員
・地方公務員 
・ITパスポート試験

情報システム学科

コース・専攻名 ・IT専攻
・電気電子情報専攻
概要 ●IT専攻
「数理情報」「知能情報」「情報ネットワーク」の基礎から応用まで学び、高度IT社会を支え新しい技術を生み出すスペシャリスト、情報関連産業で活躍できるエンジニアを養成します。

●電気電子情報専攻
電子回路や通信システムデバイスなど、電子や光の回路素子に関わるハード系分野を学びます。基礎から応用までの知識と技術を備え、未来の産業界で活躍できる電気主任技術者の専門家を養成します。
定員 135名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,654,000円
備考

■目指せる資格
【取得可能】
・中学校教諭免許状(技術) 
・中学校教諭免許状(数学) 
・高等学校教諭免許状(工業) 
・高等学校教諭免許状(情報) 
・高等学校教諭免許状(数学)
※教職課程履修・修得により取得可能

【受験資格を取得】
・電気主任技術者
・電気通信主任技術者 
・電気通信の工事担任者 

【取得目標資格】
・基本情報技術者試験 
・応用情報技術者試験 
・マルチメディア検定 
・P検(ICTプロフィシエンシー検定) 
・CGクリエイター検定・CGエンジニア検定 
・国家公務員 
・地方公務員 
・ITパスポート試験

人間社会学部(2017年4月実績)

情報社会学科

専攻名 ・経営システム専攻
・メディア文化専攻
概要 ●経営システム専攻
情報・法律・経済・会計・財務といった経営を取り巻く基礎知識から、経営戦略、会計管理、財務管理、マーケティング戦略、法律に基づく運用などの応用知識を修得します。社会科学の知識や理論・手法を活用して、ビジネスパーソンとして活躍できる能力を身に付けた人材を育成します。

●メディア文化専攻
最新の情報機器を活用したCGやデジタル音楽のコンテンツの制作と発信ができる力、さらに作品の研究やその文化的背景を学ぶことによってコンテンツの企画と評価ができる力を高めます。さまざまな情報を受容・発信できるクリエイティブな人材を養成します。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,354,000円
備考

■目指せる資格
【取得可能】
・中学校教諭免許状(社会) 
・高等学校教諭免許状(公民) 
・高等学校教諭免許状(情報)
・高等学校教諭免許状(地理歴史)
※教職課程履修・修得により取得可能 

【取得目標資格】
・基本情報技術者試験 
・CGクリエイター検定・CGエンジニア検定 
・英検(実用英語技能検定) 
・TOEIC(R) 
・国家公務員 
・地方公務員 
・MIDI検定 
・ITパスポート試験

心理学科

専攻名 ・ビジネス心理専攻
・臨床心理専攻
概要 ●ビジネス心理専攻
心や行動を科学的に解明する心理学と、ビジネスに必要となる経済学や行動経済学などの社会科学系の知識を同時に学べるカリキュラムを構成。心理学視点をビジネスに応用し対処できる能力を備えた人材を育成します。

●臨床心理専攻
心の問題などを扱う臨床心理学と心の基本的な働きを扱う基礎心理学の2分野をバランスよく学び、将来の臨床心理職の国家資格化にも対応できるよう、深い専門知識を得られる講義・実習を備えたカリキュラムを構成。心の問題を抱えた人に対するケアやカウンセリングなどの専門職を目指す人材を育成します。
定員 50名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,354,000円
備考

■目指せる資格
【取得可能】
・高等学校教諭免許状(公民)
※教職課程履修・修得により取得可能
・日本心理学会認定心理士
※必要な科目を履修・修得により取得可能
・児童指導員(任用) 

【取得目標資格】
・産業カウンセラー
・臨床心理士
・TOEIC(R) 
・国家公務員 
・地方公務員

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年3月~2016年3月卒業生実績

  • (株)DTS
  • (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ
  • (株)エフテック
  • (株)ジーテクト
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • (株)ワコールホールディングス
  • (株)大丸松坂屋百貨店
  • (株)東芝
  • MSD(株)
  • 伊藤忠テクノソリューションズ(株)
  • 市光工業(株)
  • 小倉クラッチ(株)
  • 関東グリコ(株)
  • 三洋電気(株)
  • 三機工業(株)
  • ジェコー(株)
  • 芝浦メカトロニクス(株)
  • スズキ(株)
  • 住友生命保険相互会社
  • 住友電装(株)
  • 住友林業(株)
  • 積水ハウス(株)
  • ダイニック(株)
  • 東京ガス(株)
  • トヨタ自動車(株)
  • 日清食品(株)
  • 日本製紙(株)
  • 日本製粉(株)
  • 日本電子(株)
  • 日本電設工業(株)
  • 日本発条(株)
  • 日本郵便(株)
  • パナソニック(株)
  • 東日本旅客鉄道(株)
  • 日進工業(株)
  • 富士重工(株)
  • 本田技研工業(株)
  • ナブテスコ(株)
  • マルハニチロ(株)
  • ミネベア(株)
  • 埼玉県庁
  • 桐生市役所
  • 藤岡市役所
  • 佐野市役所
  • …など

就職支援

■就職サポート
自分の進路を見つけるためには、早い段階から目標を描くことが大切です。そこで1年次から自己発見のための進路適性検査や就職活動の進め方などのガイダンスを実施しています。さまざまなキャリア支援プログラムを通じて、学生の職業観や就職意識も非常に高まります。

■3者のスクラムによる強力バックアップ体制
本学では、就職委員会、卒業研究指導教員、就職課の3者が連携を取りながら、学生の就職支援にあたっています。学生の希望と受け入れ先である企業の要望をいかにマッチさせるか、学生・ 企業ともに満足度の高い結果が得られるように組織的に取り組み、大きな成果を上げています。

■50,000社の求人情報を検索
本学に寄せられた50,000社にのぼる求人情報は、本学独自の企業情報検索システムにより、すばやく検索することができます。さらに個々の学生へ割り当てられるパスワードを利用し、業種別・職種別・地域別など、さまざまな角度から、いつでもどこでも求人情報にアクセスすることができます。また、企業のホームページにアクセスし、事業内容などを研究する環境が整備されています。

各種制度

埼玉工業大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

工学部と人間社会学部のコラボ授業!!

工学系と文系の両学部をもつ埼玉工業大学ならではの取り組みとして、工学部と人間社会学部のコラボ授業「働くことの科学と実践I・II」を開講。
機械工学、生命環境化学、情報技術、経営学、心理学、キャリア支援等の各専門教員が、開発・生産・物流・販売のサイクルに関する専門的知識を教授します。開発・生産・販売の実地踏査、営業・販売担当の実務家による講話と座談会から、働くことに関する実践的、実務的知識を修得させることで学生の就業力強化を図ります。

工学部

工学部では、機械、メカトロニクス、化学、生命、環境、情報、電子・電気など、産業界のあらゆる分野で活躍できる人材の育成を目指し、「人間のためのテクノロジー」を基本に、専門分野に役立つ工学の基礎を学びながら、「ものづくり」や研究への理解を深める教育を行っています。高度な専門研究に必要となる工学の「専門基礎」の習得、社会人に必須の基本的な知識と教養を身につけます。

人間社会学部

「情報」が必須となった現在、文系であっても、WordやExcelなどの基本的スキルに加えインターネットなどで情報を集め、それらを駆使してレポートを作成し、発表することができる能力が求められます。こうした背景と、高度情報化社会の将来を見据え、人間社会学部では入学者全員にノートパソコンを無料提供し、各分野における情報エキスパートの教員がきめ細かい指導を行っています。コンピュータの基礎から応用まで確実に身につけ、ITを自在に駆使できる人材の育成に力を入れています。

学習支援センター

高校での未学習科目や苦手な科目など、学習に関する悩み解消をサポートするのが学習支援センターです。学習支援センターでは、語学をはじめとした人文系科目から理数系科目までの広い領域を専門とする教員と大学院生が学習のサポートをしています。

グループ担任制による行き届いた指導

本学では、少人数制で教員の目が行き届くきめ細かな授業を行っています。少人数制のため学生と教員との距離が近くなり、学生からはいつでも質問ができるので助かっていますといった声が聞かれます。なお、1年次には、教職員が8~10名程度の学生のグループ担任となり、さまざまな相談に応じたり、履修の指導をしたりしています。3~4年次には、実験やゼミ、卒業研究などの高度な研究活動を、10名程度のグループに分かれて行います。

資格取得

実践的な資格支援対策授業や補講を行うなど、資格取得に結びつくサポート体制を強化しています。基本情報技術者試験・ITパスポート試験・CAD利用技術者試験・CG検定・環境計量国家試験・TOEIC(R)テストなどの対策講座のほか、公務員試験対策講座も開講し、多くの学生が受講し成果をあげています。

学生プロジェクト -仲間と共にアイデアを実現させよう-

学生の自由な「発想力&やる気」を応援する「学生プロジェクト」を2008年からスタートさせました。さまざまなテーマについて自分達の力で企画・運営し、成果をあげることで、自らを成長させ、より充実した大学生活を満喫できると、多くの学生がチャレンジしています。
●フォーミュラプロジェクト  ●米と日本酒プロジェクト   ●SIT Aquarium project
●S.I.T EV Project  ●OKABE 光の回路プロジェクト ●集まれ科学実験教室プロジェクト ●ロボコン・チャレンジ・ロジェクト など

クラブ&サークル -仲間と共に汗を流し、充実のキャンパスライフを-

【体育部】
卓球部/ラグビー部/サッカー部/バスケットボール部/キックボクシング部/弓道部/剣道部/硬式テニス部/サバイバルゲーム部/自動車部/ゆっくり@ぷらす/軟式野球部/バドミントン部/フットサル部/バレーボール部/釣り愛好会/ツーリング愛好会

【文化部】
軽音楽部/Wireless Communication Club/GAME研究会/手話サークル/フォーマット部/映画研究会/情報資格学習支援サークル/マンガ研究会/書道同好会/フレアバーテンディング部/マジック研究会/天体観測サークル/劇団SIT/音楽研究会

【団体】
学生会執行委員会/クラブ連合会/秋桜祭実行委員会/赤十字奉仕団/県人会

学びの分野/学校の特徴・特色

埼玉工業大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 人間・心理
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物

埼玉工業大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 教育
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律

埼玉工業大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

埼玉工業大学の所在地

本校

所在地

〒369-0293
埼玉県深谷市普済寺1690

交通機関・最寄り駅

JR高崎線「岡部」駅より徒歩15分、スクールバス5分(無料)。
東武東上線「寄居」駅・「森林公園」駅よりスクールバス運行(無料)。
JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎」駅・東武伊勢崎線「新伊勢崎」駅よりスクールバス運行(無料)
東武伊勢崎線・桐生線・小泉線「太田」駅・東武伊勢崎線「世良田」駅よりスクールバス運行(無料)

埼玉工業大学のお問い合わせ先

入試課

NTTフリーダイヤル 0120-604-606 / 電話 048-585-6814
FAX: 048-585-6903
Mail: nyushi2@sit.ac.jp

  • 学校No.223
  • 更新日: 2017.09.29

埼玉工業大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

埼玉工業大学